生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2006年10月
イメージ

ビタミンC

安定したアンギーナの患者のintracoronary Lアルギニン依存した冠状vasodilatationに対するビタミンCの効果。

目的: epicardial冠状動脈のintracoronary Lアルギニン注入へのvasomotor応答に対する静脈内のビタミンCの管理の効果を査定するため。 方法: 冠動脈疾患および安定したアンギーナの28人の患者は調査で登録された。 8人の患者はビタミンCの静脈内の注入の前後に150 micromol/最低のLアルギニンのintracoronary注入を受け取った、10人の患者は正常な塩の静脈内の注入の前後に150 micromol/最低のLアルギニンのintracoronary注入を受け取り、10人の患者はビタミンCの静脈内の注入の前後にintracoronary正常な塩を受け取った。 近位および遠位冠状動脈の区分の直径は量的な血管記録法によって測定された。 結果: 両方の近位の(4.87の(0.96の) %、p < 0.01 vの正常な塩)および遠位(6.33の(1.38の) %、p < 0.01 vの正常な塩)冠状区分のLアルギニンによって引き起こされる重要な膨張の注入。 ビタミンCおよびLアルギニンの共同注入は8.68の(1.40の) % 13.07の(2.15の) %近位冠状区分(p < 0.01 vの正常な塩、p < 0.01 vのLアルギニン)および遠位区分を膨張させた(p < 0.01 vの正常な塩、p < 0.01 vのLアルギニン)。 ビタミンCの静脈内の注入により近位および遠位冠状区分の直径の境界線の増加を引き起こした(重要ではない1.93の(0.76の) %および2.09の(1.28の) %、それぞれ、)。 結論: Lアルギニン依存した冠状区分のvasodilatationは冠動脈疾患の患者の酸化防止ビタミンCによって増加された。 従って、ビタミンCはLアルギニンによって引き起こされる一酸化窒素の生物学的利用能に対する有利な効果をもたらすかもしれない。

中心。 10月2005日; 91(10): 1319-23

肺microvascular endothelial細胞のホスホリパーゼDのビタミンのC誘発の活発化: 地図のキナーゼによる規則。

私達のより早い調査は病理学の線量(mM)のビタミンCが酸化圧力によって仲介される牛のような肺microvascular endothelial細胞(BLMVECs)の酸化還元反応依存した実行可能性の損失を引き起こすことを示した。 従って、ここに、私達は脂質シグナリング酵素、BLMVECsのホスホリパーゼD (PLD)のビタミンのC誘発の活発化を調査した。 BLMVECsの単一層文化は異なった期限のビタミンC (0-10のmM)と扱われた(0-2 h)およびPLDの活動は断固としただった。 ビタミンCはタイムのBLMVECsのPLDの活発化を引き起こし、酸化防止剤によってかなり減少した線量依存した方法、p38はプロテイン キナーゼ(p38 MAPK) -特定の抑制剤(SB203580)、細胞外の信号調整されたプロテイン キナーゼ(ERK)を- mitogen活動化させた特定の抑制剤(PD98059)、および支配的否定的(DN) - p38 MAPKおよびDN-ERK1/ERK2の細胞の一時的なトランスフェクション。 ビタミンCはまたリン酸化を引き起こし、時間依存の方法のBLMVECsのp38 MAPKおよびERKの活動を高めた。 それはビタミンCがPLDの転置を引き起こしたことまた明白だった(1)およびPLD (2)、p38 MAPKの連合およびPLDのERK (1)およびPLD (2)のPLDのトレオニンのリン酸化(1)およびPLD (PLDの2)そしてSB203580-およびPD98059-inhibitableのトレオニンのリン酸化(1) BLMVECsで。 DNp38 MAPKおよびDN-ERK1/ERK2のBLMVECsの一時的なトランスフェクションはPLDのトレオニンのビタミンのC誘発のリン酸化のマーク付きの減少で起因した(1)およびPLD (2)。 私達は、はじめて、病理学の線量、酸化圧力およびMAPKの活発化による肺microvascular ECsの活動化させたPLDでそのビタミンCを示した。

細胞信号。 9月2006日; 18(9): 1396-407

激しい心筋梗塞の結合されたビタミンCおよびEの酸化防止効果。 (MIVIT)の制御される二重盲目、多中心の試験心筋梗塞およびビタミン ランダム化される、偽薬試験。

目標: 反応酸素種(ROS)が心筋の虚血およびreperfusionの演劇の間に心筋の損傷およびendothelial機能障害に於いての重大な役割作り出した証拠の大きいボディがある。 MIVITの試験試験はAMIを持つ患者の臨床結果に対する酸化防止ビタミンCおよびEの効果をテストするように設計されていた。 方法および結果: 、ランダム化された、定期的な薬物の上に、2つの処置の1つを受け取るためにこれでは多中心の試験は二重盲目、AMIを持つ800人の患者(平均年齢62)任意に割振られた: 30日間1200 mg/24 h口頭で先行しているビタミンC (1000 mg/12 hの注入)およびビタミンE (h) 600 mg/24または一致の偽薬に。 第一次終点(内部病院の心臓死亡率、重大でなく新しい心筋梗塞、VT/VF/asystoleの衝撃/肺水腫の合成物)はより少し酸化防止剤(55 [14%]と[19%]、または75対0.82 [95% CI、0.68-1.00]、p=0.048)扱われた患者の頻繁に起こった。 結論: このランダム化された試験試験は酸化防止ビタミンとの補足が安全である示し、ことを肯定的にAMIを持つ患者の臨床結果に影響を及ぼすようである。 より大きい調査はこの有望で、安価な養生法のそれ以上の証拠を提供するために保証される。

Kardiolポール。 4月2005日; 62(4): 344-50

アスコルビン酸(ビタミンC)およびiloprostはラットのより低い先端の虚血/reperfusionによって引き起こされる肺傷害を減少させる。

この調査の目的はラットのより低い先端の虚血のreperfusionによってだった(I/R)引き起こされた肺傷害に対するアスコルビン酸およびiloprostの保護効果を比較すること。 Wistarの白子のラットは5グループに(n = 34)分けられた。 I/Rのグループ(nはreperfusionの1 hrまでに3 hrの間= 6)、大動脈、続かれて交差締め金で止められた。 ビタミンCのグループ(nは大動脈に交差締め金で止める前の左の頸静脈でアスコルビン酸100つのmg/kgのと= 8)の動物前処理をされた。 iloprostのグループ(nは20 NG (kg X分の) iloprostと左の頸部の静脈のcannulaで一定した静脈内の注入によって= 8)の動物前処理をされた。 偽りのグループ(nは= 6)、腹部同じに開いた期間残って、juguler静脈ラインは確立された。 制御グループ(nは= 6)の肺sternotomy直後に取除かれ、血液サンプルは取られた。 処置はこのグループで与えられなかった。 肺が両方とも取除かれた後、生化学的な変数は測定され、病理組織学的な評価はなされた。 動脈血のpO2およびHCO3レベルが統計的にI/Rのグループと比較されたビタミンCおよびiloprostのグループ両方でかなり高かったが血しょうmalondialdehyde (MDA)のレベルはかなり低かった。 その間、肺組織のMDAのレベルはI/Rのグループと比較されたビタミンCのグループでかなり低かった。 I/Rのグループと比較されたiloprostのグループの肺組織のMDAのレベルはまた低かったが統計的に重要ではなかった。 I/Rのグループの肺は他のグループと比較された病理組織学的な検査の強い間質性のleukocytic浸潤を表示した。 iloprostおよびビタミンCを持つ動物の前処理はかなり減らされた血しょう白血球の隔離によって特徴付けられた肺の傷害を減らした。 結果はビタミンCおよびiloprostが両方より低い先端のI/Rの期間後に高められた酸化圧力および好中球の蓄積によって引き起こされる肺傷害を減少させるための有用な代理店であることを提案する。

アンVasc Surg。 1月2006日; 20(1): 49-55

口頭ビタミンCの管理は耐久性がある心房細動の電気cardioversionの後で早い再発率を減らし、準の発火を減少させる。

背景: 発火および酸化圧力は心房細動(AF)のpathophysiologyで最近関係してしまった。 この調査の目標は早い再発率と炎症性索引のビタミンCの潜在的な利点を耐久性があるAFの巧妙なcardioversionの後で検査すること、またこれらの索引の後cardioversionの変更の時間のコースを調査することだった。 方法: 私達は耐久性があるAFの巧妙な電気cardioversionの後で将来44人の連続した患者を調査した。 すべての患者は標準的な処置を受け取り、口頭ビタミンCの管理または付加的な療法への1つから1の方法でランダム化された。 私達は白血球(WBC)の計算、C反応蛋白質(CRP)、フィブリノゲンおよびferritinのレベルの連続的な測定を行う7日間患者を追った。 結果: 巧妙なcardioversionの後の1週、AFはビタミンCのグループの患者の4.5%と制御グループ(p=0.024)の患者の36.3%で繰り返した。 ベースライン値と比較されて、炎症性索引はビタミンCを受け取っている患者のcardioversionが制御グループでかなり変わらなかったが、後減った。 重要な変動はWBCの計算(F=5.86、p=0.001)と2グループのフィブリノゲンのレベル(F=4.10、p=0.0084)の連続測定で見つけられた。 ビタミンCのグループCRPでレベルは第7日(p<0.05)により低かった。 CRPおよびフィブリノゲンのレベルは湾曲のリズム(F=2.77、p=0.044およびF=3.51、p=0.017、それぞれ)を維持した患者と比較されたAFに再発した患者でより高かった。 結論: これらの調査結果はビタミンCが耐久性があるAFのcardioversionの後で早い再発率を減らし、準の低レベルの発火を減少させることを提案する。 これらの効果は発火および酸化圧力で目標とする治療上のアプローチが心房の電気改造に対する好ましい効果を出すかもしれないことを示す。

Int J Cardiol。 7月2005日10日; 102(2): 321-6

酸化圧力の潜在的能力と膨張させた心筋症の厳格間の関係。

背景: 酸化圧力は鬱血性心不全のetiopathogenesisに於いての役割があるかもしれないことが提案された。 目的: 健康なボランティアのそれらの独特の膨張させた心筋症(IDC)と調査し、患者の酸化antioxidative状態そして酸化圧力の索引(OSI)を比較し、総酸化防止容量(TAC)と放出の一部分間の関係を(E-F)定めるため。 方法: IDCおよび24の制御主題を持つ28人の患者は調査で登録された。 Antioxidative状態は血しょうのTACそしてビタミンCおよびチオールのレベルの測定によって評価された。 酸化状態は総過酸化物のレベルの測定によって評価された。 総過酸化物のレベルへのTACのパーセントの比率はOSIとして受け入れられた。 E-Fシンプソンの方法を使用して測定された。 結果: 血しょうのTACそしてビタミンCおよびチオールのレベルは制御主題のよりIDCの患者でかなり低い見つけられた(P < 0.001)。 それに対して、総過酸化物のレベルおよびOSIsは制御主題のよりIDCの患者でかなり高かった(P = 0.002およびP = 0.002、それぞれ)。 重要で肯定的な相関関係はTACの間でE-F見つけられ、(r = 0.772; P < 0.001)。 一方では、重要で否定的な相関関係はE-FとOSIと患者のE-Fおよび総過酸化物のレベルの間で見つけられた。 結論: オキシダントは増加し、酸化防止剤はIDCの患者で減る; その結果、酸化antioxidativeバランスは酸化側面に移る。 酸化圧力の潜在的能力とIDCの厳格間に重要な相関関係がある。 IDCの処置の酸化防止剤の補足がこれらの患者に有用かもしれないと考えられている。

J Cardiolはできる。 8月2005日; 21(10): 851-5

3の ページで 3続けられる