生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2007年6月
イメージ

Alzheimer/心臓病

酸化圧力および神経退化。

酸化圧力は慢性のneurodegenerative病気の十分調査された早い応答、神経の損失が傷つきやすい神経の人口の90%を超過できるアルツハイマー病を含んでである。 酸化圧力は神経の機能障害を当然もたらす高分子(砂糖、脂質、蛋白質およびDNA)のすべてのクラスに影響を与える。 私達はアルツハイマー病の場合、細胞内のneurofibrillary病理学を含んでいる特にそれらからニューロンでNepsilon-のその(carboxymethyl)リジン(CML)を、glycation特定の前駆物質のヘキシット リジンと共に、生体内で集まる優勢な高度のglycationの最終生成物、増加する観察した。 ヘキシット リジンおよびCMLの増加は2つの明瞭な酸化プロセスが病気のneuropathologyのコンサートで機能することを提案する脂質の過酸化反応か高度のglycationにヘキシット リジンがもっぱらglycationのプロダクトである一方、起因できる。 なお、実験モデルとして嗅覚ニューロンを使用して、私達はアルツハイマー病の患者から得られたニューロンのglycationプロダクトの増加を観察した。 私達の調査結果はアルデヒド仲介された修正が、oxyradical仲介された修正と協力して、アルツハイマー病の重大で早い病原性のある要因であるという考えを支える。

アンN Y Acad Sci。 6月2005日; 1043:545-52

低酸素症は調整BACE1遺伝子発現によってアルツハイマー病の病因を促進する。

散発的アルツハイマー病(広告)の場合の大半の病因の下にある分子メカニズムは未知である。 打撃の歴史は管の危険率の前である広告の箱の開発と、特に関連付けられると見つけられた。 減らされた大脳の散水は広告の危険率間の共通の管の部品であり、低酸素症はhypoperfusionの直接結果である。 以前は私達はベータ場所のベータ アミロイドの前駆物質蛋白質(APP)の開裂の酵素1の(BACE1)遺伝子BACE1の表現がtranscriptionalおよび翻訳のレベルで堅く制御されること、そして高められたBACE1成熟がダウン症の広告の病因に貢献することを示した。 ここに私達はBACE1遺伝子の促進者の機能低酸素症敏感な要素を識別した。 低酸素症はBACE1遺伝子のトランスクリプションおよび表現を生体外でそして生体内で高めることによってAPPおよびアミロイド ベータ蛋白質(Abeta)の生産のベータsecretase開裂を調整した。 低酸素症の処置は著しくAbetaの沈殿およびneuriticプラクの形成を高め、スウェーデンの突然変異体APPのtransgenicマウスの記憶欠損を増強した。 一緒に取られて、私達の結果ははっきり低酸素症が広告の病因を促進できる広告に管の要因をつなぐ分子メカニズムを提供することを示し。 私達の調査は介在が大脳の散水を改善するために広告の患者に寄与するかもしれないことを提案する。

Proc国民のAcad Sci米国。 12月2006日5日; 103(49): 18727-32

老化のオキシダント、酸化防止剤および退化的な病気。

生命の他の面のような新陳代謝は、トレードオフを含む。 正常な新陳代謝のオキシダントの副産物によりDNA、蛋白質および脂質への多大な損害を引き起こす。 私達はこの損傷が(放射によって作り出されるそれと同じように)老化することと癌、心循環器疾患、免疫があシステム低下、頭脳の機能障害および激流のような老化の退化的な病気への主要コントリビュータであることを論争する。 この損傷に対する酸化防止防衛はアスコルビン酸塩、トコフェロールおよびカロチノイドを含んでいる。 食餌療法の果物と野菜はアスコルビン酸塩の主な源およびカロチノイドで、トコフェロールの1つの源である。 果物と野菜の低い食餌療法取入口は高い取入口と比べてほとんどのタイプの癌の危険を倍増し、また著しく心臓病および激流を危険性を高める。 アメリカ人の9%だけが1日あたりの果物と野菜の推薦された5つのサービングを食べるので、食事療法の改善による健康を改善するための機会は大きい。

Proc国民のAcad Sci米国。 9月1993日1日; 90(17): 7915-22

ラットの適当な低酸素症の間の白質の脂質のアルファ トコフェロールの保護作用。

頭脳で機能する低酸素症によりおよび虚血は脂質およびステロールのレベルの変化を引き起こす。 Famileの3.0 3.5月古いラットは実験のために使用された。 それらは7日による体重の11.43 mg/kgの線量のアルファ トコフェロールを与えられたり、そして低酸素症(呼吸混合物の酸素の7%)を経、髄鞘は実験の後で4回で隔離された: 実験の後の4、24時間、14日および2か月。 中立脂質、galactolipidsおよびリン脂質である3つの脂質のグループは隔離された。 彼らはspectrophotocolorimetryと量的に分析された。 得られた結果は動物へのビタミンEの管理により頭脳の脂質レベルの重要な変更を引き起こさないことを示す。 但し、アルファ トコフェロールは適当な低酸素症のバランスの前に管理水準が付いているlisophosphatidylcholineの集中をおよびphosphatidylinositideおよびセレブロシド実験の後の2か月administred。 ビタミンEは髄鞘のニュートラルの脂質の集中で変わる。 実験適当な低酸素症がある膜の脂質を安定させ、頭脳の低酸素症で使用できる前に管理されるビタミンE。

Folia Neuropathol。 2005;43(2):103-8

organotypic hippocampal切れの酸素ブドウ糖の剥奪に対するresveratrolの保護効果は培養する: PI3-Kの細道の介入。

ここに私達は虚血の生体外のモデルのresveratrolのneuroprotective効果を調査した。 私達は酸素ブドウ糖の剥奪-- (OGD)にさらされたorganotypic hippocampal文化を使用した。 露出されるOGD車では、海馬の約46%分類された細胞死の強いパーセントを示すPIと培養する。 文化がresveratrol 10、25、および50とmicroM扱われたときに、細胞死は22、20、および13%にそれぞれ減った。 resveratrolがneuroprotective効果を出す可能なメカニズムを明瞭にするためには、私達はLY294002 (5 microM)を使用してphosphoinositide3キナーゼ(PI3-k)細道を調査し、PD98059 (20 microM)を使用してプロテイン キナーゼ(MAPK)をmitogen活動化させた。 resveratrolの(50 microM) neuroprotectionはLY294002によって防がれたが、PD98059によって行わなかった。 Immunoblottingはresveratrol 50 microMがAktおよび細胞外の信号調整されたキナーゼ1のリン酸化/活発化をおよび-2の引き起こしたことを明らかにした(グリコーゲンのシンターゼのキナーゼ3beta (GSK-3beta)のERK1/2)およびリン酸化/不活性化。 私達の結果はPI3-k/Aktの細道がresveratrolのneuroprotective効果にかかわることを提案する。

Neurobiol Dis。 10月2006日; 24(1): 170-82。 Epub 7月2006日24日

オメガ3の脂肪酸のdocosahexaenoic酸と富む食事療法は老化させたAlzheimerのマウス モデルのアミロイドの重荷を減らす。

疫学の研究はオメガ3 (n-3)のpolyunsaturated脂肪酸(PUFA)のdocosahexaenoic酸(DHA)の高められた取入口がアルツハイマー病(広告)の減らされた危険と関連付けられることを提案する。 DHAのレベルは低い食餌療法取入口やPUFAの酸化に起因できる広告の患者の血清そして頭脳でより低い。 アミロイドーシスに対するAlzheimerの病因に対するDHAの効果が、特に、未知であるので、私達はアミロイドの前駆物質蛋白質(APP)の食餌療法DHAの影響を評価するのにAPPsw (Tg2576)のtransgenicマウス モデルを処理およびアミロイドの重荷使用した。 老化させた動物(17-19か月古い)は生後22.5か月までの3グループの1つに置かれた: 制御(0.09% DHA)、低DHA (0%)、または高DHA (0.6%の)食事。 皮層のホモジュネートの洗剤不溶解性のエキスのベータ アミロイド(Abeta) ELISAはDHA富ませた食事療法が低DHAまたは制御食事の食事療法と比較すると>70%かなり総Abetaを減らしたことを示した。 食餌療法DHAはまた制御食事と見られたそれらの下でAbeta42レベルを減らした。 Abeta (アミノ酸1-13)に対する抗体が付いている頭脳セクションのイメージ分析は海馬および頭頂の皮質の最も大きい減少(40-50%)と全面的なプラクの重荷が40.3%かなり減ったことを、明らかにした。 DHAはアルファおよびベータAPP Cターミナル片両方プロダクトおよび実物大APPの減少によって処理するAPPを調整した。 BACE1 (ベータ場所のAPP裂く酵素のベータsecretase活動)、ApoE (apolipoprotein E)は、およびtransthyretinの遺伝子発現高DHA食事療法と不変だった。 ともに、これらの結果は食餌療法DHAがベータ アミロイドの生産、蓄積および潜在性の下流の毒性に対して保護であることができることを提案する。

J Neurosci。 3月2005日23日; 25(12): 3032-40

イチョウBilobaの行為は大脳の低酸素症を含む条件の処置のための潜在的な実用性に関連していた。

神経の低酸素症はいろいろcerebrovascular事故か「正常な」年齢準の解剖変更に起因する。 結果は神経学的な機能の穏やかな欠損から大きいneuropathologyに変わる。 現在のpharmacotherapeutic療法は理想的ではない。 組合わせ化学が興味の再燃およびイチョウのbiloba Linne (形態の葉からのエキスのような物質のpharmacologic特性の再評価で型板一点に集中したようによりよい処置の「代わりとなる」薬として草の治療含む調査または防止1への2つの外見上全く異種のアプローチおよびHTS (高効率のスクリーニング)の図書館で高められた構造多様性の望ましさを含む他のものの再査定をおよび。 Salisburiaのadiantifolia Sm。)。 「イチョウ」は治療上の利点か患者のサブセットが状況によってはあるかもしれないことを提案すること十分な少数の管理された臨床試験からのプラスの結果のレポートが(とはいえ少数の患者と)ある。 イチョウが観察された効果を提供できるかもしれないpharmacologicメカニズムは明確ではない。 但し、ことがフラボノイド エキスがコンサートでまたは別に機能するメカニズムを通して有利な治療上の効果を作り出すかもしれないPAF (血小板活動化要因)の拮抗のようなイチョウのテルペンに類似した部品、酸化防止および新陳代謝の行為信じられ、および神経伝達物質に対する効果。 これらのメカニズムはこの記事で見直される。

生命Sci。 8月2000日11日; 67(12): 1389-96