生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年1月
イメージ

Sarcopeniaを防ぐこと


老化するように健康な筋肉固まりを維持しなさい
意志の縁によって

前進年齢と健康におよび機能独自に残る私達の機能への最も大きい長期脅威の1つは細い筋肉固まりの安定した損失、sarcopeniaとして知られている条件である。

医者が老化に伴う骨の固まり(骨粗しょう症)の損失について長く警告する間、高齢者達でよく見られる筋肉固まりの均等に衰弱させる損失に乏しい関心は払われた。

今日しかしsarcopeniaは何百万の老化の大人を苦しませ、私達のヘルスケア・システムにより常に大きい緊張を置く深刻な健康上の問題としてますます確認される。筋肉 固まりおよび強さの1つの年齢関連の損失は毎日の生活の基本的な仕事を行う機能のだけでなく、高齢者を奪うがまた非常に突然の落下および他の事故に破壊的な傷害および死に苦しむ危険を高める。 よいニュースは、すべての健康に敏感な大人sarcopeniaのための危険を非常に減すプログラムを実行するために即時のステップを踏むことができるある。

この記事では、私達はsarcopeniaの性質、原因を見直し、方法はへのこの条件を防ぎ、管理する。 sarcopeniaに原因がないので、防止および処置は食餌療法の作戦、ホルモンの取り替え、栄養の補足および練習を組み込む統合されたアプローチを要求する。

理解のSarcopenia

Sarcopeniaは筋肉固まり、強さおよび機能性の年齢関連の損失である。 それは40の年齢の後で一般に現われ、およそ75の年齢の後で加速する。 物理的に不活性人々、sarcopeniaで最も頻繁に見られてが彼らの生命中物理的に活動的に残る人でまた共通である。 従って、規則的な身体活動の従事はsarcopeniaの回避に必要であるが、不活動はこの条件へ唯一の貢献の要因ではない。 骨粗しょう症のように、sarcopeniaは練習の部分最適のホルモン レベル、不十分な食餌療法蛋白質、他の栄養の不均衡、欠乏、酸化圧力および発火に起因するかもしれないmultifactorial病気プロセスである。2,3

Sarcopeniaおよび骨粗しょう症は関連の条件であり、1つは頻繁に他に伴うか、または続く。 筋肉は私達の骨を健康保つために必要な機械圧力を発生させる。 この筋活動は減るとき、頻繁に低下の健康および機能性の悪循環を始める骨の固まりの損失への私達の感受性を、高める。

さらに、筋肉固まりのこの損失は強さおよび機能性の明らかな損失を越える付加的な広範囲にわたる効果をもたらすことができる。 筋肉は新陳代謝の貯蔵所として機能する。4 衝撃的な出来事の後で、例えば、筋肉は存続および回復に必要な蛋白質および代謝物質を作り出す。 実際問題としては、これは回復過程の間に免疫組織および他の身体システムを支えるために筋肉固まりの新陳代謝の貯蔵所に欠けているので減らされた筋肉固まりを持つ弱い高齢者は大手術か外傷性の事故の後で悪い結果があるかもしれないことを提案する。

蛋白質および他の食餌療法の要因

sarcopeniaに貢献する主要な食餌療法の要因は不十分な蛋白質の取入口、不十分なカロリーの取入口および慢性の、低レベルの新陳代謝のアシドーシスである(または体液の異常に高められた酸味)。 一般のアメリカ人は必要とされるよりより多くの蛋白質を消費すると一般に考えられているが、高齢者の食事療法の不十分な蛋白質は共通である。 それ以上この問題を混合することは年配者の蛋白質を消化し、吸収する減少された容量であるかもしれない。 複数の調査は頻繁に推薦されるより高い高齢者のための蛋白質の条件が若者達より高い提案し、ことをべきである。5-7 つまり、多くの高齢者は彼らの細いボディ固まりを支え、維持するために十分な良質蛋白質を消費しないかもしれない。

蛋白質の十分な量を消費することが高齢者のために重要な間、たくさんの蛋白質を消費することはボディの低レベルの、食事療法誘発の新陳代謝のアシドーシス、か異常に高められた酸味で起因できる。 食事療法動物蛋白質および穀物で高い典型的なアメリカ人により、および低くフルーツでおよび筋肉の低下に貢献し、骨が老化の大人で固まり見つけた低級な新陳代謝のアシドーシスを引き起こす野菜できる。8つは 1つの調査それpostmenopausal女性の食事療法へ緩衝代理店(カリウムの重炭酸塩)を加えることが「正常な」食事療法の筋肉無駄になる効果を防いだことを見つけた。9つは これ研究者を緩衝代理店が筋肉固まりの年齢関連の損失を続けることを防ぎ、無くなった筋肉固まりを元通りにするのを助けるかもしれないことを結論するために導いた。

従って、高齢者に果物と野菜の増加が同伴されるいろいろな源からの良質蛋白質の十分な取入口および穀物の食糧の減らされた取入口を保障するように努力するべきである。 カリウムの重炭酸塩のような緩衝代理店は補足の養生法で食事療法のカリウムが豊富な果物と野菜の場所を取るべきではないけれども組み込むことができる。

最適のホルモン レベルの重要性

老化はボディの多くの必要なホルモン、成長ホルモンのような特にティッシュ構築の(同化)ホルモン、DHEA (dehydroepiandrosterone)、およびテストステロンのレベルの低下と一緒に伴われる。2

例えば、高齢者の循環の成長ホルモンのレベルはティーネージャーのそれらのちょうど3分の1である。3人の 研究者はインシュリンそっくりの成長因子1 (IGF-1)およびmechanoの成長因子に最近維持筋肉および骨の重大なホルモンが集中すると同時に焦点を合わせてしまった。維持することは いかににもかかわらず食べるか、または運動するか10これらのホルモンの十分なレベルなしに、細いボディ固まりを、だれでもが不可能かもしれない。

老化の大人にmechanoの成長因子の減らされた出力、練習に応じて造り筋肉を助けるホルモンがある。これが 高齢者が彼らのより若い同等と比較されるはるかに困難な時間の建物筋肉をなぜの持っているか説明を助けることができる11。 但し、高齢者達がレジスタンス・エクササイズで従事する前の成長ホルモンを与えられた時、彼らの筋肉固まりがように著しく改善される彼らのmechanoの成長因子の応答。11

テストステロンは細いボディ固まりの維持にまた重大である。 特にテストステロン不十分な人に与えられたとき、この必要なホルモンは肯定的な効果の広い範囲があることができる。 1つの調査は穏やかに減らされたテストステロンのレベルに低正常、テストステロン補足によって高められた細いボディ固まりの健康な老人のそれに注意し、脂肪質の固まりを減らした。 さらに、テストステロンはある個人の上部および下半身の強さ、機能性能、性機能および気分を改善した。人が より女性がこのホルモンのより少しを作り出すが12、十分なテストステロンは彼らの健康および福利に必要ようにちょうどある。

ホルモン性要因がかなり筋肉固まりに影響を与えることができるので40の年齢にわたるすべての大人は彼らのホルモン レベルを追跡するためにテストする年次血を経るべきである。 必要ならば、ホルモンの不足はbioidenticalのホルモン補充療法を使用して演説することができる。 ホルモン補充療法が規則的な監視を要求し、ある個人で禁忌とされるので、あなたの特定のホルモンの取り替えの必要性についての医学の専門家に相談するべきである。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2