生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年10月
イメージ

高線量のビタミンC 新しい治療上のアプローチ

Laurieバークレイ著、MD

 ビタミンCの健康後押しの利点は風邪およびインフルエンザを戦うことをはるかに超えて行く。 実際、栄養の科学者はこの有効な酸化防止剤が循環系、腎臓、骨、呼吸器、および多くことをの健康の支持で重大であることを発見した。

残念ながら、多くの人々は医療補助の広大な配列を実現するために十分なビタミンCを消費し損う。 ほとんどの大人は不正確に連邦政府が推薦するビタミンCの75-90 mgが最適の毎日の線量であると仮定する。 実際、これは「食餌療法の手当」をビタミン不足の病気の状態をのような防ぐこと壊血病しかしほぼ十分に最適の健康を支えることである十分にただ推薦した。

Linus Paulingノーベル賞受賞の科学者の先生は前に高線量のビタミンCの補足の重要性を30年以上確認する第1の中にあった。 それ以来、科学者は高線量のビタミンCの多数の利点を支える印象的な証拠を積んだ。

この記事では、私達は防ぐことおよび戦いの伝染、endothelial機能を改善すること、心臓発作の危険を減らすこと、長寿を促進すること、および癌の存続を高めることの高線量のビタミンCの効力を支える最近の調査を検査する。

ビタミンCは細胞傷害を、促進する免疫の健康を抑制する

Linus Pauling先生は伝染、集中的な練習および細胞を傷つけることができる他のストレッサーによって関連付けられる遊離基の損傷から蛋白質および脂質を保護するのでビタミンCが極めて重要な水溶性の酸化防止剤であることに注意した。1-3 これらのまさに特性はビタミンCに免疫機能を改善するための貴重な代理店をする。 酸化圧力の抑制によって、ビタミンCは免疫細胞の寿命を増加し、伝染関連の細胞損傷を減らす。4-7 これは病原菌の広い範囲を回避する免疫組織の機能をささえる。

興味深いことに、研究ははっきり伝染の時の間に、ビタミンCの集中が血と白血球に急速に尽きていることを示した。 科学者はビタミンCとの補足が免疫機能の複数の重要な変数を改善することが分った。 従って、伝染の間のビタミンCとの補足は免疫細胞を保護し、伝染性の病原体を戦う機能を増強するかもしれない。8

Linus Pauling先生

ビタミンCの助けによっては伝染が防ぎ、戦う

ビタミンCはだけでなく、伝染からの回復を促進する、より重要、また伝染の手始めを防ぐのを助けるかもしれない。 ビタミンCは劇的に伝染の時間を減らし、また伝染への抵抗を後押しできることを調査が示した後調査しなさい。 例えば、近い四分の一に住んでいる軍人および他の主題のビタミンCの補足の調査は肺炎が驚くべき80-100%頻繁にビタミンと補わなかった人のよりビタミンCを取る主題のより少なく起こったことを示した。9

伝染の手始めに対する同じような保護は生命にかかわる伝染の開発に非常に傷つきやすい発展途上国の子供で観察された。 この危険な状態の人口では、ビタミンCの1000までmgとの毎日の補足は、ミネラル亜鉛と共に、可能性としては致命的な肺炎、マラリアおよび伝染関連の下痢を開発する可能性を非常に減らした。さらに 8、ビタミンCとの補足は伝染が既に行われてしまった時でさえ結果を改善した。 調査の著者はビタミンCの助けが感染性の生物への子供の抵抗を増強することを提案した。 幼児がビタミンCとの適切な補足を受け取ることはこれらの調査結果に基づいて、重大である。

ビタミンCは寿命を延ばすかもしれない

心循環器疾患からの保護のビタミンCの多面的な効果は最適のビタミンCの取入口と増加された寿命間の強い連合に部分的に責任があるかもしれない。

例えば、老化した19,000人以上の大人45-79の主要な調査にビタミンCの最も低い血しょうレベルを持つ主題は二度ハイ レベルとそれらと比較された4年の間に死ぬためにが同様に本当らしかった。15 なお、すべて原因とビタミンCのレベルとして減った血しょうビタミンCのレベルの全体の範囲を渡って心循環器疾患からの死の率は増加した。 年齢のために、1つのフルーツのそれと同等の血しょうビタミンCの集中の血圧制御して、コレステロール値、喫煙、糖尿病および補足の使用、毎日役立っている上昇または野菜はすべての原因からの死の危険の約20%の減少と関連付けられた。

同様に、UCLAからの10年の調査は以上11,000米国の人口で大人が25-74を老化させたことを、ビタミンCのmgが毎日60だけにビタミンCの日刊新聞のmgを取った人より長さ約6年住んでいた800を取った人示した。16 煙ること、教育、競争、病気および存続に影響を与える他の要因のための制御の後でさえも人のより高いビタミンCの取入口はまだより低い死亡率を予測した。 高められたビタミンCの取入口は女性のより大きい長寿と同様に関連付けられた。 より高いビタミンCの取入口は人の42%および女性の25%心血管の死を減らした。

動脈の壁のatheroscleroticプラク(脂肪質の集結)の破裂は心臓発作からの急死を含む致命的な結果が、あることができる。 動物実験は慢性のビタミンCの不足が生命にかかわる心血管のでき事をもたらすためにが本当らしい不安定な幹線プラクの形成に貢献することを提案する。17は この連合ビタミンCのcardioprotective利点がより長く、より健康な寿命にいかにの貢献するかもしれないか更に別の例を提案する。

ビタミンCの取入口は若者達の上部の呼吸器管の伝染の決断を促進するためにあった。 6時間ビタミンCの1000のmgの一時間毎の線量と補ったそれから3回毎日その後伝染性の徴候のための鎮痛剤そしてdecongestantsを取った人と比較された風邪およびインフルエンザの徴候の異常な85%の減少を表わし、学生は。10

改善された治療のこれらの利点は子供および若い大人に限られない。 肺炎か気管支炎と入院した年配の患者はビタミンCとの補足の後で相当な改善を示した。11 無指定の腟の伝染を用いる女性の調査で、局部的に管理されたビタミンCはかなり徴候を改善し、細菌計算の減少をもたらした。12

細菌感染に逆らうことのビタミンCの強さはHelicobacterの幽門として知られていた細菌の危ない品種の調査かH.の幽門で更に示された。 H.の幽門を搭載する胃の慢性の伝染は胃炎、胃潰瘍および致命的な胃癌に貢献する。しかし 13疫学の研究で強力な酸化防止ビタミンCおよびEの高い取入口は胃癌を開発する危険の驚かす90%の減少と関連付けられた。これらの 調査結果への14貸与の追加的支援はH.の幽門を搭載する伝染が低いビタミンCの取入口を持つ患者の胃癌のための主要な危険率だった、しかしないであること高いビタミンCの取入口とのそれらのもう一つの調査の提示。18 H.の幽門を搭載する伝染からの保護によって、ビタミンCはこうして可能性としては致命的な胃癌、また他の苦痛な胃腸複雑化を防ぐのを助けるかもしれない。

ビタミンCはいたるところにあるHIVのウイルスを含むために進行中の全体的な戦いで遊ぶべき重要な役割があるかもしれない。19-21 例えば、実験室の実験は非感染の免疫細胞を倹約している間ビタミンCの高い濃度がそれにより破壊を促進するHIV感染させた細胞に優先的に有毒、であることを示す。21 人間の免疫細胞の他の実験室調査で、HIVのウイルスを抑制するために助けられるビタミンC。19 さらに、HIV感染させた患者の臨床調査で、ビタミンCおよび有効な酸化防止N acetylcysteineの大量服用と補った高度の免疫の不足の主題は免疫組織機能の複数の手段の重要な改善を表わした。20

ビタミンCはEndothelial機能を支え、中心を保護する

前述の調査が証明するので、病気もたらす病原体に対するボディの自然な防衛の増強によっておよび戦いの伝染は防ぐのを助けるビタミンCの能力無競争である。 より少しは確認しかし多分均等にビタミンCが最適の健康を支える多くの他の方法重要である。

数々の証拠は、例えば、心循環器疾患、アメリカの早死にの一流の原因に対して保護とより高いビタミンCのレベルを関連付ける。 ビタミンCはそして血の脂質の危ない酸化に逆らうことendothelial機能障害に対して 保護し、心臓発作を支えるのを防ぎによって中心および脈管系を、助けるかもしれない。

科学者は今心循環器疾患の扇動の要因のが血管の壁がより堅く、高められた血の流れのためのボディの必要性に応じて膨張してより少なくできるようになるendothelial機能障害として知られている険悪なプロセスであることがわかっている。

アミノ酸のホモシステインの上昇値がendothelial機能障害を急がせる間、科学者はビタミンC (1週間1000のmgの日刊新聞)との前処理が酸化圧力を減らし、高いホモシステインの有害な効果からこうして敏感な管の内皮を保護することを発見した。22

同様に、研究者は脂肪の食事の最高を食べることが一時的に健康な個人の4時間までendothelial機能を損なう間、ことが、酸化防止ビタミンCとの前処理分り、Eはこの減損を防ぐ。23人の 科学者はまたビタミンCが酸化圧力およびそれに続くendothelial機能障害を減らすかもしれないことを示した。24

冠状心臓病の患者の調査では、ビタミンCは自然発生する血管拡張神経に応じて拡大する冠状動脈の機能を高めた。25

喫煙者に頻繁に徹底的に損なわれた内皮がある。 ビタミンCは煙ることによって引き起こされるendothelial機能障害に対して同様に強力な効果を示した。 1つの試験では、受け取った主題はビタミンCの2000年のmgとの前処理endothelial機能障害と関連付けられた臨床測定の印象的な59%の減少があった。26 同じような調査で、ドイツの研究者は短期ビタミンCの注入か長期ビタミンCの処置が喫煙者の心筋に著しく血の流れを高めたことが分った。27 この同じ試験で、ビタミンCとの長期補足はまた高血圧の患者の心筋に血の流れを高めた。27

ビタミンCはいかにendothelial細胞を保護するか。 行為の精密なメカニズムがまだ十分に理解されないが、研究者はビタミンCが、大量服用で、endothelial機能障害に貢献できる酸化圧力の減少にかかわるかもしれない酵素を活動化させることを発見した。28

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2