生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2007年12月
イメージ

Nanomedicine

近い赤外線吸収のnanoparticlesを使用してマウスの写真熱腫瘍の切除。

次の調査はnanoshell助けられた写真熱療法(NAPT)の可能性を検査する。 この技術はnanoshellsの強く近い赤外線(NIR)吸収、nanoscaleのサイズによる異常な腫瘍のvasculatureからの受動のextravasationを経ることができる調整可能な光学吸収力の金のnanoparticlesの新しいクラスを利用する。 腫瘍はネズミ科のコロンの癌腫の細胞(CT26.WT)のsubcutaneous注入によって免疫があ有能なマウスで育った。 ポリエチレン グリコール(止め釘)はNIRでピーク光吸収とnanoshells (およそ130 nmの直径)に静脈内で注入され、6 h.のために循環するために割り当てられた塗った。 腫瘍はダイオード レーザー(808 nm、4 W/cm2、3とそれから分)照らされた。 減少させたそのような扱われた腫瘍すべておよび扱われたマウスは後で健康なおよび腫瘍自由な>90日だったようである。 腫瘍が6-19日治療後行われた前もって決定されたサイズになったときに対照動物および付加的なにせ物処置動物(nanoshellの注入のないレーザーの処置)は安楽死した。 選択的な写真熱腫瘍の切除のための技術としてこの簡単で、非侵襲的なプロシージャ ショーの大きい約束。

蟹座Lett。 6月2004日25日; 209(2): 171-6

マウスの人間の乳癌のための111In-ChL6 nanoparticleのAMF誘発のthermoablative療法の効力の予言する熱線量測定。

外的に応用交互になる磁界(AMF)によって帰納的に熱されたとき抗体(mAb) -つながれた酸化鉄のnanoparticles (bioprobes)はmetastatic癌のための腫瘍の特定の熱療法(Rx)を開発する機会を提供する。 このRxの潜在性を、評価するためには、効力目標とする生体内の腫瘍および予言する放射性核種ベースの熱線量測定は(人間の乳癌のxenograftモデルの111の)内部ChL6のbioprobesを使用して(ChL6は想像上L6である)調査された。 方法: 内部DOTA ChL6 carbodiimideを使用して、(111) (DOTAはdodecanetetraacetic酸である)ポリエチレンのグリコール鉄によって酸化物浸透させたデキストラン20 nmの粒子に活用され、(111)内部bioprobesように浄化した。 (111) 740-1,110 kBqの線量で(20-30 muCi) (bioprobesの2.2 mg) HBT3477人間の乳癌のxenograftsに耐えているマウスに静脈内で注入された。 Pharmacokinetic (PK)データは1時、2時、3時、および5時D.で得られた。 AMFは1,410の広さのbioprobeの注入の後で72 h提供された(113 kA/m)、1,300 (104 kA/m)および700 (30%、60%、および90% " on "時(義務)、それぞれと1,050 Oe (20分の処置の56のkA/m)エルステッド(Oe)上の50%および70%の義務の84 kA/m)。 扱われたおよび制御マウスは90 D.のために監視された。 活動化させた腫瘍のbioprobesからの腫瘍の全体熱線量(THD)は(111)内部bioprobeの腫瘍の集中を使用してRxの各グループおよびAMFの広さへの採寸済の粒子熱応答のために計算された。 腫瘍の成長遅延は各グループの腫瘍の容積を倍増し、三倍にし、5倍にする時間のWilcoxonのランクの合計の比較によって分析されすべてのグループは制御と比較された。 結果: (48 hの111)内部bioprobesの中間の腫瘍の集中は14 +/- 2つの1グラムあたりパーセントによって注入された線量だった; THDを計算するのにAMFの処置が使用された前にこの集中24 h。 粒子関連の毒性は観察されなかった。 毒性は1,300 Oeおよび20分に60%の最も高いAMFの広さ義務の組合せで観察された; 10匹のマウスの6つは鋭く死んだ。 腫瘍の成長遅延は他のグループ全員に、起こり、低熱線量のグループを除いて熱線量に関連させて、未処理のグループと比較すると統計的に重要だった。 電子顕微鏡検査は(腫瘍の細胞および細胞死の111)内部bioprobesを示したAMFの後で24および48 hで壊死によって。 結論: mAb導かれたbioprobes (酸化鉄のnanoparticles)は効果的にマウスの人間の乳癌のxenograftsを目標とした。 経験的に観察された(111の)内部bioprobeの腫瘍の集中および生体外のnanoparticleを使用して計算されるTHDは腫瘍の成長遅延に関連するAMFによって誘導を熱する。

J Nucl Med。 3月2007日; 48(3): 437-44

細菌によってchemotherapeuticsのカプセル封入そして癌細胞の目標とすることのための400のnmの粒子得られる。

化学療法の代理店の全身の管理は無差別の薬剤の配分および厳しい毒性で起因する。 ここで私達は可能性としては細菌によって400のnmのminicells得られるのchemotherapeuticsのカプセル封入および癌の細胞特定に目標とすることによってこれらの欠点を克服する技術を報告する。 私達はminicellsが相違充満、hydrophobicityおよび容解性のchemotherapeuticsの治療上重要な集中と包むことができることを発見した。 癌細胞の膜の受容器へのbispecific抗体によるminicellsの目標とすることはendocytosis、細胞内の低下および薬剤解放で起因する。 これは薬剤および抗体の微量の管理にもかかわらず犬のリンパ腫のマウスのxenograftsそしてケース スタディの非常に重要な腫瘍の成長阻止そして退化に影響を与える; 併用化学療法の複雑な養生法の使用を可能にするべきである全身の毒性を限るために重大な要因。

癌細胞。 5月2007日; 11(5): 431-45

ultrasonographyのためのイメージの高める代理店としてNanoparticles。

Nanoparticlesは目標とされたイメージ投射や治療上の代理店として大きい関心を引いた。 nanoparticlesの小型は毛管vasculatureを越えてある癌細胞のような標的細胞にそれらを可能にする。 私達はティッシュの幻影およびマウスのレバーの超音波無彩色スケールのイメージを生体内で高めるための固体nanoparticlesの効果を調査した。 無水ケイ酸のnanospheres (100 nm)は1-2.5%質量濃度のアガロースで高解像の超音波イメージ投射システム(トランスデューサーの中心周波数によって視覚化された分散し、: 30のMHz)。 異なったサイズ(500-3000 nm)および集中(0.13-0.75%の固まり)のポリスチレンの粒子はアガロースで同様におよび視覚化された分散した。 マウスは塩のnanoparticleの懸濁液と静脈内で注入された。 レバーのBモード イメージは粒子の注入の後で異なった時間ポイントで得られた。 自動化された計算機プログラムが無彩色スケールの変更の量を示すのに使用された。 超音波反射はアガロースのゲルのnanoparticleの懸濁液から観察された。 イメージ明るさ、粒度および集中と増加するすなわち、平均の無彩色スケールのレベル。 マウスのレバーの中間の無彩色スケールはまた次の粒子の管理を高めた。 これらの結果はそれが超音波イメージ投射のために対照の高める代理店として固体nanoparticlesを使用することは実行可能であることを示した。

Phys Med Biol。 5月2006日7日; 51(9): 2179-89。 Epub 4月2006日10日

4の ページで 3続けられる