生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2006年4月

イメージ

Pygeum

この天然アフリカの木からのエキスは温和なProstatic増殖の徴候を減らす ニナFlanagan著

アフリカの桜、pygeumのafricanumは、アフリカを渡るより高い高度で見つけられる常緑樹である。 その薬効がある使用は18世紀に樹皮を使用する方法をぼうこうの不快を扱うのに南アフリカの種族が早い探検家に教えたときに、日付を記入する。ヨーロッパ でPygeumの1つのエキスが60年代以来の温和なprostatic増殖を扱うのに使用され現在フランスのこの条件のための最も一般的な治療上である。2

温和なprostatic増殖は老化する人51-60のおよそ50%および80の年齢にわたる人の90%まで影響を与える。 ぼうこうが空けることをこの条件により前立腺は拡大する尿道を圧迫し、困難にする。 徴候は減らされた尿の流れ、頻繁な排尿(特に夜で)、尿の緊急、漏出、および尿の保持を含んでいる。 厳しく温和なprostatic増殖は性交の間におよび不節制深刻な長期健康に対する影響を、尿路感染症のような、ぼうこうまたは腎臓の損傷、ぼうこう石、苦痛もたらすことができる。 この条件を扱う療法はProscar®のような薬剤の薬剤が、Hytrin®およびFlomax®、また非外科および外科選択含まれている。 但し、これらの治療すべては副作用を関連付けた。 臨床調査はpygeumの吠え声のエキスが温和なprostatic増殖ことをの徴候の減少で有効であることを、提案する少数の副作用と。3,4

温和なprostatic増殖の原因は十分に知られないし、理解されない。 1つの理論は酵素の5アルファ還元酵素によるdihydrotestosteroneへのテストステロンの転換が前立腺の拡大に貢献することである。さらに 人が老化すると同時に5、頻繁にエストロゲンがこの条件の開発にかかわるかもしれないことを示すエストロゲンの相関的なテストステロンのレベルの増加を経験する。 1つの調査では、pygeumおよびイラクサの根のエキスは部分的にエストロゲンおよびdihydrotestosteroneの生産にかかわる2酵素、aromataseおよび5アルファ還元酵素の行為をそれぞれ妨げた。 Pygeumはより低い線量でイラクサの根がが、両方のハーブの組合せはaromataseの酵素の妨害のどちらかより単独で有効だったより大いにより高い効力を示した。6

Pygeumはいかに働くか。

Pygeumの吠え声は前立腺のプロスタグランジンの生産の禁止によって炎症抑制の行為を表わすベータ シトステロールのようなphytosterolsを含む多数の有利な要素を、含んでいる。 他のpygeumの部品は前立腺のテストステロンの通風管を促進するプロラクチン(ホルモン)のレベルを減らす、および発火にかかわる酵素を禁じ、浮腫を減らすのを助けるpentacyclicトリテルペンを含んでいるフェルラ エステル。 科学者はこれらのphytochemicalsが温和なprostatic増殖と関連付けられる構造および生化学的な変更の妨害を助けるために協力することを信じる。1,7

Pygeumは温和なprostatic増殖に貢献できる前立腺の細胞の繁茂を防ぐのを助けるかもしれない。 研究はpygeumが基本的な繊維芽細胞の成長因子のことを禁止によってこれをすることができることを温和なprostatic増殖の開発のシグナリング生化学的な複雑の提案する。8 実験室調査で、pygeumのエキスは基本的な繊維芽細胞の成長因子の阻止によって仲介された一部にはあったラットから得られた前立腺の細胞に対する反proliferative効果を示した。9

人間の前立腺を通したセクション。 前立腺はfibromuscular細胞のマトリックスで埋め込まれる腺状のティッシュから成っている(オレンジおよび黒い)。

前立腺の拡大は空けるぼうこうのティッシュの細胞および機能変更をもたらす場合があるぼうこうを妨げることができる。 ウサギの調査はischemic傷害からぼうこうを保護することによる部分的なぼうこうの出口の妨害によって、多分引き起こされる収縮および生化学的な機能障害の開発からぼうこうを保護するためにことをpygeumの助けを用いる前処理提案する。10,11は 調査官pygeumが妨げられた流れによって引き起こされる細胞損傷からぼうこうの平滑筋を保護する両方のウサギおよび人間ではたらくかもしれないことを提案する。10

BPHの徴候の減少

臨床試験はpygeum安全そして効果的に温和なprostatic増殖の徴候を減らすのを助けることができることを提案する。 適当で温和なprostatic増殖へのヨーロッパの多中心の試験では、穏やかの85人は2か月間pygeumの50 mgを毎日二度与えられた。 調査の関係者は国際的な前立腺の徴候のスコアの40%の減少、温和なprostatic増殖の徴候の厳格の主観的な査定を示した。 なお、pygeum補われた人は夜の排尿(nocturia)の頻度の32%の減少および生活環境基準の31%の改善を報告した。 終わったpygeumの補足が1かの付加的な月間患者続かれた後。 pygeum療法から得られた利点は不変の治療上の効果を示す処置なしでこの期間の間に続いた。12

より大きい偽薬制御の、二重盲目の調査では、263人はpygeumの100 60日間毎日mgか偽薬を受け取った。 pygeumのグループは残りのぼうこうの容積の尿の流れ、24.5%減少、nocturiaの31%の減少、および昼間の尿の頻度の19.4%減少の17.2%改善を示した。 全体的にみて、pygeumのグループの66%は改善を報告した比較される、偽薬のグループの31%だけと。13

別の2に従って

文献検討、pygeumのエキスは温和なprostatic増殖のための重要な利点を統計的に示す。 2000年に行なわれる最近の検討さかのぼる分析された調査1966年から2000年。 1,562人を含む18のランダム化された試験ではpygeumは泌尿器科の徴候および流れの手段の結合された結果の重要な改善を提供した。 なお、pygeumを取っている人は全面的な徴候のその改善を二度報告した。3つは 1995で出版されたより早い文献検討、358人の患者がpygeumを受け取り、359が偽薬を受け取った偽薬制御の臨床、12二重盲目の調査を検査した。 再度、それは消費のpygeum偽薬を受け取るそれらと比較された重要な利点を統計的に示した。4

尿道の上を囲む正常な人間の前立腺を通したセクションの軽い顕微鏡写真。

Pygeumの付加的な利益

またPygeumが前立腺の発火、か前立腺炎を扱うのに使用されていた。 前立腺炎は伝染性か非伝染性の原因が原因で起こることができ、尿の頻度、緊急、または苦痛のような徴候をもたらすかもしれない。 臨床試験では、慢性の前立腺炎の47人の患者は5から7週間pygeumの日刊新聞の100 mgを受け取った。 八十九%徴候の完全な赦免を報告した。4

別の調査では、温和なprostatic増殖か慢性の前立腺炎による性機能障害の人はpygeumのエキス(60日間200 mgの日刊新聞)を受け取った単独でまたは抗生物質と。 pygeumの吠え声のエキスを受け取っている人はホルモン レベルまたは夜のpenile剛性率の重要な違いが療法の前後になかったのに、改善された性機能を経験した。 彼らの調査結果に基づいて、研究者はpygeumが性か生殖機能障害の患者に有利かもしれないことを信じる。14

PYGEUMの研究に加わる方法

先生J.カーティスのニッケル、キングストン、オンタリオの女王の大学の泌尿器科学の教授が先頭に立った大きい段階IIIの臨床調査は温和なprostatic増殖の管理の偽薬にpygeum (Pygeumのafricanum)を、ノコギリ パルメット(Serenoaのrepens)、およびFlomax® (tamsulosin)を比較する。

患者は3処置か偽薬の1人に任意に割り当てられ、4年間続かれる。 調査の目的はFlomax®および偽薬と比較される温和なprostatic増殖のための2つの草の処置の効力、安全および副作用を評価することである。 忍耐強い募集はまだ始まっていない。 複数の米国の中心の1つで調査に参加に興味を起こさせられる人は訪問のhttp://www.clinicaltrials.gov/ct/show/ NCT00097136によって多くを 学ぶことができるか。order=1.

安全および適量

これまでに行なわれる臨床試験はpygeumが夜の尿の頻度を減らし、尿の緊急を減し、前立腺の細胞増殖を禁じ、忍耐強い生活環境基準を改善し、ぼうこうの残りの尿の容積を減らす機能によって温和なprostatic増殖の人に非常に寄与するかもしれないことを提案する。 なお、データはpygeumが安全、よく容認されることを提案する。

ほとんどの調査は下痢、便秘および腹痛のような胃腸妨害のまれな例がずっとあるけれども、pygeumの重要な悪影響を報告しない。 臨床調査は174人が12か月間pygeumのエキスの100 mgを一度毎日使用した後満足な安全プロフィールを報告した。 同じ調査は、最大流率および国際的な前立腺の徴候のスコア生活環境基準によって測定されるように50 mgによって取られた毎日二度もたらされた同じような効力にpygeumの線量を合わせるそれを示した。15 Pygeumのエキスに薬剤、ハーブ、またはサプリメントの知られていた相互作用がない。 pygeumのエキスの推薦された適量は1日あたりの100-200 mgである。

参照

1. 、ドーソンIK AJ、Simons Dugunba BのTchoundjeu Z. Passing問題: 前立腺およびサクラ属。 HerbalGram.1998; 43:49-53。

2. Isaacs JT。 pharmacologic介在の評価の温和なprostatic増殖の自然史の重要性。 前立腺Suppl。 1990;31-7.

3. Ishani A、MacDonald R、ネルソンD、Rutks Iは、TJしおれる。 温和なprostatic増殖の患者の処置のためのPygeumのafricanum: 組織的検討および量的なメタ分析。 AM J Med。 12月2000日1日; 109(8): 654-64。

4. Andro MC、Riffaud JP。 BPHの患者の処置のためのPygeumのafricanunのエキス: 25年間の出版された経験の検討。 Curr Ther Res。 1995;56:796-817.

5. Bartsch G、Rittmaster RS、Klocker H. Dihydrotestosteroneおよび温和なprostatic増殖に於いての5つのアルファ還元酵素の抑制剤の役割。 Urologe A. 9月2002日; 41(5): 412-24。

6. PY102 (Pygeumのafricanum)およびUR102 (Urticaのdioica)エキスのPHL-0081による5アルファ還元酵素そしてaromataseのHartmann RW、印M、Soldati F. Inhibition、組合せ。 Phytomedicine。 1996;3(2):121-8.

7. Bassi P、Artibani W、De L、V、Zattoni Fの温和なprostatic肥大の処置のPygeumのafricanumのLembo A. Standardizedのエキス。 管理された臨床調査対偽薬。 Minerva Urol Nefrol。 1月1987日; 39(1): 45-50。

8. そのうち。 Pygeumのafricanum (サクラ属のafricanus) (アフリカのスモモの木)。 モノグラフ。 Altern MedのRev. 2月2002日; 7(1): 71-4。

9. Yablonsky F、ニコラスV、Riffaud JPのラットのprostatic繊維芽細胞に対するPygeumのafricanumのエキスのBellamy F. Antiproliferativeの効果。 J Urol。 6月1997日; 157(6): 2381-7。

10. LevinのRM、Whitbeck C、Horan Pのtadenan両側のある虚血/reperfusion誘発の収縮機能障害からBellamy F.の低線量はウサギのぼうこうを保護する。 Phytomedicine。 1月2005日; 12 (1-2): 17-24。

11. LevinのRM、Das AK、Haugaard Nの等ウサギの部分的な妨害の2週後のTadenan療法の有利な効果。 Neurourol Urodyn。 1997;16(6):583-99.

12. Breza J、Dzurny O、Borowka A、等温和なprostatic増殖(BPH)の処置のtadenanの効力および容認性(Pygeumのafricanumのエキス): 中央ヨーロッパの多中心の試験。 Curr Med Res Opin。 1998;14(3):127-39.

13. Barlet A、アルブレヒトJ、温和なprostatic増殖によるmicturitionalの無秩序の処置のPygeumのafricanumのエキスのオベールAの等効力。 客観的で、主観的な変数の評価。 Wien Klin Wochenschr。 1990年の11月23日; 102(22): 667-73。

14. 大量服用のPygeumのafricanumを使用して温和なprostatic病気の処置のCarani C、Salvioli V、Scuteri A、等泌尿器科のおよび性の評価。 アーチItal Urol Nefrol Androl。 9月1991日; 63(3): 341-5。

15. Chatelain C、Autet W、一度のBrackman F. Comparisonそして毎日二度温和なprostatic増殖の患者のPygeumのafricanumのエキスの適量形態: 長期開いたラベル延長のランダム化された、二重盲目の調査。 泌尿器科学。 9月1999日; 54(3): 473-8。