生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2007年2月
イメージ

ザクロ

前立腺癌のための外科または放射の後の上昇の前立腺特定の抗原を持つ人のためのザクロ ジュースの段階IIの調査。

目的: 植物のPhytochemicalsはantioxidationによってそして遺伝子栄養素の相互作用によって癌の予防の利点があるかもしれない。 私達は第一次療法に続く上昇PSAの人の前立腺特定の抗原(PSA)の進行に対するザクロ ジュース(酸化防止剤の主要な源)の消費の効果を定めるように努めた。 実験設計: 段階II、外科の後の上昇PSAの人のためのサイモン二段式臨床試験または放射線療法は行なわれた。 資格がある患者は探索可能のがPSA > 0.2あり、< Gleasonの5つのng/mLおよびスコアはザクロ ジュースの8オンスと病気の進行まで<または= 7.人の患者毎日(すばらしい変化、570のmgの総ポリフェノールの没食子酸の等量)扱われた。 臨床端は血清PSAに対する含まれた安全そして効果、LNCaPの細胞の血清誘発拡散およびapoptosis、血清の脂質の過酸化反応および血清の一酸化窒素のレベル指す。 結果: 調査は十分に効力の規準が満たされた後生じた。 報告された深刻で不利なでき事がなかったし、処置はよく容認された。 中間PSAのダブル タイムは15か月の平均から54か月にベースラインで処置とかなり治療後増加した(P < 0.001)。 LNCaPの成長の前処理そして治療後の忍耐強い血清を比較する生体外の試金はザクロ ジュースの消費の前に対血清の脂質の酸化にapoptosisの細胞増殖および17%の増加(P = 0.0048および0.0004、それぞれ)、血清の一酸化窒素の23%の増加(P = 0.0085)、および酸化状態および感受性の重要な(P < 0.02)減少の12%の減少を後示した。 結論: 私達は前立腺癌を持つ患者のザクロ ジュースの最初の臨床試験を報告する。 前立腺癌の生体外の細胞増殖に対する対応する実験室の効果とおよびapoptosis、また酸化圧力つながれるPSAのダブル タイムの統計的に重要な延長更に偽薬制御の調査でテストする令状。

Clinの蟹座Res。 7月2006日1日; 12(13): 4018-26

ザクロの花は糖尿病性のラット モデルの心臓脂質新陳代謝を改良する: 循環の脂質の低下の役割。

糖尿病性の中心の余分なトリグリセリド(TG)の蓄積そして高められた脂肪酸(FA)の酸化は心臓機能障害に貢献する。 ザクロの花(PGF)は従来のantidiabetic薬である。 ここでは、私達は異常な心臓脂質新陳代謝のPGFのエキスの行為の効果そしてメカニズムを生体内でそして生体外で調査した。 PGFのエキス(500 mgの長期経口投与kg (- 1つ)) TGの血しょうレベルおよび異常な心臓TGの蓄積のPGFのエキスおよびこの糖尿病性モデルのhyperlipidemiaによる改善を示しているZuckerの糖尿病性の脂肪質の(ZDF)ラットの総コレステロールの減少と一緒に伴われる減らされた心臓TGの内容。 PGFのエキスを持つZDFのラットの処置は血しょうFAレベルを下げた。 Zuckerの傾きのラットで僅かな影響を示した一方、なお、処置はFAの輸送蛋白質、peroxisome増殖剤活動化させた受容器(PPAR) -アルファ、カルニチンpalmitoyltransferase-1、アシルCoAオキシダーゼおよび5'のために符号化するmRNAsの心臓overexpressionを-抑制したAMP活動化させたプロテイン キナーゼalpha2、およびZDFのラットの元通りにされたdownregulated心臓アセチルCoAカルボキシラーゼmRNAの表現。 結果はPGFのエキスが糖尿病性の状態の高められた心臓FAの通風管そして酸化を禁じることを提案する。 PGFのエキスおよび構成のoleanolic酸は人間の萌芽期の腎臓293の細胞のPPARアルファのluciferaseレポーターの遺伝子活動を高め、この効果はエキスおよびこの部品のPPARアルファの活性剤の活動の存在に一貫している選択的なPPARアルファの反対者MK-886によって完全に抑制された。 私達の調査結果はPGFのエキスがPPARアルファを活動化させ、それにより循環の脂質を下げ、そして心臓通風管をことを禁じることによってZDFのラットの異常な心臓脂質新陳代謝を改良することを提案する。

Br J Pharmacol。 7月2005日; 145(6): 767-74

ザクロ ジュースは大食細胞の酸化させたLDLの通風管およびコレステロールの生合成を禁じる。

大食細胞のコレステロールの蓄積および泡の細胞の形成は早いatherogenesisの認刻極印である。 ザクロ ジュース(PJ)はatherosclerotic損害の大食細胞の泡の細胞の形成そして開発を禁じるために示されていた。 この調査の目標はPJが大食細胞のコレステロールの蓄積を減らす可能なメカニズムを明瞭にすることだった。 J774.A1大食細胞はコレステロールの流入[LDLまたは酸化させたLDL (ウシLDLの)細胞低下として評価される]、コレステロールの流出およびコレステロールの生合成の分析に先行しているPJと事前に画策された。 PJを持つ大食細胞の前培養はウシLDLの低下の重要な減少(P<.01)で40%によって起因した。 その一方で、PJは原産LDLの大食細胞の低下または大食細胞のコレステロールの流出に対する効果をもたらさなかった。 大食細胞のコレステロールの生合成は50% (P<.01)によってPJとの細胞の孵化の後で禁じられた。 しかしこの阻止は生合成細道に沿う3ヒドロキシ3 methylglutarylの補酵素Aの還元酵素のレベルで仲介されなかった。 私達はウシLDLの低下と大食細胞のコレステロールの生合成のPJ仲介された抑制が減らされた細胞コレステロールの蓄積および泡の細胞の形成をもたらす場合があることを結論を出す。

J Nutr Biochem。 9月2005日; 16(9): 570-6

ザクロ ジュースは酸化破壊から一酸化窒素を保護し、一酸化窒素の生物作用を高める。

ザクロ ジュース(PJ)は一酸化窒素を(いいえ)酸化破壊から保護し、生物作用をの高める容量のために、有効なフラボノイドの酸化防止剤の豊富な源である、いいえテストされた。 化学ルミネセンスのheadspaceの分析を用いて、PJはスーパーオキシドによって陰イオン仲介された消失の有効な抑制剤のであるといいえ見つけられた。 PJは一致のグレープ ジュース、ブルーベリー ジュース、赤ワイン、アスコルビン酸およびDLアルファ トコフェロールよりはるかに有効だった。 同じような効果を作り出すように純粋な一致のグレープ ジュースの純粋なブルーベリー ジュースの300 microlがかほぼ1000のmicrol要求された一方、5000 microlの反作用の容積のPJの6折目の希薄の3 microl少し、マーク付きの酸化防止効果を作り出した。 PJおよび他の酸化防止含んでいるプロダクトは管の平滑筋細胞(ラットの大動脈)拡散のの反proliferative行為を(DETA/NO)増加すると見つけられなかった。 PJは加えられるがない時単独でテストされたときいいえテストされた他のプロダクトよりはるかに有効で、効果を引き出さなかった。 同様に、PJも他のプロダクトもアルファdifluoromethylornithineの反proliferative行為、非独立したメカニズムによって細胞の成長を禁じる安定した物質を高めなかった。 PJが管のendothelial細胞によって生産をいいえ高めることができないかどうかの定めるためには、PJはupregulateへの容量のためにテストされたりおよび/またはendothelial牛のような肺動脈のendothelial細胞のシンターゼ(eNOS)を活動化させない。 PJはeNOS蛋白質の表現または触媒作用活動に対する効果を引き出さなかった。 さらに、PJはeNOSの遺伝子(eNOSとtransfected COS-7細胞)の促進者の活動を高めなかった。 これらの観察はPJが生物作用の増加に終っていいえ酸化破壊マーク付きの保護でに対して起因しない有効な酸化防止活動を、のいいえそれにより所有していることを示す。

一酸化窒素。 9月2006日; 15(2): 93-102

ザクロのフルーツを通した前立腺癌の防止。

前立腺癌(帽子)は多くの西欧諸国の同じような傾向の米国の男性間の癌関連の死の第2一流の原因である。 帽子はそれが50年齢にわたる人で普通診断される、こうして病理学か栄養の介在によって達成された病気の進行の適度な遅れはかなりこれらの患者の生活環境基準に影響を与えることができるのでchemopreventionのための理想的な候補者の病気であり。 この観点から見ると私達および他は候補者の帽子のchemopreventive代理店として食餌療法の酸化防止剤の使用を提案した。 木のザクロから得られるフルーツのザクロは強い酸化防止および炎症抑制の特性を所有するために示されていた。 最近の調査では、私達はcyclinのキナーゼ抑制剤cyclin依存したキナーゼ機械類の調節によるザクロのフルーツのエキス(PFE)が、非常に積極的な人間の前立腺の癌腫PC3の細胞のapoptosisに先行している細胞の成長の阻止で、起因したことを示した。 これらのでき事はBaxを移すBaxおよびBcl-2のレベルの変化と関連付けられた: apoptosisを支持するBcl-2比率。 更に、私達はCWR22Rnu1細胞と植え付けられたathymic裸のマウスへのPFEの人間の受諾可能な線量の経口投与が血清の前立腺特定の抗原(PSA)の分泌の付随の減少を用いる腫瘍の成長の重要な阻止で起因したことを示した。 この調査の結果はザクロの消費は患者の存続そして生活環境基準を延長するかもしれない帽子の進行を遅らせるかもしれないことを提案するので帽子の患者への直接実用的な含意そして翻訳の関連性があることができる。

細胞周期。 2月2006日; 5(4): 371-3

前立腺癌のchemopreventionそして化学療法のためのザクロのフルーツ ジュース。

前立腺癌は多くの西欧諸国の同じような傾向の米国の男性間の癌関連の死の共通の侵略的な敵意そして第2一流の原因、である。 この敵意を制御する1つのアプローチは人間が消費する食事療法で現在の代理店の使用によって防止である。 木のザクロからのザクロは強い酸化防止および炎症抑制の特性を所有している。 私達は最近ザクロのフルーツのエキス(PFE)がマウスの皮の驚くべきantitumor促進の効果を所有していることを示した。 人間の前立腺癌の細胞を用いるこの調査では私達はPFEのantiproliferativeおよびproapoptotic特性を評価した。 PFE (10-100 microg/ml; 非常に積極的な人間の前立腺癌PC3の細胞の48 h)処置はapoptosisの細胞の成長/細胞の実行可能性および誘導の線量依存した阻止で起因した。 Immunoblotの分析はPC3細胞のPFEの処置が(i) BaxおよびBakの誘導で起因したことを明らかにした(proapoptotic); (ii) Bcl-Xの規則((antiapoptotic) L)およびBcl-2; (iii) WAF1/p21およびKIP1/p27の誘導; (iv) cyclins D1、D2およびEの減少; そして(v) cyclin依存したキナーゼ(cdkの)の減少2、cdk4およびcdk6表現。 これらのデータはPFEのantiproliferative効果の間にcyclinのキナーゼ抑制剤cyclin cdkネットワークの介入を確立する。 男性ホルモンに敏感なCWR22Rnu1細胞と植え付けられたathymic裸のマウスへのPFEの経口投与は(0.1%および0.2%、wt/vol)血清の前立腺特定の抗原のレベルの重要な減少と付随腫瘍の成長の重要な阻止で起因した。 私達はザクロ ジュースが人間の前立腺癌に対して癌chemopreventive、また癌化学療法の効果をもたらすかもしれないことを提案する。

Proc国民のAcad Sci米国。 10月2005日11日; 102(41): 14813-8

ザクロ ジュースは人間の冠状endothelial細胞のendothelial一酸化窒素のシンターゼの酸化させた低密度脂蛋白質のdownregulationを減らす。

私達はザクロ ジュース(PJ)が人間の冠状endothelial細胞の酸化させた低密度のliporotein (oxLDL)によって引き起こされるendothelial窒素酸化物のシンターゼ(NOSIII)の表現の有効なdownregulationを戻すことができること仮説を検査した。 西部のしみおよび北のしみの分析はoxLDLとの24-h処置の後でNOSIIIの表現の重要な減少を示した。 したがって、私達は基底のおよびbradykinin刺激された細胞cGMPの蓄積によって表された一酸化窒素のbioactivityの重要な線量依存した減少を観察した。 これらの現象はPJとの付随の処置によってかなり訂正された。 私達のデータはPJがNOSIIIのbioactivityをことを高めることによって人間の臨床管の複雑化、冠状心臓病およびatherogenesisの進化に対する有利な効果を出すことができることを提案する。

一酸化窒素。 11月2006日; 15(3): 259-63

apolipoproteinのe不十分なマウスへのザクロの副産物の管理は酸化させた低密度脂蛋白質の減らされた大食細胞の酸化圧力そして減らされた細胞通風管の結果としてアテローム性動脈硬化の開発を減少させる。

apolipoproteinのE不十分な(Eの程度)マウスのアテローム性動脈硬化の開発に対するジュースの準備の後で残っている全ザクロのフルーツを含んでいるザクロの副産物(PBP、)の効果は調査された。 マウスによるPBPの消費は(没食子酸equiv/kg/dayの17か51.5 microg) 57%までによってatherosclerotic損害のサイズの重要な減少で起因した。 PBPの消費はかなりマウスの腹膜の大食細胞(MPM)の酸化圧力を減らした: 細胞脂質の過酸化物の内容は42%まで、53%まで、および水だけ消費したEの程度のマウスからMPMと比べて50%まで増加した、減らされたグルタチオンのレベル高められたparaoxonase 2のlactonaseの活動によって減った。 なお、MPMによる酸化させた低密度脂蛋白質(ウシLDL)の通風管は19%まで減った。 同じような結果は生体外でまた観察された。 PBP (総ポリフェノールの10か50 micromol/L)のJ774A.1大食細胞の処置はかなり細胞総過酸化物の内容およびウシLDLの通風管を両方減らした。 PBPが酸化防止特性によってかなりアテローム性動脈硬化の開発を減少させることがこうして完了された。

J Agricの食糧Chem。 3月2006日8日; 54(5): 1928-35年

アテローム性動脈硬化のbiomarkersと988人の勃起不全間の関係の回顧調査。

勃起不全(ED)は煙ること、高血圧、dyslipidemia、糖尿病、肥満および坐った生活様式を含む臨床アテローム性動脈硬化そして複数のatherosclerotic危険率と関連付けられる。 臨床アテローム性動脈硬化はまたこれらの同じ危険率と発火、血栓症、endothelial細胞の活発化のbiomarkersと関連付けられる。 私達はEDの程度とatherosclerotic biomarkersのレベル間の横断面連合を評価した。 年齢間の988人の米国のオスの医療専門家のsubcohortに1994-1995年に進行中の疫学の研究の一部とする46のそして81年集められた血から測定されたatherosclerotic biomarkersがあった。 これらの同じ人は2000年に、1995年にと2000年に勃起性機能について既往的に尋ねられて持っていた。 1986以来の2年ごとのアンケートは病状、薬物を査定し、身体活動、体格指数、アルコール取入口煙る。 この988人の1995年の間2000年に勃起性機能の回顧の査定は非常によい- 28.2%、よい- 25.1%から非常に貧しいまで、公平に- 19.2%の貧乏人- 13.6%、- 13.9%及んだ。 非常に悪い勃起性機能への貧乏人を持つ人はよいよと人と比較し、非常によい勃起性機能に2.9が上昇の確率要因VIIレベル(P=0.03)、上昇の確率を1.9倍管の細胞接着分子(P=0.13)のおよび上昇の確率を2.0倍細胞内の付着の分子(P=0.06)のおよび各々のatherosclerotic biomarkerのための上昇の確率の2.1倍の多変数の調節の後で上下quintilesを比較する総コレステロール/高密度脂蛋白質の比率(P=0.02)のあった。 脂蛋白質(a)、ホモシステイン、interleukin6および腫瘍壊死要因受容器、C反応蛋白質およびフィブリノゲンは調節の後で勃起性機能のある程度と関連付けられなかった。 私達はendothelial機能、血栓症およびdyslipidemiaない発火のための指定biomarkersがこの横断面の分析のEDの程度と関連付けられるが、ことを結論を出す。 未来はEDの将来連合、endothelial機能の評価を調査し、心循環器疾患は保証されてようである。

Int J Impot Res。 8月2006日17日