生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年4月
イメージ

ガンマのトコフェロールの目上の人を作る何がアルファ トコフェロールに

Lyle MacWilliam著、MSc、FP

ビタミンEのアルファ トコフェロールの形態が有効な酸化防止剤として長く評価される間、あまり知られていないいとこ、ガンマのトコフェロールは、健康を促進し、病気に対して保護で同じように大切かもしれない。 、種ナットで見つけられて、そして植物油は北アメリカの食事療法のビタミンEの約70%を、ガンマのトコフェロール占める。

アルファ トコフェロールとは違って、ガンマのトコフェロールは反応窒素酸化物として知られているボディの病気誘発の混合物に対して有効な擁護者である。 発火を減らすためになお、ガンマのトコフェロールはあった1つは ある特定の癌に対して守る要因を、2-5調整し、 アルツハイマー病に対して保護にかかわる遺伝子を活動化させる。6,7

最も最近の研究はビタミンE家族の前に過少見積りされたメンバーすべての健康に敏感な大人にガンマのトコフェロールを吟味させるべきである。

アルファ トコフェロールを越えて

自然なビタミンEの規則的な消費は長く退化的な病気の危険を下げるために意味されてしまった。 ビタミンEの豊富な食餌療法取入口が心臓病8-11を避け、複数の癌を追い詰められた保つのを助けることができることを疫学的なおよび回顧調査からの 実験室証拠そしてデータは示す。多くの 出版された調査がビタミンEのアルファ トコフェロールの形態の効果を検査する間、12-14、科学者はますますガンマのトコフェロールへの彼らの注意を回している。

ガンマのトコフェロールにアルファ トコフェロールからのそれを区別し、ビタミンEのこれら二つの形態の生物学的作用の観察された相違を説明するかもしれない特有な化学特性がある。 これらの相違の1つはガンマのトコフェロールに反応窒素酸化物、ボディから取除かれなければならない 15,16の有毒な混合物のためのより有効なトラップをする。 最近の調査が示したので、ボディ ティッシュの反応窒素酸化物の蓄積は確実に複数の退化的な病気の病因学の中心的役割を担う。1

反応窒素酸化物を引っ掛けること

2つの特に損傷の遊離基は二酸化窒素およびperoxynitriteである。 二酸化窒素は車の排気およびタバコの煙のmutagenic代謝物質そして主要な要素である。17-19 Peroxynitriteはタイプの白血球の活動化させた食細胞で作成される危ないオキシダントである。16,20,21は これらの有毒な混合物の形成発火プロセスの重要部分であり、安定した最終製品は慢性の発火を用いる動物そして人間両方で検出された。活動化させた 食細胞が引き起こす22発火は癌、心循環器疾患および複数のneurodegenerative無秩序の開発への主要コントリビュータである。23,24

ガンマのトコフェロールはこのタイプの発火を癒やすことの極めて重要な役割を担う。アルファ トコフェロールおよびガンマ トコフェロールが異なった炎症抑制の活動を劇的に表わすことを22カリフォルニア大学の陸標の調査に、バークレー、研究者は確立した。16 アルファ トコフェロールの優秀な酸化防止能力にもかかわらず、ガンマのトコフェロールは炎症性応答を始めるために責任がある毒素を含んでいるperoxynitriteおよび他の窒素を取除くように要求される。 アルファ トコフェロールに利用できないメカニズムを通って機能してガンマのトコフェロールはと反応し、炎症性滝の抑制をそれにより助けるこれらの有害な反応窒素酸化物を、取除く。

バークレーの調査結果は反応窒素酸化物を中和するガンマのトコフェロールの優秀な機能を示す前の調査を支える。25,26は これ研究者をガンマのトコフェロールがアルファ同等に炎症性病気の防止の重大な補足および互いに作用し合う役割を担うことを結論するために導いた。22は またこれらの調査結果アルファ トコフェロールの大量服用だけを使用して調査が頻繁に重要な臨床利点をなぜ作り出さないか説明する。

他の炎症性でき事の禁止

ガンマのトコフェロールおよび主要な代謝物質はまたcyclooxygenase-2酵素の禁止によって発火を減らすことができる。 Cycloオキシゲナーゼ2は癌および血管疾患のような炎症性プロセスそして準の病気に中央である。 この炎症性仲介人の生産を妨げるガンマのトコフェロールの能力はアルファ トコフェロールによって共有されない。27,28

予備的証拠はガンマのトコフェロールがタイプIの糖尿病の手始めから保護を助けるかもしれないことを示す。 ガンマのトコフェロールは1ベータinterleukinの有害な効果から膵臓の細胞を保護することのアルファのアナログより有効である。 この発火シグナリング蛋白質は反応窒素酸化物への露出によって活動化させる大食細胞(病原体の破壊に責任がある専門にされた白血球)によって分泌される。29

ほ乳類の調査では、ガンマのトコフェロールの管理はleuko triene B4および腫瘍の壊死の要因アルファを含む何人かの強力な炎症性仲介人を、減らした。 調査の調査官はこれがガンマのトコフェロールが人間の病気の防止および処置のための重要な含意があるかもしれない炎症抑制の活動を生体内で出すという証拠を提供することに注意した(ボディの内で)。30

補足の酸化防止効果

ビタミンEに関する一般の通念に従って、アルファ トコフェロールはトコフェロール家族の首相の酸化防止剤である。 最近しかし何人かの調査官はアルファおよびガンマのトコフェロールの相対的な酸化防止潜在性がかなり変わることを報告した。1,31

ビタミンEの形態は両方とも有害なスーパーオキシド基の形成を禁じ、心循環器疾患のための血すべての危険率の脂肪そして低密度脂蛋白質の酸化を減らすために知られている。 意外にも、スウェーデンのウプサラの大学の研究者はガンマのトコフェロールが酸化圧力ことをのそのような形態と関連付けられた複数の親thrombotic (血塊の形成に貢献する)でき事の減少のアルファ トコフェロールよりさらにもっと有効だったことが分り。32

ビタミンEの8 FORMS

1922年に発見されて、ビタミンEは8つの構造的に関連形態が付いている混合物のない単一の混合物、むしろ全体の系列、または異性体でありではない。 8つの異性体は4つのトコフェロール(アルファ、ベータ、ガンマの、およびデルタのトコフェロール)およびまたアルファ、ベータ、ガンマの、およびデルタの形態によって知られている4つのtocotrienolsから、成っている。 これらのトコフェロールおよびtocotrienols独特な化学特徴の明瞭な構造はビタミンEの8つの形態のそれぞれに相談する。 ビタミンEのすべての形態が有効な膜溶ける酸化防止剤の間、2アルファのトコフェロールだけおよびガンマが実際のところ優勢トコフェロールである。

従って人間および他の動物種は彼らの自身のビタミンEを総合できないし、それを製造することができる唯一の有機体である植物からのこの栄養素を得てはならない。

同様に、補足の調査はガンマのトコフェロールおよびアルファのトコフェロールの組合せがDNAの損傷に対して単独でアルファ トコフェロールよりよい保護をできることができることを示す。33 さらに、アーカンソーの研究者の大学はトコフェロールの混合物が培養された筋肉ティッシュことをの酸化損傷の減少のアルファ トコフェロールより優秀であることを発見した。 著者は臨床試験で報告される商業ビタミンEの補足の効力の欠乏がガンマおよびデルタのトコフェロールの形態の不在を反映するかもしれないことを提案する。34

最後に、ヨーロッパの調査はアルファ トコフェロールへのガンマのトコフェロールのガンマのトコフェロールそして比率が両方従来の内陸の食事療法の酸化防止および保護利点と関連している重要な栄養のマーカーであることを明らかにする。13は 多くの年齢関連の病気のより大きい長寿そしてより低い流行と内陸の食事療法関連付けられた。

心循環器疾患からの保護

ビタミンEのアルファ形態は幹線ライニングへの酸化損傷を減らし、血球の危ない集合そして群生を減らし、血塊の形成、32を遅らせ、 そして知られていた管のdilatorの活動を高める。 それによってはまた平滑筋拡散(プラク形成プロセスにかかわる)、11を改善し 脂肪質のプラクの安定性を、高め動脈を並べる細胞の機能を調整し管の調子を、そして戦う発火が禁じる。しかし 35これらの印象的な予備の調査結果にもかかわらず単独でアルファ トコフェロールの臨床試験はcardioprotective効果に関するまちまちな結果をもたらした。

このミステリーへの答えはガンマのトコフェロールの前に未知の利点およびビタミンEの他の形態に存在するかもしれない。 高線量のアルファ トコフェロールの補足が劇的にガンマのトコフェロールのレベルを減らすので、アルファ トコフェロールの利点は減少されたガンマのトコフェロールのレベルの悪影響によって曇るかもしれない。36-38

より少しがアルファ トコフェロールについてのよりガンマのトコフェロールについて知られているが、最近の証拠はガンマの形態が心循環器疾患ことをに対して防御の重要な武器であることを提案する。 複数の調査はガンマのトコフェロールのより高いティッシュの集中が心血管のでき事による病気および死のより低い率と関連付けられることを確認する。28

実際、複数の調査は高度の心循環器疾患の展示物アルファ トコフェロールの正常な血しょうレベルを持つ患者にガンマのトコフェロールの低レベルが大幅にあるが、ことを示す。39-41 前の心臓病無しの334,000人以上のpostmenopausal女性の7年のフォローアップで、ガンマから主にE成っている食餌療法のビタミンのより大きい取入口は心循環器疾患からの死のより危険度が低いのとトコフェロール強く関連付けられた。 データは補足のアルファ トコフェロールのための同様に保護役割を示さなかったようではない。8

多数の動物実験は同様にガンマのトコフェロールが中心に強力な保護を提供するかもしれないことを提案する。 実験室のラットでは、ガンマのトコフェロールとの補足は血小板の集合および血塊の形成をアルファ トコフェロールよりさらにもっと効果的に減らした。さらに 32、生理学的な線量のガンマのトコフェロールはスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)の活動、心臓でき事の危険を減らすのを助けるかもしれない酸化防止酵素を高めることのアルファ トコフェロールより有効だった。42

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2