生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年12月

イメージ

丸薬の幹細胞療法か。


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon著

2001年11月では、ミハエルWest先生は衝撃的な発表をした。 West's先生の実験室、高度の細胞の技術は、ちょうど最初の人間のES細胞を作成し、この進歩は再生薬のジャーナルで出版された。

West's先生の発表は世界中で即刻のヘッドライン ニュースになった。 高度の細胞の技術の科学者は彼らの意思が「クローンとして作られた人間を作成しないことだったがむしろ人間の病気の広い範囲のための人命救助療法を作ることはパーキンソンおよびアルツハイマー病のような糖尿病、打撃、癌、エイズおよびneurodegenerative無秩序を含んで」。調節することそれを明確にさせた1

主要な科学的な前進として先生の発見を予告するWest'sかわりに、連邦政府は人間のES細胞の研究を全体で不法とすることを試みた。 政府は幹細胞の科学者に対して処罰を制定し損う間、政府の資金を受け取った設備のES細胞の研究を禁止することをどうにかして。2つは この禁止の結果非常に少数の幹細胞療法が生命がそれらによって別の方法で救われるかもしれない何百万のアメリカ人に利用できることである。

過去5年間のために、長寿の熱狂者はES細胞の研究の禁止を持ち上げるように努めている手紙を持つ議会を殺到させた。

栄養素は幹細胞拡散を促進する

科学者が大人の幹細胞の活動のほとんどの仲間骨髄であるティッシュ。 毎日、骨髄の幹細胞は赤血球、白血球および血小板を作り出すために展開する。 これらの成長した細胞は重大な人生の支持機能を行う血流にそれから解放される。

骨髄の幹細胞の活動がと干渉されるとき、貧血症(赤血球の欠損)、neutropenia (専門にされた白血球の欠損)、または血小板減少症(血小板の欠損)のような病気は頻繁に診断される。 訂正されなくてこれらの条件のどれにより死を引き起こすことができる。

科学者は長く骨髄の幹細胞が成長した赤血球に区別することができるように葉酸、ビタミンB12および鉄が要求されることがわかってしまった。3-7 ビタミンDはcarnosineが老衰に近づく細胞を活性化させ、細胞寿命を伸ばす驚くべき機能を 示した一方免疫細胞の形成、8-11で重大であるために示されていた。12-28

このフルーツが正常な老化の結果として低下させる細胞機能を防ぎ、逆転できるブルーベリー ショーのような食糧の他の調査。29-36 ブルーベリーのエキスは老化させたラットの頭脳で増加のneurogenesisに示されていた。37,38の 緑茶の混合物は正常な細胞老化に対して多分保護を提供している間腫瘍の細胞の成長を禁じるために示されていた。39,40

これらの調査結果に基づいて、科学者は今ある特定の栄養素が頭脳、血および他のティッシュことをの取り替えの幹細胞の健康な更新の維持の重要な役割を担うことができることを推測している。 それはある特定の栄養組合せを幹細胞の取り替えを保証する条件の処置で使用するために可能、これらの科学者に従ってかもしれない。41-43

テストに置かれる理論

栄養素が健康な幹細胞拡散を促進するかもしれないこと仮説をテストするためには科学者は全食糧エキス、草のエキスおよび細目の混合物の広い範囲を選別した。43は 目的hematopoietic幹細胞拡散を促進することだった。 Hematopoietic幹細胞は骨髄の移植のために定期的に使用される大人の幹細胞である。 それらは骨髄に存在し、すべての細胞のタイプの血および免疫組織を発生させることができる。

この調査では、ほうれんそう、spirulina、astragalusおよび他の植物の混合物は人間の骨髄の細胞増殖を促進するための高い活動を示さなかった。 しかしブルーベリー、緑茶、ビタミンD3、およびcarnosineは線量依存した方法の骨髄の細胞の活動を高めると見つけられた。43

癌の化学療法の薬剤の共通の副作用は骨髄の損傷であり、免疫の抑制および他の血無疾患に導く。 医学の腫瘍学者はまた髄骨によって定期的にgranulocyte大食細胞のコロニー刺激的な要因(GM-CSF)のような高い薬剤を—自然に作り出される刺激する骨髄の幹細胞の活動を規定する。 これらの薬剤の処置は副作用の危険なしではない。44

この調査の科学者はさまざまな栄養組合せの茎の細胞促進の効果を評価するため肯定的な制御としてGM-CSFを使用した。 予想通り、GM-CSFはテストされたあらゆる単一の栄養混合物よりよかった骨髄の細胞増殖およそ46%を高めた。43

栄養素の組合せが、しかしテストされたときに、骨髄の細胞増殖のすばらしいパーセントはGM-CSFと比較されて行われた。 例えば、ブルーベリーおよびビタミンD3の組合せは骨髄の細胞の拡散の62%の増加を表わした。43 ブルーベリーおよびカテキン(緑茶のエキス)は70%骨髄の細胞増殖を高めた。 carnosineおよびブルーベリーが結合されたときに、観察された成長の昇進は83%…高い薬剤GM-CSFのそれより大きい効果かなりだった!43

緑の茶葉

次の科学者は表面の抗原受容器の表現で識別され、隔離することができる早い幹細胞のさまざまな栄養素をテストした、(例えば、CD34 +およびCD 133 +)。 GM-CSFの薬剤は48%これらを早い幹細胞、予想通り増加した。 しかしブルーベリー、緑茶、ビタミンD3、およびcarnosineの組合せは驚かす68%。43これらの幹細胞を高めた

ちょうど今年出版されるこれらの調査はさまざまで自然な混合物が人間の骨髄の細胞および人間の幹細胞の拡散を促進できることをはじめて示す。 これらの調査が生体外で行われる間、すぐに利用できる栄養素が年齢関連の骨髄の退化の今日の伝染病に対して相談するかもしれない保護効果という証拠を提供する。

これらの調査が老化する大人に意味する何を

退化的な病気に苦しむ人々は私達の自身の政府によってES細胞の研究妨害されなかった効果的に扱われたかもしれない日刊新聞の苦労に耐えた。

高齢者はそれらを感染症、癌および慢性の炎症性条件に傷つきやすくさせる不完全な免疫機能に耐える。 貧血症は医者が定期的に彼らのより古い患者の生命にかかわる赤血球の不足を見落とす年配者間でとても流行する、不必要な中心および悩障害で起因する。45

ES細胞はすべての区別された細胞を発生させることができるタイプ インするボディを。 ES細胞療法がすぐに利用できる今日、いくつかの年齢関連の病気の発生は落ちる。 残念ながら、中央政府官僚主義は不必要に苦しみ、死ぬために人間の治療上のES細胞の研究の進歩、および引き起こされた何百万のアメリカ人を窒息させた。

少数の科学者はいろいろ病気を扱うのを助ける大人の(骨髄の)幹細胞の使用で実験し始めた。 大人の幹細胞は頻繁にティッシュ特定で、ボディの特定のティッシュから成り立つ細胞のタイプだけ発生できる; 但し、時として、それらは細胞に他のティッシュで見つけられるタイプをTRANS区別してもいい。 残念ながら、これらの療法はまだ完全に開発されていないし、大部分のアメリカ人に主として利用できない。46

明るいニュースはこと若々しい骨髄の幹細胞の生産を維持するために生命機能する延長メンバーの既に使用がかもしれない栄養素の多数である。 それは魅惑的ビタミンD3を、ブルーベリー摂取して、緑茶およびcarnosineが貧血症、免疫の不足および他の骨髄の無秩序を逆転できるかどうか定めるために老化の人間の臨床試験を見るようにである。

長い生命のため、
イメージ
ウィリアムFaloon

参照

1. で利用できる: http://archives.cnn.com/2001/TECH/science/11/25/human.embryo.clone。 2006年8月2日アクセスされる。

2. で利用できる: http://www.hmnews.org/article2778.html。 2006年8月2日アクセスされる。

3. Koury MJ、Ponka P。 赤血球生成への新しい洞察力: folate、ビタミンB12および鉄の役割。 Nutr AnnuのRev。 2004;24:105-31.

4. 牙TCのアリソンの氏、骨によって髄得られる細胞のコックHTの等拡散は葉酸の酸誘発の激しい管状の傷害の後で再生に貢献する。 J AM Soc Nephrol。 6月2005日; 16(6): 1723-32。

5. Craciunescu CN、ブラウン欧州共同体、3月MHは、等遅い妊娠の間の葉酸の不足祖先の細胞増殖を減らし、胎児のマウスの頭脳のapoptosisを高める。 J Nutr。 1月2004日; 134(1): 162-6。

6. folate、ビタミンB12およびtranscobalaminの新陳代謝の無秩序によるZittoun J. Anemias。 Prat Rev。 6月1993日1日; 43(11): 1358-63。

7. Fishman SMのクリスチャンP、西KP。 貧血症の防止そして制御に於いてのビタミンの役割。 公衆衛生Nutr。 6月2000日; 3(2): 125-50。

8. 免疫組織の変調器としてマチューC、バンEE、Decallonne B、等ビタミンDおよび1,25-dihydroxyvitamin D3。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 5月2004日; 89-90 (1-5): 449-52。

9. Hypponen E. Micronutrientsおよびタイプ1の糖尿病の危険: ビタミンD、ビタミンEおよびニコチン酸アミド。 NutrのRev. 9月2004日; 62(9): 340-7。

10. Gysemansカリフォルニア、Cardozo AK、Callewaert H、等1,25-Dihydroxyvitamin D3は膵島のchemokinesそしてcytokinesの表現を調整する: nonobese糖尿病性のマウスの糖尿病の防止のための含意。 内分泌学。 4月2005日; 146(4): 1956-64年。

11. Aslam SM、Garlich JD、Qureshi MA。 ビタミンDの不足は肉焼き器のひよこの免疫反応を変える。 Poult Sci。 6月1998日; 77(6): 842-9。

12. Wang AM、Ma C、Xie ZH、センF。 人間のための自然な反老衰の薬剤としてcarnosineの使用。 生物化学(Mosc。)。 7月2000日; 65(7): 869-71。

13. Brownson C、Hipkiss AR。 Carnosineはglycated蛋白質と反応する。 自由なRadic Biol Med。 5月2000日15日; 28(10): 1564-70。

14. McFarland GA、carnosineによる培養された人間のdiploid繊維芽細胞の老衰のHolliday R. Retardation。 Exp.の細胞Res。 6月1994日; 212(2): 167-75。

15. McFarland GA、Holliday R。 培養された人間のdiploid繊維芽細胞に対するジペプチドL-carnosineの活性化の効果のためのそれ以上の証拠。 Exp. Gerontol。 1月1999日; 34(1): 35-45。

16. Yuneva MO、Bulygina ER、carnosineの勇敢なSCの等老衰加速されたマウスの年齢誘発の変更に対する効果。 Jの反老化Med。 1999;2(4):337-42.

17. Hipkiss AR、プレストンJE、Himsworth DTの等Pluripotentのcarnosine、自然発生するジペプチドの保護効果。 アンNY Acad Sci。 11月1998日20日; 854:37-53。

18. Holliday R、McFarland GA。 細胞維持に於いてのcarnosineのための役割。 生物化学(Mosc。)。 7月2000日; 65(7): 843-8。

19. Shao L、李QH、タンZ.L-carnosineは培養された正常な繊維芽細胞のtelomereの損傷そして短縮率を減らす。 Biochem Biophys Res Commun。 11月2004日12日; 324(2): 931-6。

20. Yuneva AO、Kramarenko GG、Vetreshchak TV、勇敢なS、Boldyrev AA。 ショウジョウバエのmelanogasterの寿命に対するcarnosineの効果。 Bull Exp. Biol Med。 6月2002日; 133(6): 559-61。

21. Hipkiss AR、Brownson C、Bertani MF、Ruiz E、老化させた蛋白質とのcarnosineのFerro A. Reaction: 別の保護プロセスか。 アンNY Acad Sci。 4月2002日; 959:285-94。

22. Stuerenburg HJ。 骨格筋の老化とneuromuscular病気に於いてのcarnosineの役割。 生物化学(Mosc。)。 7月2000日; 65(7): 862-5。

23. 勇敢なS、Semyonova M、潜在的な反老衰の薬剤としてYuneva M. Carnosine。 生物化学(Mosc。)。 7月2000日; 65(7): 866-8。

24. Boldyrev Aの歌R、ローレンスDの大工は。 Carnosineは反応酸素種に対する効果とは関係なくexcitotoxic細胞死から保護する。 神経科学。 1999;94(2):571-7.

25. Boldyrev AA、勇敢なSC、Sukhich GT。 Carnosineの保護の反老化のペプチッド。 Biosci Rep。 12月1999日; 19(6): 581-7。

26. プレストンJE、Hipkiss AR、Himsworth DT、Romero IA、Abbott JN。 不滅にされたラットの頭脳のendothelial細胞に対するベータ アミロイド(25-35)の毒作用: carnosine、homocarnosineおよびベータ アラニンによる保護。 Neurosci Lett。 2月1998日13日; 242(2): 105-8。

27. carnosineが遊離基に対して内生neuroprotectorであるというBoldyrev AA、Stvolinsky SL、Tyulina OV、等生化学的のおよび生理学的な証拠。 細胞のNeurobiol Molの。 4月1997日; 17(2): 259-71。

28. Horning MS、Blakemore LJ、Trombley PQ。 neuroprotectionの内生メカニズム: 亜鉛、銅およびcarnosineの役割。 頭脳Res。 1月2000日3日; 852(1): 56-61。

29. Braser P. Blueberriesはバランス、記憶を助けるかもしれない。 AP通信。 1999年9月17日。

30. Galli RL、Bielinski DF、Szprengiel A、Shukitt丈夫なB、ヨセフJA。 ブルーベリーはhippocampal HSP70 neuroprotectionの食事療法の逆の年齢関連の低下を補った。 Neurobiolの老化。 2月2006日; 27(2): 344-50。

31. Andres-Lacueva C、Shukitt丈夫なB、Galli RLの等老化させたブルーベリー与えられたラットのアントシアニンは中央にあり、記憶を高めるかもしれない。 Nutr Neurosci。 4月2005日; 8(2): 111-20。

32. ブルーベリーとのWang Y、チャンのCF、周Jの等食餌療法の補足、ほうれんそう、またはspirulinaはischemic悩障害を減らす。 Exp. Neurol。 5月2005日; 193(1): 75-84。

33. de RC、Shukitt丈夫なB、ヨセフJA、Mendelson JR。 senescent聴覚皮質の酸化防止剤の効果。 Neurobiolの老化。 7月2006日; 27(7): 1035-44。

34. Willis L、Bickford PのアメフリノキV、ムーアA、Granholm AC。 ブルーベリーのエキスはintraocular hippocampal移植の存続を高める。 細胞の移植。 2005;14(4):213-23.

35. Lau FC、Shukitt丈夫なB、ヨセフJA。 頭脳の老化に対するフルーツのポリフェノールの有利な効果。 Neurobiolの老化。 12月2005日; 26のSuppl 1:128-32。

36. Matchett MD、MacKinnon SL、Sweeney MIのGottschallパスKTのHurtaのRA。 ブルーベリーのフラボノイドはDU145人間の前立腺癌の細胞のマトリックスのmetalloproteinaseの活動を禁じる。 Biochemの細胞Biol。 10月2005日; 83(5): 637-43。

37. 老化させたラットの短期ブルーベリーの補足によるhippocampal可塑性のCasadesus G、Shukitt丈夫なB、StellwagenのHM、等調節および認識行動。 Nutr Neurosci。 10月2004日; 7 (5-6): 309-16。

38. ブルーベリー、ほうれんそう、またはいちごの食餌療法の補足の神経信号transduction、認識の、およびモーター行動の欠損の年齢関連の低下のヨセフJA、Shukitt丈夫なB、Denisova NA、等逆転。 J Neurosci。 9月1999日15日; 19(18): 8114-21。

39. 陳ZP、Schell JB、Ho CT、陳KY。 緑茶のepigallocatechinの没食子酸塩は顕著な成長に癌性細胞に対するない正常な同等に対する抑制的な効果を示す。 蟹座Lett。 7月1998日17日; 129(2): 173-9。

40. Wang YC、Bachrach U。 緑茶の特定の抗癌性の活動(-) - epigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)。 アミノ酸。 2002;22(2):131-43.

41. Whettonの広告、haemopoietic幹細胞の規則に於いてのcytokinesおよび細胞外のマトリックスのSpooncer E. Role。 Curr Opinの細胞Biol。 12月1998日; 10(6): 721-6。

42. cerebellarベータadrenergic機能の高い酸化防止活動の逆の年齢誘発の減少を用いる食糧で富むproinflammatory cytokinesのジェマC、Mesches MH、Sepesi B、等食事療法および増加。 J Neurosci。 7月2002日15日; 22(14): 6114-20。

43. BickfordのPC、タンJ、Shytle RD、等Nutraceuticalsは共働作用して人間の幹細胞の拡散を促進する。 幹細胞Dev。 2月2006日; 15(1): 118-23。

44. Demetri GDのグリフィンJD。 Granulocyteのコロニー刺激的な要因および受容器。 血。 12月1991日1日; 78(11): 2791-808。

45. で利用できる: http://www.aafp.org/afp/20001001/1565.html。 2006年8月2日アクセスされる。

46. で利用できる: http://www.cnn.com/2006/TECH/science/06/07/harvard.cloning.ap/index.html。 2006年8月2日アクセスされる。