生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2006年4月
イメージ

プロゲステロン

乳癌のホルモン補充療法そして危険のプロゲスチンそしてプロゲステロン。

連続的結合された養生法のホルモン補充療法(HRT)のエストロゲンへの総合的なプロゲスチンの付加が、特に、単独でエストロゲンと比較される乳癌の(紀元前に)危険を高めることを管理された調査および観測の調査は最後の5年にわたって提案する出版した。 対照によって、最近の調査は循環養生法の自然なプロゲステロンの付加が危険に紀元前に影響を与えないことを提案する。 見つけるこれはプロゲステロンが胸のティッシュに対する有害な影響をもたらさないことを提案する生体内のデータに一貫している。 エストロゲンに総合的なプロゲスチンの付加と見つけられた紀元前に高められた危険は使用されたプロゲスチンの養生法や一種が原因であることができる。 連続的結合された養生法は循環養生法のプロゲステロンの回収の後に起こる乳房の上皮の捨てることを禁じる。 もっと重大に、使用されるプロゲスチンはエストロゲンのproliferative行為を増強できるある非プロゲステロンそっくりの効果に(medroxyprogesteroneのアセテートおよび19 Nortestosterone派生物)恵まれている。 特に関連している新陳代謝はあるためにようで、反対の効果を対比するhepatocellular効果(減らされたインシュリンの感受性、増加されたレベルおよび活動、およびSHBGのインシュリンそっくりの成長の要因私の減らされたレベル)は口頭エストロゲンによって、引き起こした。

JのステロイドBiochem Mol Biol。 7月2005日; 96(2): 95-108

プロゲステロンのための箱。

近づいている女性のためのホルモン療法(HT)の最近の臨床試験または過去ずっと月経閉止期はつまらない。 総合的なプロゲスチンと結合されるずっと活用された馬のエストロゲンを取っているほとんどの女性は高められた健康を損う危険性のためにこれらの補足を停止するように励まされた。 臨床試験の総合的な混合物および組合せと関連付けられる危険について正確である17beta-estradiolが総合的なmedroxyprogesteroneのアセテートの代りに自然なプロゲステロンとテストされたら事実であるかもしれないものがデータは反映しない。 ほとんどの場合、HTのほとんどすべての仕事で、エストロゲンはプロゲステロンに中枢神経系にneurodegenerativeおよび外傷性の傷害の修理を高めることができる重要な特性があるにもかかわらず第一次焦点を与えられた。 この記事はHTが再考されるべきならそれらの特性のいくつかを見直し、プロゲステロンは認識モーターおよび男性および女性両方の老衰に伴うことができる感覚的な減損を減らすか、または防ぐことの重要な役割を担うかもしれない有効なneurotrophic代理店としてもっと注意を払われるべきであることを提案する証拠を論議する。

アンN Y Acad Sci。 6月2005日; 1052:152-69

Neuroactiveステロイド: 行為およびneuropsychopharmacological特性のメカニズム。

ステロイドは遺伝子発現の規則のトランスクリプション要因として機能するかもしれない同種の細胞内の受容器に不良部分によって神経機能に影響を及ぼす。 さらに、ある特定のいわゆるneuroactiveステロイドは非ゲノムのメカニズムによってligandgatedイオン チャネルを調整する。 プロゲステロンおよびdeoxycorticosteroneの特に明瞭な3alpha減らされた代謝物質はガンマ アミノ酪酸のタイプAの有効で肯定的なallosteric変調器である(GABAの(A))受容器。 但し、また17beta-estradiol、テストステロンおよびプロゲステロンのような古典的なステロイド ホルモンは5-hydroxytryptamineタイプでので機能反対者3機能するかもしれないのでneuroactiveステロイドである(5 HT (3))受容器、配位子ゲートで制御されたイオン チャネルまたは明瞭なグルタミン酸塩の受容器。 5 HTのいろいろなステロイドの行為のための構造活動関係(3) GABAのために知られていたそれとかなり異なった受容器は詳しく説明された(A)受容器。 GABAのステロイドのための結合場所がその間(A)受容器は今でも討論の問題である、またステロイドが受容器の膜インターフェイスでligandgatedイオン チャネルによってallosterically相互に作用しているという証拠がある。 一方では、また3alpha減らされたneuroactiveステロイドは5alpha-pregnaneステロイドに細胞内の酸化の後でプロゲステロンの受容器で遺伝子発現を調整するかもしれない。 動物実験はプロゲステロンがGABAergicのneuroactiveステロイドに生体内で急速に変えられることを示した。 プロゲステロンはWistarのオスのラットの線量依存した方法のlocomotor活動を減らす。 さらに、プロゲステロンおよび3alpha減らされたneuroactiveステロイドはラットおよび人間のベンゾジアゼピンそっくりの睡眠EEGのプロフィールを作り出す。 主要な不況の間、抗鬱剤との巧妙な処置によって訂正されるそのような3alpha減らされたneuroactiveステロイドの不安定がある。 Neuroactiveステロイドはエタノールの回収の間に患者の抗鬱剤と不況および心配の処置に更にかかわるかもしれない。 パニック障害の患者の調査はneuroactiveステロイドがまた人間の心配のことを調整の役割を担うかもしれないことを提案する。 頭脳のステロイドのゲノムおよび非ゲノムの効果は精神障害のpathophysiologyおよび抗鬱剤の行為のメカニズムに貢献するかもしれない。 Neuroactiveステロイドは独特な分子特性を通して行動機能の広いスペクトルに影響を与え、神経精神病学の無秩序のための新しい処置の作戦を表すかもしれない。

Psychoneuroendocrinology。 2月2003日; 28(2):139-68

不安障害に於いてのプロゲステロンおよび他のneuroactiveステロイドの役割。

それは不安障害の大きい流行が人のより女性になぜある、そしていかに女性のホルモン関連のでき事が(すなわち、月経および産後)不安障害のコースに影響を及ぼすことができるか説明されていなく残る。 女性のホルモンおよび派生物がこれらの観察の大きな役割を担うことは論理的だったようであろう。 性ホルモンのための役割および心配そっくりの行動の派生物を示す不安障害に於いての女性のホルモンおよびneuroactiveステロイドの役割の実験臨床データの相対的な不足と対照をなして多量のpreclinicalデータはある。 強力なanxiolyticの代理店から、プロゲステロンの派生物のような得られる病理学の混合物の治療上のanxiolyticの活動のための劇的な潜在性がallopregnanoloneある。 その結果、現在不安障害にそのような代理店を開発し、テストすることに製薬産業から途方もない興味がある。

Neurother巧妙なRev。 9月2004日; 4(5): 851-60

石川のendometrial癌細胞のエストロゲンそしてプロゲステロンによるブドウ糖の運送者の表現の差動規則。

エストロゲン取り替え療法および他の無競争のエストロゲンの処置は癌を含むendometrial異常の発生を、高める。 但し、この効果はプロゲステロンの共同管理によって妨害される。 endometriumでは、ブドウ糖の運送者(供給過剰)の表現およびブドウ糖の輸送は月経中変動すると知られている。 ここでは、私達はGLUT1-4の表現と石川のendometrial癌細胞のdeoxyglucoseの輸送に対するエストロゲンおよびプロゲステロンの効果を定めた。 細胞はエストロゲン、プロゲステロンと孵化するかまたはエストロゲンを結合し、GLUT1-4の表現とdeoxyglucoseの輸送に対する24のhそして効果のためのプロゲステロンは断固としただった。 私達はGLUT1表現がエストロゲンおよびプロゲステロンによってそれぞれupregulatedがこと、結合されたエストロゲンおよびプロゲステロンの処置がこの増加を逆転させることを示す。 ホルモン性の処置はGLUT2、GLUT3またはGLUT4表現に影響を与えない。 輸送の調査はプロゲステロンが付随して加えられるときエストロゲンがMichaelis-Mentenの定数(Kms)でGLUT1/4に相当してdeoxyglucoseの輸送を高めることを、消える効果示す。 これらのデータは異なったホルモン性の処置が特異的にこのendometrial癌細胞ラインの供給過剰の表現そしてブドウ糖の輸送を調整することを示す。 この規則は癌の発生のエストロゲンそしてプロゲステロンによって担われるこのティッシュの役割を映し、高められたエネルギー必要量のための要求に燃料を供給するのにGLUT1がendometrial癌細胞によって利用されるかもしれないことを提案する。

J Endocrinol。 9月2004日; 182(3): 467-78

テストステロンの取り替え誘発のhyperprolactinaemia: 文献の場合のレポートそして検討。

従って生殖腺機能減退症と、減らされたリビドーおよび無力は現在の、プロラクチン(PRL)の産出のmacroadenomasのすべての人の半分およびテストステロンの取り替えを要求する。 但し、少しだけprolactinomasに対するテストステロンの効果について知られている。 私達はコンピュータ トモグラフィ スキャンがsuprasellar macroadenomaの存在を示した後生殖腺機能減退症およびhyperprolactinaemiaと示し、transphenoidal下垂体切除を経た18歳の肥満の人の例を報告する。 別の機会に、私達はテストステロンの取り替えが停止したときにテストステロンの取り替えがPRLの落下始まったときにPRLの上昇を文書化し、(r = 0.6090、P = 0.0095)。 なお、イメージ投射調査はテストステロン療法の後で腫瘍の再生の可能性を提案した。 私達は外因性のテストステロンが前方pituitaryによってPRLの解放を刺激したoestradiolに芳香化されたことを仮定する。 これはテストステロンの取り替えの後でoestradiolのレベルの増加によって統計的な重大さが少数のデータ点だけの供給が達成されなかった原因ではなかったが、支えられた。 この場合はテストステロンの取り替え誘発のhyperprolactinaemia、この設定の男性ホルモンの取り替えの以下確認された複雑化に気づく必要性を強調する。 テストステロン取り替え療法とともにaromataseの抑制剤の使用か非aromatizable男性ホルモンの使用はそのような患者で示されるかもしれない。 ドーパミンのアゴニストが外見上テストステロンの取り替えによって引き起こされるhyperprolactinaemiaを抑制しないことを一緒に取られて、このレポートおよび前の調査は示す。

アンClin Biochem。 3月2005日; 42 (Pt 2): 153-9

ホルモンおよびnutriceuticalsを使用している年配者の前立腺の病気を防ぐこと。

前立腺に1つの機能だけ、即ち再生のために必要である物質を含んでいる液体を分泌するある。 これはティッシュの男性ホルモンの非常に高い濃度を要求する。 温和なprostatic肥大(BPH)は強い男性ホルモン5alpha-dihydrotestosterone (DHT)と、多分、エストロゲンへの前立腺の長期露出と関連しているようである。 前立腺癌と男性ホルモン間の関係は侵略的な癌の高められた危険と関連付けられる男性ホルモンの集中の両方の極端とU字型、であるために提案される。 BPHの患者の処置では、Serenoaのrepensのlipidic liposterolicエキスは尿の徴候の除去の5alpha還元酵素の酵素またはalpha1 adrenergicブロッカーの薬剤の抑制剤有効だった。 適度に5alpha還元酵素の活動を禁じることに加えて、Serenoaは前立腺に対する有利な効果の炎症抑制および補足の細胞行為を出すようである。 薬剤の5alpha還元酵素の抑制剤とは違って、finasterideおよびdutasterideのSerenoaは血清PSAを抑制し、前立腺癌のフォローアップそして早期発見を促進する。 私達は部分的な男性ホルモンの不足の支えられた解放の頬の生物接着剤のタブレットが付いている正しいテストステロンの取り替えを人に与えることを目指す前立腺癌を防ぐために作戦を提案する。 さらに、Serenoaのrepensのエキスおよび酸化防止剤のセレニウムの組合せを用いる食糧補足は、(シス形) -オメガ3のグループの長い鎖のpolyunsaturated必要な脂肪酸の魚油の金持ちとともにリコピンそして自然なビタミンE、保証されてようである。 明らかに、老化の人および彼の前立腺の注意深い臨床および生物的監視を含む全体アプローチは必須に残る。

老化の男性。 6月2004日; 7(2): 155-69

4の ページで 2続けられる