生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年6月

イメージ

媒体によって攻撃されるサプリメント


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon著

媒体は健康な生活様式およびある普及したサプリメントに対して攻撃を進水させた。 公衆は長い伝統がある科学的な主義を否定するこれらの熱狂的な媒体のレポートによって混乱の状態に押し出された。

私はすぐに生命延長メンバーが健康な 生活を 練習する人を冷やかすのに使用された調査に含まれていた間違いでいかにによって取りあげたか印象づけられる。

これらの偏りのあるレポート上の非道は生命延長メンバーに限られなかった。 ウォールストリート・ジャーナルの 第一面は 連邦政府が病気の処置に 代替的アプローチを疑うために 媒体に緑色航法燈を与えた紛らわしい新聞発表をいかにについての出したか痛烈なレポートを運んだ。 ウォールストリート・ジャーナルに従って:

「すべての試験の設計問題は結果が実際に演説するために仮定された質問に答えないことを意味する。 そして傷が付いたコミュニケーション努力はマスコミおよび公衆によって結果の広まった誤解をもたらした」。 1

読むことを約ある何を最初は信じ難いようであるかもしれない。 しかし私達が記述する調査が病気を防ぎ、扱う自然な方法についての事実上何も知っていない主流の医者によって行なわれたこと覚えなさい。

また調べるので、これらの傷が付いた調査を設計し、書いた医者の多数は病気の防止に嘲る低価格の自然なアプローチによってほとんどを得るために立った非常に薬品会社から財政の補償を受け取った。

媒体は言う: あなたがほしいすべての脂肪を食べなさい。

低脂肪食を食べてよくある病気を引き締める危険を減らすか。 媒体は大胆に利点が低脂肪食を食べている女性へないことを宣言することによってこの質問に答えた。 ワシントン ポストの 主要な記事の一致:

「低脂肪食心臓発作から保護しない女性、打撃、乳癌または結腸癌を」。は 2

この見出しの物語がしかし基づいていたこと調査は健康促進の脂肪(monounsaturatedとオメガ3の脂肪のような)と致命的なTRANSの脂肪 区別しなかった。 TRANSの 脂肪の消費過剰がアテローム性動脈硬化、癌 および 慢性の発火と関連していることが3-5ずっと昔に確立された。 6-12 なお、オメガ3およびオメガ6の脂肪酸のバランスを測定する試みがなかった。 西部の食事療法は多量のオメガ6の脂肪酸(例えば、トウモロコシ、ベニバナ油)およびオメガ3の脂肪酸の完全に不十分なレベルを含んでいる(魚油、亜麻仁およびクルミ オイルのような)。

「弁解」は低脂肪の調査が設計されていたときに何人かの研究者が与えたこれらの欠陥と直面されたとき、医者は友好的で、致命的な脂肪間の相違を知らなかったことだった。 事実は多量のTRANSの脂肪が証明されたキラーの間、友好的な脂肪はオリーブ油13-35、亜麻オイル36-43、および魚油を44-57の相談された 人命救助の利点好むことを 示す出版された科学的なデータが あったこれらの調査が 設計されていたり ときにことである。

研究者はまた関係者が実際に低脂肪食に続いたかどうかなかった厳格に監視する。 悪名高く滋養分の信頼できない表示器である食糧取入口のアンケートは使用された。

これらの調査の最も非道な欠陥は多分であるもの、7人の女性に付き1人が実際に低脂肪食の境界を達成した! 具体的には、「低脂肪の」グループの14.4%だけは実際に低脂肪食に続いた。 なお、「低脂肪のグループ」の総脂肪質取入口の平均減少は8.2%だけだった(飽和脂肪の取入口のちょうど2.9%減少と)。 この無価値の8.2%図が正確であると仮定して(すなわち、それは食糧アンケート完全に正確だった)、この数は病気の危険を減らすために他の調査がである必要示した脂肪質カロリーの減少のパーセントの近くに来ない。

これらの欠陥はこの数百万ドルの低脂肪食の調査を無益した。 しかしこれは減ら脂肪質の食事療法が医療補助を提供しないことを示す第一面の特集記事から主要な新聞を停止しなかった。

媒体は言う: カルシウムは骨を保護しない

推定上ことをカルシウムおよびビタミンDの補足を取った女性示した調査を取扱われた情報通のひびに対して最も論争の的になる媒体の物語の1つは保護を得なかった。 58

生命延長の私達は最初に活動的なグループがマグネシウム、亜鉛、マンガンをおよび最適の骨密度の維持に必要である他の栄養素を与えられなかったのでこの否定的な見つけることがあったことを考えた。

私達が調査の私達の手自体を得たときに実際に彼女達のカルシウムおよびビタミンDの補足を取った調査の女性が29%に 少数の 情報通のひび苦しんだことが分るために、 私達は 驚いた。 58は これ見出しが言ったことをに反対だった。 それは媒体が政府の否定的な新聞発表を信じ、明らかに実際の科学的な調査を読まなかったことなった。

多数は調査する主題をカルシウム ビタミンDの補足を取られなくて

偽薬と比較されたカルシウムおよびビタミンDの効力を評価する活動的な腕の多くの女性が彼女達のカルシウム ビタミンDの補足を取らなかったことを学ぶためにこの調査 では 衝撃的だった! 調査のレポートに従って、カルシウムおよびビタミンDを取るために割り当てられた女性の約40%は彼女達の補足の承諾の基準料金を達成しなかった!

全体の調査が集計されたときに、各グループの女性は彼女達のそれぞれのグループに(能動態および偽薬)公式に実際に調査の議定書に続いたかどうか、残った。 これは意味し実際に補足を取ったかどうか、活動的なグループ(カルシウム ビタミンDの補足がある1)の女性が数えられたことをカルシウム ビタミンDを取られるように。 この調査を行なった科学者に従って:

「関係者調査の薬物への彼らの付着にもかかわらず主要な結果のために続かれた、…」は 58

上記される「調査薬物」はカルシウム ビタミン Dの補足 である。 関係者が実際に有効成分を取ったかどうか調査が医学ジャーナルでの「それにもかかわらず」出版できるという事実は論理に挑む。 常識の適用はにもかかわらずどんな統計学者が論争するかもしれないかこの調査の調査結果を、無効にする。

偽薬のグループはカルシウムおよびビタミンDを取ることを割り当てた

それ以上調査の結果を混同して前にほしかったら偽薬のグループが複数のビタミン、カルシウムおよびビタミンDの補足を自分自身で取るようにした前代未聞の規則だった。 それは偽薬のグループの多数がカルシウムおよびビタミンDを取っていたことなった。 調査の設計に従って、偽薬の腕の部品だったので、そのほとんどが全くカルシウム ビタミンD.を取っていたのに、公式にカルシウム ビタミンDの補足を取っていなかった。

偽薬の関係者の多数がカルシウムおよびビタミンDだけ取るために仮定されたか)よりより多くの骨保護の栄養素を(を含むほう素、マグネシウム、亜鉛およびマンガン)活動的なグループ(だれが消費するかもしれないことを偽薬のグループが自由にmultivitaminsを取るという事実カルシウムおよびビタミンDは意味した。 だれが実際に骨保護の補足を取っていたか分けないことをによって、それはだった科学的な結論不可能な引くこと、けれども偽薬のグループ(と比べてグループの情報通のひび率に相違が割り当てたカルシウム ビタミンDの補足を(そのほとんどは 補足を取っていなかった)カルシウム、ビタミンDおよび他の 骨保護の 補足を消費していた)多数なかったことを媒体は大胆に主張した。

また許可される骨の建物のホルモンおよび薬剤

自身のカルシウム、ビタミンDおよび他の骨維持の補足を取る偽薬のグループがだけでなく、あったがまたグループが両方とも骨の損失を防ぎ、骨密度を元通りにするために知られているホルモン療法および薬剤を(bisphosphonatesおよびカルシトニン)取る割り当てられた。 資金を供給する$10,000,000に使われた連邦政府が事実上何でも与えられたこの調査。

媒体は大きく公衆を誤解させる

調査自体がひどく傷が付いている間、調査結果の媒体のゆがみはいまわしいの急に何もではない。 第一面のニュースはカルシウム ビタミンDがである証明された無益、けれども示されるずっと実際の調査補うことを宣言した:

「ビタミンDが付いているカルシウムを受け取っている女性は補う持っていた全体ヒップの骨のミネラル密度のより大きい保存を… 58

「付着性だった女性(調査の薬物の少なくとも80%取ったすなわち、人)、ビタミンDの補足のカルシウムは間で起因した情報通のひびの29%減少で… 58

「ビタミンDが付いているカルシウムの効果は…使用されたよりビタミンDの大量服用を要求するかもしれない 58

「調査の処置に」。付着した女性間にだけ利点があったことはまたもっともらしい 58

生命延長雑誌の6月2006日問題を 読取る ので、私がちょうど記述したが、これが現代薬の歴史の最も不完全に設計されていた調査の1つであるかもしれないことを示すことは安全である何をこのカルシウム ビタミンDの調査にさらにもっと深刻な欠陥がよりある。 これは日の主要なヘッドライン ニュースの物語の1つにそれを回すことから媒体を停止しなかった。

何百万のアメリカの女性はこれらの偽および紛らわしい見出しに基づいて彼女達のカルシウムおよびビタミンDの補足を放棄する。 これは骨粗しょう症を扱うために高い薬剤を販売する薬品会社のためのすばらしいニュースである。

グルコサミンの偏りのある攻撃

媒体の政治的迫害の次の犠牲者は膝の骨関節炎のために処置としてテストされた複数の代理店の1つのグルコサミンだった。

媒体の当てにならない物語は普通サプリメントで見つけられなかったグルコサミンの形態を与えられた厳しい膝の苦痛への穏やかの人々 調査に基づいていた。 何人かの関係者はグルコサミンのこの形態、他コンドロイチンの硫酸塩を単独で与えられたが、グルコサミンの組合せをおよびコンドロイチン、または薬剤Celebrex®は単独で受け取った。

この調査の結果は有望だったが、媒体は少し価値それをそのグルコサミン コンドロイチンの補足だった現われさせる方法で調査結果を歪めた。 いくつかの報道各社は関節炎の被害者がグルコサミンのことを取得によって彼らのお金を無駄にしていたことを宣言した。 これは強制的な見出しを作る間、書かれたものが実際の調査に正確に運ばなかった。

実際の科学的な調査からの調査結果は一緒に取られたグルコサミンおよびコンドロイチンが膝の厳しい関節炎に穏健派とのそれら で有効だった ことそれを明確にさせた。 59

3の ページで 2続けられる