生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2007年5月
イメージ

ザクロ

ザクロ ジュースは酸化破壊から一酸化窒素を保護し、一酸化窒素の生物作用を高める。

ザクロ ジュース(PJ)は一酸化窒素を(いいえ)酸化破壊から保護し、生物作用をの高める容量のために、有効なフラボノイドの酸化防止剤の豊富な源である、いいえテストされた。 化学ルミネセンスのheadspaceの分析を用いて、PJはスーパーオキシドによって陰イオン仲介された消失の有効な抑制剤のであるといいえ見つけられた。 PJは一致のグレープ ジュース、ブルーベリー ジュース、赤ワイン、アスコルビン酸およびDLアルファ トコフェロールよりはるかに有効だった。 同じような効果を作り出すように純粋な一致のグレープ ジュースの純粋なブルーベリー ジュースの300 microlがかほぼ1000のmicrol要求された一方、5000 microlの反作用の容積のPJの6折目の希薄の3 microl少し、マーク付きの酸化防止効果を作り出した。 PJおよび他の酸化防止含んでいるプロダクトは管の平滑筋細胞(ラットの大動脈)拡散のの反proliferative行為を(DETA/NO)増加すると見つけられなかった。 PJは加えられるがない時単独でテストされたときいいえテストされた他のプロダクトよりはるかに有効で、効果を引き出さなかった。 同様に、PJも他のプロダクトもアルファdifluoromethylornithineの反proliferative行為、非独立したメカニズムによって細胞の成長を禁じる安定した物質を高めなかった。 PJが管のendothelial細胞によって生産をいいえ高めることができないかどうかの定めるためには、PJはupregulateへの容量のためにテストされたりおよび/またはendothelial牛のような肺動脈のendothelial細胞のシンターゼ(eNOS)を活動化させない。 PJはeNOS蛋白質の表現または触媒作用活動に対する効果を引き出さなかった。 さらに、PJはeNOSの遺伝子(eNOSとtransfected COS-7細胞)の促進者の活動を高めなかった。 これらの観察はPJが生物作用の増加に終っていいえ酸化破壊マーク付きの保護でに対して起因しない有効な酸化防止活動を、のいいえそれにより所有していることを示す。

一酸化窒素。 9月2006日; 15(2): 93-102

高血圧の反応酸素種そして管の改造: まだ生きた。

反応酸素種(ROS)はスーパーオキシドの陰イオン、過酸化水素、水酸ラジカルおよび一酸化窒素を含むO2新陳代謝の反応派生物、である。 すべてのタイプの管の細胞は細胞膜準NAD (P) HのオキシダーゼによってROSを、主に作り出す。 心循環器疾患は、高血圧のような高められたROSの形成(酸化圧力)と、関連付けられる。 vasculatureの酸化超過分は血管拡張神経の一酸化窒素のレベルを減らしたり、ティッシュの傷害を引き起こしたり、蛋白質の酸化およびDNAの損傷を促進し、proinflammatory応答を引き起こす。 ROSはまた管の細胞の収縮/膨張、移動、管の改造に貢献する、および成長/apoptosisの細胞外のマトリックス蛋白質の転換調整によって管機能を調整する重要な細胞内の信号を送る分子である。 ROSの生物学的利用能を減らす介在は減らす復帰し、実験高血圧の血圧を改造する。 そのような作戦は心循環器疾患の治療上の潜在性があるかもしれない。

J Cardiolはできる。 9月2006日; 22(11): 947-51

ザクロ ジュースは人間の冠状endothelial細胞のendothelial一酸化窒素のシンターゼの酸化させた低密度脂蛋白質のdownregulationを減らす。

私達はザクロ ジュース(PJ)が人間の冠状endothelial細胞の酸化させた低密度のliporotein (oxLDL)によって引き起こされるendothelial窒素酸化物のシンターゼ(NOSIII)の表現の有効なdownregulationを戻すことができること仮説を検査した。 西部のしみおよび北のしみの分析はoxLDLとの24-h処置の後でNOSIIIの表現の重要な減少を示した。 したがって、私達は基底のおよびbradykinin刺激された細胞cGMPの蓄積によって表された一酸化窒素のbioactivityの重要な線量依存した減少を観察した。 これらの現象はPJとの付随の処置によってかなり訂正された。 私達のデータはPJがNOSIIIのbioactivityをことを高めることによって人間の臨床管の複雑化、冠状心臓病およびatherogenesisの進化に対する有利な効果を出すことができることを提案する。

一酸化窒素。 11月2006日; 15(3): 259-63

ザクロのフルーツの効果は混乱させた剪断応力およびatherogenesisの場所で酸化に敏感な遺伝子のpunicalaginおよびeNOSの活動の金持ちを得る。

背景: アテローム性動脈硬化は妨げられた流れ--にさらされる幹線区分で高められる。 混乱させた剪断応力は酸化に敏感で敏感な遺伝子の表現を高める(ELK-1およびp-CREBのような)。 ザクロから得られるジュースに含まれているPolyphenolic酸化防止剤は妨げられた剪断応力の間に酸化圧力およびatherogenesisの減少に貢献する。 調査の目標: 有効な酸化防止剤であるザクロのフルーツとの介在の効果を(ELK-1、p-CREBおよび高い剪断応力によって生体外でそして生体内で引き起こされるendothelial一酸化窒素のシンターゼ(eNOS)の表現のpolyphones (punicalagin、)のPFE)金持ちを得なさい評価するためには。 結果: 調査で使用された線量でPFEおよび規則的なザクロ ジュースの濃縮物は両方ELK-1およびp-CREBの活発化を減らし、(混乱させた剪断応力によって減った)培養された人間のendothelial細胞とhypercholesterolemicマウスのアテローム性動脈硬化傾向がある区域のeNOSの表現高めた。 LシトルリンへのLアルギニンの転換に対する両方の混合物の重要な効果の間、PFEおよびザクロ ジュースは循環GMPのレベルを増加した。 hypercholesterolemicマウスへのこれらの混合物の管理はかなりアテローム性動脈硬化およびisoprostaneのレベルの進行を減らし、硝酸塩を増加した。 この保護効果はPFEと関連していた。 Vasomotor反応は改善され、AchおよびNONOateに応じての欧州共同体の(25の)価値は制御と比較して扱われたマウスでかなり増加した。 結論: この調査は混乱させた剪断応力によって引き起こされるproatherogenic効果がまたPFEの慢性の管理によって逆転させることができることを示す。

Cardiovasc Res。 1月2007日15日; 73(2): 414-23

ザクロ ジュースの砂糖の一部分は白葡萄ジュースの砂糖の一部分がそれを高める一方、大食細胞の酸化状態を減らす。

ザクロ ジュース(PJ)のantiatherogenic特性は酸化防止潜在的能力と大食細胞の酸化圧力、早いatherogeneisの認刻極印を減らす容量に帰因した。 PJのポリフェノールおよびpolyphenolicアントシアニンを砂糖含んでいることは相談するためにPJ酸化防止容量示されていた。 現在の調査では、私達はPJの簡単か複雑な砂糖が白葡萄ジュース(WGJ)の砂糖と比較してPJのantioxidative特性に貢献するかどうか質問した。 全PJは23% J774A.1大食細胞の細胞ラインの細胞過酸化物のレベルを単独でPJのポリフェノールの一部分よりもっと減らした。 従って、私達は大食細胞の酸化状態の減少に次にPJの砂糖の一部分の貢献を定めた。 PJの砂糖の一部分の増加する集中は制御細胞と比較された大食細胞の過酸化物のレベル、72%までの線量依存した漸減で起因した。 その一方で、同じ集中のWGJの砂糖の一部分が付いている細胞の孵化は37%までによって過酸化物のレベルの線量依存した増分で起因した。 PJとWGJからの2つの砂糖の一部分は効果の反対に制御からの、またstreptozotocin誘発の糖尿病患者Balb/Cのマウスからのマウスの腹膜の大食細胞(MPM)で(WGJのPJそして親オキシダントのために酸化防止)また示した。 10日間糖尿病性のマウスによるPJの砂糖の消費は制御糖尿病性のマウスに水と収穫されたMPMと比較された管理された細胞グルタチオンの内容の彼らの腹膜の大食細胞の合計の過酸化物のレベルそして増分の小さく重要な漸減で起因した。 それに対して、糖尿病性のマウスによるWGJの砂糖の消費は細胞グルタチオンの内容の大食細胞の合計の過酸化物のレベルそして45%の漸減の22%の増分で起因した。 大食細胞のParaoxonase 2の活動は酸化圧力の条件の下で増加する。 実際に、大食細胞のparaoxonase 2の活動はPJの砂糖の補足の後で減ったが、WGJの後で増加されて補足を砂糖で甘くする。 私達はPJの砂糖の一部分が、WGJの砂糖の一部分とは違って常態と糖尿病性の条件の下で、大食細胞の酸化状態を減らすことを結論を出す。 これらの酸化防止/antiatherogenic効果はPJの独特で複雑な砂糖やフェノールの砂糖の存在が原因であることができる。

アテローム性動脈硬化。 9月2006日; 188(1): 68-76

血清と大食細胞に対する糖尿病性の患者によるザクロ ジュース(PJ)の消費の反酸化効果。

糖尿病は高められた酸化圧力およびアテローム性動脈硬化の開発と関連付けられる。 現在の調査では、私達はザクロ ジュース(PJの効果を調査した; 砂糖および有効な酸化防止剤の)消費を含んでいるかどれが血の糖尿病性変数と血清および大食細胞で酸化圧力の糖尿病性の患者によって。 PJ (3か月間1日あたりの50ml)を消費した10人の非インシュリンの依存した糖尿病(NIDDM)の患者調査におよび10人の健常者は(制御)加わった。 患者では対脂質の過酸化物およびthiobarbituric酸の反応物質(TBARS)の制御血清のレベル、350%および51%、それぞれ増加した、両方とも一方血清のSHグループの内容およびparaoxonase減った1つの(PON1)活動、だった両方ともあった(23%によって)。 PJの消費は血清のブドウ糖、コレステロールおよびトリグリセリドのレベルに影響を与えなかったが、血清のSHグループおよびPON1活動は12%および24%かなり増加した一方、56%および28%によって血清の脂質の過酸化物およびTBARSのレベルの重要な減少でそれぞれ起因した。 患者では対制御大食細胞(HMDM)を、私達観察した細胞過酸化物(36%によって)、および減らされたグルタチオンの内容の水平に増加されてmonocytes得た(64%によって)。 PJの消費はかなり細胞過酸化物を(71%によって)減らし、患者のHMDMのグルタチオンのレベルを(141%までに)増加した。 患者は対制御HMDM (37%)によって高められた率で酸化させたLDL (ウシLDL)をと、PJの消費はかなりウシLDLの細胞通風管の範囲を減らした(39%によって)。 私達はこうして糖尿病性の患者によるPJの消費が糖尿病性変数を悪化させなかった、これらの患者のアテローム性動脈硬化の開発の減少に貢献できる大食細胞起因してことを結論を出す、および血清に対する反酸化効果でむしろ。

アテローム性動脈硬化。 8月2006日; 187(2): 363-71

ザクロ(ザクロ)の純粋な化学薬品はMatrigelを渡る人間PC-3前立腺癌の細胞の侵入の可能な互いに作用し合う阻止を示す。

4つの純粋な化学薬品、ellagic酸(e)、caffeic酸(c)、ルテオリン(l)およびpunicic酸(p)、ザクロのフルーツ(ザクロ)の水様コンパートメントまたは油性コンパートメントのあらゆる面で重要な部品、および異なった代表的な化学クラスに属し、知られていた抗癌性の活動を示すそれぞれはMatrigelの人工的な膜を用いる試金の人間PC-3前立腺癌の細胞の生体外の侵入の潜在的な抑制剤としてテストされた。 すべての混合物はかなりそれぞれ用いられたとき侵入を禁じた。 C、PおよびLが同じ総体の適量混合物がそれぞれテストされたときに(4 microg/ml)で均等にように結合されたときに、侵入のsupradditive阻止はKruskalウォリスのノンパラメトリック テストによって、測定されて観察された。

新しい薬剤を投資しなさい。 3月2005日; 23(2): 121-2

punicalaginの生体外のantiproliferative、apoptoticおよび酸化防止活動、ellagic酸および総ザクロのタンニンのエキスはザクロ ジュースに見られるように他のポリフェノールを伴って高められる。

ザクロ(ザクロL.)のフルーツはジュース(PJ)として広く消費される。 PJの有効な酸化防止および反atherosclerotic活動はpunicalagin、主要なフルーツのellagitanninおよびellagic酸(EA)を含むポリフェノールに帰因する。 PunicalaginはPJの主要な酸化防止ポリフェノールの原料である。 Punicalagin、EA、標準化された総ザクロのタンニン(TPT)のエキスおよびPJは生体外のantiproliferative、apoptoticおよび酸化防止活動のために評価された。 Punicalagin、EAおよびTPTは人間の口頭(KB、CAL27)、コロン(HT-29、HCT116、SW480、SW620)および前立腺(RWPE-1、22Rv1)の腫瘍の細胞の12.5-100 microg/mlのantiproliferative活動のために評価された。 Punicalagin、EAおよびTPTはapoptotic効果のための100つのmicrog/mlの集中と酸化防止特性のための10のmicrog/mlの集中で評価された。 但し、他のPJのphytochemicalsからの互いに作用し合うおよび/または付加的な貢献を評価するために、PJは同等の量のpunicalagin (w/w)を提供するために正常化された集中でテストされた。 Apoptotic効果はHT-29およびHCT116結腸癌の細胞ラインに対して評価された。 酸化防止効果は脂質の過酸化反応およびTrolox同等の酸化防止容量(TEAC)の試金の阻止を使用して評価された。 ザクロ ジュースはすべての細胞ラインに対して拡散30%に100%のから禁止によって最も大きいantiproliferative活動を示した。 100 microg/mlで、PJ、EA、punicalaginおよびTPTはHT-29コロンの細胞のapoptosisを引き起こした。 但し、HCT116コロンの細胞で、EA、punicalaginおよびTPTしかしないPJはapoptosisを引き起こした。 酸化防止活動の傾向はPJ>TPT>punicalagin>EAだった。 浄化されたポリフェノールと比較されたPJの優秀なbioactivityはmultifactorial効果を説明し、倍数の混合物の行為の化学共同作用は単一の浄化された有効成分と比較した。

J Nutr Biochem。 6月2005日; 16(6): 360-7

前立腺癌のchemopreventionそして化学療法のためのザクロのフルーツ ジュース。

前立腺癌は多くの西欧諸国の同じような傾向の米国の男性間の癌関連の死の共通の侵略的な敵意そして第2一流の原因、である。 この敵意を制御する1つのアプローチは人間が消費する食事療法で現在の代理店の使用によって防止である。 木のザクロからのザクロは強い酸化防止および炎症抑制の特性を所有している。 私達は最近ザクロのフルーツのエキス(PFE)がマウスの皮の驚くべきantitumor促進の効果を所有していることを示した。 人間の前立腺癌の細胞を用いるこの調査では私達はPFEのantiproliferativeおよびproapoptotic特性を評価した。 PFE (10-100 microg/ml; 非常に積極的な人間の前立腺癌PC3の細胞の48 h)処置はapoptosisの細胞の成長/細胞の実行可能性および誘導の線量依存した阻止で起因した。 Immunoblotの分析はPC3細胞のPFEの処置が(i) BaxおよびBakの誘導で起因したことを明らかにした(proapoptotic); (ii) Bcl-Xの規則((antiapoptotic) L)およびBcl-2; (iii) WAF1/p21およびKIP1/p27の誘導; (iv) cyclins D1、D2およびEの減少; そして(v) cyclin依存したキナーゼ(cdkの)の減少2、cdk4およびcdk6表現。 これらのデータはPFEのantiproliferative効果の間にcyclinのキナーゼ抑制剤cyclin cdkネットワークの介入を確立する。 男性ホルモンに敏感なCWR22Rnu1細胞と植え付けられたathymic裸のマウスへのPFEの経口投与は(0.1%および0.2%、wt/vol)血清の前立腺特定の抗原のレベルの重要な減少と付随腫瘍の成長の重要な阻止で起因した。 私達はザクロ ジュースが人間の前立腺癌に対して癌chemopreventive、また癌化学療法の効果をもたらすかもしれないことを提案する。

Proc国民のAcad Sci米国。 10月2005日11日; 102(41): 14813-8

ザクロ ジュースはアミロイドの負荷を減らし、アルツハイマー病のマウス モデルの行動を改善する。

アルツハイマー病(広告)の手始めか遅い進行を遅らせる証明された方法がないが調査は食事療法が危険に影響を与えることができることを提案する。 ザクロは他の果物と野菜と比べて酸化防止polyphenolic物質の非常に高いレベルを含んでいる。 ポリフェノールは異なったモデル システムでneuroprotectiveであるために示されていた。 私達はザクロ ジュース(PJことを)との食餌療法の補足がtransgenicマウス モデルの行動そして広告そっくりの病理学に影響を及ぼすかどうか尋ねた。 Transgenicマウス(APP (sw) /Tg2576)は6から生後12.5か月にPJか砂糖水制御を受け取った。 PJ扱われたマウスは水当惑の仕事をもっとすぐに学び、制御より速く泳いだ。 PJと扱われたマウスは制御マウスと比べて海馬で溶けるAbeta42のより少ない(およそ50%の)蓄積およびアミロイドの沈殿がかなりあった。 これらの結果は考慮されるべきであることをこれらの効果のメカニズムを認可し、定めるそれ以上の調査が、またかどうかPJの物質広告に有用かもしれないことを提案する。

Neurobiol Dis。 12月2006日; 24(3): 506-15

正常な人間の表皮のkeratinocytesの細胞細道のUVA仲介された活発化に対するザクロのフルーツのエキスのPhotochemopreventiveの効果。

UVAは地球の表面に達する太陽放射の大部分(90-99%)で、温和および悪性腫瘍の形成に導くために記述されていた。 UVA仲介された細胞損傷は反応酸素種の解放を通って主に起こり、immunosuppression、photodermatoses、photoagingおよびphotocarcinogenesisに責任がある。 ザクロのフルーツのエキス(PFE)は強い酸化防止および炎症抑制の特性を所有している。 私達の最近の調査は正常な人間の表皮のkeratinocytes (NHEK)のPFEの処置がMAPKおよびNFkappaB細道のUVB仲介された活発化を禁じることを示した。 トランスクリプション3 (STAT3)、プロテイン キナーゼB/AKTおよび地図のキナーゼ(MAPKs)、いろいろな要因によって活動化させる、の信号のトランスデューサーそして活性剤は細胞増殖、apoptosisおよび他の生物活動を調整する。 この調査の目的はPFEがSTAT3、AKTおよび細胞外の信号調整されたキナーゼ(ERK1/2)のUVA仲介された活発化に対して保護をできるかどうか定めることだった。 Immunoblotの分析は次々とphosphorylates 40年代のribosomal亜単位のS6蛋白質p70S6Kの規則にUVAへの露出がTyr705のAKTおよびSer473のERK1/2.のmTORでSTAT3のUVA仲介されたリン酸化の線量依存した阻止で起因した前にことを関連していたSer473でTyr705、AKT導かれたNHEKへのUVAの露出の4 J/cm2および24のhのためのPFE (60-100 microg/mL)のNHEKのERK1/2. PretreatmentでSTAT3のリン酸化の増加に、構造的にPI3Kと、かかわる示した。 私達はNHEKのUVAの放射がThr421/Ser424でThr2448およびp70S6KでmTORのリン酸化で起因したことが分った。 PFEの前処理はThr421/Ser424でThr2448およびp70S6KでmTORのリン酸化の線量依存した阻止で起因した。 それ以上の私達のデータはNHEKのPFEの前処理がKi-67およびPCNAのUVAによって露出仲介された増加の重要な阻止で起因したことを示す。 NHEKのPFEの前処理は高めると引き起こされ、Bcl-Xのdownregulationと(proapoptotic蛋白質)、悪いBaxの細胞周期そして表現のG1段階のUVAによって細胞周期の阻止を見つけられた(L)表現(antiapoptotic蛋白質)。 私達のデータはPFEがphotochemopreventive代理店ことをとして細胞細道および利点の評価を更に調整することによってUVA仲介された損傷を改善するための有効な代理店行うことを提案する。

Photochem Photobiol。 2006日3月4月; 82(2): 398-405

cosmeceutical源としてザクロ: ザクロの一部分は拡散およびprocollagenの統合を促進し、人間の皮膚細胞のマトリックスのmetalloproteinase1の生産を禁じる。

ザクロ(ザクロ)は特別に豊富なethnomedical適用の古代フルーツである。 皮(果皮)は収斂性の特性のために高い評価を得ている; 戦闘の相談の難攻不落のための種および刺激的な美および豊饒。 ここでは、フルーツの皮から準備された水様の一部分およびザクロの種から準備された発酵させたジュースおよび親脂性の一部分は人間の表皮のkeratinocyteおよび人間の皮膚繊維芽細胞機能に対する効果のために検査された。 発酵させたジュース、皮または種のケーキのザクロの種油、しかし水様のエキスは、単一層文化のkeratinocyte拡散を刺激するために示されていた。 並行して、表皮の穏やかな厚化は皮の臓器培養で(発注された微分の損失なしで)観察された。 keratinocyte拡散を刺激した同じザクロの種油は繊維芽細胞機能に対する効果なしにあった。 それに対して、ザクロの皮エキスは(それ程ではないにせよ、発酵させたジュースおよび種のケーキのエキス両方)タイプIのprocollagenの統合を刺激し、マトリックスのmetalloproteinase1 (MMP-1を禁じ、; 皮膚繊維芽細胞による間質性のコラゲナーゼの)生産は、しかしkeratinocytesに対する成長支持の効果をもたらさなかった。 これらの結果は北極の方法の皮修理、皮膚および表皮の再生を促進するザクロの種油の再生を促進する即ちザクロの皮の水様のエキスを(特に)促進するためのザクロの一部分の発見的な潜在性を提案する。

J Ethnopharmacol。 2月2006日20日; 103(3): 311-8

3の ページで 2続けられる