生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年6月
イメージ

斜めの媒体は、利害衝突補足の調査の調査結果を歪める

Lyle MacWilliam著、MSc、FP

カルシウム ビタミンDの調査は台なしにした

二重盲目$18百万はカルシウムおよびビタミンDを与えられたpostmenopausal女性は情報通のひびのより危険度が低いのがあるかどうかテストするように偽薬制御の女性の健康の初めの調査設計されていた。9 これで炭酸カルシウムの形のカルシウムの調査、1000のmgおよびビタミンD (一般に年配の患者にほとんどの医者が推薦する同じ適量)の400のIUは8年間続かれた介在のグループに毎日提供された。

カルシウムおよびビタミンDを受け取っている女性がヒップ骨密度のより大きい保存を示す間、すべてにひびのより危険度が低い非重要な12%があった。 しかしどんなほとんどの媒体のレポートを表わされなくてか調査の端によって行うそれ、規定された毎日の取入口との承諾は59%だけだった。 すなわち、調査の関係者の十分に41%はカルシウムおよびビタミンDの規定された毎日の適量を取ることを止めた。 さらに、24%はもはや不従順の補足のうちのどれもそれが劇的に2グループ間の相違を減らした水平に取っていなかった。

この予想に反して低い承諾率および多くだった写し出された情報通のひびはより観察される率減らした調査の力を評価する二度無価値の48%に。 その結果、試験に、設計されているように、何でもひびの危険の相違の最も大きいの検出する不十分な力があった。

これおよび他の欠点にもかかわらず、データはニューヨーク・タイムズが利益の「ヒント」を呼んだこと大抵彼女達の所定のregimemに続いたそれらの女性はひびの統計的に重要な29%の減少があった、60の年齢にわたる女性はひびの低下の危険の統計的に重要な21%の減少を経験したことを示し。

行方不明の情報、間違った結論

2月16日ニューヨーク・タイムズの記事に従って、ひびの29%の減少は(彼女達の所定の養生法に大抵付着したそれらの女性のために)利点のただの「ヒント」を提案する。

骨粗しょう症から、助言される時保護するためには女性は代りにひびを防ぐために臨床試験で示されていた複数の処方薬を取ることを考慮するべきである。

時の記事は述べない十分なカルシウムおよびビタミンDが時だけ他のために、薬剤は効果的に働くがこれらの薬剤のいくつかのために、利点が簡単なビタミンDおよびカルシウム補足によって得られるそれらより適度であることを。16

致命的な調査の欠陥: マグネシウムおよび他の鉱物を除いて

女性の健康の初めの調査の設計で、著者はひびの危険を減らすことがカルシウム以外要因によって決まるという事実を見落とした。 調査はである、不足は病気ことをの開発の中心的役割をマグネシウムが骨粗しょう症を扱い、防ぐことで同じように大切担うことを示し。10

マグネシウムの補足は年齢関連の骨粗しょう症を防ぐのを助けるかもしれない余分な骨の転換を抑制すると信じられる。それが また骨のミネラル マトリックスの強化に貢献し、ビタミンDの適切な機能のために重大である11。 それはマグネシウムの取入口が半分についてカルシウム取入口のそれべきであること確立している。12

特に、postmenopausal女性はおよび骨粗しょう症との女性に一般に低い骨のマグネシウムの内容があり、非osteoporotic女性で見られないマグネシウムの不足の他の表示器を表わす。13,14の 調査は骨粗しょう症関連のマグネシウムの不足がビタミンD (D)それから腸のカルシウム通風管および骨の再吸収を禁じる1,25 dihydroxyビタミンの活動的な形態の低い血レベルと関連付けられることを示す。14

その結果、また彼女達のマグネシウムを増加しないで取入口ように彼女達のカルシウム取入口を高めるpostmenopausal女性はカルシウムがマグネシウムと吸収のために競うので女性の健康の率先の場合にはそうマグネシウムの吸収を減らす調査できるだった。15 この文脈の中では、研究者の失敗は$18百万調査のための害の明らかで、責任のない手落ちを支持して、カルシウムおよびビタミンDと共に含むマグネシウムの補足を強く調査結果に偏った。

なお、出現の研究はほう素、亜鉛およびケイ素のような付加的な鉱物がまた健康な骨を維持するために重大かもしれないことを提案する。 (「骨粗しょう症を見なさい: 骨の損失を戦うためにカルシウムが他の栄養素といかに結合するか」生命延長、2005年1月。) 女性の健康の初めの調査の失敗はこれらの重要なミネラル栄養素の影響を検査する更に調査の調査結果を妥協するかもしれない。

他の破壊的な設計失敗

他の複数の要因は女性の健康初めのカルシウム試験の影響を腐食させることを共謀する。 1つのために情報通のひびの危険に対する僅かな効果をもたらすために、調査のビタミンDの1日あたりの400のIUの規定された適量は既に示されてしまった。17,18 実際、利点を支えるあたりのまたは高の600のIU 1日の線量で調査のほとんどはビタミンDを提供する。19-23

さらに、介在および比較のグループ両方の女性半分のより多くは調査の介在の解釈を混同する増加の骨のミネラル密度に既に知られていたエストロゲンのホルモン療法を取っていた。 さらに、比較のグループのそれらを含む調査の関係者全員が、カルシウムおよびビタミンDの彼らの個人的な使用を続ける割り当てられた。 従って、それは普通カルシウム ビタミンDの補足を取る制御グループの女性(人)の何人か実際に所定の日額を取らなかった介在のグループのそれらの女性の多数よりより多くのカルシウムそしてビタミンDを取っていたことかなり考えられる。 当然結果は複雑だった!

もう一つの重要な弱さは試験で使用されるカルシウムのタイプである。 炭酸カルシウムに低い容解性があり、市場のカルシウムの最少のbioavailable形態の1つである。 カルシウムのこの形態の吸収は胃酸味によって非常に決まる。 胃酸の正常なレベルを持つ人々は炭酸カルシウムの補足のカルシウムの22%だけを吸収する。

なお、調査は私達が老化すると同時に、胃酸のおびただしい量を作り出す私達の機能は衰退することを示す。 postmenopausal女性で非常に初めの調査が40%に胃酸が不十分かもしれない演説したおおよそ女性の健康を分けなさい。 80年代の15,24の調査は不十分な胃酸を持つ患者が炭酸カルシウムの口頭線量の4%同様に少しを吸収することを明らかにした。25 (カルシウムの形態が45%に増加するこれらの同じ個人のbioavailableカルシウム クエン酸塩変わった時、吸収に。) その結果、女性の健康の初めの調査で、それは介在のグループの40%まで4%小さい吸収していた、または毎日カルシウム取入口の40 mg、ことができること推定する。 単独でこの事実はそうひどく調査結果を全体で無視することは十分かもしれないこと調査を妥協する。

調査にもかかわらず明らかな手落ちは媒体に反対に結果がより古い、postmenopausal女性の骨の健康でカルシウムおよびビタミンDの肯定的な効果の証拠を提供することを女性の健康の初めの調査がカルシウムおよびビタミンDの利点についての長持ちの確信を払いのけること、著者結論する回り。

1つはこの$18百万浪費きちんと設計されていた結果であるかもしれない何が初めにイメージだけできる。

食餌療法の修正の試験の結果は混合した

2006年2月8日に、 (JAMA) 米国医師会医学総合誌は8年からのデータ、$415百万女性の健康の初めの食餌療法の修正の試験、48,835人のpostmenopausal女性を含む行なわれた最も大きい長期試験の1に基づいて3つの調査を出版した。

この食餌療法の修正の試験はテストするようにかどうか野菜、フルーツの高められた取入口との脂肪質に沿う合計の食餌療法パターン低速を作り出すように意図されている行動の介在設計され穀物postmenopausal女性の心循環器疾患、乳癌および大腸癌の危険を減らす。 老化した女性は50-59食餌療法の介在または比較のグループに任意に、毎日のカロリーの取入口の20%に介在のグループの総食餌療法の脂肪質取入口を減らすために割り当てられた。 第一次結果は致命的で、重大でない心臓でき事または打撃の26侵略的な 乳癌、27および 侵略的な大腸癌だった。28 それぞれこの3第一次結果の別の調査で報告された。

介在と比較のグループ間の脂肪質取入口の相違は20%であると期待された。 但し、介在のグループはこの設計目的の70%だけを達成した。 これは調査の統計的な力の相当な損失を(40%から60%まで及ぶ)結果硬貨を弾くこと約ある3のそれぞれの減少を検出するもたらした。 すなわち、珍しく大きいサンプルの大きさにもかかわらず、女性の健康の初めの調査は1つがあったら、相違を検出する劇的に動力不足そして特にことができた。

これらのような調査は大きいサンプルの大きさの非常に動力を与えられた試験および比較的まれなでき事を検出するために介在と比較のグループ間の明確な差別が要求する。 (それは毎日ない、結局、人が心臓発作か癌で死ぬ。) その結果、女性の健康の初めの試験で、減らされた脂肪質取入口の非常に大きな効果だけ変更を重要統計的にしよう。 どれもなかったことを別の方法を、保護利点の証拠の欠乏意味しない置きなさい。 これらの限定がすべての3つの調査ではっきり報告されたが、含意はマスコミによって理解されなかったし、または無視されなかった。

最後に、この3部の試験の関係者の複数はまた2つの他のランダム化された調査に加わった。 それは他のこれら二つの調査の女性の健康の初めのホルモンの取り替えの試験および女性の健康の初めのカルシウムの処置養生法が食餌療法の介在の効果を試験混同したかどうか明白でない。

脂肪質取入口および心循環器疾患の危険

心血管disease26の危険に対する総食餌療法脂肪減少の効果を調査する女性の健康の初めの調査は総食餌療法脂肪の長期減少が冠状心臓病、打撃、または心循環器疾患の危険に影響を与えなかったことが分った。 しかしそれは適度の、けれども重要、低密度脂蛋白質(LDL)およびdiastolic血圧を含む心循環器疾患の危険率の減少を、達成した。 脂肪の最も低い取入口および前の心循環器疾患無しに生鮮果実野菜の最も高い取入口があった、また女性のための心循環器疾患の危険の減少の方にまた傾向があった女性間の。 さらに、低脂肪の取入口があった介在のグループの女性は制御グループでそれらより冠状心臓病の危険度が低いのがあった。

しかしこの試験の力は設計基準と心筋infarct (心臓発作)および30%低くより写し出されてだった心循環器疾患の観察された発生によって規定されたそれに脂肪質取入口のレベルを下げる失敗によって不具になった。 心循環器疾患率の減少の検出の乏しい40%のチャンスと妨害されて、肯定的な見つけることのチャンスは硬貨のフリップよりより少しだった。 その結果、それは試験が心循環器疾患の危険の統計的に有効な減少を達成しなくても不思議ではない。 それにもかかわらず示すものは、ちょうど懸命に行動の介在によって総脂肪質取入口の劇的な減少を長い目で見れば達成することであるかいかにである。

調査は脂肪のタイプ、栄養の研究者および知らせられた消費者によって粗く同様に批判された特徴に関係なく総脂肪質取入口を減らすように設計されていた。 ニューヨーク・タイムズの投書では、1人の読者は研究者は「ラードとオリーブ油間の違いを!」生じなかったという事実を悲しむ女性の健康の初めの調査にかかわった彼女の母をリコールする、 私達が「よい」脂肪と「悪い」脂肪の違いについての1991年に(試験は設計されていたかときに)知っていたものを与えられて、健康で、不健康な脂肪の間で区別しない許し難い手落ちようである。 但し、この文脈の中では、調査結果は総脂肪の限定減少が心循環器疾患の危険のことを減少の限界値であるという私達の理解を促進する。

すべての脂肪を単に除去することは心血管の危険の減少へ答えではない知こと既に私達何を何人かの「専門家」によって提案され、何人かのレポーターによって記述されているように減らされた食餌療法脂肪の健康に対する影響の「限定的な答え」、であることどころか、調査の助けだけ確認する。

乳癌の低脂肪そして危険

前の調査のように、侵略的な乳癌27に対する脂肪質の減少の効果の女性の健康の初めの調査は 癌率の重要な減少を見つけなかった。 8年間のフォローアップ後で、食餌療法の介在のグループは近づいたがあったり、統計的な重大さ達成しなかった危険の減少の制御グループのレベルと比較された侵略的な乳癌の発生で9%の相対的な減少が。 蟹座は成長するために年、十年を取る場合がある。 調査の比較的短い時間枠を考えると、試験のより多くの時間を与えられてそれが進む予防の利点の証拠を明らかにしようことは可能性が高い。

乳癌。

友達でように、脂肪質の減少のターゲット・レベルに達する介在のグループの無力致命的に妥協した試験の力を調査する。 調査の設計は十分に強くなかった何でもしかし介在と比較のグループ間の変更の最も劇的の検出するには単に。

調査官は彼らの調査結果のある特定の傾向を指摘するために心配を取る。 小群の分析に余りに深く読込むことは紛らわしい場合もある間、乳癌の減少の方に試験のはじめに脂肪質取入口のハイ レベルが示したより強い傾向をあった女性はより全体として介在のグループ。 そのような変化は食餌療法の介在が乳癌に対する効果をもたらさなかったら期待されなかろう。 研究者はまた低脂肪食がestradiolの循環のレベルの15%の減少と関連付けられたことが、乳癌の危険性を高めるエストロゲンの形態分った。 見つけるこれは乳癌の処置のestradiolの減少の保護効果を示す他の臨床試験の結果に一貫している。29 同様に、これは食餌療法の介在が癌の危険性の減少に対する効果をもたらさなかったら期待されなかろう。

すべて統計的な重大さの境界をすすめる、および乳癌の危険の減少のための支える傾向を表わす二次調査結果はすることを設計した仕事をする診断力に欠けていた調査を残すこれ私達に第一次結果。 結果はより限定的ではなかったことそれはつまらない間、ほとんど原因「投げ出すサラダ」をではないし、1人のカナダのジャーナリストが提案したように「健康の助言をあきらめなさい」。

3の ページで 3続けられる