生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年9月
イメージ

オメガ3の脂肪酸は致命的な癌の戦いで約束を示す


ジュリアスG. Goepp、MD著

慣習的な癌治療の限定のために、増加する研究者は異なったメカニズムによって癌細胞の伝播と干渉する栄養療法への彼らの注意を回した。 これらの有望な療法の間で防ぎ、ある特定の癌を扱うのを助力で貴重かもしれないいろいろ殴打の生化学的な効果を表わすオメガ3の脂肪酸はある。1-3

例えば、研究者はこれらの脂肪酸がボディ中可能性としては防ぐ癌細胞拡散を、妨害するかもしれないという驚くべき証拠の覆いを取った(転移ことを)広がることを。4 癌のために既に扱われてしまった人のために、オメガ3の脂肪酸は癌を取除くために外科に続くことができる衰弱させる複雑化のいくつかを防ぐことによって回復を支えることができる。5

この記事では、私達は癌の致命的な天罰の戦いに於いてのオメガ3sの有望な役割を照らす最近の調査を調査する。

オメガ3のより高い取入口は癌の危険性を下げるために結んだ

致命的な癌の処理のある程度の成功に照し合わせて、癌防止は癌の戦争の主要な焦点になった。 三十年以上のために、科学者は魚で豊富な食事療法が癌に対して保護効果をもたらすかもしれない証拠を集めた。

例えば、高い魚の消費量が標準、日本およびノルウェーのようなである区域に住んでいる人々に世界の他の地域における、人々より癌の著しく低い率がある。6-8 対照によって、魚油からのオメガ3の脂肪酸で比較的低い「西部式の」食事療法は上昇癌率、オメガ6の脂肪酸 飽和させたおよびTRANSの脂肪酸そして過多の内容による9と多分関連付けられる。10

オメガ3の脂肪はいろいろな蟹座予防の効果を引き起こす

科学者は今オメガ3の脂肪酸が癌を防ぐのを助けるかもしれない特定のメカニズムを理解し始めている。 例えば、これらの保護脂肪は防ぐ細胞の遺伝シグナリングを変える初めに癌性になることを。オメガ3の 11の脂肪はまた癌の開始に貢献もはやできないように傷つけられた遺伝子を「プログラムし直す」かもしれない。12 なお、オメガ3の脂肪酸は癌の開始そして進行で重大考慮される炎症性分子の生産を減らす。13,14 実際、これらの必要な脂肪は満開の腫瘍を形作り始めてもいい前に癌細胞の成長のために必要とされるある特定の分子 13,15の生産を「」転換するために間、「働き」細胞が死ぬ遺伝子をつける。16

オメガ3の脂肪酸はまたボディの脂肪酸の健康なバランスの促進によって癌を戦うことができる。 植物油、卵および家禽のような食糧にあるオメガ6の脂肪酸はアメリカの食事療法で非常に共通である。 但し、多量のオメガ6の脂肪相関的なオメガ3の脂肪は癌、また心臓病のための段階を置くことができる。オメガ6の 脂肪が親炎症性混合物の生産に貢献する間、17、オメガ3の脂肪は炎症抑制の混合物を作り出すのを助ける。 従って、オメガ6相関的なオメガ3の脂肪酸の不均衡は発火に貢献する。 オメガ3sは炎症抑制の混合物がボディで支配するようにオメガ6の脂肪酸の効果の多数を妨害できる。18 抑制の発火は癌の形成を含む多くの有害な健康に対する影響を、防ぐかもしれない。

オメガ3の効果をオメガ6の脂肪酸の取入口と比較して、科学者はオメガ3のより高い取入口とのより低い癌の危険性、およびオメガ6のより大きい取入口とのより高い癌の危険性に注意した。19,20 オメガ3の脂肪酸の適当な量との補足は癌の開発からのスケールをひっくり返すことへこうして賢い取り組み方であるかもしれない。

実験室および動物実験のオメガ3sの戦いの蟹座

オメガ3の脂肪酸は癌の実験室モデルに対して印象的な効果を示した。 オメガ3の脂肪酸の共通の2つは、eicosapentaenoic酸(EPA)およびdocosahexaenoic酸(DHA)、実験室および動物実験両方の胸そして前立腺癌の細胞の進行(継続的だった成長)を防いだ。21,22 なお、オメガ3の脂肪酸は他のティッシュに(転移する)増殖し、広がるために腫瘍の細胞のために必要である細胞の表面の受容器の出現を禁じるようである。4,23,24

拡大される人間のコロンの癌腫のスキャンの電子顕微鏡写真15,000回。

オメガ3の脂肪酸との補足はまた腫瘍の成長に燃料を供給するのにangiogenesis、必要とされる新しい血管の形成を防ぐことによって癌を戦うのを助けるかもしれない。25 禁止のangiogenesisは癌細胞の成長を停止するか、または遅らせることができる。 科学者はそれらがangiogenesisを防ぐことを可能にするオメガ3の脂肪酸ののは炎症抑制の効果であることを信じる。戦いの angiogenesisのための複数の薬剤の代理店が現在調査中であるが26,27、優秀な安全プロフィールとつながれたangiogenesisを防ぐことのオメガ3sの劇的な影響はそれらに癌拡散に対する戦いの第一線療法をすることができる。28

前立腺癌に対するオメガ3sショーの有効な効果

人口調査はオメガ3の脂肪酸の食餌療法の消費が前立腺癌ことをの危険の減少の特に強力な効果をもたらすかもしれないことを提案する。29,30 なお、1つの調査は前立腺癌からの死がオメガ3の脂肪酸を含んでいるより高い量の食糧を消費した人口で最も低かったことが分った。31

、アラキドン酸今年初めに出版された、それにより高度の前立腺癌の危険性を高める悪性の前立腺の細胞の拡散を高めると陰謀的な調査ではオメガ6の脂肪酸は、見つけられた。 しかし非常にこの効果はオメガ3の脂肪酸EPAの管理によって劇的に逆転させた。32

動物の著しい調査はオメガ6の消費は腫瘍の成長を高めたがオメガ3の脂肪酸の高められた消費が前立腺の腫瘍の成長と干渉したことを示した。 調査チームは減らした分ったりまたはapoptosisをことをオメガ3sがそれらを自然に自動的に消滅するためにもたらすことによって癌細胞の拡散をことが経る。 さらに、オメガ3の脂肪酸は病気の進行の前立腺特定の抗原(PSA)のダブル タイム、重要な測定および予想の減少をもたらした。 合計では、これらの調査結果はオメガ3の脂肪酸の食餌療法の消費が前立腺の腫瘍の成長を減らし、改善された臨床結果を促進するかもしれないことを提案する。33

オメガ3sは乳癌の成長を防ぎ、禁じるかもしれない

オメガ3の脂肪酸は致命的な乳癌の戦いで同様に約束を示す。 食事療法と癌間の関係を検査する人口調査はオメガ3のより高い食餌療法の内容がさまざまな人口の乳癌のより低い発生と関連付けられることが分った。1,3,34

乳癌の細胞、女性の癌の共通の形態のスキャンの電子顕微鏡写真。 腫瘍は胸で扱われなかったとき始まり、すぐに広がる。 非常に初期の間にあれば、外科的に取除くことができる。

動物と実験室の調査はオメガ3の脂肪が乳癌をいかにへの避けるのを助けるかもしれないか糸口を提供する。 人間の乳癌の動物モデルでは、オメガ3の脂肪酸の食事療法の金持ちを消費している動物はオメガ6の脂肪の食事療法の金持ちを消費した動物と比較された自然な癌抑制の生化学的のの活動の劇的な40%の増加があった。 なお、オメガ3与えられたグループからの腫瘍は癌細胞に助けが自滅を引き起こす、またはapoptosis、表現した遺伝子の上昇値を。 科学者が実験室で育った乳癌の細胞にEPAおよびDHAを適用したときに成長は20-25%によって禁じられ、細胞は差し迫った死の暗示的な物理的特性を表示した。16

実験室では、オメガ3の脂肪酸は乳癌の細胞の成長を減らした。 研究者は遺伝子の調整によってかかわる、オメガ3の脂肪はことに注意した細胞は癌細胞を特徴付ける自由な成長を表わすことを防いだ細胞再生に。35

なお、オメガ3の脂肪酸は乳癌からの悪い臨床結果と関連付けられる細胞のある特定の成長因子の受容器の出現を抑制する。36

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2