生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2006年4月
イメージ

Pygeum

温和なprostatic増殖の患者の処置のためのPygeumのafricanum: 組織的検討および量的なメタ分析。

目的: 徴候の温和なprostatic増殖の人のPygeumのafricanumの治療上の効力そして許容範囲の組織的検討そして量的なメタ分析を行なうため。 方法: 調査はMedline (1966年に2000年)の調査によってfied identi-識別された試験および総論のEmbase、Phytodok、Cochraneの図書館、文献目録、および関連した著者および製薬会社が付いている接触だった。 ランダム化された試験は関係者は徴候の温和なprostatic増殖があったら含まれていた、介在だった単独でP.のafricanumの準備または他のphytotherapeutic代理店を伴って、制御グループは温和なprostatic増殖のための偽薬か他のpharmacologic療法を受け取り、処置の持続期間は少なくとも30日だった。 2人の調査官は独自に設計特微、従がう特徴および療法allocation.RESULTSの主データを得た: 18の合計は1,562人を含む管理された試験を満たし、包含の規準を分析されたランダム化した。 多くの調査は方法の結果にその許可されたメタ分析を報告しなかった。 17が二重盲目になったが、調査の1つだけは処置の割振りの隠蔽の方法を報告した。 中間の調査の持続期間は64日(範囲30に122)だった。 6つの調査の偽薬と比較されて、P.のafricanumは各結果(- 0.8に分かち合われた標準偏差で分けられた各結果に中間の変更の相違によって定義された効果のサイズによって査定されるようにurologic徴候および流れの手段の結合された結果の適度に大きい改善をSD [95%の信頼区間(CI)提供した: -1.4から-0.3])。 個々の結果の概略見積もりはまたP.のafricanumによって改善された。 人は全面的な徴候(危険の比率報告する二度より多く同様に多分= 2.1、95% CIの改善をだった: 1.40への 3.1)。 Nocturiaは24%による19%そして残りの尿の容積減った; ピーク尿の流れは23%高められた。 P.のafricanumによる悪影響は偽薬に穏やか、類似していた。 全面的な中退率は12%、P.のafricanum (13%)、偽薬(11%)、および他の制御(8%のために類似していた; P =偽薬対0.4およびP =他の制御対0.5)。 結論: 温和なprostatic増殖の処置のためのP.のafricanumの文献は調査の設計の調査そして可変性の短い持続期間、phytotherapeutic準備の使用、および報告された結果のタイプによって限られる。 但し、証拠は適度の、かなりP.のafricanumが、urologic徴候および流れの手段を改善するがことを提案する。 それ以上の研究はP.のafricanumの標準化された準備を使用して必要長期有効性および機能を定めるために温和なprostatic増殖と関連付けられる複雑化を防ぐである。

AM J Med。 12月2000日1日; 109(8): 654-64

tadenan低線量は両側のある虚血のreperfusion誘発の収縮機能障害からウサギのぼうこうを保護する。

最近の調査はことを焦点虚血/reperfusion示す(I/R)により部分的なぼうこうの出口の妨害の動物モデルで引き起こされる収縮機能障害を引き起こすことができる。 Tadenan (Pygeumのafricanum)の前処理はウサギのぼうこうがischemic傷害ことをからぼうこうを保護することによる部分的な出口の妨害によって、多分引き起こされた収縮および生化学的な機能障害を開発することを防ぐことができる。 現在の調査はTadenanの臨床的に関連した線量が付いているウサギに前処理をすることがぼうこうがreperfusionに先行している両側のある虚血によって引き起こされる収縮機能障害を開発することを防ぐことができるかどうか定めるように設計されていた。 ニュージーランドの白いウサギは2グループに分かれていた。 1つグループはTadenan (3.0 mg/kgの体重の3週間口頭gavageによって前処理をされた。/日)。 第2グループは車(ピーナッツ油)によって扱われた。 各グループからの5匹のウサギは1つのhか1週の間reperfusedより1か3 hのための両側のある虚血におよび服従した。 各グループからの5匹のウサギは実験グループのそれぞれの偽りの外科そして操業に服従した。 現在の調査の結果は3.0 mg/kgの体重。/dayの臨床的に関連した線量のTadenanの前処理がreperfusionに先行している両側のある虚血によって引き起こされた収縮機能障害からぼうこうを保護したことを示す。 これらのデータは両方のウサギおよび人間のTadenan療法が虚血およびreperfusionことをによって与えられる細胞損害に対してぼうこうの平滑筋の保護によって機能するという主張に一貫している。

Phytomedicine。 1月2005日; 12 (1-2): 17-24

温和なprostatic増殖に於いての5つのアルファ還元酵素の抑制剤のDihydrotestosteroneそして役割。

温和な前立腺の増殖(BPH)の起源は2つの要因によって決まる: 精巣の男性ホルモンおよび老化プロセス。 前立腺の最も重要な男性ホルモンはdihydrotestosterone (DHT)である。 老化の男性で前立腺のDHTのレベルはテストステロンの血しょうレベルが減るが主として一定している残る。 DHTは2つのisoenzymesがある酵素の5アルファ還元酵素によるテストステロンの減少によって形作られる。 5-alphareductaseタイプ2は生殖のティッシュとこうしてまた前立腺の優勢なisoenzymeである。 FinasterideはBHPおよび男性の脱毛症の処置で加えられる5アルファ還元酵素の抑制剤である。 線量では使用されたfinasterideはそれによりおよそ70%と前立腺の約85-90% DHTの血清のレベルを減らす5アルファ還元酵素のタイプ2の、禁止によって主に機能する。 実際にBPHのfinasterideの効果は臨床調査で証明された。 但し、循環し、intraprostatic DHTは温和な前立腺の増殖および他のDHT関連の無秩序の処置で効果があるより有効な二重5アルファ還元酵素の抑制剤によって更に減らすことができる。

Urologe A. 9月2002日; 41(5): 412-24

pharmacologic介在の評価の温和なprostatic増殖の自然史の重要性。

治療上の介在が主観的に進歩的な病気の客観的な規準より多く基づいているという事実および未処理の徴候の温和なprostatic増殖(BPH)の可変的な自然史に適切に臨床BPHに対するpharmacologic介在の効果を評価するための重要な結果がある。 徴候BPHのための薬療法の成功を正確に評価するためには、どの試験でも比較のための偽薬の処置の腕を含まなければならない。 但し、正当であるそのような偽薬制御のためにそれはBPHの自然史に影響を与えてはならない。 BPHに対する偽薬の処置の効果を評価するためには、いろいろな独立者の調査からの未処理の臨床BPHの自然史に続くデータの大きいボディは2006年4月の生命延長107ジャーナル概要がまた続かれた臨床BPHと患者のグループを偽薬扱った独立した調査の大きい変化からのそれらと結合され、比較された。 これらの比較は1)偽薬の処置が病気の自然史に影響を与えないことを示す; 2) 自発の改善は通常徴候の最初の提示の最初の6か月の内にまったく起こることなら、行われる; 患者がより悪くなろうとしているかどうか定めるためにそして3)フォローアップの3-6か月は必要である。 従って、徴候BPHのためのあらゆる医学の介在の潜在的な利点を正確に評価するように、placebocontrolled臨床試験は要求され、少なくとも6か月の持続期間であるべきである。

前立腺Suppl。 1990;3:1-7

ラットのprostatic繊維芽細胞に対するPygeumのafricanumのエキスのAntiproliferative効果。

BPHと関連付けられるmicturitionの無秩序の処置で使用される異なった成長因子によって刺激されるラットのprostatic stromal細胞の拡散に対するPygeumのafricanumのエキス(Tadenan) (Pa)の効果は検査された。 EGF、bFGFおよびIGF-IしかしないKGFは文化のprostatic繊維芽細胞のためにミトゲンである。 Pygeumのafricanumは/ml 4.5、7.7、そして12.6マイクログラムののIC50価値の基底のおよび刺激された成長を。禁じる。 EGFのために、IGF-IおよびbFGFは、それぞれ、/ml 14.4マイクログラムのと。比較した。 未処理の細胞のため、EGFの方により強い阻止。 Pygeumのafricanumは12.4そして8.1マイクログラムのIC50価値の集中依存した方法のTPAかPDBuによって引き起こされた拡散を禁じた。/ml。 それぞれ。 Paのantiproliferative効果は細胞毒性に帰されなかった。 これらの結果はPygeumのafricanumがプロテイン キナーゼC、定義された成長因子のbFGF、EGFおよびIGF-Iの直接活性剤に応じてラットのprostatic繊維芽細胞拡散の有効な抑制剤である、およびmitogensの複雑な混合物ことを示す使用される集中によって血清で。 PKCの活発化はこの代理店のための重要な成長によって要因仲介される信号のtransductionようである。 これらのデータはPygeumのafricanumの治療上の効果が人のprostatic繁茂に責任がある成長因子の阻止が一部には原因少なくともであるかもしれないことを提案する。

J Urol。 6月1997日; 157(6): 2381-7

一度の比較そして毎日二度温和なprostatic増殖の患者のPygeumのafricanumのエキスの適量形態: 長期開いたラベル延長のランダム化された、二重盲目の調査。

目的: Pygeumのafricanumのエキス、50 mg毎日二度比較するためおよび100 mgの効力そして安全を一度毎日。 方法: 徴候の温和なprostatic増殖(BPH)の患者は2ヶ月のランダム化されるにのparallelgroup、二重盲目の、比較段階入った(Aを、50 mg毎日二度分けなさい; グループB、100 mg一度毎日)、10ヶ月、開いた段階(100 mg一度毎日)までに続かれて。 主要な効力の査定変数は国際的な前立腺の徴候のスコア(IPSS)、(QOL)生活環境基準、および最高の尿の流動度(Qmax)が含まれていた。 結果: 200人の9人の患者は議定書に従って比較段階を完了した; 174は開いた段階に含まれていた。 処置に両方とも同じような効力があった。 IPSS (両方のグループのベースライン17)はグループAの38%および両方のグループの28%によって改良されたグループB. QOLの35%によって改良した。 QmaxはグループAの1.63 mL/s (16%)およびグループB.の2.02 mL/s (19%)によって増加した。 12かの数か月後で、IPSSは16から9に(ベースライン)下った(- 46%)。 患者の半分に1.65ジャーナル概要によって増加した8.中間のQmaxの下でIPSSが生命延長2006年4月の108のmUs (15%)あった。 安全プロフィールはグループと調査段階間に類似していた。 結論: 毎日二度50 mgのP.のafricanumのエキスはおよび100 mg一度毎日2か月に均等に有効そして安全証明した。 満足な安全プロフィールの効力のそれ以上の改善は12かの数か月後に文書化された。

泌尿器科学。 9月1999日; 54(3): 473-8

大量服用のPygeumのafricanumを使用して温和なprostatic病気の処置の泌尿器科および性の評価。

この臨床調査はprostatic肥大か慢性の前立腺炎に苦しんでいる患者のPygeum Africanum (Tadenan) (Roussel-Pharma)のエキスの効力を評価するように設計されていた。 薬剤は標準的な適量(100 mg/dieの代りのosごとの200 mg/die、)の倍としてに18人の患者、60日間、管理された。 それら二つの病理学を用いる性の無秩序の連合の高周波のために、私達はprostatic肥大か慢性の前立腺炎と、同時に、性の妨害に苦しんでいる患者を選ぶ性の無秩序に調査をまた拡張した。 副作用は処置の間に観察されなかった。 尿の妨害はanamnesisおよびprostatic transrectal echographyによって評価された; 性の無秩序はanamnesisおよび夜のpenile tumescenceおよび剛性率(NPTR)の監視によって評価された。 なお、ベータEstradiolホルモンのLH、FSH、プロラクチン、17およびテストステロンの血清のレベルの適量は療法の前後に行われた。 Pygeum Africanumのエキスの管理は私達が調査したすべての尿変数を改善した; prostatic echographyはperi urethral浮腫の減少を取り除いた。 また性の行動の改善は得られた; しかし私達は療法の前後に、またNPTRのために血清のホルモン性のレベル間の重要な相違を見つけなかった。

アーチItal Urol Nefrol Androl。 9月1991日; 63(3): 341-5

温和なprostatic増殖(BPH)の処置のtadenanの効力そして容認性(Pygeumのafricanumのエキス): 中央ヨーロッパの多中心の試験。

PygeumのafricanumのエキスはBPHを緩和して穏やかの処置のために中央ヨーロッパおよび東ヨーロッパでそれらを含む多くの国でTadenanとして利用できる。 その効力および容認性は大きい人口の多数の開いた、偽薬制御の調査で示された。 現在の開いた3中心の効力および安全調査はチェコスロバキア共和国とポーランドの泌尿器科学医院の共通の議定書に従って、国際的な前立腺の徴候のスコア(IPSS)およびflowmetryの査定を使用して毎日の練習の状態のPygeumのafricanumの治療上のプロフィールを、確認するために行なわれた。 人は選択基準に従って50-75年を(を含むIPSS >または= (QoL)スコア12、生活環境基準>または= 3、および最高の尿の流れ<または= 15 ml/s)最初に検査された処置が提供されなかった2週後にそれからリコールされて老化させ、(安定性の流出そして点検)。 まだ迎合的なら、それらにPygeumのafricanumのエキス50 mgとの処置の2ヶ月の期間に毎日二度この時点で入られた。 処置なしでそれ以上の1ヶ月のあ期間、Pygeumのafricanumの管理の前の2か月の間に観察されたあらゆる効果の持続を評価することが客観的なあることに続いた。 調査された第一次効力変数はIPSSだった; 他の効力変数はQoLの夜の頻度、最高の尿の流れ、平均尿の流れであり、残り容積およびprostatic容積を、処置を停止した後Pygeumのafricanumの処置そして1月の1かそして2かの数か月後に後無効にする。 合計85人の患者は3つの中心の間で均等に配られ、全体の調査を完了した。 包含で中間IPSSは16.17だった、QoLは3.60であり、nocturiaは一晩2.6回だった。 2ヶ月の処置の期間後の主観的なスコア、IPSSおよびQoLの変更は非常に統計的に40%および31%の中間の改善と重要、それぞれだった。 夜の頻度は32%減り、中間の減少は再度非常に統計的に重要だった。 中間の最高の尿の流れ、平均尿の流れおよび尿の容積はまた統計的にcantly改良されたsignifi-だったが後無効になる容積の適度な改善は統計的な重大さに達しなかった。 より早い調査の偽薬と観察されたそれらを超過した改善は臨床的に有用な活動の興味深い持続を示す処置なしで1か月後に維持された。 性の生命のProstatic容積そして質は変わらずにすっかり残った。 処置関連の悪影響は観察されなかった。 結論として、毎日の練習の条件の下で、PygeumのafricanumのエキスはIPSSおよびuroflowmetry変数の重要な改善を引き起こす。 これらの肯定的な効果はQoLの相当な改善の全面的な結果を用いる非常に満足な安全プロフィールと一緒に伴われる。

Curr Med Res Opin。 1998;14(3):127-39

温和なprostatic増殖による排尿の無秩序の医学療法のPygeumのafricanumのエキスの効力: 客観的で、主観的な変数の評価。

偽薬制御のdoubleblind多中心の調査。 温和なprostatic増殖に多中心のdoubleblind試験でよるmicturitionalの無秩序の処置のPygeumのafricanumのエキスの効力は対偽薬テストされた。 Pygeumのafricanumのエキスまたは偽薬の50 mgを含んでいるカプセルは午前中1つのカプセルおよび60日一定期間に渡って夕方の1つのカプセルの適量で管理された。 263人の患者はドイツ、フランスおよびオーストリアの8つの中心で遂行されたこの調査に含まれていた。 評価はuroflowmetry昼間および夜のpollakiuriaの残りの尿および精密な監視のような量的な変数に主に基づいていた。 Pygeumのafricanumのエキスとの処置はマーク付きの臨床改善をもたらした: 量的な変数の比較は治療上の応答に関してPygeumのafricanumのグループと偽薬のグループの重要な違いを示した。 質的な方法の患者によって評価されたmicturitionalの無秩序の独特の主観的な徴候はまたPygeumのafricanumのエキスの管理によってかなり改善された。 micturitionが患者の66%で改良したことを示されている療法の終わりに全面的な査定は偽薬のグループの31%の改善と比較してPygeumのafricanumのエキスと、扱った。 相違はpの統計的なレベルで重要より少しより0.001だった。 Pygeumのafricanumのエキスとの療法の間に、胃腸副作用は5人の患者で行われた。 処置はそれらの場合の3で中断された。

Wien Klin Wochenschr。 1990年の11月23日; 102(22): 667-73