生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年7月
イメージ

長寿の遺伝子および熱の制限

科学者は人命のスパンの延長に急速に先進技術の把握をキー言う
XI肇ウイルソン、PhDおよびポールC. Watkins、BioMarkerの医薬品のSM著、

生命延長基礎によって資金を供給され、カリフォルニア州北部のBioMarkerの医薬品で行なわれる起工の研究は老化することにおよび病気責任がある私達が100年間以上健康に住むのを助ける1日かもしれない技術および要因、また作戦解いている。

この記事では、私達は遺伝子発現および熱の制限のような人生の延長技術で劇的な進歩を論議する長く、無病の生命を保障するためにステップと共に今日取り始めることができる。

年は1890であり、ずっとちょうど生まれる。 45の熟した老齢期で死ぬ前に長い、充実した生活住み、家族を育て、キャリアを追求し、遺産を後ろ残すと期待される。 それは考えた19世紀の終わりに耐えられたアメリカ人の平均寿命の期待だった自然で、生産的な、充実した生活のスパン住んでいたことを。

今日、世界Factbookの2006の見積もりに基づいて、ブラジル人は77.85歳であるために71.97歳であるためにアメリカ人住んでいる平均すると住んでいるカナダ人は80.22年および81.25年に日本語に住んでいる。 最も開発された国家の1平均余命はゆっくり何人かの空想家はまたは長の何百年の終局の寿命を予知するが80年代半ばに増加し、最高になると期待される。 1800年代後期の私達の祖先のように、多くの人々はまだ今日実際に多くがないこともっぱら予測することができるそれをことを変えるために私達が平均余命が現在の保険統計データを見ることによってしてもいいことを信じ。

何が私達が老化する、要因が潜在的な最高の人命のスパンを定め率を制御するか。 Biogerontologistsは科学技術の最新の前進を使用して積極的にこれらの質問に、演説している。 生命延長基礎は資金および生物医学的な老化の研究を促進することの重要な役割を担った。 対照によって、国立衛生研究所は予算年齢関連の病気に老化および関係の生物学の研究2006の$28十億を合計した一年生植物のより少しにより0.1%投資する。

遺伝学の最近の進展、私達がどの位住んでもいいかおよびbiogerontologyが私達の遺伝子、食事療法で糸口を考慮する提供している、および環境が定めるゲノミクス。 これらの照会は私達がいかにまたより長く住み、より古くか成長と関連付けられる慢性疾患の重荷を取除くことによって私達の生命の質を改善してもいいか理解するように努める。

イースト、みみず、はえおよびマウスの長寿の遺伝子

老化の遺伝の基礎を調査している科学者はことをイーストのような科学的なモデル、みみずのある特定の遺伝子特別知り、それらの有機体の最高の寿命の深遠な影響を持つはえできる。 興味は人間の薬物発見の研究のための貴重な前臨床動物モデルとして役立つマウスのようなより高い有機体の同じような遺伝子の調査に今移っている。

そしてどの程度までいかに制御するまたは機能が異なった有機体か間で基本的な生物学的過程を、共有されるか、モデル有機体 の老化に影響を及ぼすために拡大しているあった遺伝子の数表1. 2に示すように長寿の遺伝子を捜している科学者の目的は、特定の分子細道の内で担う役割これらの遺伝子がいかに作用するか理解することである。 しかし主長寿の遺伝子は老化の実際の率に影響を与える要因で情報を提供する遺伝子であり、ある種類が他よりなぜについての長く住んでいるかライトを取除く。 科学者がちょうどこれらの遺伝子を識別し始めている間そのような遺伝子が複雑な進化および退化的なプロセスを調整するために責任があること、そしてそれ以上の調査が寿命両方延長および慢性疾患の防止に糸口を提供することを信じる。

イースト、はえ、みみずおよびマウスで識別される長寿の遺伝子はこれまでのところ生物的機能を定める集中的な調査の下にこれらの機能が延長寿命にいかに関連しているかあり。 重要な洞察力は現れている。 例えば、これらの非常に異なった種類間で共有される複数の遺伝子は新陳代謝の寿命と規則間の関係への糸口を提供するインシュリン シグナリング細道で作用するようである。 他の遺伝子は根本的にほ乳類の寿命を伸ばした熱の制限と関連しているようである。 寿命延長と少数の総カロリーをつなぐメカニズムを理解することは中央重要性をもち、強く生命延長基礎に興味を起こさせる区域である。

イースト、みみず、はえおよびマウスで見つけられる長寿の遺伝子

遺伝子

有機体

生物的機能か細道

年齢1/Daf 23

みみず

PI-3キナーゼ、インシュリンそっくりのシグナリング

Amp1/AMPK

みみず

活動化させたプロテイン キナーゼ、新陳代謝および圧力の応答、metforminはAMPKのレベルを高める

チコ

はえ

細道のインシュリンそっくりのシグナリング第2ステップ

Clk-1

みみず

イーストCoQ7の時計の遺伝子と同じようなミトコンドリアのポリペプチド

Ctl-1

みみず

カタラーゼ

Daf2

みみず

インシュリンそっくりのシグナリング、IGF 1そっくりの受容器

Daf16

みみず

トランスクリプション要因、圧力の抵抗

食べ2なさい

みみず

未知

Ghr

マウス

成長ホルモンの受容器

Ghrhr

マウス

ホルモンの受容器の成長ホルモン解放

Hsp70

はえ

熱衝撃蛋白質

Indy

はえ

ジカルボン酸の酸の輸送蛋白質

InR

はえ

Insulin/IGF 1そっくりの受容器

Klotho

マウス

ßグルコシダーゼの活動、インシュリン、IGF-1およびビタミンDの規則の膜蛋白質

Methuselah/CD97

はえ

圧力の抵抗および神経細胞コミュニケーション

MsrA

マウス

メチオニンのスルフォキシドの還元酵素

Mth

はえ

Transmembrane蛋白質、圧力の抵抗

古い1/old 2

みみず

受容器のチロシンのキナーゼ、圧力の抵抗

P53

マウス

腫瘍のサプレッサー蛋白質

P66shc

マウス

遊離基の生産

Pcmt

はえ

蛋白質のcarboxyl methyltransferase

Pit1/Prop1

マウス

下垂体の活動、小人症

SIR2/SIRT1

イースト、みみず、はえ

NAD+の依存したヒストンのdeacetylase、細胞の存続、新陳代謝、圧力の応答

芝地1

はえ

Cu/Znスーパーオキシドのディスムターゼ、酸化圧力

芝地2

マウス

Mnスーパーオキシドのディスムターゼ、酸化圧力

岩山

イースト、みみず、はえ

PIK関連のプロテイン キナーゼおよびrapamycinターゲット、栄養センサー

Upa

マウス

Urokinaseタイプのplasminogen活性剤

イースト: パン屋のイースト(Saccharomyces Cerevisiae); みみず: 回虫(線虫) (Caenorhabditisのelegans); はえ: ミバエ(ショウジョウバエのmelanogaster); マウス: ハツカネズミ(Musのmusculus)。

人間の長寿の遺伝子の覆いを取ること

科学者がまだによって動物でできる同じ方法で人間の長寿の遺伝子を処理できない間、人間に於いてのこれらの遺伝子の役割を識別し、理解するために、複数のinvestigationalアプローチは進行中である。

1つのアプローチは例外的な長寿を表わす家族の調査を含む。 これらの調査は100年にまたはより古い住んでいるかなりよりよい健康を、高血圧受継ぐために、百歳(人々)の子孫がように本当らしい糖尿病、心臓発作および打撃の流行によって測定されることを示した。これらの 個人の3長寿は非常に有利な高密度脂蛋白質(HDL)の比較的ハイ レベルおよび有害な低密度脂蛋白質(LDL)の低水準に、またHDLおよびLDL両方のより大きい分子のサイズに関連するようである。 特定の多形(ある特定の遺伝子の変化)を楽しむ例外的な長寿を受継ぐ大いによりよい健康および認識性能に加えるそれらの個人。4

これは例外的な長寿の表現型(遺伝および環境の影響によって定められる有機体の特徴、)へ人間の遺伝子の突然変異をつなぐ最初の例である。 突然変異はCETP (cholesterylのエステルの移動蛋白質、血しょう)として知られている脂蛋白質の新陳代謝にかかわる遺伝子にこの場合ある。 他のそのような遺伝子が本当らしい家族の同じような調査によって発見されるためにことを提案する。 遺伝子型(有機体の遺伝の構造)が延長無病の老化に導く場合があるこの種類の研究は識別を助けている。

同じ研究グループは最近脂蛋白質のレベルおよびサイズと関連付けられた別の長寿つながれた遺伝子を識別した。 遺伝子apolipo蛋白質C-IIIのための多形、かAPOC3は好ましい脂蛋白質のプロフィール、心血管の健康、インシュリンの感受性および長寿に、つながる。 長い寿命のためのあなたの健康そしてチャンスにいかに貢献するか5ちょうどそのような遺伝子が長寿に影響を及ぼす未解答の質問はか何残り。

私達の何人か生まれる遺伝の利点は別として、実質の質問は次のとおりである: 遺伝子が私達私達が住むのを助けるためにより長くおよびより健康処理できるすべての分け前あるか。 この質問への答えのために、私達はパン生地を上がらせる単一細胞の有機体のレベルで私達の照会を始める。

少し圧力はよい事であるかもしれない

90年代半ばでは、マサチューセッツ工科大学の教授は約30%増加するために母イースト菌の寿命を引き起こされた複本で現在ときのことをイーストの単一の遺伝子、発見した。 イーストの寿命は死ぬ前に娘細胞を作り出すために母細胞が分かれる回数のカウントによって測定することができる。 この物語はこの遺伝子は「直接動作するDNAを囲む蛋白質でSIR2として知られていたこの遺伝子の複本がまた50%大いにみみず(線虫C.のelegans)の寿命を伸ばし酵素のためにコードする」ことが分られたときにより強制的に育った。 今では有機体が圧力にいかにに関連して答えるかSIR2遺伝子および哺乳類の相同物、SIRT1は、関係に関する集中的な調査の焦点および機能である。

レオナルドGuarenteおよび彼の前の博士研究員、ハーバード大学に今あるデイヴィッドSinclair MIT教授は最近SIR2/SIRT1物語の後ろの興味深い歴史を記述する科学的なアメリカ人の記事を共著した。sirtuinsと 電話される老化、食事療法および環境のストレッサーによって遺伝学を接続するためにSIR2の遺伝子の親類は展開させたことそれがひっくり返す6。 これらの科学者は今緊張に満ちた環境に抗する有機体の能力にかかわる遺伝子が普通老化と関連付けられる低下を避けるボディの自然な容量を後押しできることを信じる。 有機体の応答は防衛および修理のための機能の増加のようである。 要するに、SIR2のようないわゆる長寿の遺伝子は健康状態を高め、寿命を伸ばすこと存続の遺伝子、である。

穏やかなストレッサーは、熱の制限のような、sirtuinの細道を活動化できる。 結果はDNAの損傷の改善されたDNAの安定性、高められた修理、改善された免疫機能、延長された細胞の存続および高められたエネルギー生産を含む有機体の新陳代謝の調整された転位、である。

Resveratrolの人生の延長利点

人間のための潜在的な関連性に更にこの物語を上げるキーの見つけることはsirtuinの活性剤と呼ばれるある特定の分子がこの細道を「」つけることができる発見である。 これらの分子の1つは、resveratrol、赤ワインおよびブドウのエキスにある。 さまざまな植物は圧力に応じてresveratrolを作り出す。 Resveratrolは科学者がことがresveratrol与えられたはえ分り、寿命の両方の表わされた顕著な増加を徐々に引出すときに特別の注意を引いた。 マウスの存続の調査はresveratrolのような混合物に答える生物的メカニズムがマウスで、また人間で節約されると信じられるので、現在進行中である。

老化に対する効果に加えて、resveratrolはまたずっと神経疾患の動物モデルで有効である。 Resveratrolはハンティントンの病気のみみずおよびマウス モデルの細胞死からresveratrolおよび他のsirtuin活動化のための治療上の潜在性はアルツハイマー病で混合することを保護し、提案するアミロイドのベータ毒性から保護する。7,8

生命延長基礎によって資金を供給され、カリフォルニア州北部のBioMarkerの医薬品によって行なわれる最近の調査はresveratrolが付いているブドウのエキスの重要で有利な効果を示した。 増加された寿命の生物的結果および動物モデルの神経疾患の改善は分子レベルで切り裂かれた。 特定の遺伝子と細胞細道間のリンクへのより詳しい調査は進行中である。

および他のsirtuinの活性剤は長寿の本の章より多くである物語の残りは私達が老化する率を制御するメカニズム複雑な何かを処理するのに必要なすべての分子細道、重大な遺伝子ターゲットおよび適した介在ポイントのより大きい理解を要求する。 BioMarkerの医薬品の私達はまた老化プロセスと関連付けられる慢性疾患の多くを得る危険を緩和するように試みている。 私達の重点はちょうど病気を扱わない老化と、関連付けられる病気を防ぐことに起こればある。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2