生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2007年6月
イメージ

Melatonin

melatoninの最近の進展は酸化防止混合物を関連付けた。

Melatoninは異なった種類の酸化圧力から細胞を保護する機能と関連している根本的な清掃動物の活動のために知られている。 酸化圧力はパーキンソンのような、アルツハイマー病、ハンティントンの病気、癲癇の発作、打撃の開発で、そして老化することおよびある癌のタイプへの貢献者としてneurodegenerative病気関係した。 melatoninの酸化防止特性は酸化防止剤および親オキシダントの酵素の活動そして表現の遊離基そして規則を掃除することを含んでいる。 展示物最も低い副作用かの最も高い活動どれを定めるためにおよび酸化防止特性、多数のmelatonin関連の混合物および総合的なアナログmelatoninの代謝物質のような遊離基の清掃動物が原因で調査中でであって下さい。 この検討はmelatoninおよび関連混合物との最近の調査に演説する。

櫛のChemの高い効率スクリーン。 7月2006日; 9(6): 409-19

chronobioticおよびcytoprotective代理店としてmelatoninの使用のための臨床見通し。

circadian時間システムはhypothalamic suprachiasmatic核心にある階層的に優秀な構造によって合わせられる細胞レベルで周期的な遺伝子発現を含む。 日周期の無秩序の処置はの中の代理店によって呼ばれる「chronobioticsの新型の開発をプロトタイプはどのmelatoninであるか」、もたらした。 年配の不眠症患者では、melatoninの処置は睡眠の潜伏を減らし、睡眠の効率、特に遅波の睡眠を高めた。 睡眠に対するmelatoninの効果はMT2受容器で増加する睡眠の傾向(MT1受容器でのcircadian時計の振動の広さの増加によって)とcircadian時計を合わせることの結果である。 毎日のmelatoninの生産は年齢とそしてアルツハイマー病(広告)の患者の最も低い価値を達成する複数の病理学で減る。 広告の患者の約45%に睡眠および「sundowning」撹拌で中断がある。 通常、melatoninの処置は睡眠の手始め時間の広告の患者そして減らされた可変性のsundowningを減らす。 両方開ければ制御された調査はmelatoninと扱われる広告の患者の認識悪化の重要な減少を示した。 広告の患者のmelatoninの可能な治療上の効果を説明するメカニズムは多様かもしれない。 一方では、melatoninの処置は年配者の遅波の睡眠を促進し、睡眠の補強薬段階の増加によって有利であることができる。 一方では、melatoninはベータ アミロイドの毒性からニューロンを保護する。 結合されたchronobioticおよびcytoprotective特性によってmelatoninはある神経精神病学の無秩序の寿命の処置のコストを削減するために革新的なneuroprotective作戦を提供する。

アンN Y Acad Sci。 12月2005日; 1057:327-36。

アルツハイマー病および他のneurodegenerative無秩序のMelatonin。

概要: 高められた酸化圧力およびミトコンドリアの機能障害はアルツハイマー病(広告)、パーキンソン病(PD)およびハンティントンの病気(HD)のようなneurodegenerative無秩序と関連付けられる共通の病態生理学的な現象として識別された。 melatoninの生産の年齢関連の低下が年配者の酸化圧力の増加されたレベルに貢献するかもしれないと同時にこのneuroprotective代理店の役割は増加する注意を引き付けている。 Melatoninにミトコンドリアの根本的な形成の酸化防止およびprooxidant酵素、根本的な清掃動物および反対者の調整装置として重合動作がある。 melatoninの機能およびkynuramineの代謝物質は電子流れを高めることおよび電子漏出を減らすことによって電子輸送鎖と直接相互に作用するmelatoninが高められた酸化圧力の下でニューロンの存続を高められる独特な特徴である。 さらに、antifibrillogenic行為はprofibrillogenic apoE4かapoE3の前で、および、transgenicマウス モデルで生体内生体外で、また示された。 アミロイド ベータ毒性はkynuramineの代謝物質のmelatoninそして1によって反対される。 複数の細胞ライン モデルで引き起こされるようにCytoskeletal無秩序および蛋白質のhyperphosphorylationは、melatonin、圧力のキナーゼdownregulationから成り立つおよびneurotrophinの表現に伸びる効果によって、減少した。 広告、PDおよびHDのさまざまな実験モデルは反対の病気の進行および/または徴候のいくつかを軽減することのmelatoninの実用性を示す。 Melatoninの分泌は広告およびPDで変わるためにあった。 年齢および病気依存したmelatoninの不足を補う試みはこの混合物の管理が広告の患者の認識機能広告の睡眠の効率およびPDおよび、ある程度改善できることを示した。 外因性のmelatoninはまたsundowningのような行動の徴候を軽減するために報告された。 一緒に取られて、これらの調査結果はmelatonin、アナログおよびkynuric代謝物質は広告および他のneurodegenerative無秩序の防止そして処置の潜在的な価値があるかもしれないことを提案する。

Behavの頭脳Funct。 5月2006日4日; 2(1): 15

エストロゲン シグナリング細道: 乳癌とmelatoninのoncostatic行為間のリンク。

背景: Melatoninは異なった種類の内分泌敏感な乳癌の腫瘍に対するoncostatic効果を、特に出す。 共通の結論はmelatoninが生体内の化学的に引き起こされた乳房の腫瘍の発生そして成長を減らし人間の乳癌の細胞の拡散そしてmetastatic行動を、生体外で禁じることである。 調査は両方ともホルモン依存した乳房の腫瘍のmelatoninのoncostatic行為が反estrogenic行為に主に基づいていること仮説を支える。 方法および結果: 2つのメカニズムはmelatoninがエストロゲン シグナリング細道の相互作用中の乳癌の開発をいかに減らすか説明するために提案された: (a)腫瘍の細胞のレベルにhypothalamic下垂体の生殖軸線のmelatoninの規則および生殖腺エストロゲンの循環のレベルの必然的な減少をおよび(b)直接melatoninの行為含んでいる間接神経内分泌のメカニズム。 従って乳房の腫瘍の細胞に対するMelatoninの直接的な効果はエストロゲンの受容器の活発化と干渉すること選択的なエストロゲンの受容器の変調器として、している。 従ってMelatoninはまたaromatases、エストロゲンのローカル統合に責任がある酵素の活動を調整し選択的なエストロゲンの酵素の変調器としてする。 結論: 同じ分子に両方の特性が選択式に男性ホルモンからのエストロゲンの胸そしてローカル生合成、最近のantitumor病理学の治療上の作戦の主要な目的の1に対するエストロゲンの効果を中和するある。 エストロゲン シグナリング細道の異なったレベルで機能の利点があるので、一まとめにmelatoninにエストロゲン依存した腫瘍の防止そして処置の興味深い抗癌性の薬剤を作るのはこれらの行為のメカニズムである。

蟹座はPrevを検出する。 2006;30(2):118-28

癌の処置のMelatonin: ランダム化された管理された試験およびメタ分析の組織的検討。

観測の調査は人間でmelatoninと癌間の連合を示す。 私達は1 yrに固体腫瘍の癌患者のmelatoninおよび存続に対する効果のランダム化された管理された試験(RCTs)の組織的検討を行なった。 情報専門家の援助によって、私達は開始からの2004年10月に10の電子データベースを捜した。 私達は唯一の処置または付加物の処置としてmelatoninを使用して試験を含んでいた。 前もって明示された規準は試験の質の私達の査定を導いた。 私達は任意効果モデルを使用してメタ分析を行なった。 私達は1992年と2003年の間に出版され、643人の患者含まれていた10人のRCTsを含んでいた。 すべての試験は固体腫瘍癌を含んでいた。 すべての試験は同じ病院ネットワークで行なわれ、unblinded。 Melatoninは1 yr (相対的な危険に死の危険を減らした: 0.66の95%の信頼区間: 0.59-0.73、I2=0%の不均質P<or=0.56)。 効果は癌のmelatoninの線量およびタイプを渡って一貫していた。 厳しく不利なでき事は報告されなかった。 死の危険の相当な減少、報告される低く不利なでき事およびこの介在と関連している安価は癌の処理のmelatoninのための大きい潜在性を提案する。 癌治療のmelatoninの効力そして安全を確認することは盲目にされた、独自に行なわれたRCTsの完了を要求する。

J Pineal Res。 11月2005日; 39(4): 360-6

乳癌のMelatoninエストロゲンの相互作用。

この記事では、私達はホルモン依存した乳房の腫瘍のmelatoninのoncostatic役割を支える実験データを見直す。 乳癌の病因学および乳房の腫瘍の成長に於いてのエストロゲンの役割の証拠にはじまって、私達はターゲットとしてエストロゲンとの実際の治療上の作戦を要約する。 さらに、私達はmelatoninがエストロゲン シグナリング細道と相互に作用しなさい物質の2つの主要な病理学のグループの薬剤と特性を共有するantiestrogenic薬剤として考慮されるすべての条件を達成することを示す: (i)内生エストロゲンの効果と干渉するエストロゲンの受容器を通って機能する薬剤; そして(ii)エストロゲンの統合と相互交換を制御するandrogenic前駆物質から酵素を禁じることによって干渉する薬剤。 なお、melatoninはestradiolの循環のレベルを減らす。 この3つのantiestrogenicメカニズムはmelatoninはホルモン依存した乳房癌の防止そして処置に於いての重要な役割があるかもしれないことを提案する。

J Pineal Res。 5月2005日; 38(4): 217-22

睡眠に対する外因性のmelatoninの効果: メタ分析。

外因性のmelatoninは伝えられるところによれば眠気および睡眠を引き起こし、老齢期と関連付けられる夜のレナードの朝を含む睡眠の妨害を、改善するかもしれない。 但し不眠症を、薬物の線量評価する、melatoninの催眠性の効力のある調査は包含および排除の規準、手段およびずっと管理のルートに関して非常に異質である。 私達は(メタ分析によって)睡眠に対する外因性のmelatoninの効果の利用できる情報を見直し、分析した。 MEDLINEの調査(2003年12月への1980年)は著者が維持した個人的なファイルによって補われた英語の記事を提供した。 分析は包含の規準を満たした17の調査から使用した(284の主題を含む)得られた情報を。 睡眠の手始めの潜伏、総睡眠の持続期間および睡眠の効率は結果の手段として選ばれた。 調査の効果のサイズは偽薬の応答と測定された各結果のためのmelatoninの中間の応答の違いであるために取られた。 Melatoninの処置は4.0分までにかなり睡眠の手始めの潜伏を減らした(95% CI 2.5、5.4); 2.2%による高められた睡眠の効率(95% CI 0.2、4.2)、および12.8分までに増加された総睡眠の持続期間(95% CI 2.9、22.8)。 17の調査の15が不眠症以外関連した病状無しで健常者か人々を登録したので、分析はまたこの15の調査だけを含んで行われた。 睡眠の手始めの結果は3.9分に変わった(95% CI (2.5、5.4)); 3.1%に高められる睡眠の効率(95% CI (0.7、5.5)); 13.7分に(95% CI (3.1、24.3)増加する)睡眠の持続期間。

睡眠MedのRev. 2月2005日; 9(1): 41-50

温和なprostatic拡大を持つ人のnocturiaのためのMelatoninのpharmacotherapy。

目的: Nocturiaは頻繁に温和なprostatic拡大に老化の人で帰因する共通の状態である。 高齢者はmelatoninの夜の管理と改良するので日周期をあるように部品が妨げた夜の睡眠の妨害に傾向がある。 この調査は老人のぼうこうの流出の妨害と関連付けられたnocturiaのための潜在的な処置としてmelatoninを調査するように設計されていた。 材料および方法: 合計urodynamically確認されたぼうこうの流出の妨害を用いる20人およびnocturiaはランダム化されるの倍のブラインド、nocturiaに対する夜に2 mgの放出制御のmelatoninの効果を査定する偽薬によってに制御されたクロスオーバーの調査参加させられた。 徴候は頻度容積の図表、国際的な前立腺の徴候のスコアおよび徴候問題の索引を使用してベースラインでそして毎4週間の処置の期間後に査定された。 最高の尿の流動度および後無効の残りの尿の容積はまた査定された。 結果: nocturiaのベースライン頻度は一晩3.1のエピソードだった。 detrusorのoveractivityの7人(35%)があり、10に(50%)夜のpolyuriaがあった。 Melatoninによりおよび偽薬は一晩0.32そして0.05のエピソードのnocturiaの減少(p = 0.07)および0.51および0.05のnocturiaの迷惑のスコアの減少を、それぞれ引き起こした(p = 0.008)。 Nocturiaの応答機率(一晩少なくとも-0.5のエピソードのベースラインからの減少)は活動的な薬物と偽薬のグループの間で異なった(p = 0.04)。 昼間の尿の頻度、国際的な前立腺の徴候のスコア、相対的な夜の尿の容積、最高の尿の流動度および後無効の残余はmelatoninの処置によって変化しなかった。 結論: Melatoninの処置はnocturia関連迷惑の重要なnocturiaの回答比率、改善およびよい悪影響のプロフィールと関連付けられる。 但し、それはこの調査の観察された変更が臨床的に重要であるかどうか不確かである。

J Urol。 3月2004日; 171(3): 1199-202

延長されたmelatoninの管理は女性の夜の血圧を減らす。

背景: 血圧(BP)の夜の低下はvasodilatating、hypotensive効果を出すかもしれないmelatoninの高度とほとんど一致している。 この調査で私達はmelatoninの延長された夜の管理が女性のBPの毎日のリズムに影響を及ぼすことができるかどうか調査した。 方法: ランダム化された二重盲目の調査、18人の女性、そして正常なBPの47から63年齢では(N = 9)または扱われた必要な高血圧(Nは寝る前に= 9)、遅解放のmelatoninの丸薬(3 mg)または偽薬の3週間のコースを1つのh受け取った。 それらはもう3週の他の処置にそれから交差した。 各女性で歩行BPは毎処置の期間の終わりにベースラインの41 hのために記録された。 結果: 偽薬と比べて、melatoninの管理は昼間BPに影響を及ぼさなかったが、変更の心拍数なしでかなり夜のシストリック(- 3.77 +/- 1.7 mm Hg、P = .0423)、diastolic (- 3.63 +/- 1.3 mm Hg、P = .0153)、そして中間の(- 3.71 +/- 1.3 mm Hg、P = .013) BPを減らした。 効果はBPの日夜相違と逆に関連していた。 結論: これらのデータはmelatoninの延長された管理がBPの日夜リズムを改善するかもしれないことを特に示す鈍くされた夜の低下と女性で。

AM J Hypertens。 12月2005日; 18 (12のPt 1): 1614-8

毎日の夜のmelatoninは必要な高血圧のオスの患者の血圧を減らす。

必要な高血圧の患者は自治の心血管の規則およびcircadianペースメーカー機能を妨げた。 最近、体内時計は自治の心血管の規則にかかわるために示されていた。 私達の目的は繰り返された夜のmelatoninの取入口による体内時計の作用の強化が必要な高血圧の患者の歩行の血圧を減らすかもしれないかどうか定めることだった。 私達は未処理の必要な高血圧の16人の睡眠の質の24時間の歩行の血圧そしてactigraphic見積もりの睡眠の前に激しく、(単一)繰り返された(3週間毎日)口頭melatoninの(2.5 mg)取入口の影響を1時間調査するランダム化された、二重盲目、偽薬制御の、クロスオーバーの試験を行なった。 繰り返されたmelatoninの取入口は6つそして4つのmm Hg睡眠の間にシストリックおよびdiastolic血圧を、それぞれ減らした。 処置は心拍数に影響を与えなかった。 シストリックおよびdiastolic血圧のリズムの日夜広さは15%および25%、それぞれ高められた。 melatoninの単一の線量は血圧に対する効果をもたらさなかった。 繰り返された(しかし激しくない) melatoninはまた睡眠を改善した。 血圧および睡眠の改善は統計的に無関係だった。 必要な高血圧の患者では、繰り返された就寝時間のmelatoninの取入口はかなり夜の血圧を減らした。 より大きく忍耐強いグループの未来の調査はmelatoninの取入口からほとんどに寄与する患者の特徴を定義するために行われるべきである。 現在の調査はcircadianペースメーカー機能のサポートが必要な高血圧の処置の新しい作戦を提供するかもしれないことを提案する。

高血圧。 2月2004日; 43(2): 192-7

4の ページで 4続けられる