生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年4月
イメージ

前立腺癌Chemopreventionおよび処置の前進


アーロンE. Katz、MD著
スティーブンB. Strum、MD著見直され、批評されて

前立腺癌は米国の31,000人を毎年殺す。 220,000に病気と新しい診断の各年の等量2.6分毎に診断される。 人のこの癌の開発の寿命のチャンスは6の約1である。 この執筆で、前立腺癌は9以上,000,000のアメリカの人にある。

よいニュースの用意しなさいか。 前立腺癌は早く検出されたら生存可能なほぼ100%である。

ニューヨークの長老派の病院/コロンビア大学の全体泌尿器科学の中心で、私達は前立腺癌のためのallopathic療法の使用そして価値でよく作詩される。 私は医学生に外科、pharmacologic、および化学療法/放射の治療法をここに教える。 前立腺癌を持つ多くの患者はある種の外科から寄与し、遅段階癌で、私達はホルモン融除の薬剤、生命を拡張し、苦痛を取り除くのに化学療法および放射を使用してもいい。

但し、私達のものは私達がまた代替医療から私達の患者を直すのを助けるように知識を適用すること泌尿器科の医療センター間で独特である。 私達は癌に抵抗すると同時に科学的に患者のボディを支えるのに認可された草および栄養の薬を使用する。 これらの薬の多数はさまざまな生物的メカニズムを通して前立腺癌の細胞の成長を遅らせるか、または逆転させる機能を示した。

全体泌尿器科学の中心の私達のチームはこれらの自然な薬の複数の起工の研究をして、同業者審査されたジャーナルの出版したり、主要な科学的な会議で示している。 これらは前立腺癌へ補足の医学のアプローチの一部として開発か進行の予防を助けなさい癌および価値である草および栄養のchemopreventive代理店物質の安全そして有効性を確立するために医学によって取られなければならないステップ。

自然なか「全体」アプローチは広がってがまずない非常に早い前立腺癌と診断される患者で特に有利かもしれない。 前立腺特定の抗原(PSA)の血液検査を使用して前立腺癌のための広まったスクリーニングが原因で、2006で診断される多くの人に低いGleasonがたくさんの6以下(Gleasonのより高いスコアはより悪い予想と関連付けられる)あったり、またはprostatic intraepithelial neoplasiaと呼ばれる前癌性の状態かPINがある。

「用心深い待っていること」を越えて移動

小さいと診断される人、早段階は様子を見る彼らの泌尿器科医によって、より古かったりまたは外科に多くをする他の病気があるより少なく積極的な前立腺癌特別の人「言われる危なかもしれない」。 これの後ろの論理は通常適用された処置がそのような患者でよいよりより多くの害をすることができることである。

私はこの用心深い待っているアプローチが不適当であることを考える。

これは決して生命にかかわらない癌を根絶するために私達がそれにより外科的に介入し、可能性としては副作用を人生の変えることを危険にさらすべきであると言うことではない。 用心深い待っていることへの代わりは利点を支持して成長する科学的なサポートおよび害をするためのほとんど潜在性がない全体療法を適用している。

よい患者で全体療法が広範囲の処置の一部として適用して改善する結果を計画することが外科処置を含んでより多くの積極的な医学のための候補者か薬物私は分った。

ほとんどの泌尿器科医はまだ前立腺癌のためのallopathic処置に専ら頼り、早くとの処置に沿ってこれらの前進は完済することを検出ようである。 中央政府疾病予防対策センターに従って、前立腺癌のための全面的な残存率は80年代の67%からほぼ97%に今日行ってしまった。 (この図はアフリカ系アメリカ人、ヒスパニックおよびアメリカ インディアン/アラスカの原住民のための前立腺癌死亡率が二度ほぼ白人のそれであるという)事実を覆う。処置 の私達の配列への1加える全体療法はあなた(またはあなたの生命の人前立腺癌で)決して死なない確率しか改善なできる。

前立腺癌Chemoprevention

Chemopreventionは癌の誘導、成長、または進行を防ぐ代理店の使用である。 前立腺癌は長い潜伏期間を過す、従って検出されるか、または徴候を引き起こす前にゆっくり育ち、幾年もの間存在するかもしれないことを意味する。 私達はchemopreventionの作戦に関しては私達の利点にこれを使用してもいい。 全体泌尿器科学のための中心からの研究は他の所で強く「様子を見る」言われたあらゆる人が集中されたchemopreventionプログラムを始めたら、私達はの進行を遅らせか、または停止できる病気およびおそらく彼の健康の事実上その他すべての面の改善を見ることを提案し。

私達が前立腺癌のchemopreventionで演説する重要要因は酸化および発火を禁じている。 私達はハーブ、栄養の補足および病気を作成し、加速するこれらの要因に演説するのに食餌療法の変更を使用してもいい。 前立腺癌のchemopreventionはまた多分)を心臓病、骨関節炎、温和なprostatic肥大(BPH、か前立腺のnonmalignant拡大)、および前立腺炎(通常細菌感染か自己免疫によって引き起こされる前立腺の発火防ぐのを助ける。

酸化圧力は食事療法と前立腺癌間の強いリンクであると信じられる。 酸化の測定は非癌性前立腺のより癌性前立腺でかなり高い。2 発火はprostatic intraepithelial neoplasia (PIN)と呼ばれる前癌性の状態と癌自体のための段階を置く前立腺で増大周期に貢献する付加的で自由根本的な重荷を作成する。3

前癌性の前立腺: PIN

Prostatic intraepithelial neoplasiaは癌ではないが、それは病気の兆しである。4 私達はまた異形成としてPIN、癌性ある時点で回るためにが本当らしい将来異常な細胞のための一般的な用語を参照する。

前立腺癌は前立腺の細胞のサイズそして形の非常に小さな変更から始まる。 これらの変えられた細胞は前立腺中それから増殖する。 PINは血清の前立腺特定の抗原(PSA)の集中に影響を与えない; それは私達がバイオプシーをするときだけ検出される。

彼らの前立腺で前立腺癌が場合の85%以上PINの区域を持つのを経験しなさい人、5つ およびそれは診断可能な癌の前に10年まで現われることができる。 一連の死体解剖の場合249では、高級な(厳しい) PINの前立腺のおよそ4分の3は高級なPINなしで4分の1だけと比較された侵略的な腺癌を隠した。

私達がPINを検出するとき、allopathyにそれのための処置がない。 通常、推薦はである「用心深い待っていること」。 これは栄養素およびハーブの使用のためのプライム・タイムPINを作成し、満開癌にそれを変形させるかもしれない発火を減らすである。

PINのための炎症抑制の栄養素

プロスタグランジンおよびleukotrienesはeicosanoids、または私達が食べる脂肪からのボディで作成されるホルモンそっくりの化学薬品である。 それらは特定の酵素の行為を、コックス(cyclooxygenase)酵素を含んで含む仲介のプロスタグランジンの生産、およびleukotrieneの生産を仲介する、ロックス(lipoxygenase)の酵素、生化学的な反作用の滝を通して製造されたである。

前立腺癌の細胞

COX-2酵素は発火の有名な仲介人で、発火を加速するプロスタグランジンの作成の極めて重要な役割を担う。 炎症抑制COX-2抑制剤の薬剤は源で発火の炎の減少を希望してこの単一の酵素を、禁じるように設計されている。 但し、これらの薬剤はまた発火の役割を担うleukotrienesを作成するロックスの酵素を含む他の酵素に影響を与えない。 その「マッチ」としてコックスおよびロックスの酵素について軽い炎症性炎考えなさい。 今度は1つのマッチが私達によってがかぎたばこを吸うことを、想像しなさい: 燃える燃料がまだある限り火の過程を進めるために他のマッチは十分である。

コックスおよびロックスの酵素は食事療法によって強く影響される。 私達がオメガ6の脂肪(慣習的な肉、乳製品およびTRANSの脂肪で豊富な水素化されたオイルを含む精製された植物油、)で豊富なoverconsumeの食糧小麦粉および砂糖を精製したときに、私達は発火を引き起こすあらゆる侮辱に過剰反応に私達が発火の側面の方のeicosanoidの生産のバランスを押すので、ボディをし向ける。 何人かの人々は遺伝の相違によるこの種類の過剰反応に他より傾向がある、おそらく。

温和なprostatic肥大(BPH)、非細菌の前立腺炎、前立腺癌およびPINは慢性の高められた状態とすべて発火ようにアルツハイマー病および心臓病を持つためにつながった。 慢性の発火はその発火が起こるボディの区域の癌性成長を開発する高められた危険に私達を置く。 PINは本当らしい発火が前立腺の細胞を変えているという最初の印。

薬剤とのCOX-2阻止の調査はVioxx®を好み、Celebrex®望まれた多数がポリプ示された前癌性の人々の結腸癌を防ぐことに有用COX-2阻止は1つの火を減らすが、また他のタイプの発火を高めることをである。それを コックス細道を禁じるにより始まったロックスの酵素によって「火」を高めるロックスの細道の活発化に引き起こしたことをMDアンダーソンの蟹座の中心の調査が見つけた6。 さらにこのロックスの細道がPINおよび前立腺癌の開発の重要な1である、ようである。

前立腺癌はロックスの代謝物質によって運転される。 5ロックスによりテスト管の調査の代謝物質を禁じる前立腺癌の細胞の急速で、大きいダイスを引き起こす。 lipoxygenaseの酵素の活動は5ロックス、ホルモンそっくりのleukotrienesの1を作成する。

5ロックスは発火と前立腺癌間の相互作用の私達の理解にとって重要であることをなっている。 相当な研究の証拠は私達がそうすることによって抑制したり5ロックスおよび、私達にこと、減らす5-hydroxyeicosatetraenoic酸として(5-HETE)知られている別の生化学的—私達の形成を前立腺癌の成長を遅らせるか、または停止できる告げる。

5-HETEは前立腺癌の細胞の存続に必要であり、生産の禁止によって、私達は効果的に前立腺の腫瘍を飢えさせてもいい。 私達はプログラムされた細胞死をもたらす、腫瘍の成長を励まし、広がる他のプロセスに対して働いてもいい一連の生化学的な反作用に再び不滅の癌細胞を送っても。 そして私達はロックスおよびコックス酵素の行為を軽視するために働くハーブの組合せとのこれを達成してもいい。

私達の研究および他からのこれは調査することをすべてをことを私達が学んだように、私達は親炎症性酵素の広い阻止が目標とされた成していたことを、選択的な阻止よりより多くの意味を推論した。 従って、私達は一方の端を達成できるハーブを見た。

ノコギリ パルメットを

非常に選択的な、薬剤COX-2抑制剤とは違って、草の炎症抑制剤はコックスおよびロックスの細道の活動を禁じる。 アスピリンは同様にが、数万人の人々を毎年入院させる胃腸出血の副作用の危険を作成する目標とされて、そしてアスピリンおよび他のより少なく選択的なnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAIDs)はまだハーブより特定。

全体泌尿器科学のための中心で、私達は前立腺癌にPINの進行を遅らせるか、または逆転させるのに炎症抑制および酸化防止行為を用いるハーブが使用することができるかどうか定めるためにずっと調査を行なっている。 2002年に、コロンビアからの私の調査チームは国立衛生研究所でUrologic腫瘍学の社会のための会合で10の炎症抑制のハーブの組合せの調査の結果を示した。 私達はこの方式が前立腺癌の細胞の成長を抑制した分り、多数にことがプログラムされた細胞死(apoptosis)を経させた。

私達は現在ローズマリーを、ウコン、ショウガ、緑茶、オレガノ、中国のgoldthread評価して、含んでいる、barberry、この草の組合せを使用しているバイオプシー証明されたPINの35人の患者のグループを。 これらのハーブすべては私達は前立腺の発癌に於いての演劇の役割を知っていること仲介の発火特定、コックスおよびロックスの酵素酵素に対する効果をもたらす。 私達の結果はこの時点で予備であるが、確かに有望である。

この段階I臨床試験では、患者は18か月間この草の組合せの日刊新聞を取る。 6ヶ月毎に、それらに別のバイオプシーがあり、それらのティッシュは癌の方に進歩しているかどうか私達に示す発火の分子マーカーのために分析される。 私達はまた各々の6ヵ月のフォローアップの訪問でPSAを測定する。 少なくとも2つのフォローアップの訪問があった26人の患者の、13にPSAの減少があった。 これらの人の四十六% 10%以上減少があり、27%は50%の減少に持っていた。 これまでに、35のバイオプシーは調査で21人の患者で行われた; 35のバイオプシーの31では、癌は成長しし、それらの21は常態であり、PINか癌を示さない。 4人の患者は癌を開発したが、腫瘍は完全な治療のためのよい予想と非常に小さかった。 (スティーブンB. Strum、MD著コメント: 前立腺癌の例のいくつかが薬物の開始前にあったかどうか見るために調査の開始前のすべてのバイオプシー材料がEPCA [早い前立腺癌の抗原]のために調査されることを提案しなさい。)

pygeum、イラクサの根(Urticaのdioica)を含むために制御前立腺の発火および発癌を助けるように知られていた他のハーブはノコギリ パルメットおよび乳香(Boswelliaのserrata)を。 それぞれにchemopreventive代理店の科学研究でサポートの自身の基盤がある。7-10

前立腺癌Chemopreventionおよび処置の前進: 必要がある何を知る
  • 前立腺癌が220,000のアメリカの人に毎年診断され、31,000を殺すが、病気はつかまえられたら十分に早く生存可能なほぼ100%である。
  • 前立腺癌のための慣習的な療法は外科、ホルモン融除の薬剤、化学療法および放射が含まれている。
  • 医者はますます前立腺癌の処置の補足および代わりとなる療法を組み込んでいる。 栄養および草療法は有効なchemopreventive代理店として早段階の病気の前立腺癌の開発そして進行を、特に遅らせるために機能できる。 Chemopreventiveの代理店は部分で酸化および発火の前立腺癌にまた心臓病および骨関節炎のような条件にだけでなく、貢献する要因の禁止によってはたらく。
  • 前立腺癌は頻繁にprostatic intraepithelial neoplasia (PIN)に、癌性になるために本当らしい異常な細胞によって示される条件先行される。 コックスおよびロックスの炎症性酵素を妨げる草の混合物および消費の栄養素はPINが前立腺癌に進歩することを防ぐのを助けるかもしれない。
  • 前立腺癌にPINの進行を妨げるのを助けるかもしれない草の代理店は緑茶、ショウガ、ローズマリー、オレガノ、中国のgoldthreadおよびbarberryを含んでいる。 防ぎ、管理の前立腺癌のための他の有望な代理店はリコピン、ビタミンE、セレニウム、ザクロおよび大豆および要素含んでいる。
  • 複数の高度の外科技術は診断される前立腺癌と人を扱って利用できる。 より古いプロシージャと比較されて、これらのより新しい外科方法は無力、不節制および長い回復時間のような複雑化の大いにより危険度が低いのと関連付けられる。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2