生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine Superの販売2006年
イメージ

逆のアテローム性動脈硬化…


蟹座から保護している間

1980年に、生命延長基礎は最初健康の時事通信を出版した。 それ以来、私達は今いろいろ疾患を防ぎ、扱うと証明されるたくさんの栄養素、ホルモンをおよび薬剤を導入した。

私達によってが強調することを約あるフルーツ ジュースはない新しかし人間の臨床調査はある。 これらの調査結果に基づいて、今それを逆転させることは厳しいアテローム性動脈硬化の人々が可能かもしれない。 ある人はかなりアテローム性動脈硬化の手始めを遅らせるか、または防げるかもしれないから始まる比較的健康な動脈が

このフルーツがすべてあったら保護すれば私達の内部の幹線壁老化の摂取人間ができるのは最も重要な代理店であるかもしれなければ(内皮)を。 、最も興奮するある何がしかし、科学者がこのフルーツが劇的に既に慣習的な処置を失敗した人の前立腺癌の進行を遅らせたこと新しい人間の調査の提示である。1

これらの高い人間の調査は多量の試験管に基づいていた行なわれ、このフルーツを示す生きた動物データは血管疾患および前立腺癌を防ぎ、扱うかもしれない。2,3,9-13,25,26 これらの同じ試験管の調査はこのフルーツがまた乳癌に対して有効かもしれないことを示す。27-30

規定の薬物はアテローム性動脈硬化の進歩を遅らせることができるがまれにそれを逆転させない。 かなり人間の死亡率を減らすと、年齢準の幹線悪化を停止する方法は見つけられなければならない。 やがて読むので、これは慣習的な薬剤と別のメカニズムによって機能かなりそのフルーツを持つ人間で達成されるかもしれない。

政府関係機関は消費者に「奇跡的な」結果を約束する健康プロダクトに対して用心深いように警告する。 これらの警告の理由はそれらを支持するために不謹慎な会社が少し科学的な実証の風変りな要求をし続けることである。

このフルーツの摂取に応じて「奇跡的な利点」を約束するにはそれが余りにも早いかもしれない間、それを支える人間の調査は科学的な観点から奇跡的である。 この記事は彼らの患者はこのフルーツ ジュースを毎日消費することを何人かの主流の医者がなぜ推薦しているか説明する最近の調査結果の概要を提供する。

アテローム性動脈硬化の逆転

ある特定の薬剤、栄養素およびホルモンがアテローム性動脈硬化の進行を遅らせることができる間、少しだけずっと逆の既存の動脈の病気に示されている。

アテローム性動脈硬化を逆転させることはとても困難の1つの理由は幹線病気が主にそれ自身をことを老化させることによって引き起こされることである(endothelial機能障害として知られている有害なプロセスによって)。 これはアテローム性動脈硬化の人が最初に動脈有害なプロセスを停止し、次に寿命に集まった幹線壁への損傷そして閉塞を逆転させなければならないことを意味する。

アテローム性動脈硬化は人間で彼らの首の頸動脈の超音波テストを行なうことによって測定することができる。 超音波は頸動脈の内部および中間の壁の厚さの測定によって起こった妨害)または制限の特定の読書を提供する(。 これはようにintima媒体の厚さテスト(IMT)技術的に知られている。

厳しい頸動脈の制限と患者を含む管理された人間の調査は行なわれた(狭窄症)。3つの 1つグループは他のグループは同じ薬剤とザクロ ジュースを受け取ったが、慣習的な薬剤しか(statinsおよび抗高血圧薬)受け取らなかった。 ザクロのグループで観察された調査結果は前例のなかった。

1年後で、薬剤、しかしないザクロを受け取っているグループはintima媒体の厚さの重要な9%の増加を示した。 それに対して、薬剤とザクロを受け取っているグループは次の通りcarotid intima媒体の厚さの減少を示した:

  • 3かの数か月後: 13%
  • 6かの数か月後: 22%
  • 9かの数か月後: 26%
  • 1年後: 35%

(終わりのdiastolic速度によって測定される)頸動脈の血の流れは薬剤のグループとザクロで次の通り改良した:

  • 3かの数か月後: 16%
  • 6かの数か月後: 20%
  • 9かの数か月後: 31%
  • 1年後: 44%

血液サンプルは狭くされた頸動脈を持つこれらの患者のザクロとの処置の前および最中で集められた。 箱の上記の助けで示されている変更はザクロがそう効果的にcarotid intima媒体の厚さをなぜ逆転させたか説明する。

この調査で使用された別の血液検査はparaoxonase-1のボディで作り出された酸化防止酵素を測定した。 Paraoxonase-1は有利なHDLと関連付けられ、LDLの酸化から保護すると信じられる。 paraoxonase-1の低水準は冠動脈疾患の高められた厳格を予測する。 患者では管理されたザクロは1年だけ後に83%、paraoxonase-1レベル増加した!

ザクロの1年間の取得後で、またcarotid atheroscleroticプラクの測定された遊離基の活動のシストリック血圧そして50%以上減少に21%の減少があった。

科学者は適度に低血圧と共に血およびatheroscleroticプラク両方のかなり減らされた酸化圧力にザクロのグループのcarotid atherosclerotic損害のサイズの退化を、帰因させた(所定だった)抗高血圧薬薬剤のそれを越えて。

前の調査は冠状および他の動脈の病気に頸動脈のアテローム性動脈硬化のある程度を関連させた。4,5は ザクロが逆の頸動脈のアテローム性動脈硬化に示されていたという事実老化させた人間が劇的に打撃、心臓発作、無力、等の彼らの危険を下げられるかもしれないことを示す。

心血管の危険に対するザクロの効果

アテローム性動脈硬化の危険率

ザクロの効果

LDLの基底の酸化状態

90%減らされる

銅誘発の酸化へのLDLの感受性

59%減らされる

総酸化防止状態

130%までに改良される

 

中心への血の流れの改善

Atherosclerotic冠動脈疾患は規定の中心の薬物を取っている記録的な人数にもかかわらず西洋文明に一流の死因に、残る(statinの薬剤のような)。6

好ましい動物データに基づいて、医者は冠状動脈を通る血の流れの誘引可能なアンギーナそして率に対するザクロの効果を確認するために心臓病患者の調査を行なった。 全体のグループはベースライン耐久度テスト冠状血の流れを測定するためにアンギーナを引き起こすようにと高度の断層レントゲン写真撮影の技術に服従した。

心臓患者の1つグループは第2グループはザクロ ジュースと彼らの薬物を受け取ったが、偽薬と彼らの薬物を受け取った。 3かの数か月後で、冠状血の流れはベースラインで行われた同じテストを使用して再度測定された。 ザクロ ジュースを受け取っているグループでは圧力誘発のアンギーナのエピソードは50%圧力誘発のアンギーナが偽薬のグループの38%増加した一方、減った。

冠状動脈の血の流れを測定するテストが行われたときに、偽薬のグループは3かの数か月後に17%によって冠状血の流れがザクロのグループの18%によって改良した一方、悪化した。

この調査はザクロの日常消費が比較的短いある一定の時間の冠動脈疾患の患者の中心への血の流れを改善できることをはじめて示した。 医者は冠状血の流れを測定するのが常であったテストが未来の心臓発作の危険の最もよい予言者であるために最近示されていたことに注意した。 医者はフルーツに含まれていたポリフェノール、タンニンおよびアントシアニジンにザクロの反atherosclerotic利点を帰因させた。 彼らはグレープ ジュース/赤ワインがこれらのエキスのいくつかを、グレープ ジュース含んでいる確立された心臓病の患者の冠状血の低速を改善するために赤ワインが示されていた間、ことを指摘した。

これらの人間の調査はなぜ行われたか。

人間の臨床調査を行なう費用は巨大である。 1つは人間のザクロの反アテローム性動脈硬化の効果を文書化するためのそのような細心の努力がなぜなされたか疑問に思うかもしれない。

1つの理由はこれらの人間の試験だったザクロの摂取に応じて驚くべき幹線保護の特性を示す動物実験行なわれた。 調査の後の調査では、ザクロの補足はアテローム性動脈硬化のかなり減らされた進行で起因し、損害のサイズの減少は偽薬と比較した。8-12

ザクロが有機体でいかにの作用するか科学者がメカニズムを評価したときに、このフルーツがatherosclerotic危険を減らすために知られている幹線壁の好ましい変更を引き起こすことが分った。

ザクロの1つの有利な管の効果はendothelial一酸化窒素のレベルを増加する機能である。13-15 十分な一酸化窒素の状態は健康な内部の幹線壁(endothelial)機能に要求される。 一酸化窒素は動脈が若々しい伸縮性と拡大し、契約を結ぶことを可能にする。 endothelial得られた一酸化窒素の年齢関連の不足は心臓発作および打撃の今日の伝染病に人間を成熟させることをし向ける。 動脈の一酸化窒素の回復によって、ザクロはボディ中のendothelial機能障害を戦うのを助けるかもしれない。

複数の独特なメカニズムによってLDLの酸化を減らすザクロの有効な機能は主流の心臓学医に印象づけた。 アテローム性動脈硬化の開始そして進行のLDLの酸化演劇がずっと昔に確立された重要な役割。 いくつかの酸化防止剤がLDLの酸化を減らす間、ボディの自然な酸化防止酵素(paraoxonase-1)の供給を後押しする独特な特性はLDLの酸化に対して最も強力な保護装置のザクロ1を作るかもしれない。

ザクロはさまざまなタイプのLDLの酸化からだけでなく、保護するが、またatherosclerotic損害内の有毒な混合物の酸化を禁じる。16,17 付加的な研究はザクロが異常な血小板の集合を、下げ、血圧を(酵素を変えるangiotensionの禁止によって)コレステロールの蓄積から保護する幹線壁を減らすことを示す。3,18,19

行為のこれらの広スペクトルのメカニズムに基づいて、それはザクロの補足がアテローム性動脈硬化の退化で起因して、既存の血管疾患の人間の冠状血の流れを改善したも不思議ではない。 動物の研究のこれらの肯定的な人間の調査そして茄多に基づいて、ザクロはそれの処理のよりアテローム性動脈硬化を防ぐことで有効であるかもしれない。

前立腺癌の患者の安定PSA

PSA (前立腺の特定の抗原)は温和な、悪性の前立腺の細胞によって作り出される酵素である。 それが前立腺癌の診断で一般的な間、PSAの血のテストは前立腺癌の処置の効力の測定でまた極めて重要である。

人が前立腺癌療法を経れば、PSAの血液検査はすべての癌が取除かれたら確認を助けることができる(または破壊される)。 理想的には、PSAのレベルは療法の後でゼロか近いゼロであるべきである。 処置の後のどの重要なPSAの読書でも残り癌の存在を示す。

残りの前立腺癌の積極性はすぐにPSAが最初の療法の後にいかにの上がるか測定によって評価することができる。 医者は名簿上の患者の病気の範囲を計算するために「倍」にPSAのレベルがどの位の時間を要するか見る。

2006年7月では、UCLAの研究者はPSAのレベルが慣習的な療法の後の15か月の平均で倍増した50人の前立腺癌の患者で報告した(外科か放射のような)。1つは これ慣習的な療法がこれらの患者に失敗したこと、そして前立腺の腫瘍の細胞がボディで急速に広がっていたことを意味した。

実験処置として、ザクロ ジュースは毎日与えられ、結果は驚かすことの急に何もではなかった。 この調査はザクロを受け取っている人の80%が速度PSAの増加を減らし、54か月の平均にPSA 「ダブル タイム」を拡張したことが分った!

すなわち、これらの前立腺癌の患者がザクロを取り始めた前に彼らのPSAのレベルは彼らの病気の比較的急速な進行を示す1.25年だけに倍増した。 ザクロの摂取は始まった後、再度倍増するPSAのための4.5年か3.6倍時間がかかった。 これらのPSAの読書に基づいて、ザクロを受け取っている人はかなり彼らの病気の進行を遅らせた。

更にザクロの抗癌性の効果を認可するために、UCLAの科学者はザクロの摂取が始まった前後にこれらの調査の関係者からの血を両方取った。 彼らはそれからこれらの患者からペトリ皿の前立腺癌の細胞に取られた血を管理した。 ザクロが摂取された後取られた血により前ザクロと比較されたapoptosis (癌細胞の死)の前立腺癌の細胞増殖そして17%の増加の12%の減少を摂取した血を引き起こした。 それが倍にPSAのレベルのための3.6倍に時間がかかった臨床データ提示とつながれるこれらの細胞培養の調査結果は前立腺癌に対して、ザクロの効果の明確な映像を提供する。

そう興奮することを前立腺癌のために扱われた老人示したこの調査を行なったUCLAの研究者はザクロ ジュースを毎日取ることによって彼らの癌を克服できるかもしれない。 研究者はザクロは老化の人が有害な副作用および限られた効力がある化学療法およびホルモンの妨害薬剤のための必要性を遅らせるか、または避けることを可能にするかもしれない付け加えた。

このUCLAの調査は著名なジャーナル臨床癌研究で出版され、かなりの量の媒体の関心を引いた。 しかし結果は完全に意外ではない。 移植された人間の前立腺癌の細胞ラインを使用して前の動物実験では、ザクロの経口投与はapoptosis (癌細胞の死)の腫瘍の成長そして誘導の重要な阻止と対応するPSAの分泌の減少で起因した。

PSA自体は前立腺癌を促進できる

PSAは温和な前立腺の拡大(BPH)、前立腺の発火、または前立腺癌のような可能な前立腺問題の血のマーカーとみなされる。

出現の証拠はPSA自体が前立腺癌の開発そして進行の重要な役割を担うかもしれないことを明らかにする。 蛋白質低下の酵素として制御の下で前立腺癌の細胞を保つ障壁を破壊するために、PSAは作用する。 超過分PSAは細胞を囲む蛋白質のマトリックスを消化でき、従って可能性としては前立腺癌の細胞の侵入そして転移(広がり)を加速する。

、人は前立腺癌の有無にかかわらず高いPSAの潜在的な危険についての最近発見された調査結果に基づいてPSAのレベルをできるだけ低い保つように努めるべきである。20-22 これはPSAのダブル タイムを遅らせるザクロの能力の発見を前立腺癌の防止そして処置両方の潜在的な進歩する。

前立腺癌の驚くほどの統計量

死体解剖の証拠は前立腺癌の細胞が人の老化する人40-49そして80歳以上70%までの34%までで明白であることを示す。しかし 23,24のほとんどの人は前立腺癌の細胞群体を小さく、こうして制御しておく制御機構の存在を示す臨床的に診断された病気に決して進歩しない。 ザクロの助けが減らされた前立腺癌の危険および再発で起因できる方法でこれらの制御機構を促進するようであろう。

ウィスコンシン大学からの研究はザクロのエキスによって減らされた男性ホルモンの受容器およびPSAの表現と前立腺癌の細胞を扱うそれを示した。 ザクロのエキスの低い集中と孵化させて、細胞の成長の線量関連の阻止前立腺癌の細胞が観察された時25,26。 人間の前立腺癌の細胞がマウスに注入されたときに、動物にザクロのエキスに与えることは腫瘍の出現を遅らせた。 腫瘍の成長はかなり禁じられ、存続はザクロの供給に応じて延長された。

老化する人間のために、ザクロの毎日の摂取は癌の危険性の減少の生活様式へ慎重な付加である。

乳癌を防ぐこと

ほとんどの医者は胸と前立腺癌の細胞間に類似があることを知らない。 例えば乳癌の細胞はPSA (前立腺特定の抗原)の少量を分泌する。 女性のために、「前立腺特定の」抗原(PSA)は実際に「胸特定の」抗原である。 母が乳癌を経験した人自身は前立腺癌を開発する高いリスクにある。27

これらの事実に基づいて、意外ザクロが乳癌の危険を減らすかもしれないことを学ぶためにではない。 アテローム性動脈硬化および前立腺癌とは違って、乳癌の人間の調査はまだ欠けているが、既存のデータは強制的である。

複数の生体外の調査はザクロが人間の乳癌の細胞ラインに対して反腫瘍の効果を出すことを示す。28-31 ザクロは乳癌の細胞増殖を禁じ、膜のマトリックスを渡るこれらの癌細胞の侵入を禁じ、apoptosis (細胞の破壊)を引き起こすために示されていた。

乳腺器官の細胞培養では、ザクロにより知られていた発癌物質(DMBA)に応じて乳房癌の形成の47%の阻止を引き起こした。28

これらの反胸癌のメカニズムを調査するとき、科学者はザクロが強く血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の表現を調整したことが分った。 胸の腫瘍はVEGFで依存性が高い急速に増殖の細胞に与えるために新しい血管の成長を促進するように。 直接apoptosisを引き起こす機能とつながれるザクロの反angiogenic潜在性は乳癌の臨床調査でテストするためにそれに魅惑的な代理人をする。

ザクロは乳癌をことを防ぐことで有効であるかどうか心臓発作および打撃が圧倒的に女性の一流の死因であるので、特に関連していない。 すなわち、このフルーツが幹線システムの、女性を保護で成熟させる示した多数の有利な効果に基づいて彼女達の毎日プログラムにザクロを組み込むことを考慮するべきである。

勃起不全およびアテローム性動脈硬化

使用した何があるのに理論は今確立された事実になってしまった。 勃起不全と現在の人を老化させるときそれは頻繁に冠動脈疾患を含む全身のアテローム性動脈硬化の徴候、である。 この相関関係の理由は勃起不全が頻繁にpenile動脈を通る血の流れの狭くなるか、または妨害によって引き起こされることである。

勃起不全の戦いの自然な代理店の効果を評価するためには、科学者はさまざまなフルーツ ジュース、赤ワインおよびウサギのpenile動脈の血の流れに対する緑茶の効果を評価するように調査を行なった。 ザクロ ジュースはテストされたあらゆる代理店の容量(71%による減少した遊離基の活動)を抑制する最も高い遊離基を示した。32

このウサギの調査では、ザクロの長期摂取はpenile血の流れを高め、刺激への勃起性の応答を改善した。 それ以上の実験室は示したLDLの酸化の重要な減少およびアテローム性動脈硬化およびそれに続く勃起不全と関連付けられる他の変数の減少を分析する。

老化の人は一時的に勃起不全を逆転させる薬剤に数億のドルを使う年。 これらの薬剤は鋭く陰茎に血の流れを高めるために作用する。 これらの薬剤を取っているどの人でもまた目指す広範囲プログラムに(Viagra®のように)あるべきで無力、すなわちpenileアテローム性動脈硬化の根本的な原因を逆転させる。 ザクロはボディ中の血の流れを改善する作戦の重大な部品だったようであろう。

何がザクロをそう特別にさせるか。

多数の調査はザクロが性質の最も強力な酸化防止剤であることを示す。しかし 33-38さまざまな人間の無秩序に対するザクロの驚くべき効果は効果を抑制するちょうど遊離基より多くがこのフルーツへあるかどうか1つの質問をする。

この質問への1つの答えはザクロが血流にずっともっと効率的に吸収されるという他のフルーツのエキスより事実にあるかもしれない。 1つの調査は吸収された種類のあらゆるポリフェノール含んでいるフルーツのエキスよりずっと大きい95%であるためにザクロのエキスを示した。39

ザクロがそのような信じられないい臨床調査結果を表示したというもう一つの理由はpunicalaginsと呼ばれる独特なポリフェノールのグループを含んでいることである。 だけでなく、punicalaginsは有効な酸化防止効果を表示するが、また広がるのに癌細胞によって必要とされる成長因子と干渉する。 これらの病理学の成長因子の調整によって共通の癌細胞の破壊(apoptosis)を引き起こすために、punicalaginsは示されていた。40-42

ザクロはまたベータinterleukin1と呼ばれる危ない炎症性cytokineを抑制する。人間が 老化すると同時に43、ベータinterleukin1の増加はボディ中のティッシュの破壊をもたらす。 生命延長雑誌の次の版を読取るので炎症性関連の無秩序の多くを軽減するために、ザクロは示されていた。 ほとんどの読者が既に知っているように、アテローム性動脈硬化および癌は慢性の発火によって引き起こされ、悪化させることができる。

ザクロをどこで得るか

ザクロ ジュースはあるスーパー マーケットでそしてちょうどあらゆる健康食品の店について今見つけることができる。

ほとんどの人々がザクロ ジュースについて持っている最初の不平は高い費用である。 1つの理由は大抵水から成り立つ重いジュースのびんを運ぶ費用である。 健康の意識した人々が表現するもう一つの心配は、すべてのフルーツ ジュースのよう、ザクロ ジュース砂糖で非常に高いである。

砂糖でいっぱいの飲料の高いカロリー含有量は健康な体重を維持するように努めるだれでもについての心配である。 余分カロリーを加えることはまた自然にザクロに含まれていたポリフェノールの有利な効果の一部を否定するさまざまな老化プロセスを加速する。

よいニュースは得ることを可能にするように専有抽出方法は消費者が砂糖のカロリーを摂取するか、または満たされるザクロ ジュースことをの高い値段を支払わないでザクロの活動的な要素を開発されたことである。

参照

1. 、Leppert JT AJ、Pantuck Zomorodian Nの等蟹座療法: 前立腺癌のための外科または放射の後の上昇の前立腺特定の抗原を持つ人のためのザクロ ジュースの臨床段階IIの調査。 Clinの蟹座Res。 7月2006日1日; 12(13): 4018-26。

2. アルブレヒトM、江W、クミDiaka Jの等ザクロのエキスは有効に人間の前立腺癌の細胞の拡散、xenograftの成長および侵入を抑制する。 J Medの食糧。 2004落下; 7(3): 274-83。

3. Aviram M、Rosenblat M、Gaitini Dの等頸動脈の狭窄症を用いる患者による3年間ザクロ ジュースの消費は共通carotid intima媒体の厚さ、血圧およびLDLの酸化を減らす。 Clin Nutr。 6月2004日; 23(3): 423-33。

4. Rothwell PM。 carotid、大腿部および冠動脈疾患間の相関。 Eurの中心J. 1月2001日; 22(1): 11-4。

5. Kallikazaros I、Tsioufis C、Sideris Sの等胸痛のために評価される患者の厳しい冠動脈疾患の存在のためのマーカーとして頸動脈の病気。 打撃。 1999 (30):1002-7.

6. で利用できる: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/lcod.htm。 2006年9月1日アクセスされる。

7. Sumner MD、エリオットEller M、ザクロ ジュースの消費のWeidner Gの等冠状心臓病の患者の心筋の散水に対する効果。 AM J Cardiol。 9月2005日15日; 96(6): 810-4。

8. Rosenblat M、Volkova N、Coleman Rの等apolipoproteinのe不十分なマウスへのザクロの副産物の管理は酸化させた低密度脂蛋白質の減らされた大食細胞の酸化圧力そして減らされた細胞通風管の結果としてアテローム性動脈硬化の開発を減少させる。 J Agricの食糧Chem。 3月2006日8日; 54(5): 1928-35年。

9. Aviram M、Dornfeld L、カプランMの等ザクロ ジュースのフラボノイドは低密度脂蛋白質の酸化および心循環器疾患を禁じる: atheroscleroticマウスと人間の調査。 薬剤Exp. Clin Res。 2002 28(2-3):49-62.

10. カプランM、Hayek T、Raz Aの等atheroscleroticマウスへのザクロ ジュースの補足はアテローム性動脈硬化の大食細胞の脂質の過酸化反応、細胞コレステロールの蓄積および開発を減らす。 J Nutr。 8月2001日; 131(8): 2082-9年。

11. 黄のTH、ポンG、Kota BPの等ザクロの花は糖尿病性のラット モデルの心臓脂質新陳代謝を改良する: 循環の脂質の低下の役割。 Br J Pharmacol。 7月2005日; 145(6): 767-74。

12. フールマンB、Volkova NのAviram M. Pomegranateジュースは大食細胞の酸化させたLDLの通風管およびコレステロールの生合成を禁じる。 J Nutr Biochem。 9月2005日; 16(9): 570-6。

13. Ignarro LJ、Byrnsはに関して、Sumi Dの酸化破壊から等ザクロ ジュース一酸化窒素を保護し、一酸化窒素の生物作用を高める。 一酸化窒素。 9月2006日; 15(2): 93-102。

14. de Nigris F、ウィリアムスIgnarro S、Botti Cの等ザクロ ジュースは人間の冠状endothelial細胞のendothelial一酸化窒素のシンターゼの酸化させた低密度脂蛋白質のdownregulationを減らす。 一酸化窒素。 1月2006日11日; [印刷物に先んじるEpub]。

15. de Nigris F、ウィリアムスIgnarro S、Lerman LO、等酸化に敏感な遺伝子に対するザクロ ジュースの有利な効果および混乱させた剪断応力の場所のendothelial一酸化窒素のシンターゼの活動。 Proc国民のAcad Sci米国。 3月2005日29日; 102(13): 4896-901。

16. ブラーガLC、Shupp JWのカミングCの等ザクロのエキスは黄色ブドウ球菌の成長およびそれに続くエンテロトキシンの生産を禁じる。 J Ethnopharmacol。 1月2005日4日; 96 (1-2): 335-9。

17. Hidaka M、Okumura M、Fujita K、等人間のチトクロームp450 3A (CYP3A)に対するザクロ ジュースの効果およびラットのcarbamazepineのpharmacokinetics。 薬剤Metab Dispos。 5月2005日; 33(5): 644-8。

18. Aviram MのDornfeld L. Pomegranateジュースの消費は酵素活性を変える血清のアンギオテンシンを禁じ、シストリック血圧を減らす。 アテローム性動脈硬化。 9月2001日; 158(1): 195-8。

19. Aviram M、Dornfeld L、Rosenblat Mの等ザクロ ジュースの消費はLDLへの酸化圧力、atherogenic修正、および血小板の集合を減らす: 人間とatherosclerotic apolipoproteinのE不十分なマウスの調査。 AM J Clin Nutr。 5月2000日; 71(5): 1062-76

20. で利用できる: http://www.prostate cancer.org/education/preclin/StrumPogliano_EveryDocShouldKnow.html。 アクセスされる: 2006年9月1日。

21. で利用できる: http://www.healthatoz.com/healthatoz/Atoz/dc/tp/tppsa.jsp。 アクセスされる: 2006年9月1日。

22. で利用できる: http://www.prostatecancer.ca/english/prostate_owners_manual/living/testing/psa/。 アクセスされる: 2006年9月1日。

23. 連続した死体解剖シリーズのHolund B. Latentのprostatic癌。 Scand J Urol Nephrol。 1980 14(1):29-35.

24. Sakr WA、Haas GP、Cassin BF、等。 癌腫の頻度および若いオスの患者の前立腺のintraepithelial neoplasia。 J Urol。 8月1993日; 150 (2つのPt 1): 379-85。

25. Malik Aのザクロのフルーツを通したMukhtar H.の前立腺癌の防止。 細胞周期。 2月2006日; 5(4): 371-3。 [Epub 2月2006日15日]。

26. chemopreventionのためのMalik A、Afaq F、Sarfaraz S、等ザクロのフルーツ ジュースおよび前立腺癌の化学療法。 Proc国民のAcad Sci米国。 10月2005日11日; 102(41): 14813-8。

27. Tulinius H、Egilsson V、Olafsdottir GH、等前立腺の危険、卵巣、および乳癌を持つ女性の親類間のendometrial癌。 BMJ. 10月1992日10日; 305(6858): 855-7。

28. 金ND、Mehta R、Yu W、等人間の乳癌のためのザクロ(ザクロ)のChemopreventiveおよびアジェバント治療上の潜在性。 乳癌Resの御馳走。 2月2002日; 71(3): 203-17。

29. ザクロのエキスのJeune MA、クミDiaka J、ブラウンJ. Anticancerの活動および人間の乳癌の細胞のgenistein。 Angiogenesis。 2003 6(2):121-8.

30. Mehta R、Lansky EP。 マウスの乳房の臓器培養のザクロ(ザクロ)のフルーツのエキスの乳癌のchemopreventive特性。 Eur Jの蟹座Prev。 8月2004日; 13(4): 345-8。

31. Toi M、Bando H、Ramachandran Cの等予備はザクロの一部分の反angiogenic潜在性で生体外でそして生体内で調査する。 Angiogenesis。 2003 6(2):121-8.

32. Azadzoi KM、Schulman RN、Aviram Mの等arteriogenic勃起不全の酸化圧力: 酸化防止剤の予防する役割。 J Urol。 7月2005日; 174(1): 386-93。

33. Rosenblat M、Hayek Tの血清と大食細胞に対するAviram M.の糖尿病性の患者によるザクロ ジュース(PJ)の消費の反酸化効果。 アテローム性動脈硬化。 8月2006日; 187(2): 363-71。

34. Chidambara Murthy KN、Jayaprakasha GK、Singh RP。 生体内のモデルを使用してザクロ(ザクロ)の皮エキスの酸化防止活動の調査。 J Agricの食糧Chem。 8月2002日14日; 50(17): 4791-5。

35. ザクロ ジュースのGil MI、Tomas-Barberan FA、HessピアースB、等酸化防止活動およびフェノールの構成および処理を用いる関係。 J. Agric。 食糧Chem。 J Agricの食糧Chem。 10月2000日; 48(10): 4581-9 [ザクロ ジュースの主要な酸化防止剤として識別されたpunicalagin]。

36. トムソンH、Heimendinger J、Gillete Cは、等植物食糧金持ちが引き起こす酸化圧力のbiomarkersの変更の生体内の調査食事療法する。 J. Agric。 食糧Chem。 2005 (53):6126-32.

37. Xu J、郡野CJ、異なった酸化防止容量のフルーツ ジュースの提供による老化させたラットの酸化防止システム機能のヤンJJの等介在。 Zhonghua Yuの牙イXue Za Zhi。 3月2005日; 39(2): 80-3。

38. Kaur G、Jabbar Z、Athar Mの等ザクロ(ザクロ)の花のエキスは有効な酸化防止活動を所有し、マウスのFeNTAによって引き起こされるhepatotoxicityを廃棄する。 食糧Chem Toxicol。 7月2006日; 44(7): 984-93。

39. Cerda B、Llorach R、Ceron JJ、等生物学的利用能の評価およびpunicalaginのラット、ザクロ ジュースからの酸化防止ポリフェノールの新陳代謝。 Eur J Nutr。 1月2003日; 42(1): 18-28 [punicalaginの吸収の最初レポート]。

40. Seeram NP、アダムスLS、ヘニングSM、等punicalaginの生体外のantiproliferative、apoptoticおよび酸化防止活動、ellagic酸および総ザクロのタンニンのエキスはザクロ ジュースに見られるように他のポリフェノールを伴って高められる。 J Nutr Biochem。 6月2005日; 16(6): 360-7。

41. アダムスLS、Seeram NP、AggarwalのBB、等ザクロ ジュース、総ザクロのellagitanninsおよびpunicalaginは結腸癌の細胞の炎症性細胞シグナリングを抑制する。 J Agricの食糧Chem。 2月2006日8日; 54(3): 980-5。

42. Khan N、Hadi N、Afaq Fの等ザクロのフルーツのエキスは人間A549肺癌腫の細胞のprosurvival細道およびathymic裸のマウスの腫瘍の成長を禁じる。 発癌。 8月2006日18日; [印刷物に先んじるEpub]。

43. アーメドS、Wang NのHafeezのBB、等ザクロL.のエキスは人間のchondrocytesの地図のキナーゼそしてNFkappaBの活発化を生体外で禁じることによってマトリックスのmetalloproteinasesのIL 1beta誘発の表現を禁じる。 J Nutr。 9月2005日; 135(9): 2096-102。