生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年2月
イメージ

前立腺癌へのあなたの方法を食べること


ウィリアムFaloon著
スティーブンB. Strum、MD、FACP (生命延長科学的な諮問委員会のメンバー)著見直され、批評されて

癌細胞はほとんどの老化の人の前立腺に潜んでいる、けれども6人に付き1つだけは前立腺癌と診断される。 単一の癌細胞が探索可能な腫瘍に成長することができるように要求される何が1つが見れば1、それは満開癌から人々を保護するために自然な障壁があること明らかになる。

残念ながら、現代西洋文明に住んでいるほとんどの人の食餌療法の選択はボディの自然な防護壁を避ける。 最終結果は私達が既存の前立腺癌の細胞に広がり、転移するために無意識のうちに生物的燃料を提供することである。

よいニュース: 食事療法および特定の栄養素の生物的役割を理解すれば、あなたの前立腺の隔離された癌細胞が臨床的に診断された病気として出て来るかどうか相当な量の制御を達成できる。

従ってここに学ぶ何をあなたの未来の悪いニュースとよいニュース間の違いを生じることができるので読み続けなさい。

抗癌性の薬剤によって表示される効果と同一である場合もあるほど私達が細胞の成長で摂取するおよび死は顕著である食糧の影響。 しかし総合的な薬剤とは違って適切な食餌療法の要素は副作用を作り出さないし、付加的な医療補助相談する。

ぼうこう、リンパ節および尿道への浸潤の前立腺癌

すべての癌はもはや正常な細胞分裂を制御してもいくないこと細胞拡散を調整する遺伝子がそう傷つかれるようになると始まる。 例えば、科学者はセレニウムを使用して臨床研究で積極的に細胞が普通分かれることを可能にする特定の遺伝子の保護を助けるので従事している。2-5 栄養素の限定はセレニウムを好むが、それがそのような細胞調整の遺伝子への集められた損傷(突然変異)を逆転ことはできないかもしれないことである。

前立腺の細胞の遺伝子は人命の間に突然変異に早く特に傾向がある。 これは決して知らなかった若者の前立腺癌の細胞の死体解剖の調査結果によってそれらに病気があったことを示された。6

医者は彼らの前立腺の活動的な癌細胞を持つそう多くの人が公然の病気になぜ進歩しないか疑問に思い続ける。 1つの答えは特定の酵素の発見に広がる前立腺癌の細胞の使用が浸透し、転移することを関連付けるかもしれない。 出版された研究の大きい容積はさまざまな段階で前立腺癌を促進するためにこの酵素が多数の病理学の細道によって作用することを示す。7-21 明るいニュースはこの酵素が多数が健康に敏感な人によって既に今日利用されているサプリメントの食餌療法の修正そして使用によって抑制することができることである。

オメガ3つの脂肪酸: 最初の防衛線

オメガ6の脂肪および飽和脂肪で高い食事療法はより大きい前立腺癌の危険と危険を減らすために魚からのオメガ3の脂肪の高められた取入口が示されていた一方、関連付けられる。22-29 人口母集団の広い範囲を渡る一貫した疫学的な調査結果に基づいて、科学者は間違った一種の脂肪(およびオメガ6の脂肪を飽和する)食べることが前立腺癌に対するstimulatory効果をなぜ誘発するか理解するように努めた。

私達が悪い脂肪を食べた後何が起こるか確認するためには、1つはすべて権利(図1)の図表に示すようにこれらの脂肪がボディで続く新陳代謝の故障の細道を見ることであるしなければならない。 例えば夕食のために、大豆やベニバナ油(オメガ6の脂肪の源)の典型的なドレッシングと共にステーキ(飽和脂肪の源)およびサラダを、食べると、私達を仮定する許可しなさい。

およびオメガ6の脂肪がボディのアラキドン酸に飽和する図1で変える、見ることができるように、肉自体がアラキドン酸を含んでいる一方。 ボディ自体が余分なアラキドン酸の除く1つの方法は5 lipoxygenase (5ロックス)と呼ばれる危ない酵素の作成によって行う。 新しい調査は5ロックスが複数の明示されているメカニズムによって直接前立腺癌の細胞増殖を刺激することを最終的に示す。さらに 2,26,30-36、アラキドン酸は5-HETEの破壊を脱出するのに前立腺癌の細胞が利用する有効な存続の要因への5ロックスによって新陳代謝する。31,37-40

アラキドン酸で豊富な食糧の食事療法を消費することが直接前立腺癌の進行を促進できる危ない5ロックスの酵素の生産をいかに誘発するか図1ははっきり示す。 5-HETEに加えて、5ロックスはまたleukotriene B4のボディ中の原因の有害な反作用が幹線壁への厳しい損傷を加える有効な親炎症性代理店にアラキドン酸を新陳代謝させ。41-47

魚油の補足がとても普及するようになったという1つの理由は有利なEPA/DHAの脂肪酸がボディのアラキドン酸の生産を減らすのを助けることができることである。 図1に示すように、アラキドン酸のレベルが減ったり、5ロックス、5-HETEおよびleukotriene B4の対応する抑制があったら。

前立腺の腫瘍は前立腺に制限した。

1つが致命的な5 lipoxygenase (5ロックス)の滝を理解すれば、過度にアラキドン酸で豊富な食糧を消費する人々および余分なアラキドン酸の代謝物質の生産を減らさない人が炎症性病気の前立腺癌そして多くのために、彼ら自身をなぜセットしているか見ることは容易である(を含むアテローム性動脈硬化)。2,30,35,48,49

5ロックスは前立腺癌に過剰表現される

アラキドン酸で豊富な食糧の消費が前立腺癌の高い発生の地域で最も大きいことを示す調査に基づいて、26,30,35,49人の 科学者は温和な前立腺のティッシュ対悪性にあるか5ロックスの酵素のどの位定めるように努めた。

生存人間の患者から取られたバイオプシーのサンプルを使用して研究者は5ロックスのレベルが温和なティッシュと比較された悪性の前立腺のティッシュの驚異的な六倍のより大きかったことが分った。 この調査はまた5-HETE (前立腺癌の破壊を防ぐ5ロックスの代謝物質)のレベルが温和な前立腺のティッシュ対悪性でより大きい2.2折目だったことが分った。33

科学者は5ロックスの選択的な抑制剤が前立腺癌を持つ患者の防止か処置に有用かもしれないことを示すことによってこの調査を完了した。

5ロックスは腫瘍の成長因子を促進する

「悪い脂肪」を摂取することは前立腺癌の危険を高めること証拠の台紙、科学者が癌細胞の進行、angiogenesisおよび転移にかかわるさまざまな成長因子に対する5ロックスの効果を評価していると同時に。

1つの調査は前立腺癌の細胞の成長およびボディで作り出される他の癌細胞の増殖の要因を刺激するように5ロックスの活動が表皮の成長因子(EGF)によって要求されることが分った。 5ロックスのレベルが減ったときに、EGFおよび他の成長因子の癌細胞のstimulatory効果は減少した。30

マウスの調査では、5ロックスの増加は血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の対応する増加、腫瘍に新しい血管の形成(angiogenesis)を刺激するのに腫瘍の細胞が使用する主成長因子で起因した。 5ロックスの抑制剤は他の成長因子の多くと共に腫瘍のangiogenesisを減らすために示されていた。50 男性ホルモン依存した、男性ホルモン独立した人間の前立腺癌の細胞ラインで、5 lipoxygenase (5ロックス)の阻止は一貫して急速で、大きいapoptosis (癌細胞の破壊)を引き起こすために示されていた。26,49,51-54

5ロックスを抑制する栄養素

健康に敏感な人々は既にボディの5ロックスの活動を下げるのを助ける魚油のような栄養素を取る。20,21の 調査はそのリコピンを示し、ノコギリ パルメットがまた得るために5ロックスの抑制を助けることを。51,55-68 これらの栄養素による5ロックスの抑制は前立腺に対する好ましい効果を部分的に説明するかもしれない。

人間がしかし、老化すると同時に、慢性の炎症性プロセスによりボディで5ロックスの過剰表現を引き起こすことができる。 男性を成熟させるために、余分な5ロックスの結果は60の年齢の後で観察される前立腺癌の伝染病であるかもしれない。

5ロックスが前立腺癌の細胞の侵入そして転移を促進できるという累積知識に基づいてこの致命的な酵素を抑制するために積極的なステップを踏むことは有利だったようであろう。 よいニュースは自然な5 lipoxygenase (5ロックス)の抑制剤が今利用でき、健康な前立腺機能を維持するのに使用される普及した方式に加えられたことである。

可能性としては前立腺癌を抑制することに加えて、5ロックスの巧妙な阻止はまたアテローム性動脈硬化の進行を遅らせるべきである。

5ロックスの効果の蟹座促進

腫瘍の成長因子

細胞効果

禁じられる

表皮の成長因子(EGF)

腫瘍の細胞増殖を刺激する

5-Loxin®

血管内皮細胞増殖因子(VEGF)

angiogenesis、腫瘍の成長および転移を刺激する

5-Loxin®

腫瘍の壊死の要因アルファ(TNF-α)

マトリックスのmetalloproteinasesを引き起こしたり、invasivenessおよび転移を高める; 引き起こすNFkappaBの5-Loxin®増加の細胞接着分子(I-CAM、V-CAM)を

5-Loxin®

図2. 5 lipoxygenase (5ロックス)は癌細胞のための生物的燃料としてEGF (表皮の成長因子)、VEGF (血管内皮細胞増殖因子)、および他の成長因子の刺激によって機能する。 癌細胞拡散を高める腫瘍の成長因子、invasivenessおよび転移は5-LOXIN®と呼ばれる天然産物によって禁じることができる。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2