生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年1月
イメージ

科学的に進められたスキン ケア


あなたの皮を生き返らせる革新的な栄養素
デーブTuttle著

緑茶のポリフェノール: 強力な酸化防止保護

緑茶は中国、韓国、日本およびインドのようなアジアの国の世界の最も普及した飲料の1つ、特にである。 緑茶は全身の健康へのその多くの貢献のために評価され、緑茶がボディの皮、また残りに寄与することを出現の研究は示す。

緑の茶葉は遊離基の有効な酸化防止剤そして有効な清掃動物として確認されるポリフェノールを含んでいる。 これらはepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)はであるかどれのいろいろなカテキン、最も重要のを含んでいる。26

多数の調査は緑茶保護の項目適用がphotodamageに対して広スペクトルの相談すること、明らかに老化させた皮の導く原因の1つを示した。 緑の茶葉からのポリフェノールは紫外線に露出過度の悪影響から保護するためにあった。

ミトコンドリアの機能障害は皮の老化に貢献する

科学者は長く老化してmitochondriaの低下機能と関連付けられることを、ボディに燃料を供給するためにエネルギーを作り出す細胞発電所知ってしまった。43 ミトコンドリアの機能障害はneurodegenerative病気および癌のような多様な条件とつながった。44 出現の研究は損なわれたミトコンドリアのエネルギー生産が前進年と関連付けられる別の条件の重要な役割を担うことを提案する: 皮の老化。45

若々しく、健康な皮に必要繊維芽細胞と呼ばれる細胞はである。 繊維芽細胞はコラーゲンおよびエラスチンとして知られている皮に構造サポートおよび伸縮性を提供する必要な蛋白質を作り出す。 しかし老化の大人では繊維芽細胞の細胞は劇的なミトコンドリアの機能障害を示す。45 その結果、繊維芽細胞は彼らの必要な皮支持機能を遂行するために必要なエネルギーを作り出せるより少なく。 科学者は必要な皮膚細胞のこのエネルギー欠損が皮の老化の目に見える印に貢献することを信じる。8,9

脂肪質溶ける酸化防止補酵素Q10は広く利用されている老化に伴うミトコンドリアのエネルギー生産の低下を妨害するために。45人の 科学者はCoQ10の口頭および項目使用が皮膚細胞の不十分なCoQ10レベルを元通りにすることを発見した。46 口頭および項目CoQ10はこうして皮の老化への根本的な貢献者の1人の妨害を助けるかもしれない: 損なわれたミトコンドリアのエネルギー生産。 高められた吸収を皮を通して示している間CoQ10の栄養のいとこ、idebenoneはまた 、ミトコンドリアのエネルギー生産、18を支える。11 Idebenoneはこうして損なわれた細胞エネルギー生産による皮の老化することの妨害の必要な役割を担うかもしれない。

例えば、場合の西部の予備大学の調査で、持っていた緑茶のエキスと扱われる皮の区域を自ら申し出る。後で 27の30分、それらは線量の模倣された太陽放射十分に高く炎症性赤みを作り出すにはか紅斑--にさらされた。 緑茶のエキスと扱われた皮の部分に日焼けの細胞の減らされた数があり、皮の表面の下の免疫細胞はちょうど放射の効果から保護された。 また放射線誘発DNAの損傷から保護される緑茶のエキス。 研究者はである結論を出し、自然なphotoprotective代理店ことをとして緑茶のポリフェノールが日光の有害な影響の多数を避けることで有効ことをこうして役立つかもしれない。27は また他の調査で項目緑茶のphotoprotective利点同様に報告された。28-30

韓国からの調査はEGCGが老化させた人間の皮に原則的に適用されるとき、表皮の厚さを高めた表皮のkeratinocytesの拡散を刺激することが分った。従って 26 EGCGはまた紫外放射、相談の重要なphotoprotectionへの露出の期間後にkeratinocytesの死を禁じた。

口頭で原則的に応用か消費された場合、緑茶のポリフェノールが腫瘍の成長を促進する発火およびさまざまな化学薬品への細胞の保護応答を高める。 同時に、これらのphytochemicalsは紫外B誘発の酸化圧力および免疫組織の抑制を防ぐ。31

紫外線および他の癌引き起こす代理店の効果に逆らうことによって、緑茶は敏感な皮のティッシュに重大な保護を提供する。

グリコール、Hyaluronic酸は皮の質、出現を助ける

人々がより古く育つと同時に、彼らの皮が乾燥し、変色されるようになることに頻繁に気づく。 グリコール酸およびhyaluronic酸は皮の老化のこれらの印の軽減を助けるかもしれない。

砂糖きびから得られて、グリコール酸はアルファ ヒドロキシ酸と呼ばれる皮活性化のフルーツの酸の最も強力の考慮される。 グリコール酸の助けは皮の湿気を引っ掛け、コラーゲンの形成を促進し、そしてより明るい、より若く見える皮を明らかにするために死んだ皮膚細胞の集結を解放する。 皮のための反老化の代理店として広く利用された、グリコール酸は多数の調査の効力を示した。

3ヶ月の調査では、表面および首への応用項目グリコール酸が、一般的な皮の質、色およびしわの減少の統計的に重要な利益を含んでphotoagingのすべての査定の改善を示した人々。32は 65のparticiantsとの6ヵ月の調査毎日の項目グリコール酸のクリームを使用した人の表皮の厚さの平均27%の増加に注意した。33

エール衛生学校の調査はまたそれを日焼けから発火および赤み(紅斑)から皮を保護するために助けられた紫外Bライトへの露出の前にグリコール酸のクリームを加えることを見つけた。 太陽の露出が16%。34赤みおよび発火をこの効果減らした7日後グリコール酸の毎日の 適用はのためのグリコール酸が酸化防止効果皮の相談することを提案する。

スキン ケアのもう一つの重要で、革新的な原料はhyaluronic酸である。 ボディのあらゆるティッシュで見つけられる大きい砂糖そっくりの分子はhyaluronic酸水とゲルそっくりの構造が皮に提供する容積および十分を引き付け、結合する皮の細胞外のマトリックスにとって特に重要であり。 Hyaluronic酸は皮の維持の滑らかさそして湿気のためにこうして重大である。35

Hyaluronic酸はまた直る傷を刺激し、助けは自由根本的な損傷から傷を保護する。 原則的に管理されたhyaluronic酸が皮に浸透し、遊離基に対して強力な酸化防止保護を提供することをブレシア、明らかにされるイタリアの傷の治療の中心の調査。36は これ切口および摩耗から直る皮の機能をささえる。

グリコールおよびhyaluronic酸は健康な質、色および含水率を元通りにする皮にこうして重大な酸化防止保護を提供する。

ビタミンCおよびEは遊離基に対して守る

皮が自由根本的誘発の酸化圧力によって容易に圧倒することができるので広スペクトルに酸化防止保護を保障することは戦いの皮の老化で重大である。 研究の十年はビタミンEおよびビタミンCが皮の健康をことを維持し、元通りにすることにおいて特に重要であることを示した。

ビタミンEは層のcorneum、表皮の一番外の層の第一次自然発生する酸化防止剤である。 主にアルファ トコフェロールで構成されて、このビタミンは遊離基に対する私達の第一線の防衛の大部分を提供する。37 その結果、トコフェロールの枯渇は環境的に引き起こされた酸化圧力の非常に早く、敏感なbiomarkerである。 そのような条件の下で、酸化防止剤の項目適用は健康な皮の表面を維持するか、または元通りにする生理学的なメカニズムを支えることができる。38

紫外放射がかなり皮のビタミンEの集中を減らすことが、分られるバークレー カリフォルニア大学の実験。しかし 皮が放射に服従した前にビタミンのエリッヒ オイルが応用だったときに39、ビタミンEの大いに高い濃度は維持された。 これはビタミンEの項目使用が太陽放射および他の環境のストレッサーによって発生する遊離基を戦うのを助ける皮の集中を最大にするのを助けることができることを提案する。

二重盲目の調査では、項目ビタミンCの複合体は反対側への表面そして偽薬のゲルの2分の1に加えられた。 しわが寄ること、色素形成、発火および水和の臨床評価は調査前にそして週4、8、および12に行われた。 結果は減らされるを用いるビタミンによってC扱われた側面の統計的に重要な改善を、示したくさんの頬およびperi口頭区域をphotoaging。 ビタミンCの側面の全面的な顔の改善は統計的に重要だった。 示されているバイオプシーはビタミンCのグループのコラーゲンの形成を高めた。 この調査は臨床的に起因することを示した原則的に応用ビタミンCが12週ことを間使用されたときしわが寄ることの目に見え、統計的に重要な改善で。 この臨床改善は新しいコラーゲンの形成のバイオプシーの証拠に関連した。40

ランダム化された、二重盲目、管理された調査は人間のボランティアで顔の皮の穏やかに適当なphotodamageの処理の項目ビタミンCの塗布の効力を定めるために行なわれた。 効力を評価する方法は皮の表面の客観的な、コンピュータ援用イメージ分析、主観的な臨床写真分析および忍耐強い自己評価のアンケートが含まれていた。 項目ビタミンCは各患者の表面の1つの側面および3か月間反対側の標準車に加えられた。41

光学イメージ分析を使用して結果は偽薬車と比較されたそれを表面のビタミンによってC扱われた側面示した統計的に重要な71%結合されたスコアの改善を示した。 臨床査定変数は良いしわが寄ること、蝕知の荒さ、皮の不正確さ/調子、sallowness/黄色になること、および全面的な特徴のための偽薬車と比較されたビタミンCの処置の重要な改善を示した。 忍耐強いアンケートの結果はビタミンCの処置(制御より大きい84%)の重要な改善のオーバーオールを統計的に示した。 写真査定はビタミンCの処置(制御より大きい58%)の重要な改善を示した。 項目ビタミンCを使用してこの3ヶ月の調査はphotodamaged顔の皮の客観的で、主観的な改善を提供した。41

若く、老化させた、photodamaged人間の皮のビタミンCおよびEの調査は各皮のタイプのこれらの酸化防止剤のさまざまなレベルを確認するように努めた。 調査結果はビタミンEの集中がphotoaged皮(若い皮で低いより56%)および老化させた皮(若い皮で低いより61%)の表皮でかなりより低かった(上層)ことを示した。 各皮のタイプの皮膚のビタミンEのレベルに相違がなかった。 photoaged皮では、ビタミンCのレベルは表皮に69%より低くおよび皮膚により低く63%だった; 自然に老化させた皮では、ビタミンCのレベルは表皮に61%より低くおよび皮膚により低く70%だった。 若い皮と比較されたグルタチオンの集中はまたより低かった。 これらの結果は老化する常態の酸化防止防衛システムおよびphotoaged人間の皮がかなり若い皮と比較されて減少することを示す。42

ビタミンEおよびビタミンCはこうして酸化防止保護を提供するために協力しコラーゲンの統合を支え、そして皮のしわを寄せを減らす。

結論

皮の複雑な構造はしわ、乾燥としてそのうちに明示する自由根本的誘発の圧力、薄くなる、および変色に傷つきやすく。 幸いにも、革新的な項目スキン ケアの代理人は湿気、最小になるしわ、および皮の全面的な質、健康および出現を改善することを元通りにしている間photoagingの印を戦うのを助ける。

Matrixyl™ 3000、セラミド、グリコール酸、hyaluronic酸、idebenone、ザクロ、緑茶およびビタミンEおよびCのような項目栄養および植物の代理店の勤勉な毎日の使用は皮の質を維持し、高めるのを助けることができる。 高度の項目スキン ケアはこうして週または月だけの問題の非常に目に見える結果を生むことの加えられた利点との広範囲の反老化の作戦の重要な部品と、して考慮されるべきである。

参照

1. Tran KTの子ヒツジP、Deng JS。 Matrikinesおよびmatricryptins: 皮膚癌および皮修理のための含意。 J Dermatol Sci。 10月2005日; 40(1): 11-20。

2. で利用できる: http://www.nhn.com/bin/tmpl/shop/pic/beauty/dermaprin_info/proven_effectiveness.pdf。 2006年10月16日アクセスされる。

3. Farwanah H、Wohlrab J、Neubert RH、正常な段階LC/APCI-MSによる人間の層のcorneumのセラミドのRaith K. Profiling。 肛門のBioanal Chem。 10月2005日; 383(4): 632-7。

4. アトピー性皮膚炎のuninvolved皮のFarwanah H、Raith K、Neubert RH、Wohlrab J. Ceramideのプロフィールおよび乾癬は健康な皮のそれらと対等である。 アーチDermatol Res。 5月2005日; 296(11): 514-21。

5. Lebwohl M、Herrmann LG。 dermatologic病気の損なわれた皮膚保護剤機能およびmoisturizationの修理。 Cutis。 12月2005日; 76 (6つのSuppl): 7-12。

6. xerosisの層のcorneumの脂質のAkimoto K、吉川町N、Higaki Y、川島町M、Imokawa G.の定量分析およびasteatotic eczema。 J Dermatol。 1月1993日; 20(1): 1-6。

7. Coderch L、ローペッツO、de la Maza、Parra JL。 セラミドおよび皮は作用する。 AM J Clin Dermatol。 2003;4(2):107-29.

8. Blatt T、レンツH、皮のエネルギー新陳代謝のKoop Uの等刺激は成長した人間の皮に多数の利点を提供する。 Biofactors。 2005;25(1-4):179-85.

9. Passi S、De PO、Puddu P、Littarru GP。 人間のsebumおよび老化の親脂性の酸化防止剤。 自由なRadic Res。 4月2002日; 36(4): 471-7。

10. Rusciani L、Proietti I、Rusciani Aの等メラノーマの進行のための独立した予想要因として低い血しょう補酵素Q10のレベル。 J AM Acad Dermatol。 2月2006日; 54(2): 234-41。

11. で利用できる: http://www.ingentaconnect.com/content/bsc/jcd/2005/00000004/00000003/art00005。 2006年10月16日アクセスされる。

12. Mordente A、Martorana GE、Minotti Gの2,3 dimethoxy 5メチル6のGiardina B. Antioxidantの特性(10-hydroxydecyl) - 1,4ベンゾキノン(idebenone)。 Chem Res Toxicol。 1月1998日; 11(1): 54-63。

13. Balin AKのプラットLA。 人間の皮の老化の生理学的な結果。 Cutis。 5月1989日; 43(5): 431-6。

14. Uitto J、E-F Bernstein。 皮膚の老化の分子メカニズム: 皮膚の結合組織の変化。 J Investig Dermatol Symp Proc。 8月1998日; 3(1): 41-4。

15. Waller JM、Maibach HI。 年齢および皮の構造および機能の(ii)量的なアプローチ: 蛋白質、水glycosaminoglycanおよび脂質の内容および構造。 皮Res Technol。 8月2006日; 12(3): 145-54。

16. Kurban RS、Bhawan J. Histologicは老化と関連付けられる皮で変わる。 J Dermatol Surg Oncol。 1990年の10月; 16(10): 908-14。

17. で利用できる: http://www.blackwell-synergy.com/doi/abs/10.1111/j.1473-2165.2005.00152.x?journalCode=jcd。 2006年10月16日アクセスされる。

18. そのうち。 Idebenone -モノグラフ。 Altern MedのRev. 2月2001日; 6(1): 83-6。

19 . チロシナーゼの活動に対するellagic酸が豊富なザクロのエキスのYoshimura M、渡辺Y、Kasai K、Yamakoshi J、Koga T.の抑制的な効果および紫外誘発の色素形成。 Biosci Biotechnol Biochem。 12月2005日; 69(12): 2368-73。

20. Ashoori F、Suzuki S、Zhou JH、Isshiki N、皮の折り返しの壊死およびellagic酸による抑制の脂質の過酸化反応のMiyachi Y. Involvement。 Plast Reconstr Surg。 12月1994日; 94(7): 1027-37。

21. Aslam MN、Lansky EP、cosmeceutical源としてVarani J. Pomegranate: ザクロの一部分は拡散およびprocollagenの統合を促進し、人間の皮膚細胞のマトリックスのmetalloproteinase1の生産を禁じる。 J Ethnopharmacol。 2月2006日20日; 103(3): 311-8。

22. Murthy KN、Reddy VK、Veigas JM、Murthy UD。 ザクロの皮の傷の治療の活動の調査。 J Medの食糧。 2004;7(2):256-9.

23. Schubert SY、Lansky EP、Neeman I. Antioxidantおよびザクロの種油および発酵させたジュースのフラボノイドのeicosanoidの酵素の阻止特性。 J Ethnopharmacol。 7月1999日; 66(1): 11-7。

24. Afaq F、Saleem M、Krueger CG、Reed JD、Mukhtar H. Anthocyanin-はおよびhydrolyzableタンニンが豊富なザクロのフルーツのエキスMAPKおよびNFkappaB細道を調整したりおよびCD-1マウスの皮のtumorigenesisを禁じる。 Int Jの蟹座。 1月2005日20日; 113(3): 423-33。

25. Hora JJ、Maydew ER、Lansky EPのCD1マウスの皮腫瘍の開発に対するザクロの種油のDwivedi C. Chemopreventiveの効果。 J Medの食糧。 2003;6(3):157-61.

26. チョンJH、ハンJH、Hwang EJは、等緑茶の二重メカニズム(EGCG)人間の表皮のkeratinocytesの誘発の細胞の存続を得る。 FASEB J. 10月2003日; 17(13): 1913-5年。

27. Elmetsカリフォルニア、Singh D、Tubesing Kの等緑茶のポリフェノールによる紫外傷害からの皮膚のphotoprotection。 J AM Acad Dermatol。 3月2001日; 44(3): 425-32。

28. 口論DRの皮膚癌のchemopreventionへのAthar M.の目新しい取り組み方。 J Dermatol。 11月2000日; 27(11): 691-5。

29. Fujiki H、Suganuma M、Okabe Sの等人間のための癌の予防として緑茶の機械論的な調査結果。 Proc Soc Exp. Biol Med。 4月1999日; 220(4): 225-8。

30. Mukhtar H、Katiyar SK、Agarwal R.の緑茶および皮anticarcinogenicの効果。 JはDermatolを投資する。 1月1994日; 102(1): 3-7。

31. Katiyar SK、Elmets CA。 緑茶のpolyphenolic酸化防止剤および皮のphotoprotection (検討)。 Int J Oncol。 6月2001日; 18(6): 1307-13。

32. Thibault PK、Wlodarczyk J、Wenck A。 photoagingの処置の毎日のグリコール酸5%の公式の有効性の二重盲目のランダム化された臨床試験。 Dermatol Surg。 5月1998日; 24(5): 573-7。

33. Fuchs KO、Solis O、Tapawan R、Paranjpe J。 postmenopausal女性の顔の皮に対するエストロゲンおよびグリコール酸のクリームの効果: ランダム化された組織学的の調査。 Cutis。 6月2003日; 71(6): 481-8。

34. Perricone NV、DiNardo JC。 項目グリコール酸のPhotoprotectiveそして炎症抑制の効果。 Dermatol Surg。 5月1996日; 22(5): 435-7。

35. Weindl G、Schaller M、Schafer-Korting M、Korting HC。 皮膚病の処置そして防止のHyaluronic酸: 分子生物的の、薬剤および臨床面。 皮Pharmacol Physiol。 2004日9月10月; 17(5): 207-13。

36. Trabucchi E、Pallotta S、Morini Mは傷の治療の間に、等低分子量のhyaluronic酸粒状化ティッシュへの酸素の遊離基の損傷を防ぐ。 Int Jのティッシュは反応する。 2002;24(2):65-71.

37. Fuchs J、Weber S、Podda Mの等人間の表皮のビタミンEのisoformsの高性能液体クロマトグラフィーの分析: 最低の紅斑線量および遊離基の掃気活動の相関関係。 自由なRadic Biol Med。 2月2003日1日; 34(3): 330-6。

38. Thiele JJ、Schroeter CのHsiehのSN、Podda Mの包装業者L。 層のcorneumの酸化防止ネットワーク。 Curr Probl Dermatol。 2001;29:26-42.

39. Weber C、Podda M、Rallis M、等原則的に応用トコフェロールの効力および紫外線照射によって引き起こされる酸化損傷からのネズミ科の皮の保護のtocotrienols。 自由なRadic Biol Med。 1997;22(5):761-9.

40. Fitzpatrickに関して、E-F Rostan。 photodamageの若返りのための項目ビタミンCそして車を比較する二重盲目の、半表面調査。 Dermatol Surg。 3月2002日; 28(3): 231-6。

41. Traikovich SS。 photodamaged皮の地形に対する項目アスコルビン酸そして効果の使用。 アーチのOtolaryngolの頭部の首Surg。 10月1999日; 125(10): 1091-8。

42. Rhie G、Shin MH、Seo JY、等人間の皮の表皮そして皮膚の酵素およびnonenzymic酸化防止剤の老化することおよび生体内でphotoaging依存した変更。 JはDermatolを投資する。 11月2001日; 117(5): 1212-7。

43. Navarro A、Boveris AA。 ミトコンドリア エネルギーtransductionシステムおよび老化プロセス。 AM J Physiolの細胞Physiol。 10月2006日4.日。

44. Kagan J、癌の早期発見そして診断のためのターゲットとしてSrivastava S. Mitochondria。 Clin Lab Sci CritのRev。 2005;42(5-6):453-72.

45. Greco M、Villani G、Mazzucchelli F、Bresolin NのパパSの人間の皮の繊維芽細胞の酸化的リン酸化の効率のAttardi G. Markedの老化関連の低下。 FASEB J. 9月2003日; 17(12): 1706-8。

46. Passi S、De Pita O、Grandinetti M、Simotti C、Littarru GP。 口頭および項目親脂性の酸化防止剤の結合された使用はsebumおよび層のcorneumの両方レベルを増加する。 Biofactors。 2003;18(1-4):289-97.

  • ページ
  • 1
  • 2