生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年5月
イメージ

脳細胞機能を元通りにする新しい作戦

ラッセル マーティン著

脳細胞はDHAおよびPhosphatidylserineを必要とする

Phosphatidylserineは脳細胞の構造完全性を維持するために必要な主要な脂質である。 (phosphatidylserineのような)構造脂質の統合の促進に於いての役割を含むことを頭脳の保護のDHAの演劇が神経細胞の膜ことをでこと独特な機能の部分。16

頭脳では神経細胞の拡張のために必要とされる細胞膜のリン脂質を形作るために、DHAはphosphatidylserine (およびglyceryl phosphorylコリン)と酵素によって結合される。 過去の二十年にわたる17の実質的な物の実験室の研究は認識技術を改善するphosphatidylserineの能力がDHAの前で非常に高められることを提案する。

脳細胞の膜はDHAと非常に(DHAが物理的に利用できるとき)富む。 食餌療法DHAの不足は不況、メモリ損失および痴呆のような神経疾患で起因できる。18 脳細胞の存続はDHAの供給で依存性が高い膜のphosphatidylserineの結合を促進するために。19

科学者はDHAがphosphatidylserineの分子にそれ自身を付け、脳細胞のエネルギー生産の昇進の重要な同盟国として機能することを発見した。 先生Normanサレムの国立衛生研究所の膜の生物化学そして生物物理学の実験室の頭部のような何人かの頭脳の研究者は、付けられたDHAのphosphatidylserineが健康な頭脳機能のための最も極めて重要な分子間にあること確信する。 科学者はDHAのレベルが相応に高い保たれればphosphatidylserineの補足が最上に働くことを信じる。20

DHAおよびPhosphatidylserineの結合

DHAとphosphatidylserine (PS)間の複雑な関係を示す研究の増加するボディに応じて科学者はphosphatidylserine (PS) -脳細胞の膜で直接組み込まれるように設計されているDHAの混合物を開発した。 この新しい混合物のための略称はPS-DHAである。

メモリ損失に対するPS-DHAの効果を評価するためには、調査は実験室誘発の加速された頭脳の老化の中年のラットで行なわれた。 DHAの従来の源を管理することはこの実験モデルに対する効果をもたらさなかったが、PS-DHAの混合物を受け取っているグループはこの神経学的な挑戦に対して大量の保護を達成できた。 これらの動物の頭脳が分析されたときに、オメガ3の他の代理店を受け取るそれらのPS-DHAを受け取っているグループの細胞で組み込まれたよりより多くのDHAがあった。3

注意欠陥の活発性過度の無秩序(ADHD)の人間のランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査はPS-DHAを使用して行なわれた。 調査の目標はADHDの患者の行動および学習障害を改善することだった。 心理的な評価はカナーの記録テストおよびコンピュータ ベースの分析(T.O.V.A.)を含んでいた。 3か月の終わりに、PS-DHAを受け取っているグループは偽薬のグループで19%だけと比較された47%の総応答を示した。3

認識機能の回復に於いてのGPCの役割

phosphatidylserineのように、glyceryl phosphorylコリン、かGPCは、脳細胞の膜の主構造部品である。 GPCは医者が痴呆および前痴呆の彼らの患者にそれを規定する欧州連合の薬剤として承認される。 しかし米国ではGPCはサプリメントとして利用できる。

GPCの認知回復のメカニズムの1つは頭脳の最適のアセチルコリンのレベルを維持する機能である。 神経伝達物質のアセチルコリンは記憶および他の認識機能の重大な役割を担う。21

3つの二重盲目の試験は健康で若い大人の精神鋭利さを改善するGPCの能力を示した。 中年の関係者との調査では、GPCの補足は点爆時間を含む精神性能の複数のテストの改善を、もたらした。 11の試験は先輩のGPCの使用にこれまでに焦点を合わせた。 厳しい認識欠損、記憶を、注意改善するために助けられるGPCの補足および社会的行動に合計未成年者を持つ1,799人の関係者に対するGPCの効果を正確に測る調査では。 開発されたGPCを受け取っている多くの患者は家族や友人の興味を更新し、自己心配がより可能になり、そして不況、過敏症および感情的な機能でマーク付きの改善を示した。21

GPCの二重盲目の、偽薬制御の試験は対偽薬メキシコシティの老化の国民の協会のAlzheimerの患者で行なわれた。 療法の6か月に従がって、取った関係者はGPCの400 mg 3回毎日アルツハイマー病の査定のスケール行動のSubscaleを含む認識テストの電池の重要な改善を、示した。 これらの結果はGPCがAlzheimerの患者のマーク付きの改善を作り出すことを提案する。22

他の約束の調査では、研究者はGPCが回復を促進した分り、外科を経た患者の生活環境基準をことが改善した。 続くバイパスおよび他の主要で侵略的なプロシージャは、多くの患者認知、記憶および不況の問題を経験する。 2,804人の後外科患者、時空のオリエンテーションでマーク付きの改善を、意識のある程度示されている、十分に95%の合計言語、モーター容量および全面的な生活環境基準を含むGPCの4つの試験では。22

GPCは最近頭部外傷に、subdural血腫を含んで、大脳の打撲傷苦しんでしまった、および大脳の震動かもしれない患者のために非常に貴重。 実際、2003調査は彼らの傷害に起因するGPCの日刊新聞の800-1000 mgを受け取った3ヶ月の期間の終わりに相当な認識欠損の患者の96%が改善を示したことを示した。23

アセチルコリン低下の酵素の禁止

近年、頭脳の老化のいくつかのメカニズムは潜在的な治療上の作戦と共に、識別された。

有機体が老化するので、酵素は頭脳のacetylcholinesteraseの増加を呼んだ。 この酵素の仕事が神経伝達物質のアセチルコリンを低下させることであるので余分なacetylcholinesteraseの結果は厳しい短期記憶損失問題である場合もある。

実験室ではashwagandhaの根のエキスがacetylcholinesteraseを禁じることを発見した、同じ方法は2004年にインド、研究者でAricept®の現在アルツハイマー病の処置で使用される処方薬と多く実験する。24 実験室のマウスが付いているテストで、ashwagandhaは記憶保持を実験的に引き起こされた記憶喪失症、25に応じて促進し、人工的に引き起こされた 打撃から実験室のラットの頭脳を保護する機能を示した。26

古いラットの頭脳を作ってより若く育てなさい

房大学の革新的研究では、実験室のラット(60の等量- 65歳の人間への…)は1日あたりのブルーベリーの2分の1個のコップの人間の等量であるために目盛りが付いていた線量の乾燥されたブルーベリーのエキスに与えられた。 ラットの3つの他のグループはほうれんそうのエキス、いちごのエキス、または制御食事療法を受け取った。 養生法の8週後で、調査官は-メモリ機能のさまざまなテスト人間を使用して75歳と… 70と年齢で同等のラット今を評価した。27

neuromotor機能テストでは、ブルーベリー与えられたラットはかなり他のグループに優っていた。 これらのラットは他のグループと比較された加速の回転棒の狭い棒そしてバランスの歩けた大いによりよく長さ。27

これは主流の科学者がしばらくの間年齢関連のneuromotor機能障害は不可逆であるというを確立された事実として受け入れがちだったように、全く慣習的な医学研究のコミュニティの内で圧倒する見つけることだった。 これらの調査結果は平らにこの概念を否定するようである。 ブルーベリーのエキスははっきりこの老化プロセスを逆転させることができた!27

ブルーベリー補われたラットのまた示された改善された技術は学習および記憶当惑を運行したおよび見つけおよびそれから水泳から休むことができる水中プラットホームの位置をので覚えていた。 科学者がこれらのラットの脳組織を検査したときに、ドーパミンのレベルが他のグループのラットの頭脳でより大いに高かったことが分った。 ドーパミンは滑らかな、管理された動き、また有効な記憶、注意および問題解決機能を可能にする必要な神経伝達物質である。 研究者はブルーベリーのエキスがまた脳細胞の膜の流動率を高めるかもしれないことを推測し、従って減らしている間炎症性混合物のレベルを頭脳の正常な老化プロセスを遅らせる。27

これらの調査結果に老化する人間のための有望な含意がある。 高齢者は頭脳が監視および調整の動揺の動きでより少なく熟達するようになる結果のでまたは破局的のよろめき時々、老化の人間の脳の神経信号の遅延が原因でころびがちである。

高齢者達は同様に全く生産的で、満足な生命を導く機能を限ることができる方法で新しい行動を学ぶメモリ損失および無力に苦しみがちである。 記憶および頻繁に老化に伴うneuromotor機能の悪化の戦いによって、ブルーベリーはより若々しい頭脳機能を支えるのを助けるかもしれない。

3の ページで 3続けられる