生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年12月
イメージ

カルニチンおよび甲状腺疾患


Hyperthyroidの患者がカルニチンをなぜ必要とするか ジュリアスG. Goepp、MD著

カルニチンの最も最近の調査結果

注意されるように、甲状腺機能亢進症のカルニチンの現代仕事事実上すべては先生によってBenvenga導かれるイタリアの研究グループから来た。 仕事が劇的、強制的であるけれども、科学者に頻繁に付加的な研究者によって複製されなかったし、または支えられなかった調査結果についての正当な心配がある。 ちょうど過去の2年では、複数の新しい調査は各全く異なる実験室から甲状腺疾患に苦しむ個人に一緒にカルニチンの価値の強い保証を提供する検査の別の問題来た。

具体的には超両方伴い、hypothyroid条件、クリストファーSinclair先生およびロードアイランドのブラウンの衛生学校の同僚が研究者が超およびhypothyroid患者からの骨格筋のサンプルを得た2005年。6で出版された 、調査の自身のセットを行った筋肉弱さに、また正常な制御のグループから興味を起こさせられて。 甲状腺疾患の患者からのサンプルはまた適切な従来の処置のコースの後で繰り返された。 それらがサンプルの筋肉カルニチンの内容を測定したときに、研究者は処置の下で改善された条件として正常なレベルへのリターンのhyperthyroidの患者の重要な減少を、見つけた。 彼らはまた処置と改良したhypothyroidグループの筋肉カルニチンの内容のより小さく、より少なく重要な減少を同様に見つけた。 「mitochondriaに」運ばれたより少ないエネルギーが(長い鎖の脂肪酸の形で)あり、更に「これが骨格筋の減少された脂肪酸の酸化を」。もたらし、従って弱さをもたらすかもしれないことを指摘することを筋肉のカルニチンの減らされた供給が意味することを先生Sinclairおよび彼の同僚は、イタリアの同等のような、確認した

保護筋肉完全性のカルニチンの重要性についての証拠の完全に別々のラインは癌治療の世界から来る。 新しい化学療法の薬剤の2005では調査は新しい薬剤の安全を保証するためにaplidine、フランスの科学者によってを含まれていたカルニチンの補足呼んだ。29 Aplidineは尾索動物と電話される海洋の創造物から得られる化学薬品またはホヤである。 それは有効な抗癌性の効果をもたらすが、線量はmyotoxicityによって、か筋肉損傷および弱さ限られる。 彼らの14人の患者の3つが線量を高める彼らの機能を限ったaplidineからの毒性を経験したときに研究者は口頭カルニチンを単に提供した。 カルニチンは筋肉毒性を逆転でき補足で続けた患者は40%彼らの化学療法の線量を高められた。 研究者は未来の研究でprotectant筋肉としてカルニチンのそれ以上の調査を行なうように意図する。

カルニチンを使用して

おそらくそのカルニチン、細胞エネルギー、把握の基本的な経済学で使用される控え目な分子が甲状腺機能亢進症を含むいろいろな原因から筋肉損傷および弱さを、防ぎ、逆転させることへのキーある。 甲状腺剤の状態のLカルニチンを調査する臨床試験は2,000から4,000 mgまで毎日及ぶ線量を利用した。 これらの調査がLカルニチンに焦点を合わせる間、アセチルLカルニチン、アセチルLカルニチンのarginateおよびpropionyl Lカルニチンのような高度のカルニチンの公式はまた甲状腺剤の状態に苦しむ個人のための約束を提供するかもしれない。 より多くの研究は必要どのカルニチンの公式が甲状腺機能亢進症の悪影響を調整するために最も有利であるか定めるためにである。

カルニチンは安全で、知られていた副作用をもたらさないし、そして精力的な練習に起因できる筋肉疲労を含むいくつかの徴候のための広まった使用に、ある。 不分明からのカルニチンの上昇の物語は偽りなく現代医学の1つ成功の最も劇的で、最も強制的な物語である。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

カルニチンの公式の比較

これまでに、臨床試験はLカルニチンの2,000-4,000のmg /dayの線量が甲状腺機能亢進症に苦しむ個人で有用であることを示した。 未来の調査は必要とされる線量と共に2,000-4,000 mgのLカルニチンによって提供される効力に一致させるのにアセチルLカルニチン、アセチルLカルニチンのarginateおよびpropionyl Lカルニチンのような他のカルニチンの公式の同じような利点の、覆いを取るかもしれない。

科学者が各カルニチンの公式の最も有効な適量を明らかにするまで、次の図表は甲状腺機能亢進症の効果からの救助を追求している個人に予備の指導を提供するかもしれない:

Lカルニチン: 2,000-4,000のmg /day

アセチルLカルニチン: 800-2,000のmg /day

アセチルLカルニチンのarginate: 600-1,000のmg /day

Propionyl Lカルニチン: 600-2,000のmg /day

参照

1. Laurberg P、Andersen S、Bulow P、I、年配者のCarle A. Hypothyroidism: pathophysiology、診断および処置。 薬剤の老化すること。 2005;22(1):23-38.

2. Jayakumar RV。 甲状腺機能低下症。 JインドMed Assoc。 10月2006日; 104(10): 557-60、562。

3. Heitman B、Irizarry A. Hypothyroidism: 共通の不平、複雑な診断。 Pract看護婦。 3月1995日; 20(3): 54-60。

4. Caturegli P、Kimura H、Rocchi R、ローズNR。 自己免疫の甲状腺疾患。 Curr Opin Rheumatol。 1月2007日; 19(1): 44-8。

5. Maji D. Hyperthyroidism。 JインドMed Assoc。 10月2006日; 104(10): 563-7。

6. ハイポのSinclair C、Gilchrist JM、Hennessey JV、Kandula M. Muscleのカルニチンおよび甲状腺機能亢進症。 筋肉神経。 9月2005日; 32(3): 357-9。

7. Nayak B、Burman K. Thyrotoxicosisおよび甲状腺剤は押しかける。 Endocrinol Metab Clinの北AM。 12月2006日; 35(4): 663-86、VII。

8. BurchのHB、Wartofsky L. Life-threateningのthyrotoxicosis。 甲状腺剤の嵐。 Endocrinol Metab Clinの北AM。 6月1993日; 22(2): 263-77。

9. OlsonのBR、Klein I、myopathy Benner R、等Hyperthyroidおよび処置への応答。 甲状腺剤。 1991;1(2):137-41.

10. Strack E、Woratz G、甲状腺の機能高進のカルニチンのRotzsch W. Effects。 Endokrinologie。 9月1959日; 38:218-25。

11. Strack E、Bloesche H、Bemm H、Rotzsch W。 甲状腺の機能高進のLカルニチンの使用。 Dtsch Z Verdau Stoffwechselkr。 4月1962日; 21:253-9。

12. Willgerodt H、Rotzsch W、甲状腺のヨウ素の蓄積のカルニチンのStrack E. Effect。 Dtsch Z Verdau Stoffwechselkr。 8月1965日; 25(3): 127-35。

13. Emmrich R。 甲状腺機能亢進症の診断そして療法のための新しい方法。 Med Wochenschrを食べなさい。 10月1967日27日; 109(43): 2217-21。

14. 甲状腺機能亢進症の患者のカルニチンの前橋M、Kawamura N、佐藤M、Imamura A、吉永町K. Urinaryの排泄物および甲状腺機能低下症: 甲状腺ホルモンによる増加。 新陳代謝。 4月1977日; 26(4): 351-6。

15. Fosslien E. Review: 不完全な酸化的リン酸化によって引き起こされるミトコンドリアの薬心筋症。 アンClinの実験室Sci。 2003;33(4):371-95.

16. ヤコブCのベルビルF.のLカルニチン: 病理学の新陳代謝、機能および価値。 Pathol Biol (パリ)。 11月1992日; 40(9): 910-9。

17. ほ乳類の甲状腺ホルモンのcalorigenic効果のSestoft L. Metabolicの面。 Clin Endocrinol (Oxf)。 1980年の11月; 13(5): 489-506。

18. Turakulov IのSaatovのTS、Rakhimdzhanova MT、甲状腺剤の病理学の条件の下のラットの中心およびレバー ティッシュのmitochondriaのpalmitylのカルニチンのIsmailkhodzhaeva G. Oxidation。 Vopr Med Khim。 3月1981日; 27(2): 197-200。

19. Suzuki M、Tokuyama Kの甲状腺ホルモンのYamane A. Carnitineの新陳代謝はラットおよびマウスを扱った。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 8月1983日; 29(4): 413-28。

20. Galland S、ゲオルゲスB、Le Borgne F、Conductier G、Dias JVのDemarquoy J.の甲状腺ホルモンはガンマbutyrobetaineヒドロキシラーゼの活動および遺伝子発現の修正によってカルニチンの状態を制御する。 細胞の生命MolのSci。 3月2002日; 59(3): 540-5。

21. Benvenga S、Amato A、Calvani M、甲状腺ホルモンの行為に対するカルニチンのTrimarchi F. Effects。 アンNY Acad Sci。 11月2004日; 1033:158-67。

22. 紛砕機MJ、Koster H、ザイツHJ。 空腹のラットの隔離された潅流されたレバーのketogenic容量に対する甲状腺剤の国家の効果。 Biochim Biophysのアクタ。 12月1981日23日; 666(3): 475-81。

23. DeFelice SL、Gilgore SG。 甲状腺機能亢進症のカルニチンの反対の効果。 予備報告。 Jの新しい薬剤。 11月1966日; 6(6): 351-3。

24. DeFelice SL、Gilgore SG。 甲状腺ホルモンのカルニチンの反対者の評価。 臨床薬理学のレポート。 Jの新しい薬剤。 11月1966日; 6(6): 349-50。

25. Benvenga S、Lakshmanan M、Trimarchi F. Carnitineは甲状腺ホルモンの核通風管の自然発生する抑制剤である。 甲状腺剤。 12月2000日; 10(12): 1043-50。

26. Benvenga SのRuggeriのRM、LカルニチンのRusso Aの等実用性、医原性の甲状腺機能亢進症の甲状腺ホルモンの行為の自然発生する周辺反対者、: ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御臨床試験。 J Clin Endocrinol Metab。 8月2001日; 86(8): 3579-94。

27. Migneco A、Ojetti VのTesta AのDeのLA、GentiloniのSN。 thyrotoxic危機の管理。 EurのRev. Med Pharmacol Sci。 1月2005日; 9(1): 69-74。

28. Benvenga S、Lapa D、Cannavo SのTrimarchi F. Successiveのの甲状腺剤の嵐はmethimazoleのLカルニチンそして低い線量と扱った。 AM J Med。 10月2003日1日; 115(5): 417-8。

29. Faivre S、Chieze S、Delbaldo C、等段階Iおよびaplidineのpharmacokinetic調査、高度の敵意の患者の新しい海洋のcyclodepsipeptide。 J Clin Oncol。 11月2005日1日; 23(31): 7871-80。

  • ページ
  • 1
  • 2