生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2006年10月
イメージ

Cruciferous野菜

インドール3 carbinolおよび派生物の分子ターゲットそして抗癌性の潜在性。

インドール3 carbinol (I3C)は家族のCruciferaeのメンバー、および属アブラナ属(例えば、キャベツ、ラディッシュ、カリフラワー、ブロッコリー、芽キャベツおよびdaikon)の特にメンバーによって作り出される。 酸性条件の下で、13Cは一連のoligomericプロダクトに(どれの中で3,3' - diindolylmethaneは主要コンポーネントである生物学的作用に責任がある生体内で考えられる)変えられる。 生体外で、13Cは乳癌、前立腺癌、endometrial癌、結腸癌およびleukemic細胞を含むさまざまな腫瘍の細胞の拡散を抑制するために示されていた; 細胞周期のG1/Sの阻止を引き起こし、apoptosisを引き起こしなさい。 細胞周期の阻止はcyclin D1のdownregulationを、cyclin E、cyclin-の依存したキナーゼ(CDK) 2、p15、p21およびp27のCDK4およびCDK6およびupregulation含む。 I3CによるApoptosisはdownregulationのBcl-2、Bcl xL、survivin、抑制剤のapoptosis蛋白質(IAP)、Xによって染色体つながれるIAP (XIAP)、およびFAS準の死の範囲の蛋白質そっくりのinterleukin 1ベータ変換の酵素抑制的な蛋白質(フリップ)を含むantiapoptotic遺伝子プロダクトを、含む; proapoptotic蛋白質Baxのupregulation; micochondrialチトクロームCの解放; そしてcaspase-9およびcaspase-3の活発化。 この代理店は核要因kappaB、SP1、エストロゲンの受容器、男性ホルモンの受容器および核要因E2関連の要因2 (Nrf2)を含むさまざまなトランスクリプション要因の活発化を禁じる。 このインドールは死の受容器の誘導によって腫瘍の壊死の要因関連のapoptosis引き起こす配位子(道)の効果を増強し、化学療法の代理店とP糖蛋白質(P-gp)のdownregulationによって相乗作用を与える。 生体内で、I3Cは胸および子宮頸癌・のようなホルモン性依存した癌のための有効なchemopreventive代理店であると見つけられた。 これらの効果はapoptosisを、DNA発癌物質のアダクトの形成を禁じるために引き起こす機能によって仲介され、自由根本的な生産を抑制するために、estradiolの2ヒドロキシル化を刺激しなさい、侵入およびangiogenesisを禁じなさい。 多数の調査はI3Cにまたさまざまな発癌物質に対して強いhepatoprotective活動があることを示した。 女性の最初の臨床試験はI3Cが胸および子宮頸癌・に対して有望な代理店であることを示した。

細胞周期。 9月2005日; 4(9): 1201-15

ラットのazoxymethaneによって引き起こされるコロンの発癌に対するインドール3 carbinolおよびフェネチルのイソチオシアネートの効果。

インドール3 carbinol (I3C)およびフェネチルのイソチオシアネート(PEITC)はglucosinolatesのglucobrassicinおよびgluconasturtiinの故障プロダクト、それぞれで、P450酵素によって発癌物質の活発化を減らすと考えられる。 結腸癌の危険に対するこれらの混合物の効果を査定するためには、ラットは5グループに分けられ、次の食事療法に与えた: 制御食事療法(AIN-93G)、または制御食事療法に加えられるPEITCまたはI3Cの食事療法: (PEITCの3.37 mmols/kgの食事療法の高さのレベル)高PEITC、(PEITCの0.67のmmols/kg低いレベル)低PEITC、(I3Cの6.8 mmols/kgの高さのレベル)高I3Cおよび低I3C (I3Cの1.36 mmols/kg低いレベル)。 食事療法は2週およびコロンの発癌物質のazoxymethaneの管理の後の10週の間前に与えられた。 遠位コロンの前癌性の損害(異常なクリプトの焦点、ACF)数は制御グループ(10.4 +/- 0.9)と比較すると高I3Cおよび低I3Cグループ(6.9 +/- 0.8および5.9 +/- 1 cm2あたり0.59、それぞれ)でかなりより低かった。 ACF数の重要な相違はPEITCのグループと制御グループの間で見つけられなかった。 進歩にACFをもっと多分示すために腫瘍にsialomucin、思考を表現するACFは高PEITCグループ(13 +/-でより大きかった制御(5.6 +/- 2)より3)。 最も大きいtumorigenic潜在性を低I3Cグループでより低くがちでもらうように提案されたムチン減らされたACFは制御グループと(P < 0.06)比較した。 粘膜のapoptoticおよび細胞増殖の分類の索引はI3CによるACF数の減少が粘膜の細胞の動力学で変化を含まないことを提案しているグループ間で異ならなかった。 重要な相違は肝臓のチトクロームP450 2E1 (CYP2E1)の活動のグループ、azoxymethaneの活発化にかかわった最初の酵素間で見つけられなかった。 但し、NADPH-の高められた活動があり、のNADHのreductasesはチトクロームP450に等量を減らすことの移動で酵素である高I3Cの含んだ。 これらの結果はI3CがCYP2E1によって発癌物質の活発化の減少を含まないメカニズムを通して結腸癌の危険を下げることを提案する。

発癌。 2月2006日; 27(2): 287-92

インドール3 carbinolはp53を安定させ、人間の乳房の上皮細胞のG1阻止を引き起こすためにDNAの損傷の自動支払機シグナリング細道の独立者を活動化させる。

ブロッコリーのようなcruciferous野菜からのphytochemicalインドール3 carbinol (I3C)は、人間の乳癌の細胞ラインの有効な反proliferative応答を引き出すために示されていた。 I3Cの不滅にされた人間の乳房の上皮細胞ラインMCF10Aの処置はG1細胞周期の阻止、高いp53腫瘍のサプレッサー蛋白質のレベルを引き起こし、下流のtranscriptionalターゲット、p21の表現を刺激した。 I3Cの処置はまた突然変異体p53を表現する複数の乳癌の細胞ラインのp53レベルを上げた。 I3Cは固定してp53のための機能条件を確立する支配的否定的なp53とtransfected MCF10Aの細胞を阻止しなかった。 細胞の分別およびimmunolocalizationの調査はI3C扱われたMCF10Aの細胞の核心の大部分の安定させたp53蛋白質を明らかにした。 I3Cの処置によって、telangiectasia変異するphosphatidylイノシトール3キナーゼ家族の失調症は(自動支払機)基質p53、CHK2およびBRCA1があったように、phosphorylatedだった。 従ってN終点のp53のリン酸化は前にp53およびubiquitinのリガーゼ、MDM2および安定p53間の相互作用を破壊するために示されてしまった。 Coimmunoprecipitationの分析はI3Cが四倍によってp53と関連付けたMDM2蛋白質のレベルを減らしたことを明らかにした。 p21生産のp53-MDM2相互作用そして不在はI3Cおよび自動支払機の抑制剤のwortmanninと扱われた細胞で元通りになった。 かなり、I3Cは53BP1焦点の数を高めないまたは自動支払機がDNAの二重繊維の活動化させた独立者であることを示すH2AXのリン酸化は壊れる。 一緒に取られて、私達の結果はp21 CDKの抑制剤およびG1細胞周期の阻止を引き起こすためにp53を解放するp53-MDM2相互作用のp53リン酸化そして中断を刺激するためにI3Cが新しい細道によって自動支払機シグナリングを活動化させることを示す。

Int Jの蟹座。 2月2006日15日; 118(4): 857-68

アブラナ属の野菜消費は微量栄養の取入口の尿F2isoprostaneレベルの独立者を減らす。

アブラナ属の野菜(例えば、ブロッコリー)からのIsothiocyanatesそしてインドール(例えば、インドール3 carbinol)は内生および外因性の発癌物質の酸化、減少および新陳代謝に責任がある段階Iおよび段階IIの酵素を引き起こす。 アブラナ属の野菜はまた反応酸素種からの付加的なDNAの保護を提供するかもしれない微量栄養を含んでいる。 このランダム化されたクロスオーバー試験(n=20)は微量栄養および繊維の補足の介在に対してアブラナ属の野菜介在(BV)の効果を比較する(M+F)尿F2isoprostaneレベルで(F2 iP)、全身の酸化圧力の安定したbiomarker。 アブラナ属の取入口は繰り返された24時間のリコール、尿ITCのレベルおよびアンケートによって監察された。 尿F2 iPレベルはベースラインでそして各介在の後で集められた最初の朝の尿サンプルからの質量分析によって測定され自然な丸太変形させた尿F2 iPレベルの変更は繰り返された手段退化を使用して分析された。 アブラナ属の消費はBVの介在の間に2グラム/日から218グラム/日にベースラインまたはM+Fの介在の期間の間にほとんどの酸化防止ビタミンおよび鉱物への露出はM+Fの介在の間に最も大きかったが、増加した。 F2 iPレベルはかなり22.0%を減らしたまたはBVの介在の間の21.8%はベースラインかM+Fの介在(p=0.05、p=0.05、それぞれ)と比較した。 尿F2 iPレベルはベースラインとM+Fの介在(相違= 0.2%の間でかなり異ならなかった; p=0.98)。 アブラナ属の取入口はコロン、肺、ぼうこう、胸、前立腺および他の癌の減らされた危険と関連付けられた。 私達の結果はアブラナ属の消費がこれらの野菜のビタミンおよびミネラル内容の全身の酸化圧力の独立者を減らすことを提案する。

発癌。 5月2006日15日

環境の化学薬品のためのターゲットとして免疫組織: Xenoestrogensおよび他混合物。

より高い有機体の免疫組織は統合された制御の下にあり、急速に環境に答える容量がある。 最近、アレルギーの病気の流行に顕著な増加がずっとある。 環境要因の本当らしい演劇アレルギーの爆発に於いての大きな役割。 「衛生学仮説」がTの助手2の(Th2)免疫反応に傾向があるアレルギーの病気の増加を説明するかもしれないが、最近の調査結果は正常な免疫機能を調整できる環境のxenobiotic化学薬品の可能な介入を強調する。 興味深いことに、複数のレポートは高感受性の免疫学テストの開発が考えられる原因であるかもしれないが、Th2タイプの自己免疫疾患が全身性エリテマトーデス、の流行また増加していることを提案する。 女性の自己免疫疾患の高められた流行、免疫反応の性的二形、および性のステロイドの免疫調節の効果は免疫の病気の開発の性のステロイドに影響を及ぼす化学薬品の役割に、注意を焦点を合わせた。 さらに、最近のレポートはある環境の化学薬品が、性ホルモンの受容器以外動作でき核ホルモンの受容器で免疫の反作用を調整することを示す。 この検討は免疫組織機能の環境の化学薬品の影響およびアレルギーおよび自己免疫疾患を含む免疫の病気の病因に、焦点を合わせる。

Toxicol Lett。 7月2006日14日; 164(3): 191-206

ポリ塩化ビフェニールのEstrogenic活動は人間のティッシュおよび環境で示す。

この調査はニュー ベッドフォード、MAのSuperfundのPCB汚染された場所との区域からの空気、土および塵のPCB得られたestrogenic潜在的能力のための環境媒体でポリ塩化ビフェニール(PCBs)のestrogenicityを示すおよび人間のティッシュおよび査定された露出の細道評価した。 三十四PCBのcongenersはE-SCREENを使用してestrogenic潜在的能力、MCF-7細胞のエストロゲン依存した拡散に生体外で基づいて試金のために試金された。 前に報告されたニュー ベッドフォードをbyweighting環境媒体のPCBsによるestradiol等量への幼年期の露出は相対的なestrogenic潜在的能力によってcongener特定の集中推定され、吸入および土の摂取率を出版した。 13 congenersはE-SCREENで弱くestrogenicだった: PCBs 17、18、30、44、49、66、74、82、99、103、110、128、および179。 これらのPCBsは0.0007%から0.0040%まで及んでいてproliferative潜在的能力が17beta-estradiolより、有効な普通6つの一桁より少なくだった。 査定された環境媒体の空気(吸入)に最も高くPCB得られたestradiol同等の露出があった。 PCBのこの調査からのestrogenic潜在的能力情報は生殖開発および関連敵意のようなエストロゲン敏感な健康の結果に、焦点を合わせる人間の健康の調査にxenoestrogensへの人間の露出のルートの予備の推定と適用に重要な資源を提供する。

Sci Technolを囲みなさい。 4月2006日15日; 40(8): 2819-25

バルト海および北大西洋からの食物網のPBDEsそしてPCBsのBiomagnification。

ポリ塩化ビフェニール(PCBs)およびバルト海および北大西洋の海からの食物網のポリ臭化されたdiphenylethers (PBDEs)のBiomagnificationは調査された。 これのために、私達は魚の体重のデータおよび栄養の位置の測定としてデルタ(魚および動物プランクトンの15)とともにPCBおよびPBDEの集中データ、N使用した。 動物プランクトン、sprat、ニシンおよびサケから成っているバルト海材料では私達はすべてのPCBのcongeners PCB #209と3-6個か7個の臭素原子とのPBDEsのbiomagnificationを報告する。 より高い臭素処理されたPBDEsおよびPCB 209は魚の高分子の重量が本当らしい原因でかサイズおよびそれに続く非能率的な食餌療法の通風管not biomagnify。 サケが統計分析から除かれたら、PCB #209の強いbiomagnificationは明白であり、biomagnificationの種の相違を示す。 バルト海の物質的なデルタ(15)でNおよび体重covaried。 より大きいサイズの魚のサンプルから(ニシンおよびサケ)成っている大西洋の海材料では私達はほとんどのPCBsおよびPBDEsの集中および増加するデルタ(15)のない体重間の肯定的な相関関係をN.示す。 これはbiomagnificationがサイズおよび栄養の位置によって時として決まることを示す。 私達はことをおそらく動物プランクトンからのpiscivoresへの食物連鎖で明示された、魚のbiomagnificationのそれ以上の栄養の位置影響結論を出さない最も高い栄養レベルでbiomagnificationに栄養の位置の依存がある。 これらの魚では、より大きい魚のより遅い整理によるbiomagnificationに、おそらく導くサイズの効果があった。 PCBの集中は大西洋の海のサケのよりバルト海のサケの2のそして6倍の間に高く一般にだった。 大西洋の海のサケと比較されたまたcongeners間のより大きい変化とバルト諸国のより高いPBDEの集中は、見つけられた。 これらの混合物の生物学的利用能を説明するdecaBDEsへのNona-はほとんどの調査されたサンプルで見つけられた。 未確認のpenta-、hexa、hepta-複数のサンプルでおよびocta- BDEs見つけられた。

Sciの合計は囲む。 8月2006日1日; 366 (2-3): 659-72

インドール3 carbinol、しかしない主要で消化が良いプロダクト3,3' - diindolylmethaneは、リバーシブルのhepatocyteの肥大およびチトクロームP450を引き起こす。

インドール3 carbinol (I-3-C)および3,3'実験動物モデルの癌の発生そして多様性を減らすために- diindolylmethaneは(薄暗い)示されていた。 ラット、処置および回復調査に13週間口頭で管理されたときI-3-Cが引き起こしたこと観察に基づいてhepatocyteの肥大はI-3-Cによるhepatocyteの肥大およびチトクロームP450 (CYP)の活動の誘導が適応性がある、リバーシブルの応答である仮説をテストするために引き受けられた。 さらに、私達は薄暗い主義の代謝物質のそれらと直接I-3-Cの効果を比較した。 ラットはI-3-C (5そして50 mg I-3-C/kgの体重/日)の2つの線量と28日間口頭で扱われ、(7.5そして75 mg DIM/kgの体重/日)薄暗くし、それから動物の2分の1はのために付加的な28日扱われなかった。 1A1/2、2B1/2、2C9、2D6、2E1、3A4、および19 Aの器官の重量、組織病理学およびCYPの酵素活性は処置と回復の後で測定された。 50 28日間ラットへのmg I-3-C/kgの体重/日の経口投与はかなりレバー重量およびCYPの酵素活性を高めた。 男性の効果は女性の効果より回復の後で顕著、耐久性があった。 増加された器官の重量は処置の後で制御価値に戻った。 逆に、薄暗いレバー重量を変えなかったし、28日の処置の後でCYPの活動に対する効果をもたらさなかった。 CYPの活動のある変更は薄暗い回復期間後に測定されたが、変更の大きさは生物学的に些細考慮された。 結果はI-3-C、薄暗くない、レバーのリバーシブルの適応応答を引き起こすがことを示す。

Toxicol Appl Pharmacol。 3月2006日1日; 211(2): 115-23

1alpha、25-dihydroxyvitamin D3は選択的なプロテアーゼの調節によって前立腺癌の細胞の侵入を禁じる。

侵入および転移の阻止は二次ホルモン療法が失敗した高度の前立腺癌の処置のための新しいアプローチになった。 証拠を集めることは1alpha、25-dihydroxyvitamin D3 (1,25-VD)が腫瘍の成長および転移の阻止によって前立腺癌の進行を抑制することを示す。 但し、これらの効果の下にある詳しいメカニズムは定められることを残る。 ここでは、私達は1,25-VDが人間の前立腺癌の細胞ライン、LNCaP、PC-3およびDUの145侵略的な能力を禁じることを示すのに生体外の細胞の侵入の試金を使用した。 腫瘍の侵入にかかわるプロテアーゼ、マトリックスのmetalloproteinases (MMPs)、plasminogen活性剤(先)およびcathepsins (CP)の3つの主要なグループは、1,25-VD処置の後で活動および表現の変更のためにそれから検査された。 私達はmetalloproteinase1 (TIMP-1)の同等、ティッシュの抑制剤およびカテプシンの抑制剤の活動を高めたが、1,25-VDがMMP-9およびCPを減らしたが、ない先の活動ことが分った。 機械論的な調査は1,25-VDがtranscriptionalレベルでMMP-9表現を抑制しなかったが示したり、mRNAの安定性をことを減らした。 さらに、1,25-VDはTIMP-1活動の強化に貢献した、高めMMPの活動および腫瘍の侵入の阻止でこうして起因したTIMP-1促進者に結合するAP-1複合体を。 これらの調査結果はビタミンのDベースの療法がより高いMMP-9およびCPの活動がある患者間の高度の前立腺癌の管理で有利、特にであるかもしれないという考えを支える。

発癌。 1月2006日; 27(1): 32-42

3,3' -ホルモンの独立した前立腺癌のDiindolylmethaneのdownregulatesの親存続の細道。

疫学的な証拠は前立腺癌(帽子)の進行そして昇進が食事療法によって調整することができることを提案する。 すべての人が病気のよりもむしろ前立腺癌と死ぬので、chemopreventive作戦によって病気の進行を防ぐか、または遅らせる特別な関心である。 私達はインドール3 carbinol (I3C)のようなずっとcruciferous野菜で現在の混合物の抗癌性の特性を調査している。 Diindolylmethaneは(薄暗い)酸性条件の下でそしてI3Cとは違って形作られるI3Cの二量体より高い抗癌性の効果とより安定しているである。 現在のレポートでは、薄暗いホルモン独立したDU 145の帽子の細胞のI3Cと比較される有効な反proliferative代理店が私達は示す。 反前立腺癌の効果はAkt信号のtransductionの細道の阻止によって、I3Cに鋭い対照で薄暗い、Akt、p-AktおよびPI3キナーゼのdownregulationを引き起こすように仲介される。 また引き起こしたcyclin D1、cdk4およびcdk6のような細胞周期変数の流れcytometryそして下流の並行阻止によってDU 145の細胞のG1阻止を薄暗くしなさい。 私達のデータは帽子の散布/進行のための決定要因である分子ターゲットおよび疫学的な証拠を正当化する帽子のためのchemopreventive代理店として薄暗いのそれ以上の開発のための必要性を、提案する。 薄暗いの摂取は帽子の患者に寄与し、根本的なprostatectomyを経る患者にあるかもしれないマイクロ転移の除去によって病気の再発を減らすことができる。

Biochem Biophys Res Commun。 2月2006日10日; 340(2): 718-25

3,3'の運命-培養されたMCF-7人間の乳癌の細胞のdiindolylmethane。

3,3' - Diindolylmethaneは(薄暗い)属アブラナ属の野菜にある癌の予防の代理店のインドール3 carbinolの主要な生体内のプロダクトである。 ここでは、私達はMCF-7細胞でradiolabeledの新陳代謝の運命で薄暗くなる報告する。 薄暗いゆっくり複数に主に媒体で検出された酸化させた薄暗いプロダクトの硫酸塩の共役新陳代謝させた。 細胞で検出された放射能は72のhの処置まで主に非修飾まったく薄暗くする(81-93%)時間間隔をだった。 ケルセチンが付いているMCF-7細胞の共同処置はインドール[3,2-b]カルバゾール(ICZ)の共同処置は生産を加速したが媒体で集まった薄暗いプロダクトを酸化させた率を遅らせた。 ICZはケルセチンはこのisoformの特定の抑制剤であるが、P450 1A2が薄暗いの酸化に一義的な責任がある3-methylindoleと同じような2,3エポキシ化によってことをおそらく提案するP450 1A2の誘因物、である。 酸化させた薄暗い代謝物質の硫酸塩の共役はsulfataseの消化力によって裂かれ、LC/MSによって3 (1Hインドール3 ylmethyl) - 2-oxindole (2ウシ薄暗い)、bis (1H indol3 yl)のメタノール(3 methylenehydroxy薄暗い)、3として[(1H indol3 ylヒドロキシ) - (3 methylenehydroxy 2ウシ薄暗い) 1,3 dihydro2 oxindole、および3ヒドロキシ3メチル] - (1Hインドール3 ylmethyl) -識別された2-oxindole (3ヒドロキシ2ウシ薄暗い)。 表される2ウシ薄暗いの派生物sulfatase消化された媒体の放射能の30%以上。 従ってoxindoleの形成がMCF-7細胞の第一次新陳代謝の細道だったが、総合的な2ウシ薄暗いレポーターの試金4より前luciferaseのaで不活性およびおそらく前に薄暗いのために観察されたestrogenic活動に責任がなかった。 非修飾0.5-2 hの処置の後で放射能のおよそ35-40%を表す核膜で急速に集められて薄暗くしなさい。 radiolabeledの通風管は核膜に受動の仕切りだったようであった薄暗くなり、細胞のcytosolに依存していなかった。 薄暗いの核通風管は飽和できなかったし、無標号の前処理によって薄暗くなる妨げることができなかった(100 microM)。 更に、血清なしの媒体の処置はMCF-7細胞によってradiolabeledの通風管を薄暗くなる高めた。 これらの調査結果は膜によって薄暗いの通風管がかなり生物活動に貢献するかもしれない集中させた集中を高めることを示す。

Chem Res Toxicol。 3月2006日; 19(3): 436-42

vulvar intraepithelial neoplasiaの処置のインドール3 carbinolのランダム化された段階IIの試験。

この調査の目標はvulvar intraepithelial neoplasia (VIN)の管理のインドール3 carbinol (I3C)の潜在的な治療上の利点を定めることだった。 組織学的に確認された高級なVINの女性はI3Cの200そして400のmg /dayを受け取るためにランダム化された。 視覚アナログ スケールによるSymptomatologyおよびvulvoscopic出現は募集、6週、3か月および6か月に査定された。 組織学的の応答を定めるティッシュのバイオプシーは調査の期間の完了で得られた。 尿サンプルは各訪問で16アルファhydroxyestroneの比率に2-hydroxyestroneを定めるために得られた。 12人の女性からのデータは分析のために適していた。 I3C (疥癬、P= 0.018の導入が付いているsymptomatologyに重要な改善があった; 苦痛、P= 0.028)。 損害のサイズおよび厳格はまたかなり減った(サイズ、P= 0.005; 出現、P= 0.046)。 さらに、I3C、P= 0.05の開始の後に16アルファhydroxyestroneの比率へ2-hydroxyestroneに顕著な増加があった。 但し、最も一番被害が大きいvulval区域からのティッシュのバイオプシーは6ヶ月の期間の間にVIN、P= 0.317の等級の改善を明らかにしなかった。 I3Cおよび400のmg /dayのi3cの200のmg /dayを取っているそれらの女性間の結果に重要な相違がなかった。 この調査はI3C療法のVINのsymptomatologyそしてvulvoscopic出現で重要な臨床改善を示した。 それ以上の臨床および科学的な調査はこれらの予備の調査結果を支えるように要求される。

Int J Gynecolの蟹座。 2006日3月4月; 16(2): 786-90

3,3'でインターフェロン ガンマ シグナリングの活発化そしてpotentiation - MCF-7乳癌の細胞のdiindolylmethane。

3,3' - Diindolylmethane (薄暗い)、アブラナ属属の植物の自然なautolyticプロダクトは、ブロッコリーを含んで、カリフラワー動物モデルの乳房のneoplasiaに対しておよび芽キャベツ、有望な癌の保護活動を、特に表わす。 私達は薄暗いG (1)細胞周期の阻止およびエストロゲン敏感の細胞周期の抑制剤p21の表現そして促進者の活動の強い誘導をおよび-独立した乳癌の細胞ライン引き起こしたことを前に観察した。 薄暗い人間MCF-7乳癌の細胞のインターフェロンのガンマ(IFNgamma)の表現を調整する私達は最近示した。 この新しい効果は薄暗いの抗癌性の効果にIFNgammaが第一次のおよび移植された腫瘍の開発を防ぐことの重要な役割を担うので貢献するかもしれない。 この調査では、私達は薄暗い人間の乳癌の細胞のIFNgammaシグナリング細道を活動化させたことを観察した。 活動化させたIFNgammaの受容器(IFNGR1)の表現をおよびIFNgamma敏感な遺伝子p56-およびp69-oligoadenylateのシンターゼ(OAS)薄暗くしなさい。 IFNgammaのcotreatmentsでは、内生p69-OASとガス リュック レポーターのOASリュック レポーターそして互いに作用し合う活発化の付加的な活発化作り出される薄暗くしなさい。 共働作用して増加したトランスクリプション要因1のIFNgammaの細道の薄暗い活発化のそれ以上の証拠の信号のトランスデューサーそして活性剤のIFNgammaによって引き起こされるリン酸化を薄暗くしなさい。 薄暗く、IFNgamma主要な組織適合性のMHC 1準蛋白質および運送者のmRNAsの増加されたレベルと一緒に伴われた複雑なクラス1 (MHC-1)の表現のレベルの細胞増殖そして互いに作用し合う増加の付加的な阻止を作り出した。 これらの結果はさまざまな腫瘍のタイプに対してこの食餌療法のインドールの確立された有効性に貢献するかもしれない人間の腫瘍の細胞の薄暗いの新しい免疫の活動化および増強の活動を明らかにする。

Pharmacol Molの。 2月2006日; 69(2): 430-9

ブロッコリーのnutraceutical混合物の化学および生物的性格描写。

人々の食事療法は多くの薬剤が最初に植物食糧で発見される混合物から得られることを薬剤が、頻繁に意識しないより植物のbioactivesのすばらしく、より多様なグループを提供し。 多数の疫学の研究はglucosinolatesの豊富な源でしたり、またフラボノイド、ビタミンおよび鉱物の栄養素の高い内容を所有しているので一般にアブラナ属の野菜、および特にブロッコリーが癌から、人間を保護することを示す。 ブロッコリーの1つの珍しいphytotherapic役割は疣を扱うのに葉のジュースが使用されている皮の病気のためである。 但し、ブロッコリーの主な用途は健康促進の特性から生じる。 ある規準は特定の癌の危険を減らすために新しい「機能食糧」を開発する可能性を評価するために提案された; 主として癌の保護と関連付けられるブロッコリーで。 処理状態、輸送、国内調理、等は、ブロッコリーの健康促進の特性に影響を与え、これらは広く調査された。 この検討はブロッコリーのbioactive構成に対するブロッコリーそして効果のphytochemicalsの化学および生物的性格描写の綿密な研究を作る。

肛門J Pharm Biomed。 5月2006日17日

glucosinolatesの生物学そして生物化学。

Glucosinolatesは内生thioglucosidasesによる加水分解にミロシナーゼの農産物を複数の異なったプロダクト(例えば、isothiocyanates、チオシアン酸塩およびニトリル)と呼んだ硫黄が豊富な、陰イオンの天然産物である。 加水分解プロダクトに多くの異なった生物活動が、例えば、ので防衛混合物およびattractantsある。 人間のためにこれらの混合物は癌防ぐ代理店、biopesticidesおよびフレーバ化合物として作用する。 Arabidopsisのゲノムの完了以来、glucosinolateの研究は中心の生合成細道のほぼ完全な説明、細道の最初の調整装置の同一証明、特定のglucosinolateのプロフィールの新陳代謝工学に終って関連の細道に機能を、また発展リンクの同一証明調査するために重要な進歩を、した。 多くが近年学ばれてしまったが、大いに多くは私達が十分にいかに理解する、そしてなぜ植物がglucosinolatesを総合する前に発見を待つ。 これはに巧績農業および薬のこれらの混合物の潜在性私達をもっと十分に可能にするかもしれない。

Plant Biol. AnnuのRev。 6月2006日2日; 57:303-333

Uncariaのtomentosa (Willd。) DC. — ethnomedicinalの使用および新しい病理学の、毒性学および植物の結果。

ペルーのAshaninkaのインド人の薬効があるシステムは描写される。 医学の無秩序および治療師の3つの部門は確認される。 人間は身体検査および精神的なだれが調整の要素によって互いに伝達し合うかであることから成るために見られる。 Uncariaのtomentosa (Willd。)の重大さ DC. (アカネ科)、局部的に伝統医学のuna de gatoとして、この規則に影響を及ぼす司祭による排他的な使用によって強調される知られている。 エキスか隔離された混合物と得られる病理学および毒性学の結果は要約される。 Pentacyclic oxindoleのアルカロイドはリンパ球拡散調整の要因を作り出すようにendothelial細胞を生体外で刺激する。 Tetracyclic oxindoleのアルカロイドは反対者として機能する。 リンパ球のパーセントの重要な標準化は総leucocyte数が変わらなかったが生体内で観察された。

J Ethnopharmacol。 1月1999日; 64(1): 23-34