生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年5月
イメージ

年齢関連の視野の損失を防ぐための栄養の作戦

エドワードRosickによって、MPH、MSは

65の年齢によって、アメリカ人の衝撃を与える30%はガラスかコンタクト レンズと修正可能ではない徹底的な視野問題に苦しむ。 高齢者の視野の損失の2つのコモン・コーズは激流および年齢関連の黄斑の退化である。

有効な酸化防止剤は老化ことをの健康な目機能の支持の重大な役割を担うことができることを老化するプロセス、生命延長の必然的な結果が長く主張してしまったので何百万の医者および彼らの患者がこれらの険悪な条件を見る間。

主流の薬は最終的に目の健康と栄養物間の重大なリンクを確認している。 および眼科学米国医師会医学総合誌のような著名な科学的な出版物の最近の記事は視野の維持の酸化防止栄養素の重要性を確認する。 さらに、出現の調査はそれ危険を伴うC反応蛋白質およびホモシステインのレベルを抑制することが老化の維持の目の健康に同様に必要であることを示す。

健康に敏感な大人は目標とされた栄養の治療を使用し、直接目の健康を脅す危険率を管理することによってこうして彼らの視野を維持できる。 この万能の、予防のアプローチは寿命の間に健康な視野の保障を助けることができる。

視力の感覚は生れの今始まり、理想的に寿命を持続させる性質の不思議なギフトである。 しかし私達が老化すると同時に目のレンズそして網膜は両方盲目に近づくためにまた更に合計するために導くことができる悪化に苦しむかもしれない。 そのような問題は年配の大人のほぼ3分の1に影響を与える。 年配者を苦しませる共通の眼疾患の2つは激流および年齢関連の黄斑の退化である。

激流は避けられなくない

彼らの六十年代または70年代のほとんどの人々は激流の外科があった誰かを知っている。 激流がとても共通であるので、多くの人々は老化のもう一つの必然的な結果であると仮定する。 但し、目標とされた栄養の補足の少数の必要な注意そして賢い使用と、これはまったく事実でなくてもよろしくない。

激流は蛋白質および水から大抵成っているアイ レンズの曇ることである。 激流が40の年齢の前に形作り始めることができるがそれは大いにあとでまで不利に何百万の高齢者に影響を与え始めることではない。 私達がより古く育つと同時に、新しい細胞は私達の体の細胞のほとんどを取り替える。 但し、アイ レンズは転換従ってそのような細胞をあなたによってが生まれるとであるあなたと残りの人生であるレンズ レンズ経験しない。

通常、ライトはゆがみなしでアイ レンズをレンズが完全に明確なガラスから成っていたように、通る。 5または六十年に、あなたのアイ レンズは日光からの紫外(紫外線)放射によって、また遊離基によって発生する酸化圧力によって傷つけることができる。 この損傷が十分に重要なら、(実際にレンズの蛋白質の「群生」である)激流結局形作る。

初期では、激流は問題の多くではないかもしれない。 しかし年および何十年かにわたって激流はより大きくかもしれ、はっきり見るためにそれを育つより困難、また更に不可能に、させる。 激流を持つ人々に従って、視覚感覚は汚れた、曇った窓を通って見ることを試みることのようである。

ほとんどの激流が老化することと関連している間、他の状況は他のタイプの激流をもたらす。 これらは下記のものを含んでいる: 幼児および幼児に影響を与えることができる生来の激流、; ある特定の病気の結果として、糖尿病のような、またはある特定の薬物の使用と共に成長する副腎皮質ホルモンの長期使用のような二次激流; そして外傷性の傷害か他のでき事に続く目で形作ることができる外傷性の激流。

世紀前に、激流によって意味されたおよび大活字を読むのに使用の拡大鏡厚く、見苦しいガラスを身に着けなければならないことを持っていることは。 今日、激流を取除き、人工的なレンズを植え付ける現代外科技術のおかげでほとんど定期的な外科的処置である。 けれども肯定的な面すべてのために、激流の外科は価格と来る。 米国で行われる$3.5十億であるために年激流の外科の総額は推定される。

激流の外科はまた付加的な健康に関連する費用を伴なう。 外科複雑化はまれ、確かに聞こえなくないですのではない。 激流の外科を経る人の20-30%は水晶体嚢、新しく総合的なレンズを設置されている握るために頻繁に目に残っているレンズの部品のそれに続く曇を開発する。 カプセルが曇るように(これはの後激流として知られている)なれば、患者は付加的な外科が明確な視野を元通りにするように要求する。 さらに、まれに、激流の外科は目、伝染および盲目の膨張のようなより深刻な複雑化を、もたらす場合がある。

警告: STATINSにより激流を引き起こすかもしれない

何百万のアメリカ人はコレストロールが高い戦闘にいわゆる「statin」の薬物を持って行っているけれどもこれらの薬剤が目の健康への深刻な脅威を与えるかもしれないこと少数はわかっている。

早い研究では、statinの薬物は動物の激流の形成をもたらした。人間の 調査がstatinの薬剤と激流間の因果関係を識別しなかった間、2728 Zocor® statinsを含んで広く利用されたののいくつかそしてMevacor® –激流の進行に貢献するかもしれない警告を運びなさい。28,29

日本からの最近の調査はコレステロールと激流間の可能なリンクを明らかにする。 研究者は成長の激流に遺伝的に敏感であるラットがコレステロールの統合にかかわる2つの遺伝子の欠陥を示すことが分った。 コレステロールは透明物の維持を助けるアイ レンズの上皮細胞の適切な開発に要求される。 これらの動物のコレステロールの減らされた供給は不透明になるアイ レンズにこうして貢献するかもしれない。30

それ以上のこれらの調査結果は理想的なコレステロール値が160から200のmg/dLまで及ぶべきである生命延長の長年の位置を確証する。 余分なコレステロールが幹線病気に貢献するために知られている間、他の健康上の問題を起こすには余りにも低いコレステロール値は(160のmg/dLの下で)かもしれない。

激流を防ぐのを助けるビタミン

科学者は激流の形成が酸化損傷による一部にはあることを信じる。 従って、それはルテインおよびビタミンA、CおよびEのような有名な酸化防止剤がこれらの視野の強盗の形成を遅らせるのを助けることができるという意味を成している。 実際に、多数の調査は酸化防止ビタミンが激流の有害な効果を反対に助けることができることを示す。

有名なビーバーのダムの目の調査では、科学者は酸化防止栄養素の食餌療法取入口と7年に、老化した1,354人の大人のグループの激流の形成の発生間の関係を43-84検査した。1つに 酸化防止ビタミンで高い食糧を消費した人激流を開発する減少された危険があった。 研究者に従って、この前向き研究からのデータは「ルテインおよびビタミンEの可能な保護影響および開発のCに一貫しているの。 . . 激流」。

他人はの大規模な調査ビタミンAが激流から保護を助けるかもしれないことを提案する。 例えば、看護婦の健康の調査で、研究者は8年間、老化した50,828人の女性に45-67続いた。 ほとんどのビタミンAを消費した女性は最少のビタミンAを消費した女性より成長の激流の危険度が低い39%があった。2

ARMDの盲目そして他の危険

年齢関連の黄斑の退化(ARMD)、米国の少なくとも10,000,000人の人そして女性に影響を与える衰弱させる目状態は、人々55の法的盲目の一流の原因およびより古いである。 ARMD激流とは違って不利にアイ レンズに影響を与えない; その代り、それによりmaculaの破壊的な悪化、助けが読書のような仕事に必要な鋭く、詳しい視野および運転を維持する目の網膜の専門にされた区域を引き起こす。 maculaがARMD原因で悪化させるとき、影響を受けた個人は曖昧で、不明瞭な形および洗浄された色の世界を経験する。

ARMDの2つの形態は乾燥している、またはatrophic、またはexudativeぬれる。 乾燥したARMD圧倒的に共通であり、病気に苦しむそれらの約90%に起こる。 ぬれた形態は残りの10%で見られる。 乾燥した形態では、呼ばれる黄色の沈殿物はmaculaが機能を薄くし、失う網膜の下に長い間ずっと集まるdrusen。 対照によって、ぬれたARMD黄斑の退化に帰因する主要な視野の損失のほとんどのための2か3年および記述に非常に急速に起こることができる。 この破壊的な条件はそしてmaculaの下で育て、結局損傷がおよびmaculaを破壊するティッシュの形成を傷つけるために導きなさい異常な血管によって引き起こされる。 処置がぬれたARMD伴う異常な血管の成長を遅らせることができる間、ぬれたか乾燥した黄斑の退化のための治療がない。

発火、C反応蛋白質およびARMD

科学者がまだなぜARMD影響ある老化の大人調査している間が、この破壊的威力のある病気に於いての発火の役割を他の人々が、新しい研究指さない。 延長読者がご承知の通り、研究の複数の回線は慢性の発火が癌、Alzheimerおよび心臓病のようなさまざまな年齢関連の病気に貢献するかもしれないことを示した。 実際、発火の生物的マーカーは、C反応蛋白質(CRP)のような、ARMDの先触れ、また心臓病の危険のための危険信号であるかもしれない。

C反応蛋白質は激しい炎症性刺激に応じてレバーによって作り出され、解放される。 多数の調査は示し、CRPのレベルが多数の炎症性、伝染性、およびneoplastic病気で上がることを慢性関節リウマチおよび結核から癌および心臓病まで及ぶ。 ARMD中年および年配の大人を苦しませる更に別の炎症性病気があるように最近出版された調査から拾われるデータは提案する。

高いC反応蛋白質のレベルがARMD成長の危険に関連するかどうか検査される2枚の最近のペーパー。 著名なジャーナル眼科学で出版された1つの記事では研究者は77の変化しない制御主題と共にARMDの79人の年配の人そして女性を、募集した。変化しない 個人がよりARMD表わされた高いCRPのレベルに苦しんでいる3人の個人、およびこの相違は統計的に重要だった。

930人の患者の場合制御の調査はまたC反応蛋白質とARMD危険間の関係を検査した。 (JAMA)米国医師会医学総合誌の2004年に出版されて、この調査はCRPのレベルが中間物が付いている主題間でかなりより高かったまたは進められたARMDことが分った。 調査の著者に従って、「上げたCRPのレベルをで、独立した危険率はのための[ARMD]病因に於いての発火の役割をの[ARMD]関係させるかもしれない」。4

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2