生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年3月

イメージ

FDAは女子大を空襲することを脅す


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon著

健康食を食べるためにアメリカ人が努力すると同時にFDAは病気の危険を減らす食糧についての情報を抑制するために過酷なステップを踏んだ。

連邦政府のさまざまな代理店が私達をより多くの果物と野菜を食べるように励ます間、FDAはウェブサイトの科学的なデータの掲示からのチェリーの会社を排除する法令を出した。 出版された同業者審査された調査のこの検閲は消費者により賢い食糧選択をするのに使用できる情報へのアクセスを否定する。

たばこ製品は450,000人のアメリカ人を毎年殺す。しかし 1数人は悪い食餌療法の習慣がタバコよりより多くの死に責任があること理解する。 テレビで広告される有毒な食糧の茄多を考えるとそう多くの消費者が死に彼ら自身をなぜ食べるか理解することは容易である。 あなたが食べたことをすべてがマス メディアで広告されて見たものかどうかちょうど想像しなさい。

政府はたばこ会社をずっと昔に保護することを止めたがFDAは病気予防の効果を証明した果物と野菜ある特定のからのアメリカ人を操縦する処置をとり続ける。

FDAはチェリーの栽培者を脅かす

生鮮果実野菜の販売に多くの利益がない。 そのような食糧の栽培者は意味を持った方法で農産物を広告することをできることができない。 幸いにも、インターネットの出現はチェリーの栽培者がチェリーに含まれている栄養素に重要な医療補助があることを示す科学的な調査についての公衆を啓発することを可能にした。2-15 最近まで、消費者はチェリーの医療補助のチェリーの会社のウェブサイトにログオンによってことができるちょうど学ぶ。 ある個人は実際にマス メディアの広告されるTRANSの脂肪質でいっぱいの軽食の代りに食料雑貨品店でチェリーをあらゆる秒買うこのデータとの十分印象づけられるかもしれない。

2005年10月17日のFDAにwebsites.16、17で現われることからのチェリーの医療補助についての禁止された情報はチェリー プロダクトを販売する29人の会社にFDA行政警告書を送った。 これらの手紙では、FDAは会社をチェリーについての科学的なデータを公表することを止めるために命令した。チェリーの 会社がこの情報を広めるとき18 FDAに従って、チェリーは握りに応じて承認されていない薬剤になる。 FDAはチェリーの売買にかかわるそれらがこれらの科学的な調査についての消費者を知らせ続ければ刑事告発は続くことを警告する。17

アメリカ人がより多くのフルーツをなぜ食べないか

処理された食品工業は砂糖、塩、防腐剤、TRANSの脂肪、飽和脂肪および他の不健康な副産物と安く、危ない食糧に荷を積むことによって巨大な利益を得た。 生鮮食品と比較される処理された食糧はほとんどの人々によく味がし、かなり安価である。 公衆を幹線壁を傷つけ、DNAを変異させ、そして年齢関連の病気を引き起こす有毒な食糧から転換するように確信させるためには、販売する人は新鮮な果物科学者が植物食糧について発見した利点についての公衆を知らせる必要がある。19-37

新鮮な果物は高い場合もあり、比較的すぐにだめになる。 多くの消費者は処理された食糧に多くを要し、ない健康食に転換するために好みの常習を開発し、挑戦することを見つけ口蓋に喜ぶように。

チェリーについての検閲の科学情報によって、FDAはこのフルーツについて発見された驚くべき医療補助について学ぶ事実上より多くのアメリカ人のための機会を締めている。

チェリーは蟹座を防ぐか。

EllsworthのFriske果樹園への行政警告書では、MIは、FDAこの果樹園のウェブサイトで含まれている次の情報を暗誦する:38

「鋭いチェリー チェリーに含まれているアントシアニンおよびシアニジンのために結腸癌の危険を減らすかもしれない」。は

FDAは行政警告書で言うことを続く:

「これらの要求によりあなたのプロダクトをセクション201で定義されたように薬剤であるために引き起こす(g)…。 分類される使用されたときこのプロダクトは一般に確認された同様に安全および有効ではないので、またセクション201の新しい薬剤と定義される(p)…。 行為(21 USC 355)のセクション505の下で、新しい薬剤は公認の新しい薬剤の塗布なしで米国で法的に販売されないかもしれない。 . .”

チェリーのFDAの盗品がか」。なぜあるか「タイトルを付けられた記事を読取るので 私達は癌予防を立証するおよび科学者がチェリーについて発見した他の医療補助を明らかにするデータを。

興味深いことに、FDAはこの情報の真実性を否定していない。 その代り公衆が科学的なデータ支持のチェリーについて知らせることができる前に新しい薬剤の塗布が公認でなければならないことを、主張する。 FDAはまた基礎なしで分類される使用されたとき」。チェリーが「ずっと確認された同様に安全および有能ではないこと、主張する38 FDAの法律の解釈に従って、チェリーの栽培者は犯罪行為で同業者審査された学術雑誌で出版された調査結果を中継で送ることによって従事している。 あなたまたは他のアメリカ人は成長するかどうか癌は文書による使命記述書が次を含んでいる代理店の考察ではないことをようではない:

「FDAはより有効に、より安全で、より現実的な薬および食糧をさせる革新の促進を助力に公衆衛生を進めるために責任がある; そして公衆を助けて健康を改善するのにそれらが」。薬および食糧を使用する必要がある正確な、科学に基づく情報を手に入れなさい39

ふりをするものをの何年も前に文書化される生命延長がFDA反対をすることをすると同時に。 「公衆を助けるかわりに健康を改善するのにそれらが食糧を使用する必要がある正確な、科学に基づく情報を手に入れなさいアメリカの市民にチェリー行った(および他のフルーツについて)発見される医療補助を立証する科学的な調査について学ぶ権利を否定することを」FDAは極度な長さに。

医学の残虐行為!

2004年11月では、デイヴィッド グラハム アソシアト ディレクター先生は、FDAの薬剤の安全のオフィスの科学のための、前にVioxx®が心臓発作および打撃の88,000から139,000の余分な場合に引き起こした議会証明した。40 先生グラハムはひどく計画的にVioxx®の致命的な副作用についての情報を隠すための彼自身の雇用者(FDA)を批判した。

今月の問題を読取るので、FDAは非常にチェリーが関節炎の発火および苦痛のことを軽減のFDA公認の薬剤より有能であることチェリーの会社が科学的なデータ提示を広めていることかかわっている。

FDAは彼らのフルーツが安全に関節炎の不快を軽減する反駁できない事実はFDAが計画的にそれにより数万人のアメリカ人の不必要な死を引き起こす幾年もの間Vioxx®によりの危険を、隠したことであることを提案するための刑務所のチェリーの栽培者を投げて喜んでである。 ここに実質の犯罪者はだれであるか。

FDAは言う薬剤ことをの安全を保証することによって「公衆衛生」を保護するために責任があることを。 それはFDAの意味された代表団が何も見るように多くの知力をではない巨大製薬会社の経済的利益を保護するために悪ふざけより多くことを取らない。

余りにも多くの関節炎の被害者がそれを発見すればチェリーを食べることは発火および苦痛を軽減できることFDAが炎症抑制薬剤のための数十億の市場不利に影響されるかかわっているようであろう。 製薬産業の利益はFDAによってチェリーの会社に対して行われる目にあまる行為によって当面倹約された。

議会はFDAとの問題を確認する

この国家が株式会社、老化する大人および政府自体を破産させることを脅す悪化のヘルスケアの危機に直面するので国会議員は病気を防ぎ、扱うためにFDAが証明された方法を抑制していること激昂されるようになっている。

2005年11月10日に、手形は消費者に正直な健康情報へのアクセスを否定することからFDAを禁止する米国の衆議院でもたらされた。 この手形の名前は健康の自由の保護行為(H.R. 4282)である。41

この手形の元のスポンサーはFDAの人命救助の科学情報の不適当な検閲の露出によってそれを導入した。 この歴史的なスピーチからの抄録はここにある:

FDAの正直な健康の要求の検閲のために、何百万のアメリカ人はサプリメントの使用によって避けることができる他のヘルスケア問題および病気と苦しむかもしれない。 例えば、FDAは葉酸が神経管欠損症の危険をいかにののための減らすか学習から神経管欠損症を減らすために疾病予防対策センターが出産年齢のあらゆる女性を取る葉酸の補足を推薦した4年後消費者を禁止した。 このFDAの行為はに予防可能な神経管欠損症の推定場合10,000貢献した!

FDAはまたグルコサミンおよびコンドロイチンの硫酸塩が骨関節炎の処置で有効であるというを科学的な証拠について学ぶことから消費者を禁止し続ける; そのオメガ3の脂肪酸は急死の心臓発作の危険を減らすかもしれない; そしてそのカルシウムは骨折の危険を減らすかもしれない。

健康の自由の保護行為はFDAを議会、米国憲法修正第一項および連邦政府裁判所によって採用された米国憲法修正第一項の標準の集成によってアメリカの人々の命令に従わせるついに。 具体的には、健康の自由の保護行為はサプリメントの治療効果がある、mitigative、または予防の効果についての正直な要求の検閲からFDAを停止し、代わりとして検閲に連邦政府裁判所の放棄の提案された使用を採用する。 健康の自由の保護行為はまた保護に於いての栄養素の役割に関する科学的な記事そして出版物の配分の禁止から病気に対してFDAを停止する。42

市民は官僚的な堕落に対して反抗する

1989年自由に広められるべき食糧および補足についての科学情報を許可するために法律が変わらなければならなかったこと皆に示された生命延長は私達に国会の強固なFDAを打つことは不可能だったことを告げたときに。 FDAによって公衆に対して行われた無能力および欺瞞を露出することを私達が国民のテレビおよびラジオ番組で1990年代初頭に行ったと同時に増加する健康に敏感な個人は問題の大きさを実現し始めた。

1994年10月では、ほぼ合意の差益によって、議会はサプリメントの健康を制定し、公衆が医療補助のいくつかについて学ぶことを可能にした教育法(DSHEA)、ある特定の栄養素に帰因した。43

連邦政府裁判所の重要な損失にもかかわらずDSHEAがいかにに関する抑制捧げある特定の食糧がいかにについての病気を防ぎ、扱うかもしれないか解釈されるべきであるかFDAはに相当な資源を科学情報の続けている。 FDAの横柄は余りにも多くのユーザーが副作用がもとで死んでいるので引っ込んだの処方薬の記録的な数に照し合わせてぞっとするようである。 チェリーの場合には、FDAがかかわっている科学的な調査の多数はこのフルーツの反関節炎の効果に約関連している。4-6,44,45

米国憲法修正第一項およびDSHEAのためのFDAの目にあまる無視は健康の自由の保護行為がなぜもたらされたか1つの理由である。 およびアメリカの公衆国会議員は実績が人命のための無謀な無視を示す代理店によって行われる権利の乱用にうんざりする。

FDAの検閲を押すためにことができる何をする

心配した市民が彼らの議会の代表者に健康の自由の保護行為(H.R. 4282)の重要な道がいかにあるか知らせることは命令的である。 私は便利に健康の自由の保護行為 を助けて自身の代表に 新しい手紙を電子メールで送るようにすべての生命延長サポータをせき立てる。

科学的な検閲および官僚的な欺瞞のために解決してはいけない! あなたの憲法修正第1条を擁護し、あなたが法律に制定されるH.R. 4282 (健康の自由の保護行為)を見たいと思う議会を言いなさい。

あなたの代表の名前を見つけるためには、立法 行為の中心か 呼出し1-202-225-3121を訪問しなさい。

長い生命のため、
イメージ
ウィリアムFaloon

P.S. 健康の自由の保護行為が渡らなくても、議会へのあなたの手紙はFDAの許され、もの栄養素を消費することは許されるどんな禁止する読むことは大国を与える他の複数の手形を妨げるのを助ける。 従ってFDAに対して勝っている議会について悲観的でもあなたの代表にFDAに新しく過酷な力を与えられてほしくないことを知らせることはまだ重要である。 処置を今とりなさい!

製薬会社はFDAを制御する

FDAは危ない薬剤から消費者を保護する失敗のための媒体そして議会によって非難された。 生命延長によっては長く大きい製薬会社がFDA上の途方もない影響を出すことが争ってしまった。 結果はサプリメント(および今チェリー)の販売がFDAによって妨害される間、有毒な薬剤が市場に残ることである。

1つの理由の医者は危ない薬剤を薬剤のラベルからの副作用に関する情報を省略するように薬品会社がFDAを説得することである規定する。 製薬会社がFDAに出す親近相姦制御の言語道断な例はVioxx®のスキャンダルと明るみに出た。

証拠に基づいて提案される高められた心臓発作を示すことはVioxx®のユーザー、FDAで評価し心血管の警告をラベルに置く。 メルクの熱烈に反対されるVioxx®のメーカー。 2001年11月8日FDAとの話が好んでいるメルクに行っていなかったときにに、メルクの研究部の頭部は彼の上に科学者の示すことに電子メールを送った:

「ラベルが受け入れられないこと二度私が「、私達FDAに言わなければならなかった私の生命以内にどのような場合でもそれを」…受け入れない。

私は私がVioxx®のための心臓警告が」。あるあらゆるラベルを受け入れないことを保証する46

Vioxx®は2004年9月30日に市場から臨床試験が18か月間以上Vioxx®を取っている患者のために倍増した心臓発作および打撃の危険を示した後、撤回された。47-49 FDAはVioxx®年の心血管の危険について撤回された、薬剤の警告箱からのこの情報を省略する製薬会社圧力に屈されて知っていた前に。 それは多くの月あとでラベルの「注意箱だったようである読むにはことができるように」、だれでも普通余りにも大部である。

彼が「どのような場合でも」Vioxx®の心血管の警告を受け入れることメルクの役人による声明は制御製薬会社にFDAにあるかどの位に衝撃的な一見を提供する。 消費者はFDAがチェリーの反関節炎の効力を示す情報を検閲する異常な手段を取る間、有毒な薬剤を摂取するために移管される。

参照

1. で利用できる: http://www.cdc.gov/tobacco/factsheets/Tobacco_Related_Mortality_factsheet.htm。 2005年12月12日アクセスされる。

2. Kang SY、Seeram NP、Nair MG、Bourquin LD。 鋭いチェリーのアントシアニンはApc (分)のマウスの腫瘍の開発を禁じ、人間の結腸癌の細胞の拡散を減らす。 蟹座Lett。 5月2003日8日; 194(1): 13-9。

3. Pratico D、Tillmann C、チャンZB、李H、FitzGerald GA。 低密度の脂蛋白質の受容器のノックアウトのマウスのコックス1依存したprostanoidの形成によるatherogenesisの加速。 Proc国民のAcad Sci米国。 3月2001日13日; 98(6): 3358-63。

4. 高いJM、Seeram NP、肇Cは、等鋭いチェリーのアントシアニン ラットの発火誘発の苦痛の行動を抑制する。 Behavの頭脳Res。 8月2004日12日; 153(1): 181-8。

5. Balatonの鋭いチェリーからのWang H、Nair MG、Strasburg GM、等Cyclooxygenaseの活動的なbioflavonoidsおよび構造の活動関係。 Phytomedicine。 3月2000日; 7(1): 15-9。

6. Seeram NPのMominのRA、Nair MG、Bourquin LD。 チェリーおよび果実のCyclooxygenaseの抑制的な、酸化防止シアニジンのグリコシド。 Phytomedicine。 9月2001日; 8(5): 362-9。

7. Wang H、Nair MG、アントシアニンおよびaglyconの鋭いチェリーからのシアニジンのStrasburg GMの、等酸化防止および炎症抑制の活動。 JのNat.突き棒。 2月1999日; 62(2): 294-6。

8. Kolayli S、Kucuk M、Duran C、Candan F、Dincer B. ChemicalおよびLaurocerasusのofficinalis Roemの酸化防止特性。 (黒海の地域で育つチェリー月桂樹の)フルーツ。 J Agricの食糧Chem。 12月2003日3日; 51(25): 7489-94。

9. Wakabayashi H、福島H、Yamada Tの等阻止はのバルバドス チェリーによってマウスの大食細胞そっくりの細胞の生産、Malpighiaのemarginata DCのフルーツをLP刺激しなかった。 抗癌性Res。 7月2003日; 23(4): 3237-41。

10. Nagamine I、Akiyama T、Kainuma M、等細胞増殖に対するアセロラのチェリーのエキスの効果およびrasの活発化はマウスの肺tumorigenesisの昇進の段階で細道に信号を送る。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 2月2002日; 48(1): 69-72。

11. ヤコブのRA、Spinozzi GM、チェリーのサイモンVAの等消費は健康な女性の血しょうurateを下げる。 J Nutr。 6月2003日; 133(6): 1826-9。

12. Rimm EB、Katan MB、Ascherio A、Stampfer MJ、Willett WC。 フラボノイドの取入口とオスの医療専門家の冠状心臓病のための危険間の関係。 アンのインターンMed。 9月1996日1日; 125(5): 384-9。

13. Burkhardt S、タンDX、マンチェスターLC、Hardeland R、Reiter RJ。 モンモランシーおよびBalatonの鋭いチェリー(サクラ属のcerasus)の酸化防止melatoninの検出そして定量化。 J Agricの食糧Chem。 10月2001日; 49(10): 4898-902。

14. で利用できる: http://pubs.acs.org/pressrelease/jafc/release3.html。 2005年12月15日アクセスされる。

15. で利用できる: http://www.wholehealthmd.com/print/view/1,1560,SU_10015,00.html。 2005年12月15日アクセスされる。

16. で利用できる: http://www.wjla.com/news/stories/1005/272655.html。 2005年12月15日アクセスされる。

17. で利用できる: http://www.fda.gov/bbs/topics/news/2005/new01246.html。 2005年12月15日アクセスされる。

18. で利用できる: http://www.cfsan.fda.gov/~dms/chrylist.html。 2005年12月15日アクセスされる。

19. で利用できる: http://aspartametruth.com/ blaylock/interaction.html。 2005年12月15日アクセスされる。

20. で利用できる: http://www.inmotionmagazine.com/ geff4.html。 2005年12月15日アクセスされる。

21. 正常なブドウ糖の許容の患者のSasso FC、Carbonara O、Nasti R、等ブドウ糖の新陳代謝そして冠状心臓病。 JAMA. 4月2004日21日; 291(15): 1857-63。

22. 新陳代謝の危険率に対する食餌療法の砂糖のReiser S. Effectは心臓病と関連付けた。 Nutrの健康。 1985;3(4):203-16.

23. パンプロナR、Bellmunt MJ、Portero M、atherogenesisのglycationのPrat J. Mechanisms。 Medの仮説。 3月1993日; 40(3): 174-81。

24. レイエスFG、Valim MF、Vercesi AE。 ミトコンドリアの呼吸に対する有機性総合的な食品着色料の効果。 食糧Addit Contam。 1月1996日; 13(1): 5-11。

25. Jagerstad M、熱処理された食糧のSkog K. Genotoxicity。 Mutat Res。 7月2005日1日; 574 (1-2): 156-72。

26. Sasaki YF、川口町S、Kamaya A、等。 8つのマウス器官との彗星の試金: 39の現在使用された食品添加物との結果。 Mutat Res。 8月2002日26日; 519 (1-2): 103-19.

27. Tsuda S、Murakami M、Matsusaka Nの等赤い食糧染料によって引き起こされた妊娠した、オスの鼠にDNAの損傷は口頭で管理した。 Toxicol Sci。 5月2001日; 61(1): 92-9。

28. Ashida H、橋本T、Tsuji S、金沢Kの第一次培養されたラットのhepatocytesの3アミノ1,4ジメチル5H pyrido [4,3-b]インドールの毒性に対するDanno G.の食品着色料の相助効果(Trp-P-1)。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 6月2000日; 46(3): 130-6。

29. Tjaderhane L、Larmas M。 高いサッカロースの食事療法は成長するラットの骨の機械強さを減らす。 J Nutr。 10月1998日; 128(10): 1807-10。

30. Veromann S、Sunter A、Tasa G、等食餌療法の砂糖および塩は激流の開発のための本当の危険の要因を表す。 Ophthalmologica。 7月2003日; 217(4): 302-7。

31. Michaud DS、劉S、Giovannucci E、等前向き研究の食餌療法の砂糖、glycemic負荷および膵臓癌の危険。 Jの国民の蟹座Inst。 9月2002日4日; 94(17): 1293-300。

32. Molteni R、Barnard RJ、Ying Z、ロバーツCK、ゴーメッツPinilla F。 高脂肪の、精製された砂糖の食事療法はhippocampal頭脳得られたneurotrophic要因、神経の可塑性、および学習を減らす。 神経科学。 2002;112(4):803-14.

33. Blacklock NJ。 サッカロースおよび独特の腎臓の石。 Nutrの健康。 1987;5(1-2):9-17.

34. Moerman CJ、Bueno de Mesquita HBの胆汁地域癌の病因学のRunia S. Dietaryの砂糖の取入口。 Int J Epidemiol。 4月1993日; 22(2): 207-14。

35. Kruis W、Forstmaier G、Scheurlen C、腸の運輸、胆汁酸の新陳代謝および細菌の発酵に対する食事療法のStellaard F.精製された砂糖で低く、高いEffect。 腸。 4月1991日; 32(4): 367-71。

36. 若者のYudkin J、Eisa O. Dietaryのサッカロースそしてoestradiolの集中。 アンNutr Metab。 1988;32(2):53-5.

37. De Stefani E、Deneo-Pellegrini H、Mendilaharsu M、Ronco A、Carzoglio JC。 食餌療法の砂糖および肺癌: ウルグアイの場合制御の調査。 Nutrの蟹座。 1998;31(2):132-7.

38. で利用できる: http://www.fda.gov/foi/warning_letters/g5531d.htm。 2005年12月15日アクセスされる。

39. で利用できる: http://www.fda.gov/opacom/morechoices/mission.html。 2005年12月15日アクセスされる。

40. で利用できる: http://www.finance.senate.gov/のsitepages/hearing111804.htm。 2005年12月15日アクセスされる。

41. で利用できる: http://thomas.loc.gov/。 2005年12月15日アクセスされる。

42. で利用できる: http://www.house.gov/ポール/congrec/congrec2005/cr111005.htm。 2005年12月15日アクセスされる。

43. で利用できる: http://www.fda.gov/opacom/laws/dshea.html。 2005年12月15日アクセスされる。

44. で利用できる: http://www.arthritis.org/資源/arthritistoday/2002_archives/2002_09_10_OnCall.asp。 2005年12月15日アクセスされる。

45. Blando F、Gerardi CのNicoletti I.の酸っぱいチェリー(機能食糧のための原料としてサクラ属のcerasus L)のアントシアニン。 J Biomed Biotechnol。 2004;2004(5):253-8.

46. マルチネーゼによってB. Novartisはeczemaの薬剤の癌の警告が戦う。 ウォールストリート・ジャーナル。 2005年4月8日。

47. Bresalier RS、Sandler RS、Quan Hは大腸のアデノーマのchemopreventionの試験のrofecoxibと、等心血管のでき事関連付けた。 NイギリスJ Med。 3月2005日17日; 352(11): 1092-102。

48. Topol EJ。 公共のhealthrofecoxib、メルクおよびFDAの失敗。 NイギリスJ Med。 10月2004日21日; 351(17): 1707-9。

49. マルチネーゼB.メルク文書はVioxxの法廷闘争のライトを取除いた。 ウォールストリート・ジャーナル。 2005年2月7日。