生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2007年11月
イメージ

Pregnenolone

シナプス特定の神経の可塑性の新しいメカニズム。

現在の概念に従って、長期記憶は翻訳およびトランスクリプションのプロセスによって決まる頭脳(シナプス特定の可塑性)のニューロン間の構造機能変更のシナプス関係に特に基づいている。 軟体動物のAplysiaおよび哺乳類の海馬のニューロンの調査はシナプス特定の分子遺伝プロセスを要求しないシナプス特定の可塑性のメカニズムに演説した。 シナプスの刺激はシナプスの細胞内の第2メッセンジャーの活発化をもたらすために、また「シナプス示され」-」トランスクリプション プロダクトを確認するメカニズムの形成に「付ける。 ニューロン ボディでは、第2メッセンジャーは広く配られるニューロン プロセスで機能および形態学上の特徴の長期変化を換起する刺激付けられたシナプスにだけ選択式に挿入され、RNAおよび蛋白質分子の統合を引き起こす。 共通のかたつむりの防御的な行動の私達の調査の結果はニューロンLPl1に命じ、RPl1はシナプス特定の可塑性を制御する別のメカニズムの存在を提案する。 増感の獲得で、何人かの第2メッセンジャーおよびそれらによって制御される遺伝子はかたつむりのこれらのニューロンの定義されたシナプスの入力の可塑性の支持にかかわる。 頭部の化学受容器からのニューロンの感覚的な入力の長期促進の誘導のプロセスはニューロンLPl1の他の感覚的な入力を考慮しなさいメカニズム制御するヘッド包含プロテイン キナーゼCおよびプロテイン キナーゼのC依存したトランスクリプションの機械受容器RPl1からSRF (血清のレスポンス・ファクタ)を間即時の早い遺伝子C/EBP (CAAT/enhancerの結合蛋白質)のキャンプそしてキャンプ依存したトランスクリプション要因を含むために示され。 即時の早い遺伝子zif268は両方からの入力chemoおよび頭部の機械受容器の制御にかかわる。 これらの結果は学習の間のシナプス特定の可塑性の分子メカニズムがニューロンの定義された遺伝子にシナプス関係の選択的な神経化学「投射に基づいて」形作るかもしれない仮説のための実験サポートとみなされる。

Neurosci Behav Physiol。 7月2007日; 37(6): 559-70


Pregnenoloneの硫酸塩は辺縁系の構造に非常に低い線量で注入されたとき後訓練の記憶プロセスを高める: 扁桃体は圧倒的に最も敏感である。

扁桃体、隔壁、mammillaryボディ、またはcaudate核心へのpregnenoloneの硫酸塩(PS)のおよび海馬へのPS、dehydroepiandrosteroneの硫酸塩およびcorticosteroneの即時の後訓練の、stereotactically導かれた、intraparenchymal管理はフィート衝撃の活動的な回避の範例で弱く訓練されたマウスで行われた。 PSのIntrahippocampalの注入は記憶強化(私)でより低い線量でdehydroepiandrosteroneの硫酸塩およびcorticosteroneと見つけられたより起因した。 IntraamygdallyはPSが海馬に注入されたおよそ10(5)が有効よりとき隔壁かmammillaryボディに注入されて時間を計るときにPSをだったおよそ10(4)私の作成のモルの基礎でより有効な時より管理し。 私は他の頭脳の構造でテストされた線量の範囲上のcaudate核心にPSの注入に起こらなかった。 扁桃体に注入されたときPSの150分子以下かなり後訓練の記憶プロセスを高めたことが分ることはPSをように最も有効な記憶増強物けれども扁桃体あらゆる物質によって私のための最も敏感な頭脳の地域として報告され、けれどもテストされて確立する。

Proc国民のAcad Sci米国。 11月1995日3日; 92(23): 10806-10


Pregnenoloneの硫酸塩: NメチルDアスパラギン酸塩の受容器の肯定的なallosteric変調器。

NメチルDアスパラギン酸塩(NMDA)の受容器は学習と打撃および癲癇と関連付けられるexcitotoxic神経の損傷の大きな役割を担うと信じられる。 抑制的なアミノ酸のグリシンおよびガンマ アミノ酪酸のための受容器、また非NMDAグルタミン酸塩の受容器を禁じている間Pregnenoloneの硫酸塩、neurosteroidは、とりわけ脊髄ニューロンのNMDAゲートで制御された流れを高める。 この観察はpregnenoloneの硫酸塩のようなneurosteroidsが中枢神経系ことをの刺激と阻止間のバランスの調整にかかわること仮説に一貫している。

Pharmacol Molの。 9月1991日; 40(3): 333-6

Neurosteroidのpregnenoloneの硫酸塩は未熟なラットの握られるのがくでシナプス前カルシウム流れの促進によってglutamatergicシナプス伝達を高める。

Pregnenoloneの硫酸塩(PREGS)は広く頭脳のニューロンから解放される内生neurosteroid記憶高める役割を担うと考えられる。 excitatoryシナプスでPREGSは送信機解放を促進するが、根本的なメカニズムは知られていない。 私達は巨大な神経ターミナルからの直接全細胞の録音が実行可能であるラットの脳幹の切れで握られるのがくでこの問題を扱った。 PREGSは行為の場所がシナプス前であることを提案するミニチュアEPSCsの広さに影響を与えないで神経換起されたexcitatory postsynaptic流れ(EPSCs)を増強した。 calyceal神経ターミナルからの全細胞の録音では、PREGSは否定的な潜在性の方に活発化の動力学およびè」¢ç§」の加速によってCa2+の流れを、半活発化の電圧促進した。 PREGSはシナプス前K+の流れ、休息の導電率または活動電位の波形に対する効果をもたらさなかった。 同時前およびpostsynaptic録音では、PREGSはCa2+の流入の下流のexocytotic機械類が効果にかかわらないことを提案するシナプス前Ca2+の流入とEPSCs間の関係を変えなかった。 PREGSは神経ターミナルとまた電圧ゲートで制御されたCa2+チャネル(VGCCs)のPREGS誘発の促進がCa2+の依存したVGCCタイプの細目であることを提案する組換えN-またはP/QタイプCa2+チャネルによって表現されたHEK 293の細胞から記録されたBa2+の流れを促進した。 PREGS誘発VGCCの促進は神経ターミナルの外でから、内側から、加えられたPREGSの清掃動物の(2 hydroxypropyl) -ベータ シクロデキストリンによって妨げられた。 私達は結論を出し、PREGSが外でことをからの機能によってシナプス前ターミナルのVGCCsを促進することをそれにより送信機解放を高める。 私達はPREGSが直接彼らの細胞外の範囲で機能するVGCCsを調整するかもしれないことを提案する。

Eur J Neurosci。 10月2006日; 24(7): 1955-66年



Pregnenoloneの硫酸塩はNメチルDアスパラギン酸塩の受容器の調節によってラットの海馬の切れのCA1の長期potentiationを高める。

頭脳で見つけられる異なったステロイドの間pregnenoloneの硫酸塩(3betaヒドロキシ5 pregnen 20 1 3硫酸塩; PREGSはhippocampal準の記憶を高めると)知られている。 現在の調査はPREGSの機能を調査するためにラットのhippocampal切れを長期potentiation (LTP)、記憶プロセスと関連しているシナプスの可塑性のモデルとして考慮される現象を調整する用いる。 2分内のLTP (3 x 100 Hz/1秒)、異なったシナプスのでき事がpharmacologically分離できる本質的に関係させたglutamatergic伝達。 私達はPREGSがnanomolar集中でCA1ピラミッド形のニューロンのLTPを高め、ベル形の集中応答のカーブを表わすことを示す。 LTPの誘導および維持両方段階に対するPREGSの最高の効果は300 nMで観察され、superfusionの10分を要求する。 PREGSがMg2+なしの人工的な脳脊髄液で(CNQX) 6シアノ7 nitroquinoxaline 2,3 dione 10 microMの前で隔離される分野の潜在性(fEPSPs)のNメチルDアスパラギン酸塩(NMDA)の部品を変えないがPREGSはNMDAの適用(50 microM、20秒)によって引き起こされる応答を高める。 PREGSは100つのmicroMのDL 2アミノ7 phosphopentanoicの酸(DL-AP5)の前で隔離されるfEPSPsのアルファ アミノ3ヒドロキシ5メチル4 isoxazolepropionicの酸の(AMPA)部品または単一のtetanic刺激によって引き起こされるpotentiationおよびAMPAの適用(10 microM、10秒)によって引き起こされる応答を変更しない。 なお、PREGSはガンマ アミノ酪酸のタイプAによって仲介されるfEPSPsの再発阻止に影響を与えない(GABAの(A))受容器。 結論として、この調査はPREGSの機能をNMDAの受容器の活動の強調によってCA1のLTPを高める示す。 LTPのこの調節は記憶のステロイド誘発の強化を仲介するかもしれない。

J Neurosci Res。 12月2004日1日; 78(5): 691-701

 

ステロイドのpregnenoloneの硫酸塩はhippocampal CA1シナプスでNMDA受容器独立した長期potentiationを高める: Lタイプ カルシウム チャネルおよびシグマ受容器のための役割。

厳しい圧力は記憶形成の圧力の影響に貢献できる内生neuroactiveステロイドの血しょうそしてCNSのレベルを上げる。 neuroactiveステロイドの間で、pregnenoloneの硫酸塩(PREGS)は伝えられるところによれば記憶を増強し、記憶高める補足としてすぐに利用できる。 記憶のPREGSの行為は海馬のexcitatory伝達の長期potentiation (LTP)のような記憶関連の神経回路の変更を、作り出す機能を反映するかもしれない。 ここでは、私達はPREGSの露出がhippocampal切れのCA1シナプスで分野のexcitatory postsynaptic潜在性の活動依存したLTPを促進する前に未知の細道を報告する。 従って、PREGSの適用、しかしステロイドのないリン酸で処理された共役はステロイドがない時引き起こされない高周波(100つのHz)輸入性の刺激に応じて、選択式に遅開発LTPの誘導を促進する。 遅開発LTPはNMDA受容器機能(無感覚なすなわち、dAP5)の独立者機能Lタイプの電圧ゲートで制御されたカルシウム チャネル(VGCC)およびシグマ受容器の扶養家族でありではない。 対照によって、テストされる高い濃度のPREGSはシグマ受容器機能がシグマ受容器の反対者の存在によって妥協されるとき明白であるNMDA受容器依存したLTPの不況を作り出す。 私達はLタイプのVGCC依存したLTPの誘導段階の間の前に、シグマ受容器でのPREGSが一時的にシナプス前機能を高めることが分った。 同様に、LタイプのVGCC依存したLTPの維持段階の間に、PREGSは組み合わせ脈拍の促進の減少によって立証されるようにLTPの誘導の下流でシナプス前機能のなお一層の増加を、促進する。 シグマ受容器を、LタイプのVGCCs含む、LTPのPREGSの複雑な規定する行為の同一証明はNMDA受容器および抑制的な回路未来の研究を努力するこの圧力準のステロイドが記憶関連のシナプスでシナプス伝達を変える多数LTPシグナリング細道を従事させるかもしれない精密なメカニズムを理解することを目指されて助ける。

海馬。 2007;17(5):349-69

 

認識老化に於いての学習および記憶のpregnenolone、dehydroepiandrosteroneおよび硫酸塩のエステルの役割。

老化は認識能力の低下を特に含む機能低下の一般的なプロセスである。 但し、この低下の厳格は別に応じて1つと異なり、相互個々の相違は人間および動物で報告された。 これらの相違は認識老化にかかわるneurobiological要因の調査ことに関しては大きい興味特にである。 集中的な病理学の調査は周辺ステロイドの源からの独立した方法の頭脳で総合されるステロイドであるneurosteroidsが学習および記憶プロセスにかかわることができることを提案する。 この検討は認識老化に於いてのneurosteroidsの役割を支持して動物および人間でデータを要約する。 動物の調査は硫酸塩の派生物としてことをneurosteroidsのpregnenolone (PREG)およびdehydroepiandrosterone (DHEA)、(PREGSおよびDHEAS、それぞれ)、老化させた齧歯動物の表示記憶高める特性示した。 さらに記憶性能が24月古いラットの海馬のPREGSのレベルに関連したことが、最近示されていた。 人間は調査するが、矛盾した結果を報告した。 最初に、学習の改善および記憶機能障害は低いDHEASのレベルを持つ個人へのDHEAの管理の後で見つけられたが、他の調査はDHEAの管理の後で重要な認識効果を検出しなかった。 2番目に、認識機能障害は低いDHEASのレベル、高いDHEASのレベル、または高いDHEAのレベルと関連付けられた; 他の調査で、関係は見つけられない間。 アルツハイマー病のような未来の研究の見通しとして、私達は正常な老化とおよび/または病理学の老化と関連付けられる学習および記憶減損の改善に於いての彼らのそれぞれの役割を理解するための役に立つツールとしてneurosteroidsの定量化の新しい方法の使用を提案する。

頭脳Resの頭脳ResのRev. 11月2001日; 37 (1-3): 301-12

3の ページで 2続けられる