生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine Superの販売2006年
イメージ

ビタミンK

誤解されたビタミン

どんなビタミンKがする、ほとんどは凝固プロセス…期間にかかわることを告げるか医者に尋ねれば!

しかし1984年には早くも科学者は骨粗しょう症によって引き起こされたひびに苦しんだ患者は70%の低くより年齢一致させた制御だったビタミンKのレベルがあったことを報告した。1つは 低い血清のビタミンKのレベルの前で減少された骨にミネラル密度を示すより遅い調査でこれらの調査結果確認された。2-4

驚くべき統計量はビタミンKの最も低い血レベルを持つ女性は最も高いビタミンKのレベルとそれらと比較された情報通のひびに苦しむ65%より大きい危険があったことを示した。5

1つはビタミンKに骨密度の非常に強力な影響がなぜあるか疑問に思うかもしれない。 答えはかなり簡単である。 骨のマトリックスに結合するべきカルシウムのためにosteocalcinと呼ばれる蛋白質は必要である。 十分なビタミンKなしで、osteocalcinは血からのカルシウムを運び、骨に接続してない。6

数千万のアメリカ人は骨粗しょう症およびひびの彼らの危険を減らすためにカルシウム補足を摂取する。 しかしこれらのビタミンKの調査はカルシウムが彼らの血に残り、骨を抜くために結合しないので不十分なビタミンKなら人々がまだ骨粗しょう症の破壊的な効果に苦しむことができることを示す。7

次の質問は骨の固まりを形作ることをとなければカルシウムがどうなるかである。 残念ながら、ビタミンKの不十分な状態で、ボディは強い骨を形作るために意味され、幹線壁に代りにそれを沈殿させるそれによりアテローム性動脈硬化のプロセスに貢献するカルシウムを、取る。 実際、ビタミンKの不足に応じて、ボディは自然に幹線壁のカルシウムの巨大な量を集める。8

これはそう多くの老化の個人が堅くされた石灰化させた動脈になぜ苦しむ説明したり、けれどもカルシウムの著しく減る壊れやすい骨がかある。

巨大なヨーロッパの人間臨床試験(ロッテルダムの調査)では、医者は7-10年の期間にわたる4807の主題のビタミンKの取入口を評価した。 他の危険率を調節の後で、冠状心臓病の危険はビタミンK2の高められた取入口と減った。 ほとんどのビタミンK2を消費した人は最少K2を消費した人と比較された心臓病気の57%の減少があった。9

最も興奮する科学者がある何がビタミンK2がそれ自身がK1より優秀であると証明していることである。 健康の熱狂者はビタミンK2の新しく生物的活動的な形態がほとんどの会員が今日使用する補足の方式に加えられたことを学ぶために喜ぶ。

ビタミンK1は暗い葉菜(レタス、ほうれんそうおよびブロッコリー)からの食事療法で主に得られる。 残念ながら、ビタミンK1は老化する人間が摂取されたK1含んでいる植物から多くに寄与できないことを意味する緑植物のクロロフィルに堅く区切られる。ビタミンK1は 食糧から特によく吸収されないが10、それは補足から補足が脂肪質含んでいる食事と取られれば、吸収される。11-13

ビタミンK2は乳製品の食事療法の大いに少しに、主にある。 食餌療法K2の最高レベルは発酵させた大豆のnattoである。14の 人間の調査はビタミンK2がK1よりもっと10倍まで吸収されることを示す。15人の 日本人は西部の人口と比較される心臓病および骨粗しょう症の彼らのより低い率の説明を助けるかもしれないたくさんのnattoを消費する。

よりよく吸収されるK2はだけでなく、あるがずっと多くボディに生物学的に活動的にK1より残る。 例えば、K1は8時間以内のレバーによって急速にK2の測定可能なレベルが72時間摂取の後の検出された一方、取り除かれる。 これはK1があるよりビタミンK2が骨に利用できるに促進するカルシウムの輸送を幹線壁を石灰化から大いに長く保護するためにことを意味し。15

ビタミンKはアテローム性動脈硬化を妨害する

コレストロールが高いレベルが付いているウサギでは、atheroscleroticプラクの進行抑制され、妨害される補足のビタミンのK2によって減らされる循環のコレステロール内部の幹線ライニング(intima)の厚化。16

ラット モデルでは、ビタミンK1が僅かな影響をもたらした一方、補足のビタミンK2は完全に石灰化を防いだ。17

188人のpostmenopausal女性の調査では、幹線構造の急速な腐食のための危険度が高いであるために知られていたグループ ビタミンK1または偽薬の1 mgだけ含んでいる補足は三年の期間に管理された。 (carotid intima媒体の厚さによって測定される)ビタミンKのグループでは、年齢関連の幹線硬化は完全に偽薬のグループが(ビタミンKを受け取らない)調査の期間の間に幹線伸縮性の13%悪化を経験した一方、廃止された。 ビタミンK1が腸のK2に変えられることに) 18 (注目しなさい。

ビタミンKが石灰化から動脈をいかに保護するか

ビタミンKは維管束組織にあるカルシウム調整蛋白質を制御する。 これらのビタミンK依存した蛋白質は動脈から(を含むosteocalcinおよびマトリックスG1a蛋白質)とりわけ管の石灰化を禁じるためにすなわち保つカルシウムを示されていた。19-24

これらのカルシウム調整蛋白質の活発化はビタミンKの供給によって決まる。 従ってこれらの蛋白質をつける十分なビタミンKがないとき結果はatheroscleroticプラクにカルシウムの沈殿であり、位置の公衆が時々「動脈の堅くなることように」。参照する条件に心循環器疾患の危険を悪化させ、導く これはボディのビタミンKを減らす抗凝固薬の薬剤を取る患者が加速されたアテローム性動脈硬化に(Coumadin®のように)なぜの苦しむか説明を助ける。25,26

増加する証拠は利用できる十分なビタミンKがカルシウム調整蛋白質を活動化させるためにないとき正常な骨の形成にかかわる同じ石灰化プロセスがまた動脈のライニングに起こることを示す(幹線石灰化のマトリックスG1a蛋白質、強力な抑制剤のような)。 これは引き付けるのに骨および縛りカルシウムによって使用される同じ生物的メカニズムがまた不十分なビタミンKの前に動脈のライニングに病的なまでに起こることができることを意味する。8つは これ高度のアテローム性動脈硬化の患者が若々しい伸縮性を失った石灰化させた(堅くされた)動脈なぜ塞いだか説明し。 動脈および各心拍の契約の無力は容易に拡大する高血圧に独特認刻極印である。

ほとんどの個人では、食餌療法の源からのビタミンKは適切な凝固のための必要性を満たす。 人々が、しかし老化すると同時に、潜在性のビタミンKの不足は脈管系に厳しい危険を提起できる。

ビタミンK2の取入口は減らされた幹線病気と関連付けた

これまでに最も重要な人間の調査では、心臓病の歴史無しの大きい集団は2000年までの1990-1993年から続かれた。 冠動脈疾患、すべての発生により死亡率を引き起こし、厳しい大動脈のアテローム性動脈硬化は調査の期間にわたって摂取されたビタミンK1やK2の量への関係で調査された。

はっきり上でテーブルによって見ることができるようにほとんどのビタミンK2を消費した人は最少K2を摂取した人と比較された重要な病気の減少を示した。

この調査では、食餌療法の源からのビタミンK1の取入口は植物食糧からのK1の悪い生物学的利用能によるこれらの危険の減少と、おそらく関連していなかった。 彼らの締めくくリでは、行なった科学者はこの調査ビタミンK2の十分な取入口が冠状動脈の心臓病の防止に貢献できることを示した。9

ビタミンKのより高い摂取の効果

全原因の死亡率の減少

冠動脈疾患の減少

厳しい大動脈のアテローム性動脈硬化の減少

26%

57%

68%

ビタミンKおよび骨折の防止

全身の検討は少なくとも6か月間大人のビタミンK1かK2を補足与えたすべてのランダム化された管理された試験から成っていた。 合計13の試験はひびの発生を報告した7つの試験および骨の損失のデータと識別された。

1つを除くこれらの人間の試験すべては補足のビタミンK1かK2が骨の多くの損失を減らしたことを示した。 ビタミンK2は増加された骨の鉱物密度と特に関連付けられた。

ひびの危険を評価するすべての7つの試験ではビタミンK2は最も有効証明し、脊椎のひび、情報通のひび、および81%。27のすべての非脊椎のひびのための驚異的な減少の危険を77% 60%減らす

骨粗しょう症を防ぐためにカルシウムおよびビタミンDの補足を取るそれらのために十分なビタミンKの取入口は骨にカルシウムを結合する活動化蛋白質に必要である。 不十分なビタミンKの状態の前で、強い骨を維持するのに使用されるカルシウムはアテローム性動脈硬化プロセスを加速する幹線壁に代りに沈殿する。

概要

ビタミンKは1930年に発見されたので、レバーの健康な血凝固の維持に貢献することをただ考えた。 過去の15年にわたって、科学者はビタミンKが幹線および骨の健康の重大な役割を担うことが分った。

最近の調査は骨の損失を遅らせ、幹線硬化を減らし、心臓発作を防ぎ、大人の人口母集団の死亡率を減らすことができる政府の推薦された参照範囲の上に大幅にあるそのビタミンKの取入口ことを示す。28-31

参照

1. 雄鹿JP、Catterall AのDoddsのRAは腿骨の折られた首で、等循環のビタミンK1水平になる。 尖頭アーチ。 8月1984日4日; 2(8397): 283。

2. 雄鹿JPの剪断機MJ、Klenerman Lの等骨粗しょう症のビタミンK1の落ち込んだ循環のレベルの電気化学の検出。 J Clin Endocrinol Metab。 6月1985日; 60(6): 1268-9。

3. Hodges SJ、Pilkington MJ、スタンプTC、等脊柱のosteoporoticひびの患者の循環のmenaquinonesの落ち込んだレベルおよび大腿部の首。 骨。 1991;12(6):387-9.

4. Hodges SJ、Akesson K、Vergnaud P、等ビタミンK1の循環のレベルおよびK2は情報通のひびの年配の女性で減った。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 10月1993日; 8(10): 1241-5。

5. ブースSL、Tucker KL、陳Hは情報通のひびとない年配の人および女性の骨のミネラル密度と、等食餌療法のビタミンKの取入口関連付けられる。 AM J Clin Nutr。 5月2000日; 71(5): 1201-8。

6. Sugiyama T、osteocalcinのKawai S. Carboxylationは骨の質と関連しているかもしれない: ビタミンKによる骨折の防止の可能なメカニズム。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2001;19(3):146-9.

7. ボルトン スミスC、モルPA、McMurdoは、等phyloquinone (ビタミンK1)の2年の介在の調査、ビタミンDおよびカルシウム会った: 骨のミネラル内容に対する効果。 アンNutr Metab。 2001 45 (Suppl。 1):246.

8. 管の石灰化に於いてのビタミンKおよびビタミンのK依存した蛋白質のSchurgers LJ、DisselのPE、SpronkのHM、等役割。 Z Kardiol。 2001年; 90 Supplの3:57 - 63。

9. Geleijnse JM、Vermeer C、Grobbee DEの等menaquinoneの食餌療法取入口は冠状心臓病の減らされた危険と関連付けられる: ロッテルダムの調査。 J Nutr。 11月2004日; 134(11): 3100-5。

10. Geleijnse JM、Vermeer C、Schurgers LJ、等心臓でき事の食餌療法のvitaman K-2の取入口の反対連合および大動脈のアテローム性動脈硬化: ロッテルダムの調査。 Thromb Haemost。 2001年(Suppl 7月): P473.

11. Garber AK、Binkley NC、Krueger DC、Suttie JW。 食糧源からのphylloquinoneの生物学的利用能の比較か人間の題材の補足。 J Nutr 1999年; 129:1201-3。

12. Gijsbers BL、Jie KS、人間のボランティアのビタミンKの吸収に対する食糧構成のVermeer C. Effect。 Br J Nutr。 8月1996日; 76(2): 223-9。

13. ブースSL、リキテンスタインああ、Dallal GE。 phylloquinone強化されたオイルからのPhylloquinoneの吸収はより若く、老人および女性の野菜からより大きい。 J Nutr。 9月2002日; 132(9): 2609-12。

14. Ikeda Y、Iki M、発酵させた大豆のMorita Aの等取入口、nattoは、postmenopausal女性の減らされた骨の損失と関連付けられる: 日本の人口ベースの骨粗しょう症(JPOS)の調査。 J Nutr。 5月2006日; 136(5): 1323-8。

15. Menaquinone-7として自然なビタミンK2。 モノグラフ2006年4月

16. 川島町H、中島町Y、Matubara Y、等hypercholesterolemicウサギのアテローム性動脈硬化そして血凝固に対するビタミンK2 (menatetrenone)の効果。 Jpn J Pharmacol。 10月1997日; 75(2): 135-43。

17. SpronkのHMのSouteのBA、Schurgers LJはワルファリン扱われたラットの幹線石灰化の防止で、等menaquinone-4のティッシュ特定の利用起因する。 J Vasc Res。 2003日11月12月; 40(6): 531-7。

18. Braam LAJLM。 説、マーストリヒトISBN 90-5681-145-2 2002年。

19. Vermeer C、ティッシュの石灰化の規則に於いてのKのビタミンのBraam L. Role。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2001;19(4):201-6.

20. 剪断機MJ、Bach A、Kohlmeier M. Chemistry、栄養の源、骨の健康に言及するビタミンKのティッシュの配分および新陳代謝。 J Nutr。 4月1996日; 126 (4つのSuppl): 1181S-1186S.

21. 剪断機MJ。 ビタミンK。 尖頭アーチ。 1月1995日28日; 345(8944): 229-34。

22. Vermeer C、Jie KS、Knapen MH。 骨の新陳代謝に於いてのビタミンKの役割。 Nutr AnnuのRev。 1995;15:1-22.

23. Suttie JW。 ビタミンKおよび人間栄養物。 J AMの食事療法Assoc。 5月1992日; 92(5): 585-90。

24. Vermeer C.のガンマcarboxyglutamate含んでいる蛋白質およびビタミンのK依存したカルボキシラーゼ。 Biochem J. 1990年の3月15日; 266(3): 625-36。

25. Schurgers LJ、Teunissen KJ、Knapen MHの等マトリックスのガンマcarboxyglutamic酸の(Gla)蛋白質に対する新しい構造特定の抗体: 管の石灰化のためのマーカーとしてマトリックスのGla undercarboxylated蛋白質。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 8月2005日; 25(8): 1629-33。

26. Schurgers LJ、Aebert H、Vermeer Cの等口頭抗凝固薬の処置: 心循環器疾患の友人か敵か。 血。 11月2004日15日; 104(10): 3231-2。

27. Cockayne S、アダムソンJ、Lanham新しいS、等ビタミンKおよびひびの防止: ランダム化された管理された試験の組織的検討そしてメタ分析。 アーチのインターンMed。 6月2006日26日; 166(12): 1256-61。

28. Berkner KL、Runge KW。 ビタミンKのnutritureの生理学およびビタミンのK依存した蛋白質はアテローム性動脈硬化で作用する。 J Thromb Haemost。 12月2004日; 2(12): 2118-32。

29. 障子S.のビタミンKおよび管の石灰化。 Clinカルシウム。 8月2002日; 12(8): 1123-8。

30. ブースSL、Suttie JW。 ビタミンKの食餌療法取入口そして適切さ。 J Nutr。 5月1998日; 128(5): 785-8。

31. ノルウェーの食事療法および骨粗しょう症のAskim M.のビタミンK。 Tidsskr Laegeforen。 9月2001日20日; 121(22): 2614-6。