生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2007年1月
イメージ

ノコギリ パルメットを

温和なprostatic増殖のためのPhytotherapy。

目的: 組織的に徴候の温和なprostatic増殖(BPH)と人を扱うのに使用されるphytotherapeutic混合物の効力そして安全に関する既存の証拠を見直すため。 設計: MEDLINE (1966年を捜すランダム化された試験は識別された--1997年)、識別された試験および総論のEMBASE、Phytodok、Cochraneの図書館、文献目録、および関連した著者および製薬会社が付いている接触。 調査は人は徴候の温和なprostatic増殖があったら含まれていた、介在だった単独でphytotherapeutic準備または結合されて、制御グループはBPHのための偽薬か他のpharmacologic療法を受け取り、処置の持続期間は少なくとも30日だった。 主データは2人の調査官によって独自に得られた。 結果: 合計6つのphytotherapeutic代理店(Serenoaのrepens、Hypoxisのrooperi、Secaleのcereale、Pygeumのafricanum、Urticaのdioica、Curcubitaのpepo)の満たされた包含の規準の44の調査はおよび見直された。 多くの調査は方法の結果を報告しメタ分析を許可する。 から得られたSerenoaのrepensはノコギリ パルメットを、であるBPHのための最も広く利用されたphytotherapeutic代理店。 合計2939人を含む18の試験は見直された。 偽薬を受け取っている人と比較されてSerenoaのrepensを取っている人は尿道徴候および流れの手段のより大きい改善を報告した。 Serenoaのrepensはnocturia (重みつき平均の相違(WMD)を= 1夕方あたりの-0.76回減らした; 95% CI = -1.22から-0.32; n = 10の調査)および改善されたピーク尿の流れ(WMD = 1.93 ml s (- 1); 95% CI = 0.72から3.14、n = 8つの調査)。 人はrepensが尿道徴候のより大きい改善を対偽薬(改善の危険の比率を取っている人= 1.72評価したSerenoaと扱った; 95% CI = 1.21から2.44、n = 8つの調査)。 BPHの徴候の改善はfinasterideを受け取っている人と対等だった。 Hypoxisのrooperiはまた偽薬と比較された徴候のスコアおよび流れの手段の改善で有効であるために(n = 4つの調査、519人)示された。 国際的な前立腺の徴候のスコアを報告する2つの調査のためにWMDは-4.9 IPSSポイント(95% CI = -6.3から-3.5、n = 2つの調査)であり、ピーク尿の流れのためのWMDは3.91 ml s (- 1) (95% CI = 0.91から6.90、n = 4つの調査だった)。 Secaleのcerealeは(n = 4つの調査、444人)適度に全面的な泌尿器科の徴候を改善すると見つけられた。 Pygeumのafricanumは(n = 17の調査、900人) BPHのための有用な処置の選択であるかもしれない。 但し、文献の検討は現在安全および効力を推定する機能を限る結果の不十分な報告を見つけた。 UrticaのdioicaおよびCurcubitaのpepoを含む調査はSerenoaおよびPygeumのような他の植物のエキスと結合されるこれらの代理店が有効かもしれないが限られている。 phytotherapiesによる不利なでき事は一般に穏やか、まれであるために報告された。 結論: Serenoaのrepensの、単独でまたは他の植物のエキスを伴うランダム化された調査は他のphytotherapiesと比べてBPHの処置の効力そして許容範囲に、強力な証拠を提供した。 Serenoaのrepensはより低い尿道徴候および流れの手段を改善するための有用な選択のようである。 証拠がこれらのプロダクトのためにより少なく強いがHypoxisのrooperiおよびSecaleのcerealeはまたBPHの徴候を改善するようである。 Pygeumのafricanumは結果の限界の不十分な報告最終的にそれを推薦する機能広く調査された。 BPHの処置のための単独でUrticaのdioicaまたはCurcubitaのpepoの使用を支える説得力のある証拠がない。 全体的にみて、phytotherapiesはより少なく高価である、よく容認され、不利なでき事は一般に穏やか、まれである。 より長い調査の持続期間のphytotherapeutic代理店の標準化された準備を使用して未来によってランダム化される制御された試験は必要BPHの処置の長期有効性を定めるためにである。

公衆衛生Nutr。 12月2000日; 3 (4A): 459-72

Serenoaのrepens (Permixon)はPSAの表現と干渉しないで人間の前立腺癌の細胞ラインの5alpha還元酵素の活動を禁じる。

phytotherapeutic代理店のSerenoaのrepensは前立腺の5alpha還元酵素のisoenzymeの活動の有効な二重抑制剤である。 他の5alpha還元酵素の抑制剤とは違って、SerenoaのrepensはPSAを分泌する細胞容量と干渉しないで効果を引き起こす。 ここでは、私達は総合的な5alpha還元酵素の抑制剤のそれからのPermixonの行為を区別するかもしれない可能な細道に焦点を合わせた。 私達はSerenoaのrepensが、他の5alpha還元酵素の抑制剤とは違って、PSAの遺伝子の促進者の地域の活動化させたARとステロイドの受容器結合の一致間の結合を禁じないことを示す。 これは技術を組み合わせて示されていた: LNCaPの前立腺癌の細胞ラインの男性ホルモンの行為に対するPermixonの効果の査定は管理水準でPSA蛋白質の表現のARそして維持の抑制を明らかにしなかった。 これはそのPermixonを示すレポーターの遺伝子の実験に一貫していたテストステロンおよびDHTが両方この活動の維持で均等に有効だったことPSAのAR仲介されたtranscriptional活発化と干渉されなくておよび。 私達の結果は前立腺の5alpha還元酵素の活動のSerenoaのrepensの有効な阻止にもかかわらず、PSAの分泌を抑制しなかったことを示す。 従って、私達はphytotherapeutic代理店との処置が前立腺癌のスクリーニングと評価の腫瘍の進行のための有用なbiomarkerとしてPSAの測定の継続使用を可能にするので他の5alpha還元酵素の抑制剤上のSerenoaのrepensの治療上の利点を確認する。

Int Jの蟹座。 3月2005日20日; 114(2): 190-4

人間の前立腺の細胞の成長に対するpermixonの効果: apoptotic行為の欠乏。

背景: 従ってPermixonは、から得られたphytotherapeutic代理店ノコギリ パルメットかSerenoaのrepens植物を、である5alpha還元酵素の活動と干渉すると信じられる脂質/ステロールのエキス禁止の前立腺の成長。 この調査では、私達は人間の前立腺癌の細胞の細胞増殖そしてapoptosisに対するPermixonの効果の大きさそして特定性を調査した。 方法: Permixonの効果は男性ホルモン独立したPC-3前立腺癌の細胞、男性ホルモンに敏感なLNCaPの前立腺癌の細胞およびMCF-7乳癌の細胞で生体外で検査された。 細胞の成長、apoptosisの誘導および細胞増殖は2つの集中(10そして100 microg/ml)のPermixonへの露出の後で調査された。 細胞増殖および細胞周期の進行は24 hr後に断固としたに基づいて(3) [H] -チミジンの結合の試金およびflowcytometric分析、それぞれだった。 Apoptosisの誘導はHoeschtの汚損およびcaspase-3活発化を使用して扱われた未処理文化で評価された。 結果: Permixon (100 microg/ml)の大量服用への前立腺および乳癌の細胞の露出は細胞の成長の率の重要な減少で起因した; 時間依存ではなかったし、細胞周期の阻止と関連付けられなかった効果。 Permixonの処置は前立腺癌の細胞ラインで(高くか低い線量で) apoptosisの誘導に対する効果をもたらさなかった(P > 0.6)。 なお、生体外のPermixonはprostaticホモジュネートの5alpha還元酵素の活動のタイプ2の弱い抑制剤だった。 結論: 結果は影響の前立腺癌の細胞の成長にapoptosisか細胞周期の阻止を引き起こさないでPermixonの能力を示す。 この効果は前立腺特定でし、Permixonの高い濃度だけで明示された。 なお私達の調査結果はPermixonがfinasterideと比較される5alpha還元酵素の弱い抑制剤であることを示す。 この調査はapoptosisに前立腺の成長に対してphytotherapeuticこれの行為のメカニズムとして質問している間禁じる治療上の重大さがあるかもしれない概念前立腺および機能のPermixonの反成長の効果の前の証拠に5alpha還元酵素の活動を挑戦する。

前立腺。 9月2004日15日; 61(1): 73-80

ティッシュの効果はのノコギリ パルメットおよびfinasterideを: prostatic男性ホルモンのそのままの定量化のためのバイオプシーの中心の使用。

目的: の効果をprostaticティッシュの男性ホルモンのレベルのfinasterideと比較されたノコギリ パルメットの草のブレンド(SPHB)を定め、そのような決定のためのティッシュの源として針のバイオプシーを評価するために。 方法: テストステロンおよびdihydrotestosterone (DHT)の前立腺のレベルは徴候の温和なprostatic増殖の人の3グループの10 mgバイオプシーの標本(18ゲージの針の中心)への5で測定された: 慢性のfinasteride療法を対7つの未処理制御受け取っている15人; adenomectomy見本抽出の可変性を(10の標本それぞれ)定めるために前立腺を経ている4人; そして処置の前後にSPHBの6ヶ月のランダム化された試験に対偽薬、加わっている40人。 結果: ProstaticティッシュDHTのレベルはテストステロン(1.51 ng/g)のなるのレベルより高い数倍その比率対5.01逆転されるように見つけられた(慢性のfinasteride療法との3.63 ng/g)対1.05。 finasterideの効果は両方の男性ホルモン(P <0.01)のために統計的に重要であり、finasteride扱われる間の個々の価値の少し重複および制御患者は見られた。 ランダム化された試験では、ティッシュDHTのレベルはSPHBのグループ(P <0.005)の32% 6.49から4.40からng/gによって偽薬のグループの重要な変更無しで、減った。 結論: 制御のために対finasteride扱われた人、針のバイオプシーの標本と得られたティッシュの男性ホルモンの価値は前にprostaticティッシュの外科的に消費税を課された容積を使用して報告されたそれら変更にの絶対値そしてパーセントのために類似両方だった。 針のバイオプシーの試金によるprostatic男性ホルモンの定量化はこうして実行可能で、個々の患者の連続調査の可能性を提供する。 ランダム化された試験で適度でしかし重要なprostatic DHTのレベルのSPHB誘発の抑制は仮説に酵素の5アルファの還元酵素の阻止がこの物質の行為のメカニズムであることサポートの要素を貸す。

泌尿器科学。 5月2001日; 57(5): 999-1005

より低い尿道徴候の人の処置についてはノコギリ パルメットを。

目的: 使用の文献の広範囲の評価はのより低い尿道徴候の人のノコギリ パルメットが提供されることを。 材料および方法: 行為そして臨床結果のメカニズムを査定した調査の文献調査は温和なprostatic増殖の人のノコギリ パルメットが行われたことを。 結果: ノコギリ パルメットが5アルファの還元酵素の阻止、adrenergic受容器の拮抗およびintraprostatic男性ホルモンの受容器の封鎖を含む生体外の調査によって、示されるのをの行為のいろいろ潜在的なメカニズムは。 これらの効果の関連性の臨床証拠は主として利用できない。 使用はの温和なprostatic増殖の人のノコギリ パルメットが確認された悪影響無しで安全であることを。 血清の前立腺の特定の抗原に対する効果は注意されなかった。 偽薬は試験を制御し、ノコギリ パルメットがより低い尿道徴候の人の主観的で、客観的な改善をもたらすことをことをメタ分析は提案した。 但し、ほとんどの調査は方法論的な欠陥、小さく忍耐強い数および短い処置間隔によってかなり限られる。 結論: 証拠はノコギリ パルメットがより低い尿道徴候と人の偽薬と比較される尿の流動度および徴候のスコアに対する重要な効果をもたらすかもしれないことをことを提案する。 但し効力をの査定するために、大規模、偽薬によっては制御される試験必要ノコギリ パルメットをである。

J Urol。 5月2000日; 163(5): 1408-12

androgenetic脱毛症の処置の5アルファ還元酵素の植物学的に得られた抑制剤の有効性を定めるランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。

背景: Androgenetic脱毛症(AGA)は敏感な個人の男性ホルモンに敏感な毛小胞の構造小型化によって特徴付けられ、頭皮のある特定のパターンの内で解剖学的に定義される。 生化学的に、この無秩序の1つの貢献の要因は酵素の5アルファの還元酵素(5AR)によってdihydrotestosterone (DHT)へのテストステロン(t)の転換である。 この新陳代謝は温和なprostatic増殖(BPH)の手始めそして進行にまた主である。 なお、AGAはまたBPHを扱うのに使用される薬剤および代理店に敏感であるために示されていた。 ノートの、ある特定の植物の混合物はBPHに対して前に効力を示してしまった。 ここでは、私達はAGAの処置のこれらの植物の物質の利点を検査するために引き受けられる偽薬制御の報告する、二重盲目の調査の最初の例を。 目的: この調査の目的は植物学的に得られた5AR抑制剤、とりわけSerenoaのrepens (LSESr)のliposterolicエキスおよびAGAの処置のベータ シトステロールを、テストすることだった。 主題: 23そして64年齢の年齢間の男性は、穏やかこの調査にの健康で、AGAを緩和するために含まれていた。 結果: このパイロット・スタディの結果は処置への非常に肯定応答を示した。 盲目にされた調査のスタッフの審査報告書はことを60%の示した(6/10)活動的な調査の公式と投薬された調査の主題は最終的な訪問で改良されるように評価された。 結論: この調査はAGAに対して自然発生する5AR抑制剤の有効性をはじめて確立し、より大きい試験に拡張を正当化する。

J Alternの補足物Med。 4月2002日; 8(2): 143-52

ノコギリ パルメットおよび温和なprostatic増殖を。

温和なprostatic増殖(BPH)は40、70sの人の60%歳ですべての人の8%に影響を与える共通の健康問題、およびそれらの90%非常により80年齢である。 これらの人の4分の1は生活環境基準に非常に影響を与える厳しくより低い尿道徴候に穏健派を開発する。 最近の証拠はノコギリ パルメットがBPHに苦しむそれらのための尿機能の改善をもたらすことを使用がのことを提案する。 好ましい比較はのtamsulosin、尿道徴候の処置の有名な最初ライン代理店のノコギリ パルメットを、示すもしあっても僅かの悪影響のこの草の代理店の有利な効果の方の約束を。 但しどんな程度のこの有利な活動が偽薬の効果が原因であるか、まだ定められるべきである。 さらに、行為の精密なメカニズムはのBPHの人のノコギリ パルメットが明白でなく残ることを。

AM J Chin Med。 2004;32(3):331-8