生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年1月
イメージ

I3Cは及び薄暗くなる

、二重行為の保護致命的な癌に対して自然 Dale Kiefer著

私達の自然環境の増加する毒性によって、癌に対して守ることはより長く、より健康な生命の探求の必須の部分である。 何百もの研究のドルの十億の支出にもかかわらず、癌の戦争はまだこの致命的な病気のほとんどの形態のための重要な治療を作り出すために持っている。 その結果、すべての健康に敏感な大人は癌防止の積極的な作戦を採用するように助言される。

幸いにも、科学者はブロッコリー、コロン、胸、甲状腺剤および他の癌をもたらす細胞変更から保護できるキャベツおよびクレソンのようなcruciferous野菜の隔離された驚くべき化学薬品識別し。1-12 多くの調査はことをdiindolylmethane (薄暗い)および前駆物質、インドール3 carbinol (I3C)野菜を含んでこれらから隔離される細目の混合物—持っている独特な癌戦いの利点を示した。 従ってこれらの混合物は人および女性両方のエストロゲンの新陳代謝をあり、胸変えるために、頚部および前立腺のそれらのようなホルモン依存した癌から保護する。

アメリカの癌協会に従って、十分な練習の食事療法そして欠乏は大人間のすべての癌の場合の約3分の1で関係する。13 ある特定の1.3百万の以上新たな問題が2005年の改善された食餌療法に診断されると期待されたおよび練習の習慣はだけことちょうど1年の成長癌から400,000人以上のアメリカ人を防ぐのを助けることができる。

結腸癌は、例えば、直接cruciferous野菜の混合物によって禁じられると信じられる癌間にある。 アメリカの癌協会は2005年にそれを推定する、結腸癌の100,000以上の新たな問題は診断され、56,000人以上のアメリカ人はこの恐れられた病気で死んだ。 ショーを調査する14前立腺癌、またcruciferous野菜、1,2,11,15の混合物によってである 米国の人間の癌関連の死の第2一流の原因妨害される。 病気からの200,000以上の新しい前立腺癌の場合そして30,000の死は2005年に期待された。 女性の間で、乳癌は病気で死ぬと期待される2005年にであるおよび期待されて約212,000の新たな問題が対等に破壊的、以上40,000人の女性。14 はっきり、これらおよび他の癌に対して高められた保護のための必要性がある。 cruciferous野菜の癌戦いの混合物がそれらの乳癌の場合のちょうど3分の1を防ぐことができれば多分13,000またはより多くの生命は救われたかもしれない。

現在の研究の状態を与えられて、cruciferous野菜の消費を救う生命を高めたのは安全策である。 疫学的な証拠はcruciferous野菜の豊富な消費がより低い乳癌の危険に関連することを提案する。 例えば、中国の最近の調査はより大きいcruciferous野菜の消費が「中国の女性間のかなり減らされた乳癌の危険と」。関連付けられたことを結論した16

化学転換の健康促進

皆が一貫して癌の危険性を減らすために示されていたcruciferous野菜を食べない。 さらに、またこれらの野菜の抗癌性のphytonutrient内容に自然な可変性がある。

科学者にcruciferous野菜の有利な混合物を得る念願がある。 cruciferous野菜の癌の保護にglucosinolatesとして責任があるbioactive栄養素の1つグループは知られている。 人間によって消費されたとき、glucosinolatesはI3Cのようなsulforaphaneそしてインドールのようなisothiocyanatesを含む非常に有利な混合物に変えられる。 これらの混合物はボディ内のさまざまなメカニズムによって癌を禁じると信じられる。17

isothiocyanatesへのglucosinolatesの転換は複数の方法で自然に起こる。 1つの方法はミロシナーゼの存在、cruciferous野菜の細胞で見つけられる酵素によってある。 但し、cruciferous野菜を調理するプロセスは自然に利用できるミロシナーゼの多くを破壊する。 調理されたcruciferous野菜から得られるGlucosinolatesはまだボディ、とはいえ大いにより少しの中のisothiocyanatesにミロシナーゼが利用できるとき効率的により変えることができる。 この転換は原産の腸の細菌がglucosinolatesを加水分解するコロンに起こることができる。18,19 最も強力のの中に、豊富で、重要なglucosinolateの派生物はI3Cである。

I3Cの驚くべき効果

cruciferous野菜が多数の有利な混合物を供給する間、I3Cは「あなたのブロッコリー」を常にあっているずっとよい栄養の助言が食べる真意である。 栄養の生物化学のジャーナル の最近の記事に従って、インドール3 carbinol (I3C)、cruciferous野菜の主生物活動的な食糧部品に、多数のanticarcinogenicおよびantitumorigenic特性が」。あること「preclinicalおよび臨床証拠を取付けて示しなさい[s]たくさん の年に世界的の何百万消費される物質は本来安全であることそれが明らかなようであるかもしれないが6、科学者はこの重要なphytonutrientを今吟味してしまった。 多数の細胞培養、動物および人間の調査はI3Cの安全および許容範囲、癌の成長を 抑制し、胸、前立腺、endometrialと、白血病関連付けられる引き起こすそれらを含むいろいろな腫瘍のプログラムされた細胞死を、目標とされた機能と共に20-22をおよび結腸癌示した。1

多くの科学者はI3Cがある特定の好意的に人体のエストロゲンのバランスに影響を及ぼす機能に癌当然の胸、頚部、および前立腺としてホルモン依存した癌そのようなに対して保護で特に貴重であると考慮する。1,22-26 例えば、I3Cは異常な細胞再生にかかわる蛋白質の生産との干渉と腫瘍サプレッサー蛋白質の生産を促進することによって癌細胞の成長を停止させる。1,27,28

最近注意される1人の研究者ように「I3Cは… [s]細胞周期、細胞増殖、信号のtransductionおよび他の細胞プロセスの制御のために重要である多くの遺伝子を調整する、I3Cの[有利な倍数]効果を提案する。2

I3Cはまたその癌のapoptosisに抵抗する細胞プロダクトの生産との通常干渉によって癌細胞のapoptosis (プログラムされた細胞死)を引き起こすために元帥示されていた。1,29

レバーおよび腸のライニングでは可能性としては化学薬品を癌もたらす有害のボディを解毒するために責任がある重大な酵素システムの作用を高めると、I3Cは、信じられる。 そのような有毒物質は食糧か飲み物で摂取されるかもしれなかったりまたは環境の接触を通って吸収される。 技術的に段階Iおよび段階IIの酵素として知られているこれらの酵素システムは、それらを解毒するために歓迎されない混合物の化学構造を変える。21,30,31

最近出版された研究はangiogenesisことをとの干渉によって癌を防ぐためにI3Cがまた働くかもしれないことを癌に対するボディの防衛に重大なプロセス提案する。 新しい血管のAngiogenesisの形成は癌に対する戦いの主要な潜在的なターゲットと腫瘍が栄養素のために頼る酸素長くことみなされ。さらに 1,32、研究はI3Cがまたインターフェロンのガンマにより敏感になるために乳癌の細胞を引き起こすことを病気からボディを保護することとの重要な免疫組織化学準示す。33

薄暗い補足物I3Cいかに

多くの科学者はI3Cの有利な効果が主な副産物の1つ、diindolylmethaneによって部分的に運転されるか、または薄暗くしなさいことを信じる。例えば 34,35、薄暗い最近乳癌の細胞によって有利なインターフェロンのガンマの生産を促進するために示されてしまった。 カリフォルニア大学の科学者に従って、バークレーは、「この新しい効果」。ことを[インターフェロンのガンマ]第一次のおよび移植された腫瘍の開発を防ぐことの重要な役割を担うことそれが有名であるので薄暗いの抗癌性の効果を説明するために重要な糸口を提供するかもしれない36 最近、薄暗い胸、前立腺および子宮頸癌・の細胞の細胞圧力の応答の細道を活動化させる細胞培養を使用している科学者はまた示した。 この応答は十分な栄養物の奪い取られる細胞の反作用をそれ以上まね破壊への細胞の感受性を高める。37 他の調査で、研究者は薄暗くし、I3Cが前立腺癌の細胞の細胞死を引き起こすことを示した。15,29

ウェインの州立大学の医科大学院の科学者は最近「I3Cおよび薄暗い発癌、細胞の存続および生理学的な行動の制御と」。関連している多数の遺伝子の表現に影響を与えたことに注意した15

I3Cのように、また停止する腫瘍が存続および転移のために要求する新しい血管の成長を薄暗くしなさい。 この最近発見された抗癌性の活動(反angiogenesis)は重要である。 癌の両方細胞培養の試金および生きた動物モデル、薄暗い劇的に減らされた生化学的なマーカーの少量の、バークレー カリフォルニア大学の研究では、angiogenesisのおよびかなり妨害される新しい容器の成長の率。 「これは最初の調査示すために注意されるできる」、薄暗い強く[動物]モデルの人間胸の腫瘍の開発を禁じ、この食餌療法のインドールのantiangiogenic特性に証拠を提供」。科学者「である8

estradiolの水晶の顕微鏡写真。 自然なか半合成形態でEstradiolの自然なエストロゲンの最も有効のが、menopausal徴候を扱うのに使用されている。

エストロゲンの関係を飼いならすこと

I3Cの行為の多分単一の最も重要なメカニズムおよび薄暗いのエストロゲンの新陳代謝を調整している。 これはエストロゲンの受容器が事実上あらゆるタイプの両方の人および女性のボディのティッシュの表面にあるあり、複数のホルモン依存した癌とので関連付けられる。 ボディが変更する38は劇的に異なった生物活動の混合物に導く2つの相互独立的な細道によって、または、エストロゲン新陳代謝する。 Estradiolは循環の第一次エストロゲン、および最も活動的のの1つである。 それは他のいくつかの化学薬品、estrogenic活動のある程度とのすべてに新陳代謝する。

酵素2ヒドロキシラーゼおよび16アルファ ヒドロキシラーゼの助けはエストロゲンを新陳代謝させる。 数年前に、科学者は2-hydroxyestrone (2-OHE1)を発生させる2ヒドロキシラーゼの細道の方の好みが乳癌の減少で起因するべきである循環のより少ない有毒なエストロゲンで起因することを仮定した。 一方では、それらは、エストロゲンの優位がエストロゲンのもっと生物学的に有効な形態のすばらしい量に細道一流16アルファ ヒドロキシラーゼによって新陳代謝しがちである女性16アルファhydroxyestrone (16a-OHE1) —乳癌のより大きい危険を経験するべきである推論した。

ORDETとして知られていた調査の2000年に、科学者は以上5年、検査の食事療法および他が乳癌の危険との準を考慮する上の10,000人以上のイタリアの女性で集まったデータを分析した。39

研究者は調査の始めに「よい」2-OHE1 「悪い」16a-OHE1のより高い比率が乳癌の減らされた危険とかなり関連付けられたことが分った。 異なった人口のそれに続く調査はこの見つけることにサポートを貸した。16は より高い2-OHE1の胸そして他のホルモン準癌の危険のための表示器とこれら二つのエストロゲンの代謝物質の比率今広く、みなされる: 16a-OHE1比率は好ましい考慮した。16,35,40,41

それに続く調査では、科学者は2-OHE1間の連合を検査した: 16a-OHE1比率および前立腺癌の危険。 調査の結果が統計的な重大さを達成しなかったが尿の高い2-OHE1レベルは高い16a-OHE1尿のレベルは前立腺癌の高められた危険と関連付けられたが、前立腺癌の減らされた危険を提案した。 16a-OHE1の高い値の人は二度同様に本当らしかった2-OHE1のハイ レベルを持つ人前立腺癌を経験するために。42

I3CはI3Cの倍力の消費2-OHE1の比率危ない16アルファ ヒドロキシラーゼの細道からの2ヒドロキシラーゼpathway.43-46へestradiolの新陳代謝を移すことでその結果有効ようである: 頚部、前立腺および頭頸部癌を含む胸そして他の癌の減らされた危険に、関連する16a-OHE1。16,38,47-53

ノートのもう一つのエストロゲンは4-hydroxyestroneの成長促進の効果の比較的有効なエストロゲンである。 薄暗い4-hydroxyestroneレベルを増加しないようではなくI3Cがかなり人間の4-hydroxyestroneレベルを増加することを利用できる研究ははっきり示さない。 例えば、人間のボランティアのI3Cの線量及ぶ調査で、4-hydroxyestrogensはI3Cの日刊新聞の400 mgとの次の補足を高めたが、この増加は重要ではなかった。43

他の調査は実際にI3Cが4-hydroxyestroneの形成を禁じることを示す。 例えば、人間のI3Cの補足の後で尿の薄暗いレベルを評価する量的な調査はI3Cの補足が4-hydroxyestroneレベルを減らしたことを示した。54

明らかに4-hydroxyestrogensに対するI3Cの効果を査定するためにより多くの研究は必要であるが、利用できる科学的なデータの優位は一貫してI3Cの癌戦いの効果を支える。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2