生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2007年1月
イメージ

緑茶

日本の心循環器疾患、癌およびすべての原因による緑茶の消費および死亡率: Ohsakiの調査。

文脈: 緑茶のポリフェノールは心循環器疾患および癌のchemopreventive代理店としてそして動物実験で広く生体外で調査された。 但し、人間の緑茶の消費の効果は明白でなく残る。 目的: 緑茶の消費間の連合をおよび全原因および原因特定の死亡率調査するため。 設計、設定および関係者: Ohsakiの国民健康保険のグループ調査、40,530人の日本の大人間の1994年に始められた打撃、冠状心臓病、またはベースラインで癌の歴史なしで人口ベースの、将来のグループ調査は40から79年を老化させた。 関係者は全原因の死亡率と原因特定の死亡率の7年まで(1995-2001年)間11年まで(1995-2005年)間追われた。 主要な結果は測定する: 心循環器疾患、癌、およびすべてによる死亡率原因。 結果: 11年間のフォローアップ(フォローアップ率、86.1%)に、4,209人の関係者は死に、7年間のフォローアップ(フォローアップ率、89.6%)に、892人の関係者は心循環器疾患で死に、1,134人の関係者は癌で死んだ。 緑茶の消費はすべての原因によるおよび心循環器疾患による死亡率と逆に関連付けられた。 全原因の死亡率の反対連合は女性でより強かった(P =性との相互作用のための.03)。 人では、すべてによる死亡率の多変数の危険の比率により異なった緑茶の消費の頻度との準をだったより少しにより1 cup/dのための1.00 (参照)、1のための0.93 (95%の信頼区間[CI]、0.83-1.05)に2 cups/d、3のための0.95 (95% CI、0.85-1.06)に4 cups/d、5引き起こしまたはより多くのcups/dのための0.88 (95% CI、0.79-0.98)、それぞれ(P =傾向のための.03)。 女性のための対応するデータは1.00、0.98 (95% CI、0.84-1.15)、0.82 (95% CI、0.70-0.95)、および0.77 (95% CI、0.67-0.89)、それぞれだった(傾向のためのP<.001)。 心循環器疾患の死亡率の反対連合は全原因の死亡率とのそれより強かった。 この反対連合は女性でまたより強かった(P =性との相互作用のための.08)。 女性では、緑茶の消費の部門を高めることを渡る心循環器疾患の死亡率の多変数の危険の比率は1.00、0.84 (95% CI、0.63-1.12)、0.69 (95% CI、0.52-0.93)、および0.69 (95% CI、0.53-0.90)、それぞれだった(P =傾向のための.004)。 心循環器疾患の死亡率のタイプの間で、最も強い反対連合は打撃の死亡率のために観察された。 それに対して、癌の死亡率の危険の比率は低消費の部門と比較されたすべての緑茶の部門の1.00とかなり違わなかった。 結論: 緑茶の消費はすべての原因によるおよび心循環器疾患による減らされた死亡率とない癌による減らされた死亡率と関連付けられる。

JAMA. 9月2006日13日; 296(10): 1255-65

循環の酸化させた低密度脂蛋白質は冠動脈疾患の患者の心臓でき事のための独立した予言者である。

しかし酸化させた低密度脂蛋白質(oxLDL)はアテローム性動脈硬化の開発の重大な役割を冠動脈疾患(CAD)の患者の心臓でき事(セリウム)のための循環のoxLDLの予言する価値残った十分理解されていなく担う。 私達は将来次の心臓でき事の1つの発生までの52かまで月間文書化されたCADの238人の連続した患者を調査した: 心臓死、重大でない心筋梗塞(MI)、およびrevascularizationを要求する処理し難いアンギーナ。 oxLDLの血しょうレベルは酵素つながれたimmunosorbentの試金(ELISA)によってモノクローナル抗体、DLH3を使用して測定された。 循環のoxLDLのレベルはセリウム(中間数20.3 U/ml対17.6 U/ml、P = 0.002)なしで患者のよりセリウムを持つ患者でかなり高かった。 コックス多変数のモデルはoxLDLの高レベルそれを独立した予言者が成長のセリウムのあったことを示した。 セリウムのための調節された危険の比率はoxLDLのレベルの最も高い四分位数の患者の高の3.15の(95% CI 1.47-6.76、P = 0.003)倍および最も低い四分位数の内のそれらのより第3四分位数の患者の高の1.88の(95% CI 0.90-3.95、P = 0.09)倍だった。 従って、循環のoxLDLの測定はCADの患者の未来のセリウムの査定で有用かもしれない。

アテローム性動脈硬化。 6月2004日; 174(2): 343-7

健康、老化およびボディ構成のグループの十分に機能している高齢者の心筋梗塞の新陳代謝シンドローム、循環の酸化させたLDLおよび危険。

この調査の目的は新陳代謝シンドロームと酸化させたLDL (oxLDL)間の連合を確立し、oxLDLの新陳代謝シンドロームそしてレベルに関連して冠状心臓病(CHD)のための危険を定めることだった。 OxLDLは健康、老化およびボディ構成の調査の3,033人の年配の関係者からの血しょうで測定された。 新陳代謝シンドロームは大人の高い血のコレステロールの検出、評価および処置の国民のコレステロールの教育プログラムの専門家会議の第3レポートに確立された規準に従って定義された。 私達は新陳代謝シンドロームがoxLDLのより高い一部分によるoxLDLのハイ レベルと関連付けられたことをない観察したLDLのコレステロールのハイ レベルに。 新陳代謝シンドロームの個人は年齢、性、民族性、たばこを吸う状態およびLDLのコレステロールを調節の後で新陳代謝シンドロームを、持っていないそれらと比較された高いoxLDL (>1.90 mg/dl)を持っていることの確率が二度あった。 調査の記入項目で新陳代謝シンドロームがあったそれらの関係者の間で、未来のCHDのでき事の傷病率は年齢、性、民族性および煙る状態を調節の後により高く1.6折目、だった。 OxLDLは総CHDの危険の独立した予言者ではなかった。 但し、高いoxLDLとのそれらは心筋梗塞(相対的な危険2.25、95%の信頼区間1.22-4.15)により大きい傾向を示した。 私達は新陳代謝シンドローム、CHDのための危険率がatherothrombotic冠状病気へのより大きい傾向と関連付けられる循環のoxLDLのハイ レベルと、関連付けられることを結論を出した。

糖尿病。 4月2004日; 53(4): 1068-73

不安定な狭心症の患者の酸化させた低密度脂蛋白質の抗体、C反応蛋白質、interleukin6および循環の細胞接着分子間の連合。

酸化させた低密度脂蛋白質(LDL)はアテローム性動脈硬化の開発の重要な役割を担うと信じられる。 但し、atherogenesisの反酸化させたLDLの抗体の重大さは明白でない。 この調査の目的は反酸化させたLDLの抗体の力価がatherosclerotic開発の可能な興味の他の炎症性マーカーと、溶ける細胞接着分子、interleukin6およびC反応蛋白質(CRP)のような査定し関連している、不安定な狭心症の患者の心臓でき事の予言者として反酸化させたLDLの抗体の予想価値をだったかどうか定めること。 60人の患者(35人および25人の女性; 平均年齢はこの調査に不安定なアンギーナの60年)含まれていた。 CRPと24および入場がかなり高かったより72時間後ベースライン レベル(p <0.05、それぞれ)の細胞間付着の分子1 (ICAM-1)のレベル。 年齢、性、体格指数およびstatinの使用を調節の後で、反酸化させたLDLの抗体はCRP (r = 0.72、p <0.001)およびICAM-1に肯定的に関連した(r = 0.68、p <0.001)。 高い反酸化させたLDLの抗体(中間>11.37 U/ml)および入場のCRPのレベルは(中央>2.4 mg/L)かなりより低い16月、でき事なしの残存率(カプランMeierでき事なしの存続の分析、丸太ランクp <0.01およびp <0.05、それぞれ)に関連した。 記号論理学退化による多変量解析は入場の反酸化させたLDLの抗体(中間>11.3 U/ml)の上昇値が不利な心臓でき事(確率の比率2.2、95%の信頼区間1.5に10.7、p = 0.001)のための独立した危険率だったことを明らかにした。 この調査は反酸化させたLDLの抗体の表現がCRPおよび付着の分子、特にICAM-1の表現と関連付けられ、不安定な狭心症の患者の心臓でき事の予言者であることを示す。 反酸化させたLDLの抗体の観察された上昇値はプラクの不安定を提案し、心臓でき事の高いリスクで患者を識別するために有用かもしれない。

AM J Cardiol。 3月2004日1日; 93(5): 554-8

酸化させた低密度脂蛋白質に対する抗体と冠状アテローム性動脈硬化の範囲間の関係。

背景および目的: 激しい心筋梗塞(AMI)および冠動脈疾患(CAD)に於いての酸化させた低密度脂蛋白質(AbウシLDL)に対する抗体の役割は十分に明瞭にならなかった。 この調査は冠状アテローム性動脈硬化のAbウシLDLの力価と範囲間の関係を調査し、AMIのこの抗体の臨床重大さを定めた。 方法: 合計冠状血管記録法によって示された重要な冠状アテローム性動脈硬化の70人の患者は募集された。 これらの患者はAMIに分けられた(n = 33; 平均年齢、63 yr; 29人)および慢性の馬小屋CAD (n = 37; 平均年齢、62 yr; 30の人の)グループ。 血清のAbウシLDLは酵素つながれたimmunosorbentの試金を使用して測定された。 冠状アテローム性動脈硬化の範囲はangiographic拡散スコア システムによって査定された。 結果: すべての患者では、AbウシLDLは白血球の計算にかなり関連した(r = 0.309; p = 0.009)、しかしない脂質のプロフィールか拡散スコアと。 AbウシLDL (422.0 +/- 263.8 +/- 30.2のU/L対60.4; p = 0.018)、白血球の計算(9,742 +/- 7,211対457 +/- 327/mm3; p < 0.001)およびC反応蛋白質(10.5 +/- 2.9 +/- 0.5 mg/L対3.1; p = 0.022) 慢性CADとのそれらのよりAMIを持つ患者でかなり高かった。 ピーク クレアチンのキナーゼ集中はAbウシLDLにかなり関連した(r = 0.499; p = 0.003) AMIを持つ患者の間。 結論: AbウシLDLはAMIを持つ患者で高く、冠状アテローム性動脈硬化および脂質のプロフィールの厳格のよりずっとそれ以上に心筋の損傷に関連する。

J Formos Med Assoc。 10月2002日; 101(10): 681-4

激しい心筋梗塞を用いる患者の酸化させた低密度の脂蛋白質の別の源に対するautoantibodyの表現。

この調査の目標はCuSO (激しいによって心筋梗塞(AMI)の初期を持つ患者の4)、酸化した低密度の脂蛋白質(LDL)の2つの源に対して抗体の表現を検査することだった。 LDLの高レベルの血清から浄化されたLDLが変更された抗原として使用されたときに、結果は30人の患者の酸化させたLDLに対する抗体の力価が正常な主題のそれらと比較された135%増加したことを示した; 但し、同じ患者の正常範囲LDLから浄化された変更されたLDLに対する抗体の力価は52%ほんの少しだけ増加した。 高いLDLの血清グループ、高いトリグリセリドの血清のグループおよびAMIの患者のに表現されるautoantibodyのレベルを比較する血清のグループ(41の合計; 30人のAMIの患者に加えて、AMIの患者の11のより多くの血清はグループが195%年までかなり増加したAMIの患者の血清の高いLDLの血清から)、浄化されたoxLDLに対するautoantibodyの量集められた。 AMIの患者と対照をなして、高いLDLまたは高いトリグリセリドを持つ2つの従がうグループの同じ抗原に対する血清の力価は50%だけ非常により正常な主題である。 さらに、トロンボキサンBの比率(2) 6 ketoプロスタグランジンF (1alpha)に(6 ketoページF (1alpha)) 激しい心筋梗塞で患者は1.79、正常な主題より大いに低い、4.19才だった。 上記の観察から完了して、私達は反酸化させたLDLの抗体の表現のレベルが激しい心筋梗塞の病気の病因の役割を担う提案したりトロンボキサンAのレベルと独立していることを(検査された血清の2)そしてprostacyclin。

Thromb Res。 8月2002日15日; 107 (3-4): 175-9

5の ページで 4続けられる