生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年10月
イメージ

高線量のビタミンC 新しい治療上のアプローチ

Laurieバークレイ著、MD

ビタミンCは冠状心臓病の危険を下げる

複数の最近の調査は心循環器疾患に対してビタミンCの強い保護効果を確認する。 1つの試験では、ビタミンCの取入口の最も高い三番目の人は最も低い三番目の均一のでさまざまな心血管の危険率のための制御の後で人より冠状心臓病の危険度が低い驚くべき66%があった。29は この結果調査された人の多数が喫煙者だったのでより打つである。

さらに、10年間以上主題に続いた調査のメタ分析で、ビタミンCの使用は25%。30によって冠動脈疾患のアスコルビン酸の減らされた危険の少なくとも700 mgを含んでいることを補い、 ビタミンCの取入口と心臓病の危険の使用した女性間の連合を検査する最も大きく、最も長い調査でビタミンCの補足にビタミンと補わなかった女性と比較された冠状心臓病の28%の減少があった。31 16年間85,000人以上のメスの看護婦に続いたこの大きいハーバード衛生学校の調査で、より高いビタミンCの取入口は年齢、煙る、および他の危険率を調節の後で危険均一なより低い心臓病を予測した。 この調査から特に殴打に見つけることはビタミンCの補足食餌療法の源からの専ら代りに得られたビタミンCを使用しなかったが、女性が心臓病に対して重要な保護を経験しなかったことである。 これはハーバード科学者をビタミンCが単独で冠状心臓病の危険を減らすようである補うことを結論するために導いた。

ビタミンCの状態は心臓発作の危険に結んだ

複数の最近の調査はそれを最適のビタミンCの状態を保障することが心循環器疾患からだけでなく、非常に保護するが、また生命にかかわる心臓発作に苦しむ危険を減すことを提案する。

例えば、既存の心臓病の証拠のない中年の人のフィンランドの調査に、ビタミンCが不十分の人は煙ることおよび他の適切な危険率を調節の後でさえもビタミンが不十分、の人と比較された心臓発作に苦しんで3.5倍本当らしかった。32は これ研究者を低い血しょう集中によって査定されるようにビタミンCの不足が、心臓発作のための危険率であることを提案するために導いた。

別の調査では、ビタミンCの取入口の最も高い四分位数の主題に最も低い四分位数でそれらと比較された心臓発作のより危険度が低い圧倒することが80%あった。33 さらに、イギリスの調査は血しょうビタミンCの集中がちょうど外見上健康なボランティアのより彼らの最初激しい心臓発作に苦しんだ人で劇的により低かったことが分った。34

維持の最適のビタミンCのレベルは可能性としては致命的な心臓発作に対してこうして強力な保護を提供するかもしれない。

ビタミンCはまた心臓発作によって与えられる損害を減らす

助力に加えて心臓発作を防ぎなさい、ビタミンCはまた心臓発作に続く重大な心筋への損傷を減らすかもしれそれ以上の心血管のでき事の発生を減らす。

例えば、激しい心臓発作に苦しんだ患者の大きい調査で、1か月間ビタミンC (1200のmgの日刊新聞)およびE (600 mgの日刊新聞)の大量服用との補足はかなり死、新しい心臓発作の結合された率を減らし、これらの有効な酸化防止剤が心臓発作 によって引き起こされる心筋への酸化損傷の軽減を助けるかもしれないことを約20%。35による他の厳しい複雑化は研究者推測した。

激しい心臓発作の後で、血をポンプでくむ心筋の失敗により効果的に危険なほどに低血圧、心臓性衝撃として知られている条件を引き起こすかもしれない。 ビタミンCの血の集中および他の重大な酸化防止剤は酸化損傷を妨害するのに心筋がこれらの酸化防止剤を使用することを提案する心臓性衝撃の患者で減少する。酸化防止剤 の36枯渇はまた激しい心臓発作に続く冠状血の流れを元通りにする失敗と(を含むビタミンC)関連付けられる。37

複数の調査は単独で与えられるビタミンCとのまたはビタミンEを伴う処置が、複雑化を減らし、激しい心臓発作の後で結果を改善するかもしれないことを提案する。 ビタミンCは心筋中の電気伝導、打撃のために危険を高める凝固要因の38の低下レベル 、39減少の酸化圧力および発火、および中心形および 機能の有害な変更を防ぐことの改善のようなこの設定の複数の利点を、提供するかもしれない。40

研究はビタミンCのまた助けが激しい心臓発作の後で練習の許容を高めることを示す。41 練習の機能を改善するために助けられる練習の前に補足のビタミンCの2000年のmgを取る1つの調査に付き。 科学者はビタミンCの助けが心臓発作の後で交感神経系への酸化圧力関連の損傷を取り除くことを信じる。

血の流れが元通りになるとき激しい心臓発作が虚血reperfusionの傷害、だった後起こる1つのタイプの損傷は血液の供給が断ち切られた心筋の区域損なわれる。 このタイプの傷害はまたアンギーナ、か冠状心臓病によって引き起こされる胸痛と関連付けられ老化することおよび血管疾患に貢献するかもしれない。この タイプの細胞傷害が遊離基の損傷によって引き起こされると考えられるので42ビタミンCのような酸化防止剤は動物実験のスコアで証明されたように保護、であるかもしれない。43-46

臨床および実験研究はビタミンCが心房細動(打撃の危険性を高める不規則な心拍)、膨張させた心筋症(拡大される、弱められる中心)を含む中心そして血管の他の病気から鬱血性心不全および損なわれた血の流れの規則、保護するかもしれないことを提案する。54-57 ビタミンCは心臓病患者に冠状心臓病を扱うのに使用される薬剤に、また健康な体重の支持の効果によって答える機能の維持によって相談するかもしれない他の付加的な利益。58-61

ビタミンCの付加的な医療補助

刺激的で新しい研究はビタミンCが予想外の医療補助の相談するかもしれない配列ことを提案する骨の健康の促進に癌の存続を高めることから。

癌の存続を高めること。 戦う癌では、何人かの患者は必ず薬剤、外科および放射のようなすべての利用できる処置の選択を排出する。 科学者は今そのような患者に寄与するかもしれない栄養の治療を調査している。 研究者は最近高線量、高度の何人かの患者、予想に反して長い生存期間に導かれたターミナル段階癌への静脈内のビタミンCを管理するそれを報告した。 それ以上の調査が必要な間、これらの調査結果は癌患者でことを口頭でまたは静脈内で管理される高線量のビタミンC徴候を改善し、生命の延長を助けられて示すより早いレポートを支える。47

避ける腎臓の損傷。 腎臓の減損は非常に共通および頻繁に探知されていなく、腎臓のろ過器具の永久的な損傷に導くかもしれない。 栄養の科学者はビタミンCが腎臓の血管の傷つくことと関連している腎臓の減損の進行の防ぐか、または停止を助けるかもしれないことを報告する。 見つけるこれはこのタイプの腎臓の損傷に特に傾向がある糖尿病患者のために特に重要かもしれない。48

支持の喘息の防衛。 喘息の場合は劇的に近年増加してしまった。 科学者は慢性の喘息の大人がビタミンCが頻繁に不十分であることを観察した; 喘息なしの主題は、対照によって、ビタミンCの健康なレベルを示す。 喘息に傾向があるそれらの最大限に活用するビタミンCの状態はこうしてこの衰弱させる条件からの自由の支持に重大であることができる。49

健康な骨の促進。 ビタミンCの更に別の利点は骨密度を増加する機能のようである。 科学者はより若く、高齢者達のより大きい骨のミネラル密度に最近ビタミンCのフルーツの金持ちの高められた食餌療法取入口を関連させた。50は ビタミンCの取入口が高められた骨の形成のマーカーと関連付けられるという、そして青年期からの取入口が前に骨粗しょう症をことを防ぐのを助力の重要な役割を担うかもしれないことより早いレポートに見つけるこれサポートを貸す。51

戦いの単純ヘルペスの伝染。 単純ヘルペス ウイルスは皮の繰り返し、苦痛な損害および粘膜に導く場合がある。 研究者は栄養療法が、ビタミンCを含んで、単純ヘルペスの損害の決断の促進を助け、再発を防ぐかもしれないことを報告した。52

異常な中心のリズムを防ぐこと。 多くの人々は心房細動、打撃の危険性を高める中心のリズムの異常によって影響される。 従って研究者は酸化圧力がこの異常の役割を果すかもしれないこと酸化防止剤のための治療上の役割を提案することを提案した。 刺激的な予備調査はビタミンCが心房細動を避けるのを助けるかもしれないことを多分提案する酸化圧力を癒やすのを助ける機能によって。53

ビタミンCは血の脂質の危険を減らす

科学者はずっと昔に低密度脂蛋白質(LDL)のハイ レベルが冠状心臓病の危険の重要な予言者であることを発見した。 しかしこれらの脂質の化学状態はまた危険に影響を与える。 例えば、最近のレポートはLDLの酸化が患者の驚くほどの14折目によって冠状心臓病のために危険を、特に60番の年齢またはより若い高めたことを示した。62 化学薬品のテストはビタミンCの大量服用が約75%。63によって危ない血の脂質の酸化を妨げることができることを示す

研究はビタミンCの混合物および他の酸化防止栄養素との毎日の補足が酸化防止補足が心循環器疾患の歴史の患者のために貴重かもしれないことを提案する心臓発作に続く脂質の過酸化反応を減らすことができることを示す。64は 1つの分析ビタミンCが実際脂質の酸化ことをに対して保護の他の一般的な酸化防止剤よりさらにもっと有利かもしれないことを提案する。65

動物実験では、ビタミンCの不足はコレストロールが高いにつながり、コレステロールの故障を促進するためにビタミンCの大量服用は示されていた。 従って、動物で、ビタミンCは血のコレステロールを下げるのを助ける。 これらの陰謀的な効果は人間で当てはまるかもしれないかどうかそれ以上の調査が査定するために必要な間、66-68は 2005からの調査コレステロール低下statinの薬剤のように、ビタミンCが幹線壁の発火にかかわる受容器の活発化、atheroscleroticプラクことをの形成の誘発の重要な一歩を減らしたことを示した。 見つけるこれは科学者をビタミンCがstatinの薬剤と注意するために行為のある共通のメカニズムを共有するかもしれない導き冠状心臓病の処理に於いての役割のより詳しい調査にことに値する。69

付加的な研究はそれビタミンCと共に柑橘類のエキスを管理することが脂質の酸化を戦い、健康な血の脂質レベルを促進するビタミンCの能力を後押しするかもしれないことを提案する。 ビタミンC、柑橘類のエキスで豊富間またフラボノイドとして知られている混合物の健康促進を含みビタミンCおよび柑橘類のフラボノイドの組合せは心血管の健康の支持の単独でどちらかの代理店より有利かもしれない。70

ビタミンCの適量の推薦

ビタミンCのための推薦された食餌療法の手当(RDA)は1日あたりの人のための女性のための75 mgおよび90 mgである。 最適の健康を支えるためにずっとより大きい線量は必要であることを豊富なデータが提案するので生命延長はあなたの個々の健康の心配によって食事が付いているビタミンCの日刊新聞の1000-6000のmgと、補うことを提案する。

結論

十分な証拠は免疫の健康を後押しし、伝染を戦うことに於いてのよくとり上げられる役割に加えて今心血管の健康のための高線量のビタミンCの利点を、支える。

刺激的で新しい調査は冠状心臓病を防ぎ、心臓でき事に続く存続を改善し心臓発作の複雑化を減らすのを助けるビタミンCの能力に強く証明する。 なお、ビタミンCはatherosclerotic損傷から血管を保護することができる有効な酸化防止剤でありビタミンCのレベルは存続および心血管の健康を両方予測するようである。

容易に見落とされ、長く当然と思われて、高線量のビタミンCはますます心血管の保護を後押しし、健康な寿命を伸ばすあらゆるプログラムの必要な要素のようである。

参照

1. Hemila H.のビタミンCの補足および公有地はLinus Paulingの権利または悪事冷ただったか。 Int J Vitam Nutr Res。 1997;67(5):329-35.

2. Davison G、延長された練習へのホルモン性、cytokineおよび免疫反応の激しいビタミンCや炭水化物の摂取のGleeson M. Influence。 Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 10月2005日; 15(5): 465-79。

3. Hemila H.のビタミンCおよび風邪の発生: 重く物理的な圧力の下の主題との調査の検討。 Int JのスポーツMed。 7月1996日; 17(5): 379-83。

4. Eguchi M、宮崎T、Masatsuji-Kato E、等アスコルビン酸塩への加水分解の転換によるプロビタミンCによるラットのレバーの虚血誘発DNAの開裂そして細胞の傷害に対するCytoprotection。 Biochem Molの細胞。 10月2003日; 252 (1-2): 17-23。

5. Furumoto K、Inoue E、Nagao N、Hiyama EのMiwa N.の年齢依存したtelomereの短縮は酸化圧力の抑制によって細胞内のビタミンCの強化によって減速する。 生命Sci。 1998;63(11):935-48.

6. Loguercio C、Cuomo A、Tuccillo Cの等HCV関連の慢性の肝炎の患者のレバーp53表現。 JウイルスのHepat。 7月2003日; 10(4): 266-70。

7. Yokoo S、Furumoto K、Hiyama Eの年齢依存したtelomereの短縮のMiwa N.の減速は跡の過酸化水素のhormesisのように効果または細胞内の酸化圧力の減少と同時に公有地のプロビタミンCの反酸化効果によって人間の皮のkeratinocytesで実行される。 Jの細胞Biochem。 10月2004日15日; 93(3): 588-97。

8. Wintergerst ES、Maggini S、Hornig DH。 臨床条件に対するビタミンCの役割をおよび亜鉛および効果免疫があ高めること。 アンNutr Metab。 2006;50(2):85-94.

9. Hemila H.のビタミンCの補足および呼吸の伝染: 組織的検討。 ミルMed。 11月2004日; 169(11): 920-5。

10. Gorton HC、Jarvis K。 ウイルス誘発の呼吸の伝染の徴候を防ぎ、取り除くことのビタミンCの有効性。 J操作可能なPhysiol Ther。 10月1999日; 22(8): 530-3。

11. Hemila HのダグラスのRM。 ビタミンCおよび激しい呼吸の伝染。 Int J Tubercの肺Dis。 9月1999日; 3(9): 756-61。

12. Petersen EE、Magnani P. Efficacyおよび無指定のvaginitisの処置のビタミンCの腟のタブレットの安全。 ランダム化された、二重ブラインド、偽薬制御の調査。 Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol。 11月2004日10日; 117(1): 70-5。

13. Salgueiro J、Zubillaga M、Goldman Cの等総論: 微量栄養の栄養不良およびHelicobacterの幽門の伝染間のリンクがあるか。 栄養物Pharmacol Ther。 11月2004日15日; 20(10): 1029-34。

14. 韓国の胃癌に対する栄養取入口およびHelicobacterの幽門の伝染の金HJ、金MK、チャン週、等効果: 場合制御の調査。 Nutrの蟹座。 2005;52(2):138-46.

15. Khaw KT、血しょうアスコルビン酸間のBingham S、ウェールズA、等関係および叙事詩ノーフォークの前向き研究の人そして女性の死亡率: 将来の人口調査。 蟹座および栄養物へのヨーロッパの将来の調査。 尖頭アーチ。 3月2001日3日; 357(9257): 657-63。

16. Enstrom JE、Kanim LE、Klein MA。 米国の人口のサンプルの中のビタミンCの取入口そして死亡率。 疫学。 5月1992日; 3(3): 194-202。

17. Nakata YのMaeda N. Vulnerableののアスコルビン酸を作ることないapolipoproteinのE不十分なマウスのatheroscleroticプラクの形態。 循環。 3月2002日26日; 105(12): 1485-90。

18. 金DS、リーMSのHelicobacterの胃癌と幽門間の関係のビタミンCによる金YS、等効果の修正。 Eur J Epidemiol。 2005;20(1):67-71.

19. Harakeh S、Jariwalla RJ。 慢性的にHIV感染させた細胞でアスコルビン酸塩そして還元剤をチオール含んでいることの反HIV活動の比較研究。 AM J Clin Nutr。 12月1991日; 54 (6つのSuppl): 1231S-5S.

20. HIV感染を用いる患者の酸化防止処置の紛砕機F、Svardal AM、Nordoy I、等Virologicalおよび免疫学の効果。 Eur J Clinは投資する。 10月2000日; 30(10): 905-14。

21. Rivas CI、ヴィエラJC、Guaiquil VH、等HIVウイルスのビタミンCの高められた通風管および蓄積はhematopoietic細胞ラインを1感染させた。 J Biol Chem。 2月1997日28日; 272(9): 5814-20。

22. 部屋JC、McGregor A、ジーンMarie J、Obeid OA、Kooner JS。 hyperhomocysteinemiaの後の急速な手始めの管のendothelial機能障害のデモンストレーション: ビタミンC療法の効果のリバーシブル。 循環。 3月1999日9日; 99(9): 1156-60。

23. Plotnick GD、Corretti MCのVogelのRA。 単一の高脂肪の食事に続く内皮依存した上腕動脈のvasoactivityの一時的な減損に対する酸化防止ビタミンの効果。 JAMA. 11月1997日26日; 278(20): 1682-6。

24. Kinugawa SのポストH、Kaminski PMはオキシダント プロセスによって、等意識した犬の激しい圧力積み過ぎの後で冠状にmicrovascular endothelial圧倒すること引き起こされる: アンギオテンシンIIのタイプ1の受容器およびNAD (P) Hのオキシダーゼの役割。 循環。 12月2003日9日; 108(23): 2934-40。

25. Tousoulis D、Xenakis C、ビタミンCのTentolouris Cの等安定したアンギーナの患者のintracoronary Lアルギニン依存した冠状vasodilatationに対する効果。 中心。 10月2005日; 91(10): 1319-23。

26. Katayama Y、Shige H、山元町A、平田FのYasuda H. OralのビタミンCは健康なボランティアの煙ら誘発の幹線壁の剛さを改善する。 J Atheroscler Thromb。 2004;11(6):354-7.

27. SchindlerのTH、Nitzsche EU、Munzel Tの等冷たいpressorテストに応じてのさまざまな危険率の患者の冠状vasoregulation: 短期または長期のビタミンCの管理への対照的な心筋の血の流れの応答。 J AM Coll Cardiol。 9月2003日3日; 42(5): 814-22。

28. Varadharaj S、Steinhour E、ハンターMGの等ビタミンの肺microvascular endothelial細胞のホスホリパーゼDのC誘発の活発化: 地図のキナーゼによる規則。 細胞信号。 9月2006日; 18(9): 1396-407。

29. Nam CM、Oh煙ることの高い流行の人口の虚血性心疾患のKW、リーKH、等ビタミンCの取入口および危険。 J AM Coll Nutr。 10月2003日; 22(5): 372-8。

30. Knekt P、Ritz J、Pereira MA、等酸化防止ビタミンおよび冠状心臓病の危険: 9匹のグループの分かち合われた分析。 AM J Clin Nutr。 12月2004日; 80(6): 1508-20。

31. Osganian SK、Stampfer MJ、Rimm E、等女性の冠状心臓病のビタミンCおよび危険。 J AM Coll Cardiol。 7月2003日16日; 42(2): 246-52。

32. Nyyssonen K、Parviainen MT、Salonen R、Tuomilehto J、Salonen JT。 心筋梗塞のビタミンCの不足そして危険: 東のフィンランドからの人の将来の人口調査。 BMJ. 3月1997日1日; 314(7081): 634-8。

33. 心筋梗塞の軽走C、フォンHP、ラモスE、等食事療法および危険。 場合制御のコミュニティ ベースの調査。 アクタMedの港。 4月1998日; 11(4): 311-7。

34. RiemersmaのRA、Carruthers KFのEltonのRA、FoxのKA。 激しい心筋梗塞のビタミンCそして危険。 AM J Clin Nutr。 5月2000日; 71(5): 1181-6。

35. Jaxa-Chamiec T、Bednarz B、Drozdowska D、等結合されたビタミンCの酸化防止効果および激しい心筋梗塞のE。 (MIVIT)の制御される二重盲目、多中心の試験心筋梗塞およびビタミン ランダム化される、偽薬試験。 Kardiolポール。 4月2005日; 62(4): 344-50。

36. Senthil SのVeerappanのRM、RamakrishnaのRM、Pugalendi KV。 激しい心筋梗塞を複雑にする心臓性衝撃の患者の酸化圧力そして酸化防止剤。 Clin Chimのアクタ。 10月2004日; 348 (1-2): 131-7。

37. 松本H、Inoue N、酸化防止剤の高岡Hの等枯渇は激しい心筋梗塞の非退潮現象と関連付けられる。 Clin Cardiol。 8月2004日; 27(8): 466-70。

38. Bednarz B、Chamiec TのCeremuzynski L. Antioxidantのビタミンは心筋梗塞の後で練習誘発QTの分散を減らす。 Kardiolポール。 5月2003日; 58(5): 375-9。

39. 循環のmicroparticlesの支えられた生成を持つ患者の心筋梗塞の間の内皮の損傷そして血小板の活発化に対するアミガサタケO、Jesel L、Hugel B、等ビタミンCの保護効果。 J Thromb Haemost。 1月2003日; 1(1): 171-7。

40. Gasparetto C、Malinverno A、Culacciati Dは、等酸化防止ビタミン激しい心筋梗塞を用いる患者の酸化圧力そして心室の改造を減らす。 Int J Immunopathol Pharmacol。 7月2005日; 18(3): 487-96。

41. Kato K、Fukuma Nの心筋梗塞の後の患者のアスコルビン酸の経口投与による練習への共鳴した応答のKimura-Kato Yの等改善。 Int J Cardiol。 10月2005日20日; [印刷物に先んじるEpub]。

42. 劉P、Xu B、Cavalieri TAの飛節のセリウム。 心筋機能の年齢関連の相違および心筋の虚血reperfusionのラット モデルの発火。 Cardiovasc Res。 12月2002日; 56(3): 443-53。

43. 劉P、Xu B、Cavalieri TAの飛節のセリウム。 antioxidative容量の減少はMI/R.の後で老化させたラットの心筋層のreperfusionの傷害を高める。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 12月2004日; 287(6): H2719-27.

44. Baltalarli A、Ozcan V、Ferda B、等アスコルビン酸(ビタミンC)およびiloprostはラットのより低い先端の虚血/reperfusionによって引き起こされる肺傷害を減少させる。 アンVasc Surg。 1月2006日; 20(1): 49-55。

45. Eguchi M、Monden K、培養されたcardiomyoblastsおよび潅流されたラットの中心の酸化圧力誘発の傷害に対するプロビタミンCによるcytoprotectionに於いてのMAPKのリン酸化のMiwa N. Role。 Jの細胞Biochem。 10月2003日1日; 90(2): 219-26。

46. Saitoh Y、後無酸素症の再酸素化の直後にまたはalkylhydroperoxidesと発生する酸化圧力の抑制によるphosphorylatedアスコルビン酸塩による管のendotheliocytesのMiwa N. Cytoprotection。 Jの細胞Biochem。 11月2004日1日; 93(4): 653-63。

47. Padayatty SJ、Riordan HD、Hewitt SM、Katz A、Hoffer LJ、Levine M. Intravenouslyは癌療法としてビタミンCを管理した: 3つの場合。 CMAJ. 3月2006日28日; 174(4): 937-42。

48. McCarty MF。 glomerulosclerosisの防止のためのアジェバント作戦。 Medの仮説。 7月2006日5日; [印刷物に先んじるEpub]

49. Shidfar F、Baghai N、Keshavarz A、Ameri A、喘息および健常者間の血しょうおよび白血球のビタミンCの状態のShidfar S. Comparison。 Mediterrの東の健康J. 2005日1月3月; 11 (1-2): 87-95。

50. Prynne CJ、Mishra GD、O'Connell MA、等果物と野菜の取入口および骨のミネラル状態: 5匹の年齢および性のグループの横断面調査。 AM J Clin Nutr。 6月2006日; 83(6): 1420-8。

51. 勝山町H、Sunami S、骨の転換のマーカーの栄養素の取入口のFukunaga M. Influence。 Clinカルシウム。 9月2005日; 15(9): 1529-34。

52. ゲービーAR。 単純ヘルペスのための自然な治療。 Altern MedのRev. 6月2006日; 11(2): 93-101。

53. Korantzopoulos P、Kolettis TM、Galaris D、Goudevenos JA。 心房細動の病因そして永久化に於いての酸化圧力の役割。 Int J Cardiol。 6月2006日7日; [印刷物に先んじるEpub]

54. Korantzopoulos P、Kolettis TM、Kountouris Eは耐久性がある心房細動の電気cardioversionの後で、等口頭ビタミンCの管理早い再発率を減らし、準の発火を減少させる。 Int J Cardiol。 7月2005日10日; 102(2): 321-6。

55. Demirbag R、Yilmaz R、Erel O、等。 酸化圧力の潜在的能力と膨張させた心筋症の厳格間の関係。 J Cardiolはできる。 8月2005日; 21(10): 851-5。

56. フリーマンLMの突進JEのMilburyのPE、Blumberg JB。 鬱血性心不全を用いる犬の酸化圧力の酸化防止状態そしてbiomarkers。 JはインターンMedを診察する。 7月2005日; 19(4): 537-41。

57. Monahan KD、Eskurza Iは、先生を密封する。 アスコルビン酸は健康な老人のcardiovagal血圧反射機能の感受性を高める。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 6月2004日; 286(6): H2113-7.

58. Bassenge E、フィンクN、Skatchkov MのビタミンCとのフィンクB.のサプリメントは硝酸塩の許容を防ぐ。 J Clinは投資する。 7月1998日1日; 102(1): 67-71。

59. 渡辺H、Kakihana M、Ohtsuka S、Sugishita Y. Randomizedの硝酸塩の許容の開発の減少に対する補足の口頭ビタミンCの予防の効果の二重盲目の、偽薬制御の調査。 J AM Coll Cardiol。 5月1998日; 31(6): 1323-9。

60. ジョンソンのCS。 健康な減量のための作戦: ビタミンCからglycemic応答への。 J AM Coll Nutr。 6月2005日; 24(3): 158-65。

61. Canoy D、Wareham N、蟹座および栄養物のノーフォークのグループ調査へのヨーロッパの将来の調査の19,068人のイギリスの人そして女性のウェールズA、等血しょうアスコルビン酸の集中および脂肪質の配分。 AM J Clin Nutr。 12月2005日; 82(6): 1203-9。

62. Tsimikas S、Brilakis ES、ミラーERの等酸化させたリン脂質、LP (a)脂蛋白質および冠動脈疾患。 NイギリスJ Med。 7月2005日7日; 353(1): 46-57。

63. 儲YF、劉RH。 新しい低密度脂蛋白質(LDL)の酸化モデル: LDLの酸化の阻止のための酸化防止容量。 J Agricの食糧Chem。 11月2004日3日; 52(22): 6818-23。

64. Nagyova A、Krajcovicova-Kudlackova M、Horska Aの等酸化防止栄養素の混合物との食餌療法の補足の後の人の脂質の過酸化反応。 BratislのLek Listy。 2004;105(7-8):277-80.

65. Cobboldカリフォルニア、Sherratt JAのマックスウェルのSR。 アテローム性動脈硬化のための脂蛋白質の酸化そして重大さ: 数学アプローチ。 Bullの数学Biol。 1月2002日; 64(1): 65-95。

66. コレステロールおよび胆汁酸の新陳代謝のGinter E.のアスコルビン酸。 アンNY Acad Sci。 9月1975日30日; 258:410-21。

67. Hornig D、Weiser H.のアスコルビン酸およびコレステロール: モルモットの胆汁酸へのコレステロールの転換に対する等級別にされた口頭取入口の効果。 Experientia。 6月1976日15日; 32(6): 687-9。

68. Turley SDの西のセリウム、Horton BJ。 コレステロールの新陳代謝の規則とartherosclerosisの病因に於いてのアスコルビン酸の役割。 アテローム性動脈硬化。 7月1976日; 24 (1-2): 1-18。

69. Kaul DのババMI。 ビタミン「C」およびatherogenicプロセスにかかわる人間の単核の細胞内のstatinsのゲノムの効果。 Eur J Clin Nutr。 8月2005日; 59(8): 978-81。

70. Vinson JA、Jang J.生体外でおよび正常な、hypercholesterolemic人間の題材に対する柑橘類のエキスおよびアスコルビン酸の生体内の脂蛋白質の酸化防止効果。 J Medの食糧。 2001;4(4):187-92.

  • ページ
  • 1
  • 2