生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年1月

イメージ

緑茶は心循環器疾患を防ぐか。

ウィリアムFaloon著

ウィリアムFaloon著

2006年5月9日緑茶が心循環器疾患の危険率を減らすこと要求を支える確かな証拠がなかったことをのFDAに示した。1

嘆願書に応じての否定のFDAの21ページの手紙はプロダクトのラベルの心血管の危険減少の健康の要求を示すように努めた緑のティーバッグのメーカーによってファイルされた。

緑茶は心臓発作および打撃の危険を減らすかもしれないことをFDAが提案するたくさんの出版された科学的な調査を識別したが代理店はこれらの調査のどれも緑茶プロダクトのラベルの健康の要求を認めるための規準を満たさなかったことを決定した。

2006年9月13日に、米国医師会医学総合誌は11年の期間にわたる40,530人の大人の緑茶の消費を追跡した調査を出版した。 調査は日緑茶の5個飲んだまたはより多くのコップを全面的な死亡率を切った人がことが日緑茶の1個以下のコップを飲んだ人と比較された16%で分った。2

この調査から最も顕著な見つけることは緑茶を消費した人の心血管の死の減少だった。 緑茶の5個飲んだまたはより多くのコップを毎日心循環器疾患がもとで死ぬ31%減らされた危険を持っていた女性5個飲んだまたはより多くのコップを、心循環器疾患がもとで死ぬ22%減らされた危険があった人は一方。2

打撃は緑茶が最も有効であるために示されていた心血管の死亡率のタイプだった。 緑茶の5個飲んだまたはより多くのコップを打撃の1個以下のコップを飲んだ日人と比較されたより危険度が低い42%があった女性は。2

FDAが調査の調査結果となぜ合わないか

食糧またはサプリメントのラベルの健康の要求を認めるためのFDAの規準はかなり初期である。 例えば、FDAは認可された心循環器疾患の危険率として低密度脂蛋白質(LDL)の酸化を確認しない。 従って、緑茶のエキスがLDLの酸化を禁じることを示している人間の科学的な調査はFDAの緑茶の効力の分析から除かれる。

FDAの旧式化された位置は大部データ提示に直面して酸化させたLDLがひどく幹線壁を傷つけ、アテローム性動脈硬化誘発の心臓発作への主要コントリビュータおよび打撃であること飛ぶ。3-22

選んだ場合評価するべき緑茶の調査がFDA総コレステロール、LDL、または血圧の重要な減少を示さなかった調査を除いた。 FDAの論理、そして要求に従って緑茶がコレステロール、LDL、または血圧を下げなければ心循環器疾患の危険率を減らすこと緑茶のラベルで作ることができない。 FDAは緑茶の10個のコップを消費した人々が日総コレステロールおよびLDLの重要な減少を示した調査を認めた。

完全に緑茶がメカニズムによって心臓発作および打撃から(異常な血小板の集合の禁止のような) FDAが緑茶の評価を限った 基礎的な測定と異なっている23-32保護することを示す出版された調査はFDAの分析によって見落される。

FDAはまたこれらの調査が緑茶の摂取への正常な人間の生理学的な応答をまねることができないのですべての生体内の動物実験が分析から除かれることそれを明確にさせた。 FDAはそれから緑茶を消費した人でずっと心血管の利点を示しているあらゆる人間の調査を無効にする理由を見つけた。

FDAの結論は緑茶プロダクトのラベルの心血管の危険減少の要求を支えるために確かな証拠がなかったことだった。1 最近の調査がより多くの調査の主題を含み、他のどの前の調査もよりずっと長く持続したアメリカの医学連合によって緑茶の飲むすばらしい量に示した心血管の利点を出版した。 だれがそれから消費者信じるべきであるか。2

緑茶の飲料についての誤解

緑茶が活動的なポリフェノールの飲料として消費されるとき、比較的少なく血流に吸収される。 これは説明を有効な緑茶がいかにについてのよくある病気をか防ぐことにあるかもしれないかある矛盾した調査結果の助ける。

アメリカの医学連合によって出版された調査は緑茶の5個またはより多くのコップの毎日の摂取減らした心血管の死亡率および全面的な死亡率をことを示した。 日緑茶の2個から4個のコップを飲んだ人に1個以下のコップを飲んだ日人よりより少ない病気があったことをまた示した。 この特定の調査は癌の危険性の減少を示さなかった。2

しかし別の大きい人間の調査からの調査結果は日3個以下のコップを消費した日人と比較された緑茶の10個のコップに消費した人で癌の発生の41%の減少を示した。 この同じ調査は3個以下のコップを飲むそれらと比較された緑茶の10個のコップを消費するそれらで心循環器疾患の発生の28%の減少を示した。33

緑茶のFDAの不利な報告は緑茶の10個のコップの毎日の取入口が総コレステロールおよびLDLを下げたことを示す調査を指した。34

1つが10を飲むまたは多くが日をすくうと緑茶からの最適の利点が起こるこれらの調査からようであろう。 問題は数人が緑茶の10個行っているまたはより多くのコップを毎日毎日摂取することである。 よいニュースはならないことである。

緑茶のエキス対緑茶の飲料

補足よりもむしろ食糧からの栄養素を得ている頻繁の主流の医者の支持者。 しかしある特定の栄養素との問題は活動的な要素のより少なくより最適量が血流に吸収されることそれらが食糧にそう堅く区切られることである。

食糧からのより補足からよく吸収される栄養素の例はビタミンK、葉酸およびクロロフィルが含まれている。35-37 リコピンは、一方では、補足からのより調理されたトマト プロダクト38から よく吸収されるかもしれない。

最近の調査では緑茶をことを飲むこと臨床栄養物のアメリカ ジャーナル、緑茶の有効成分がによってよりよく緑茶のエキスのカプセルからまたは吸収されたかどうか定めるように努めた科学者で出版した。 30人の健康な被験者は募集され、緑茶の最も活動的な要素のために標準化された特に準備された緑茶の飲料を(EGCGおよびECGのような)または均等に緑茶のエキスのカプセルを標準化されて与えられた。39

結果は緑茶のエキスの帽子を受け取った主題はEGCG (epigallocatechinの没食子酸塩)の60%より大きい増加および標準化された飲料の形態のこれらの緑茶の要素の同一の量を飲んだ人と比較されたECG (エピカテキンの没食子酸塩)の90%より大きい増加があったことを示した。 緑茶の帽子を飲み込んだ人の酸化防止剤の効果は緑茶の酒飲みでよりまた大きかった。39

科学者はポリフェノールの同一の量が緑茶の飲料で提供されたときに緑茶の補足の形で管理されたとき、活動的な要素(ポリフェノール)の示されていた高められた生物学的利用能がと比較したことを結論を出した。39

この調査を行なうための1つの理由は緑茶のポリフェノールが癌をことを防ぎ、扱うことで有効であるかもしれないこと前の調査結果だった。 緑茶のエキスの補足が緑茶の飲料を飲むことより優秀であること文書化することによって、科学者に今人間の臨床調査の緑茶のエキスのカプセルをテストする固体基礎がある。

すべての緑茶の飲料が同じではない

緑茶の飲料に含まれているポリフェノールの量は茶がどこに収穫される、そしていかにによって処理されるか、かなり変わる。 1つの調査は緑茶の19の商業ブランドを検査し、ポリフェノールEGCGおよびECGの内容の重要な変化を見つけた。 この調査を行なった科学者はこれらの有効成分の何ミリグラムを毎日消費しているか消費者が知っているように緑のティーバッグのラベルが各コップに含まれているポリフェノールの量を(EGCGおよびECG)示すことを推薦した。40

FDAは実際に今回を訂正するためにそれを得たか。

FDAの心血管の健康の要求の否定は緑茶の約1個のコップの日常消費は心血管の危険率を減らすことを示すように努めた緑のティーバッグのメーカーによってファイルされた嘆願書に応じてあった。 緑茶のこの特定のブランドのポリフェノールの量はコップ1個あたりの125 mgだった。

出版された科学文献の私達の分析に基づいて、それは以上125日心血管の危険を減らすポリフェノールのmgを取る。 FDAは決して否定の21ページの手紙のこれを述べなかったが、緑のティーバッグのラベルでこの特定の健康の拒否の右の科学的な決定になされたFDA要求する現われる。

消費者のためのよいニュースは緑茶のエキスの価格が落ち続けることである。 これは事実上皆が日ちょうど2つの緑茶のエキスのカプセルを摂取することを可能にし、ポリフェノール(約1250のmg)の量を得ることは緑茶の10個のコップで含んでいた。

長い生命のため、
イメージ
ウィリアムFaloon

参照

1. 否定の心循環器疾患(事件要領書いいえ2005Q-0297)の手紙の修飾された健康の要求の嘆願書緑の茶そして減らされた危険。

2. 栗山町S、Shimazu T、Ohmori K、等日本の心循環器疾患、癌およびすべての原因による緑茶の消費および死亡率: Ohsakiの調査。 JAMA. 9月2006日13日; 296(10): 1255-65。

3. Zhou ZX、Qiang H、Ma AQ、陳HのZhou P. Measurementの周辺血の索引は冠状心臓病の患者の発火におよびウシLDL、ウシLDLAbおよび臨床重大さ関連していた。 ZhongナンDa Xue Xue BaoイXueの禁止。 4月2006日; 31(2): 258-62。

4. Naruko T、Ueda M、Ehara Sは、等激しい心筋梗塞の後の血しょうによって酸化させる低密度脂蛋白質の耐久性があるハイ レベル ステントのrestenosisを予測する。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 4月2006日; 26(4): 877-83。

5. ジョンソンN、Jernberg T、Lagerqvist B、Siegbahn Aの不安定な冠動脈疾患の患者の結果の予言者としてWallentin L. Oxidizedの低密度脂蛋白質。 Int J Cardiol。 12月2005日7.日。

6. Shimada K、Mokuno H、Matsunaga Eは、等循環の酸化させた低密度脂蛋白質冠動脈疾患の患者の心臓でき事のための独立した予言者である。 アテローム性動脈硬化。 6月2004日; 174(2): 343-7。

7. Holvoet PのKritchevskyのSB、Tracy RP、等。 健康、老化およびボディ構成のグループの十分に機能している高齢者の心筋梗塞の新陳代謝シンドローム、循環の酸化させたLDLおよび危険。 糖尿病。 4月2004日; 53(4): 1068-73。

8. Doo YC、ハンSJ、リーJH、等酸化させた低密度脂蛋白質の抗体の中の連合、不安定な狭心症の患者のC反応蛋白質、interleukin6および循環の細胞接着分子。 AM J Cardiol。 3月2004日1日; 93(5): 554-8。

9. Nordin FG、Hedblad B、Berglund G、ニルソンJ. PlasmaはLDLを酸化させた: 激しい心筋梗塞のための予言者か。 JはMedを実習する。 4月2003日; 253(4): 425-9。

10. Tatsuguchi M、Furutani M、Hinagata Jは心筋梗塞の危険と、等酸化させたLDLの受容器の遺伝子(OLR1)関連付けられる。 Biochem Biophys Res Commun。 3月2003日28日; 303(1): 247-50。

11. Tsai WC、李YHのChaoのTH、陳JH。 酸化させた低密度脂蛋白質に対する抗体と冠状アテローム性動脈硬化の範囲間の関係。 J Formos Med Assoc。 10月2002日; 101(10): 681-4。

12. Wang TC、Hsu CC、Chin YP、林YL。 激しい心筋梗塞を用いる患者の酸化させた低密度の脂蛋白質の別の源に対するautoantibodyの表現。 Thromb Res。 8月2002日15日; 107 (3-4): 175-9。

13. Kelishadi R、Nadery GAの早期の心循環器疾患のための高い家族の危険のAsgary S. Oxidized LDLの代謝物質。 インドJ Pediatr。 9月2002日; 69(9): 755-9。

14. Dotevall A、Hulthe J、Rosengren A、Wiklund O、酸化させた低密度脂蛋白質に対するWilhelmsen L. AutoantibodiesおよびC反応蛋白質は女性の糖尿病そして心筋梗塞と関連付けられる。 Clin Sci (Lond)。 11月2001日; 101(5): 523-31。

15. Ehara S、Ueda M、Naruko Tの等酸化させた低密度の脂蛋白質ショーの上昇値激しい冠状シンドロームの厳格の積極的な関係。 循環。 4月2001日17日; 103(15): 1955-60年。

16. Mustafa A、Nityanand S、Berglund L、Lithell H、Lefvert AK。 心筋梗塞のための強く、独立した危険率として50歳の人の循環の免疫の複合体。 循環。 11月2000日21日; 102(21): 2576-81。

17. Vaarala O. Antiphospholipidの抗体および心筋梗塞。 ループス。 1998年; 7つのSuppl 2S132-4。

18. Holvoet P、Vanhaecke J、Janssens S、ヴァンde WF、激しい冠状シンドロームおよび安定した冠動脈疾患の患者のCollen D. Oxidized LDLおよびmalondialdehyde変更されたLDL。 循環。 10月1998日13日; 98(15): 1487-94。

19. ライアンM、Owens D、Kilbride B、等酸化させた脂蛋白質への抗体および心筋梗塞への関係。 QJM. 6月1998日; 91(6): 411-5。

20. ウーR、Nityanand S、Berglund L、等cardiolipinに対する抗体および50歳の人のoxidatively変更されたLDLは心筋梗塞を予測する。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 11月1997日; 17(11): 3159-63。

21. Schumacher M、Eber B、Tatzber Fの等激しい心筋梗塞を用いる患者の酸化させたLDLに対するautoantibodiesの一時的な減少。 自由なRadic Biol Med。 6月1995日; 18(6): 1087-91。

22. Vaarala O、Manttari M、Manninen V、等中年の人の将来のグループの心筋梗塞の反cardiolipin抗体および危険。 循環。 1月1995日1日; 91(1): 23-7。

23. ヘルナンデスFigueroa TT、ロドリゲス ロドリゲスE、サンチェスMuniz FJ。 緑茶、心循環器疾患の防止のためのよい選択か。 アーチLatinoam Nutr。 12月2004日; 54(4): 380-94。

24. Neuhaus T、Voit S、Lill Gの等thrombospondin-1 (4N1-1)のCターミナル ペプチッドによって引き起こされるepigallocatechinの没食子酸塩によってないプロスタグランジンE1によって血小板の集合は禁じられる。 血小板。 11月2004日; 15(7): 455-7。

25. 息子DJのジンYRの等緑茶のカテキンのAntiplatelet効果、Choの氏: アラキドン酸の細道による可能なメカニズム。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 7月2004日; 71(1): 25-31。

26. Lill G、Voit S、Schror K、Weber AA。 人間の血小板に対する異なった緑茶のカテキンの複雑な効果。 FEBS Lett。 7月2003日10日; 546 (2-3): 265-70。

27. Deana R、Turetta L、Donella-Deana Aは、等緑茶のepigallocatechin 3没食子酸塩蛋白質分解および非蛋白質分解アゴニストによって誘発される細道に信号を送る血小板を禁じる。 Thromb Haemost。 5月2003日; 89(5): 866-74。

28. Kang WS、チョンKH、チョンJHは細胞質カルシウム増加の阻止によって、等緑茶のカテキンのAntiplatelet活動仲介される。 J Cardiovasc Pharmacol。 12月2001日; 38(6): 875-84。

29. de Maat MP。 食事療法、薬剤および血しょうフィブリノゲンのレベルに対する遺伝子の効果。 アンNY Acad Sci。 2001;936:509-21.

30. 緑茶のカテキンのKang WS、Lim IH、Yuk DY、等Antithrombotic活動および(-) - epigallocatechinの没食子酸塩。 Thromb Res。 11月1999日1日; 96(3): 229-37。

31. ヤンJA、Choi JH、Rhee SJ。 ホスホリパーゼA2の活動に対する緑茶のカテキンおよびstreptozotocinの糖尿病患者のラットのantithrombusの効果。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 6月1999日; 45(3): 337-46。

32. Sagesaka-Mitane Y、Miwa Mの緑茶の熱湯のエキスの岡田S. Plateletの集合の抑制剤。 Chem Pharm Bull (東京)。 1990年の3月; 38(3): 790-3。

33. Nakachi K、松山S、Miyake S、Suganuma Mの癌および心循環器疾患に対する緑茶を飲むことのIMAIのK. Preventiveの効果: 多数の目標とする防止のための疫学的な証拠。 Biofactors。 2000;13(1-4):49-54.

34. Kono S、Shinchi K、Wakabayashi K、等血清の脂質への緑茶の消費の関係および日本の人の脂蛋白質。 J Epidemiol。 9月1996日; 6(3): 128-33。

35. Garber AK、Binkley NC、Krueger DC、Suttie JW。 食糧源からのphylloquinoneの生物学的利用能の比較か人間の題材の補足。 J Nutr。 6月1999日; 129(6): 1201-3。

36. 氷山MJ。 葉酸の重要性。 J GendはMedを指定する。 1999日5月6月; 2(3): 24-8。

37. Ferruzzi MG、Schwartz SJ。 商業用等級ナトリウムの銅のchlorophyllinの熱低下。 J Agricの食糧Chem。 9月2005日7日; 53(18): 7098-102。

38. van het Hof KH、de Boer BCの単一の消費の後で血しょうのトリグリセリドが豊富な脂蛋白質の一部分と4日の消費後に血しょうのカロチノイドの応答から定められる違った方法で処理されるトマトからの人間のTijburg LB、等カロチノイドの生物学的利用能。 J Nutr。 5月2000日; 130(5): 1189-96。

39. ヘニングSM、Niu Y、リーNH、等緑茶、紅茶、または緑茶のエキスの補足の消費の後の茶flavanolsの生物学的利用能および酸化防止活動。 AM J Clin Nutr。 12月2004日; 80(6): 1558-64。

40. 酸化防止容量の緑茶のサプリメントそして相関関係のSeeram NP、ヘニングSM、Niu Y、等カテキンおよびカフェインの内容。 J Agricの食糧Chem。 3月2006日8日; 54(5): 1599-603。