生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年4月
イメージ

プロゲステロンの誤解

先生によってSergey DzuganおよびArmond Scipione

プロゲステロンの補足の2つの最近の調査は生命延長基礎によってが争ったものが過去12年間認可する: ボディの自然なプロゲステロン多数の医療補助の供給を元通りにして、バランスをとる血糖レベルを含んで相談し、正常な睡眠を促進し、心配および刺激的で新しい骨の成長を減らす。1,2

連続的な結合された養生法のホルモン補充療法へのプロゲスチン(総合的なプロゲステロン)の付加が、特に、単独でエストロゲンと比較される乳癌の危険性を高めることを管理された調査および観測の調査は最後の5年に提案する出版した。 臨床試験の結果が正確に総合的なプロゲスチンの混合物およびエストロゲンのプロゲスチンの組合せと関連付けられる危険を査定するかもしれない間、1データは自然なプロゲステロン使用された結果であるかもしれないものが総合的なプロゲステロンの代りに反映しない。2

最近の調査は循環方法の自然なプロゲステロンの付加が乳癌の危険を高めないことを提案する。 これらの調査結果はプロゲステロンが胸のティッシュに対する有害な影響をもたらさないことを提案する生体内のデータに一貫している。1

性質は人および女性にエストロゲンの強力な効果のバランスをとり、相殺するためにプロゲステロンを同様に与えた。 老化の女性の共通の心配の一部は体重増加、不眠症、心配、不況および片頭痛である。 他の女性のために、癌のようなさらにもっと衰弱させる条件、子宮のfibroids、卵巣嚢腫および骨粗しょう症は今生命の優勢な役割を担う。 人が老化するように、体重増加の不平、リビドーの損失、および上前立腺の拡大健康の心配のリスト。 多くの医者および科学者はこれらの徴候と条件間の共通リンクに気づいている。 その共通リンクは頻繁に2性ホルモン、プロゲステロンおよびエストロゲン間の不均衡である。

月経になる女性では、プロゲステロンは卵巣によって毎月作り出される2つの第一次性ホルモン(他のエストロゲンであること)の1つである。 月経の最初の14日の間に、卵巣はエストロゲンの増加する量を分泌する。 この2週間の期間は小嚢段階示される。 中途半端に女性の周期を通って、日14のまわりに、彼女の2つの卵巣の1つは排卵し、卵を解放する。 排卵の後で、卵が解放された破裂させた小胞は体のluteumに変形し、プロゲステロンを作り出し始める。 呼ばれる排卵に続く月経の部分はプロゲステロンによってluteal段階管弦楽に編曲される。 名前が意味すると同時に、プロゲステロンは(促進する)子宮を準備する妊娠(妊娠)のために。 卵が肥やし、妊娠が起こらなければ、プロゲステロンおよびエストロゲン両方の生産は期間(メンズ)に終って急速に、低下する。

妊娠が起これば、胎盤はプロゲステロンを分泌し始める(体のluteumはプロゲステロンを同様に作り出し続ける)。 体のluteumが妊娠を維持してもはや必要ではないこと実際、妊娠の第5月までに、胎盤自体は十分なプロゲステロンをそのような物分泌する。 プロゲステロンのこれらのハイ レベルは妊娠の持続期間のための排卵を締めている自然な避妊の代理人として機能する。

女性のプロゲステロンの血しょう集中は月経中変わる。 小嚢段階の間に、プロゲステロンの血しょう集中は1ミリリットル(ng/mL)あたり2つのnanogramsの下に一般にある。 妊娠のためにボディを準備するluteal段階中、プロゲステロンのレベルは28 ng/mLに上がることができる。 プロゲステロンの劇的増加は妊娠中行われる: 血しょうレベルは最初の学期の40 ng/mLに達するかもしれ100-200 ng/mLに受渡し日の近くに上る。3

プロゲステロンはコルチソル、テストステロンおよびエストロゲン(エストリオル、estradiolおよびestrone)を含む他のステロイド ホルモンへ主前駆物質、である。 プロゲステロンが血で循環するとき、90%は蛋白質またはアルブミンの一部分に区切られる。 小さいパーセントだけ(3%)自由循環する。4

女性のエストロゲンが月経閉止期で彼女のベースライン レベルの下で結局40-60%を落とすかもしれない間、彼女のプロゲステロンのレベルはより劇的に落ちることができる。 副腎がまだプロゲステロンを作り出すが、プロゲステロンの低下はボディの自然なホルモンのバランスをひっくり返す。 月経閉止期に従がって、女性のプロゲステロンのレベルはほぼゼロに落ちる。 

プロゲステロンの行為

プロゲステロンは再生に必要な仕事の重要な役割を担う。 妊娠のための準備を越えて、プロゲステロンに多数の多数がエストロゲンの行為に反対する機能に帰することができるかもしれないボディ中の効果がある。 中年の多数の物理的な、心理的な問題は頻繁にプロゲステロンとエストロゲン間の不均衡によって起こされる。 言葉「エストロゲン優勢」のエストロゲンの効果を妨害するために十分なプロゲステロンの欠乏の状態を記述する。 よくある誤解はエストロゲンの優勢がエストロゲンの非常にハイ レベルにだけ起因することである。 反対に、この条件はまたエストロゲンの正常なレベルおよびプロゲステロンの比較的低水準、またはエストロゲンの低水準およびプロゲステロンの極端に低いレベルによって引き起こされるかもしれない。

エストロゲンのレベルはいくつかの外的な影響によって上がるかもしれない。 Xenoestrogens (外国のエストロゲン)はホルモン レベルを変えるために知られている化学薬品のグループの中にある。 商業的に育てられた果物と野菜で見つけられるそれらを含む環境の殺虫剤は、多分xenoestrogensの根本資料である。 化粧品、シャンプーおよびプラスチックはまたこれらの外国のエストロゲンの蓄積に貢献するかもしれない。

ボディのプロゲステロンの多くの機能は下記のものを含んでいる:

  • 子宮のライニングおよび余分なティッシュの集結を防ぐことを維持する
  • 禁止胸のティッシュの繁茂
  • 増加する新陳代謝および減量を促進すること
  • バランスをとる血糖レベル
  • 自然な利尿として機能
  • 血液凝固の正常化
  • 新しい骨の生産の刺激
  • 甲状腺ホルモンの行為を高めること
  • 不況および心配を減らすことを軽減する
  • 正常な睡眠パターンの促進
  • 循環的な片頭痛を防ぐこと
  • 適切な細胞の酸素を元通りにすることは水平になる
  • リビドーの改善。5-16

総合的なプロゲステロン対自然

プロゲステロンを論議するとき、自然なプロゲステロンと総合的なプロゲスチンと呼ばれるプロゲステロンのアナログの違いを理解することは重要である。 プロゲストゲンはすべて子宮でprogestational効果をもたらすので、自然なプロゲステロンおよび総合的なプロゲスチン両方のための傘の言葉である。

自然なプロゲステロンは大豆またはメキシコ野生ヤマイモ(Dioscoreaのvillosa)からの実験室で総合される。 プロセスは自然なプロゲステロンに野生ヤマイモからのdiosgeninを変形させたペンシルバニア州立大学教授のマーカーによってラッセル30年代に発見された。 自然なプロゲステロンはホルモンと同一の分子構造が私達のボディ製造自然にあるbioidenticalのホルモン プロダクトを示す。 bioidenticalのプロゲステロンの最も有効な形態は微小体のプロゲステロンUSPと呼ばれる。 微粉化のプロセスは薬物の安定したそして吸収を可能にする。 微小体のプロゲステロンは医者の規定だけによって利用できる。 代わりは自然なプロゲステロン クリーム状になるカウンターに世界的に販売されてである。 微小体のプロゲステロンおよび商用化されたプロゲステロンは両方含んでいるbioidenticalのプロゲステロンをクリーム状になる。

プロゲステロンDEFICIENCY/IMBALANCEの徴候
  • 心配
  • 過敏症
  • Hypersensitivity
  • 緊張
  • 落ち着きがない睡眠
  • 月経の前の頭痛/片頭痛
  • 体重増加
  • 胸の柔軟性
  • 減らされたリビドー
  • 重い期間。

プロゲステロンとは違って、総合的なプロゲスチンは分子的にボディで自然に見つけられるホルモンと同一ではない。 総合的なプロゲスチンは避妊の代理店として使用のために最初に開発された。 自然なプロゲステロンの半減期が非常に短いので、研究者は自然なプロゲステロンより長続きがする作り出す代理店を、有効な効果を追求した。 経口避妊薬は通常総合的なプロゲスチンおよび総合的なエストロゲンを含んでいる。 総合的なプロゲスチンは排卵を防ぎ、こうして避妊として作用していてちょうど小さい線量が非常に有効、である。 プロゲステロンの化学構造のわずかな変更は薬品会社が特許可能で、有益な避妊プロダクトを作成することを可能にした。

共通のプロゲスチンの1つは凝血、流動保持、アクネ、発疹、体重増加および不況に、medroxyprogesteroneのアセテート(Provera®)、つながった。 プロゲスチンは副作用の広い範囲をプロゲスチンを取っている間多くの女性の経験説明するミネラルコルチコイドの受容器結合またできるおよびglucocorticoid、男性ホルモンに。17,18の 大部分の研究の調査は結果の不均衡そして否定性を説明する自然なプロゲステロンよりもむしろプロゲスチンを使用して行なわれた。

FDAはまたPrometrium®の毎日取られる自然なプロゲステロンの200 mgを含んでいる口頭丸薬と呼ばれる薬剤を承認した。 口頭で管理されたプロゲステロンはレバーによって新陳代謝するので、ある特定のレバー状態の患者で禁忌とされるかもしれない。

自然なプロゲステロンのクリームは低分子量の非常に親脂性の(脂肪質溶ける)分子が皮を通ってそれをよく吸収される可能にするのでもっと効率的に使用されるかもしれない。 項目自然なプロゲステロンのクリームのもう一つの利点は個性化された投薬が適用されることをクリームの量の変化によって容易に促進することができることである。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2