生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年1月
イメージ

Benfotiamine


ヨーロッパの補足は糖尿病性の複雑化から保護する
Dale Kiefer著

糖尿病を扱うとき、今日の医者は血ブドウ糖制御の確立に焦点を合わせるが、頻繁に肢の盲目、打撃、endothelial機能障害および損失のような共通の糖尿病性の複雑化から保護する必要性を見落とす。1

幸いにも、benfotiamine、ビタミンB1のあまり知られていない脂肪質溶ける形態は多くの糖尿病性の複雑化の開発そして進行を防ぐのを助けるように、示されていた。 その結果、benfotiamineは支えられた高い血糖レベルの可能性としては致命的な影響を避けるように努めるそれらのための重大な栄養素になった。

規定の薬物としてヨーロッパで長年に渡って使用されて、benfotiamineは糖尿病性の神経、腎臓および網膜の損傷の進行を改善し、糖尿病性のニューロパシーの苦痛な徴候を取り除く。2-8 糖尿病性のニューロパシーは神経が頭脳にメッセージを伝えることをし、また先端のmicrovasculature (小さい血管ことを)の機能を困難に損なう。 この病理学の血容器の損傷の結果はより低い先端の切断で結局起因できる手)およびフィートでしびれそして苦痛なうずくことである(。

Benfotiamineは高い血糖がボディ中の細胞を損なう生化学プロセスを妨げる新しいメカニズムを通って行動する。8 今低価格のサプリメント、benfotiamineとして利用できる糖尿病の被害者が彼らの神経、腎臓、目、血管および中心を保護するのを助けることができる。 危ない糖尿病性の複雑化を防ぐことのBenfotiamineの多面的な効果はそれに高い血糖レベルを持つ人々のための必要な補足をする。

Benfotiamineは慣習的な糖尿病の薬剤と異なる

糖尿病の薬剤は市場の今日最も広く規定された医薬品間にある。 増加するインシュリンの生産か有効性を高めることによって血流の余分な砂糖(ブドウ糖)の危ない集結を減らすタイプII糖尿病のシークのための現在の薬物。

Benfotiamineは糖尿病の衰弱させる複雑化を防ぐための最も有効なけれども見落された処置の1つである。 Benfotiamineは必要な栄養チアミン(ビタミンB1)の化学兄弟である。 チアミンはボディのための燃料の形態をブドウ糖に脂肪および炭水化物変えるのを助ける。 そのように、チアミンはブドウ糖の新陳代謝の適切な規則のために必要である。9

但し、チアミンは水でだけ溶けるが、benfotiamineは脂肪質のsoluble、それが細胞をチアミンよりずっともっと容易に書き入れ、こうして細胞内の糖尿病関連の機能障害を防ぐのを助けるようにする特徴である。 この高められた生物学的利用能はbenfotiamineをティッシュおよび器官へのhyperglycemia関連の損傷の処理で特に有効に作る。10-12

高い血糖へのBenfotiamineの生化学的な応答

インシュリンを増加するように努める糖尿病の処置は病気の多くの複雑化に対してインシュリンへの細胞の応答を提供しない十分な保護を出力するか、または改善する。 糖尿病の薬物が血しょうブドウ糖の法外にハイ レベルの問題に取り組むのを助ける間、benfotiamineだけが細胞内のブドウ糖の上昇値を減らし、余分な砂糖の有毒な故障プロダクトへのボディの生化学的な応答を変える。 Benfotiamineはtransketolaseの生産、ボディによって安全に除去することができる無害な混合物に効率的にこれらの可能性としては有毒なブドウ糖の故障プロダクトを変える自然に有利な酵素を刺激する。

多数の調査はbenfotiamineが高度のglycationの最終製品(年齢)のような有毒物質の形成をもたらす3つの主要な細道を禁じることを示した。5,8,13

年齢は糖尿病患者の多数の無秩序の開発そして進行で関係した。 これらは下記のものを含んでいる:

  • 心循環器疾患14
  • 糖尿病性のニューロパシー(神経の無秩序)15,16
  • Retinopathy (視野に影響を与える)15,16
  • 周辺血管疾患(先端の血管に影響を与える)15,16
  • ネフロパシー(腎臓病)。15,16

興味深いことに、循環系への年齢準の損傷はまた糖尿病なしで老化の大人で見られる。 実際、それ自身を老化させて非糖尿病患者で年齢の蓄積に、よる心臓機能障害の開発のための主要な危険率とそのうちにして考慮される。 年齢は管の損傷、傷のティッシュの形成および発火を促進するために複数のメカニズムを通って機能すると信じられる。不運にも 14、提案するこのプロセスは糖尿病患者、17で 非糖尿病患者は年齢の形成を禁じるbenfotiamineの能力から寄与できることを単に加速される。

ヨーロッパの処方薬として使用年数はbenfotiamineが安全、よく容認されることを示した。それが 低価格のサプリメントとして米国で利用できるので3,6,7,18,19、研究者はbenfotiamineへの彼らの注意を回して、糖尿病および高い血糖の多数の複雑化の危険の相殺を助けるという証拠を覆いを取っている。

Benfotiamineは敏感な神経および脳組織を保護する

神経系は高い血糖の有害な効果に多数の方法で苦しむことができる。 頭脳、脊髄および周辺神経から成り立って、神経系は筋肉および器官の機能を制御したり、思考および行為を調整し、知覚情報を運ぶ。

ニューロパシー、か神経の病気は、糖尿病の最も流行し、最も苦痛な複雑化の1つである。 糖尿病性のニューロパシーの特徴は下記のものを含んでいる:

  • 先端の周辺神経への損傷
  • 苦しめなさい慣習的な鎮痛剤に無理解かもしれない
  • 肢に影響を与えるしびれおよび変えられた感覚
  • 先端の神経は同時に故障するかもしれ多発性神経痛をもたらす。

臨床試験はbenfotiamineが効果的に糖尿病性の多発性神経痛を取り除くことを示す。 ドイツの最近の任意の、二重盲目の調査は4回benfotiamineの100 mgと3週間毎日補った多発性神経痛の糖尿病の患者が神経機能スコアの重要な改善を統計的に示したことが分った。 苦痛の減少は注意された最も顕著な効果だった。 調査の著者は言った調査結果が先に、また糖尿病性のニューロパシーを用いる患者のbenfotiamineの有利な効果の証拠を見つけた管理された試験をランダム化される支えることを、2の結果。3 糖尿病は高められた酸化圧力、多くの年齢関連の病気プロセスへの貢献者と関連付けられた。 敏感な脳組織は酸化圧力の有害な効果に特に敏感である。 その結果、糖尿病は痴呆およびAlzheimerを含む認識低下とますます準、である。 (「糖尿病とAlzheimerの」を生命延長、2006年12月間の致命的な関係見なさい。)

最近解放された調査はbenfotiamineが糖尿病と関連付けられる酸化圧力から頭脳を保護するかもしれないことを示す。 調査官は実験的に被験者のグループの糖尿病を引き起こした。 引き起こされた高い血糖レベルの2週に従がって、主題はbenfotiamineの補足の2週を受け取った。 Benfotiamineは糖尿病と普通起こるbenfotiamineが新しいメカニズムを通して糖尿病誘発の大脳の酸化圧力を避けるかもしれないことを結論するために調査チームを導く頭脳の酸化圧力を軽減した。20

この重要な見つけることは周辺神経および頭脳の保護によってことを糖尿病によって与えられる損害からの敏感な神経系のためのbenfotiamineの提供の重大な保護意味する。

Benfotiamine: 必要がある何を知る
  • 現在、利用できる薬剤が余分なブドウ糖の故障プロダクトの毒作用を減少するためにない。
  • ヨーロッパで糖尿病のために処方薬として長く使用されて、benfotiamineは米国のサプリメントとして今すぐに利用できる。 ビタミンB1、benfotiamineの脂肪質溶ける派生物は新しいメカニズムによって糖尿病性の複雑化の開発そして進行を防ぐために働く。
  • Benfotiamineの助けは頭脳のティッシュ有害な酸化圧力からまた保護している間多発性神経痛、先端の多数の神経に影響を与える苦痛および機能障害を取り除く。
  • Benfotiamineは糖尿病性の周辺血管疾患に対する最適の心血管の健康そして保護と関連付けられる健康なendothelial機能を維持する。 Benfotiamineはまた中心の筋肉細胞の機能を支える。
  • 従ってBenfotiamineはろ過の機能の酸化圧力そして損失から腎臓を保護し、糖尿病性の腎臓病を防ぐのを助ける。
  • Benfotiamineの助けは糖尿病性のretinopathyの開発、視野の損失の原因を防ぐか、または遅らせる。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2