生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年9月
イメージ

致命的な突然変異からあなたのDNAを保護すること

デーブTuttle著

Wasabiは発癌物質を戦う

Wasabiのjaponicaはアブラナ属のメンバー、またはcruciferous、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、西洋わさびをchoy含んでいる、bokおよび10の他の植物である野菜の系列。 これらの野菜は食事にクランチおよび味を加え、健康食の重要な部分として彼らの繊維の内容のために長く確認されてしまった。 しかし最近の研究はただの繊維より大いに多くがこれらの野菜へあること明らかにした。 それらは植物の細胞が収穫するか、切れるか、またはかみ砕くことによって損なわれるときglucosinolatesのハイ レベル、酵素のミロシナーゼによってisothiocyanatesに変えられる混合物のグループを含んでいる。 これらの野菜に彼らのシャープの味を与えるのはisothiocyanatesである。 Wasabi、緑、通常寿司と役立つ刺激性の西洋わさびはすべての植物種間のisothiocyanatesの最も有効な源の1つである。

isothiocyanatesは食事に多くをより加える味はする。 日本の調査はアリル イソチオシアネートに重要な酸化防止行為があることが、特に分ったスーパーオキシド基に対して。22 著者に従って、このphytochemicalまた食中毒の細菌および菌類の成長に対する抑制的な効果をもたらし、共通の発癌物質に対する示されていた反mutagenic活動は焼かれた魚および肉で見つけた。

3人の他の日本人は6-methylsulfinyhexylイソチオシアネートからの発見された劇的な利点、か6-MITCを調査する。 日本の名古屋大学の研究者はグルタチオンのSトランスフェラーゼ、高い反応による最も重要な段階IIの解毒の酵素の1の有効な誘因物であると6-MITCが見つけた。23 6-MITCはまた24時間以内のapoptosisの促進によって人間の白血病および胃癌の細胞の細胞増殖を生体外で禁じるために示されていた。24,25は これ前臨床腫瘍の成長を抑制し、癌の減らされた発生に貢献するかもしれない。 日本の金沢Gakuinの大学の科学者は6-MITCに細胞の成長また細胞の存続にだけでなく、影響を及ぼす乳癌およびメラノーマの細胞に対して同じような特性があることを学んだ。26は 著者必要な低い適量のために6-MITCにすべてのタイプの癌細胞を制御する潜在性があることを結論した。

6-MITCの重要性はまたラットおよびマウスとの実験で示された。 日本の研究者は口頭6-MITCが容易に吸収され、急速に30分以内の最高レベルに達する循環系を入れることを発見した。27の 血レベルはそれから比較的ゆっくり減り、長期のためのより高いグルタチオンのSトランスフェラーゼのレベルを刺激するようにそれがする。 付加的な実験はisothiocyanatesがラットの肺、食道、乳腺、レバー、小腸、コロンおよびぼうこうのtumorigenesisを禁じることが分った。28-30 これらの結果はすぐに利用できる癌のchemopreventive代理店であると研究者をisothiocyanatesが考慮するために導いた。

wasabiを耕すことが複雑、時間のかかり、新しいWasabiのjaponicaの根茎(根)が非常に高いので、ほとんどのレストランは味の比較的安価のヨーロッパの西洋わさびを代わりにし、緑色および僅か実質のwasabiを加える。 しかしヨーロッパの西洋わさびはwasabiのisothiocyanatesの多様性を含んでいない。 それが短い鎖のisothiocyanatesの多数を共有する間、ヨーロッパの西洋わさびは6-MITCを含む長鎖のisothiocyanatesに、欠けている。 アブラナ属家族の他のほとんどの野菜はこれらの長鎖のisothiocyanatesがまた不十分である、従って食餌療法の源からのこれらのphytochemicalsのすべての潜在的な利点を達成することは困難である。 さらに、これらの野菜を調理することはミロシナーゼの転換の酵素の相当な低下で起因する。 これはwasabiの補足に魅力的な選択をする。

ブロッコリーのエキス: 反突然変異原の金持ち

ブロッコリーはisothiocyanatesに酵素によって変えられるglucosinolatesの豊富な源である。 ボディでは、ブロッコリーのisothiocyanatesは複数の段階IIの解毒の酵素の生産を後押しし、酸化防止状態を高め、そして化学的に引き起こされた癌から動物を保護する。31 その結果、栄養学者はブロッコリーおよび同じような野菜を少なくとも週に三回消費することを推薦する。 ブロッコリーの集中されたエキスはこれらの有利な混合物のあなたの取入口をさらにもっと後押しすることを可能にする。

ブロッコリーの第一次isothiocyanatesの1つはsulforaphaneである。 多数の調査では、この植物の化学薬品は反発癌性の行為を示した。 マウスの肝臓癌の細胞との生体外の実験では、sulforaphaneは二相II解毒の酵素、グルタチオンのSトランスフェラーゼおよびキニーネの還元酵素のレベルを上げた。32は 著者これらの酵素を上げるsulforaphaneの能力がブロッコリーの抗癌性の行為の重要な部品であるかもしれないことを結論した。

ラットの化学的に引き起こされた乳房癌に対するジョーンズ・ホプキンス大学の検査された口頭sulforaphaneの効果の調査。 発癌物質へのエクスポージャーの時間のまわりに与えられたとき33、sulforaphaneはかなり乳房の腫瘍の発生、多様性および重量を減らし、開発は遅れた。 生体外の実験はsulforaphaneがまた前立腺癌を戦うのを助けることができること34に グルタチオンのSトランスフェラーゼの酵素の表現の早く、ほぼ普遍的な損失によって特徴付けられる病気を示す。 但し、sulforaphaneが複数の人間の前立腺癌の細胞ラインに生体外で加えられた時、劇的に高められる段階IIの酵素の表現細胞の防衛をささえる。 見つけるこれはcruciferous野菜の高められた消費間の観察された相関関係の説明を助け、前立腺癌の危険を減らした。

ブロッコリーの利点はそこに終わらない。 野菜の調査はブロッコリーが複数のmutagenic化学薬品に対してすばらしい保護効果を作り出したことが、35が分り、 また非癌性細胞の拡散を刺激した。 Johns Hopkinsの別の実験はブロッコリーのsulforaphaneがH.の幽門の細菌の3つの参照の緊張そして45の臨床隔離集団に対して有効な代理店であることが分った。36は 同時に行われた調査sulforaphaneがまたmutagenic化学薬品--にさらされたマウスの胃腫瘍を妨げたことを示した。 研究者に従って、これらの多数の利点は段階IIの解毒および酸化防止酵素の高められた生産に起因した。

突然変異原に対する保護を最大にすること

発癌性の化学薬品の侵食から私達の健康を、私達が飲む私達が呼吸する空気の一部分、水、および私達が食べる食糧である殺虫剤を含んで保護することはますます困難になった。 従ってボディに、chlorophyllinクルクミンのような防御的な代理店を与えて、wasabiおよびブロッコリーのエキスはDNAの損傷に対して保護を最大にすることができ最適の健康および長寿への重要な貢献をする。

参照

1. Liska DJ。 解毒の酵素システム。 Altern MedのRev. 6月1998日; 3(3): 187-98。

2. Hietanen E、Linnainmaa K、ラットのphenoxyherbicidesおよびglyphosateのVainio H. Effectsおよび肝臓および腸のbiotransformationの活動。 アクタPharmacol Toxicol (Copenh。)。 8月1983日; 53(2):103-12.

3. Dashwood RH。 複素環式のアミン誘発の突然変異誘発および発癌の調査のtransgenicおよび突然変異体動物モデルの使用。 J Biochem Mol Biol。 1月2003日31日; 36(1): 35-42。

4. Shishu、Singla AK、Kaur IP。 調理された食糧からの複素環式のアミンのgenotoxicityに対するクルクミンおよび自然なアナログの抑制的な効果。 インドJ Exp. Biol。 12月2002日; 40(12): 1365-72。

5. Rao CV、Rivenson A、Simi B、Reddy BS。 食餌療法のクルクミン、自然発生する植物のフェノール混合物によるコロンの発癌のChemoprevention。 蟹座Res。 1月1995日15日; 55(2): 259-66。

6. Kawamori T、Lubet R、Steele VEの等クルクミン、結腸癌の昇進/進行の段階の間の自然発生する炎症抑制の代理店のChemopreventiveの効果。 蟹座Res。 2月1999日1日; 59(3): 597-601。

7. Limtrakul P、Lipigorngoson S、Namwong O、Apisariyakul A、Dunn FW。 マウスの皮の発癌に対する食餌療法のクルクミンの抑制的な効果。 蟹座Lett。 6月1997日24日; 116(2): 197-203。

8. Limtrakul P、Anuchapreeda S、Lipigorngoson S、Dunn FW。 発癌物質の阻止は食餌療法のクルクミンによってシャジクモおよびc FOS原始がん遺伝子の表現を引き起こした。 BMCの蟹座。 1月2001日; 1(1): 1。

9. Limtrakul P、Anachapreeda S、自然なcurcuminoidsによる人間のmultidrug抵抗MDR-1の遺伝子のBuddhasukh D. Modulation。 BMCの蟹座。 4月2004日17日; 4(1): 13。

10. Mehta K、Pantazis P、McQueen TのAggarwalのBB。 人間の乳癌の腫瘍の細胞に対するクルクミン(diferuloylmethane)のAntiproliferative効果は並ぶ。 抗癌性の薬剤。 6月1997日; 8(5): 470-81。

11. スーザンM、Rao MN。 マウスのクルクミンによるグルタチオンのSトランスフェラーゼの活動の誘導。 Arzneimittelforschung。 7月1992日; 42(7): 962-4。

12. Iqbal M、Sharma SD、岡崎Y、藤沢Mのクルクミンの岡田S. Dietaryの補足はddYのオスの鼠の酸化防止剤そして段階IIの新陳代謝の酵素を高める: 化学発癌および毒性に対する保護に於いての可能な役割。 Pharmacol Toxicol。 1月2003日; 92(1): 33-8。

13. Sreejayan N、Rao MN。 curcuminoidsによる一酸化窒素の掃気。 J Pharm Pharmacol。 1月1997日; 49(1): 105-7。

14. Sreejavan N、Rao MN。 curcuminoidsの遊離基の掃気活動。 Arzneimittelforschung。 2月1996日; 46(2): 169-71。

15. Subramanian M、Sreejavan N、Rao MN、Devasagayam TPのSinghのBB。 一重項クルクミンおよび関連の酸化防止剤による酸素誘発DNAの損傷の減少。 Mutat Res。 12月1994日1日; 311(2): 249-55。

16. AggarwalのBB、Kumar A、Bharti AC。 クルクミンの抗癌性の潜在性: preclinicalおよび臨床調査。 抗癌性Res。 2003日1月2月; 23 (1A): 363-98。

17. Ong TM、Whong WZ、ステュワートJ、Brockman彼。 Chlorophyllin: 環境および食餌療法の複雑な混合物に対する有効な反突然変異原。 Mutat Res。 2月1986日; 173(2): 111-5。

18. Dashwood RH、Xu M、Orner GA、Horio DT。 2アミノ3 methylimidazoの[4,5-f]キノリンがあったラットのColonicの細胞増殖、apoptosisおよび異常なクリプトの焦点の開発はchlorophyllinとおよび後開始を扱った。 Eur Jの蟹座Prev。 4月2001日; 10(2): 139-45。

19. Xu M、Orner GA、ベイリーGSの石を投げる人GD、Horio DT、Dashwood RH。 1,2-dimethylhydrazineがあるラットのchlorophyllinそしてインドール3 carbinolの後開始の効果または2アミノ3メチルimidazo。 発癌。 2月2001日; 22(2): 309-14。

20. Madrigal-Bujaidar E、ベラスケス グアダラマ川Nの姉妹の染色分体交換の頻度に対するディアズBarriga S.のchlorophyllinの抑制的な効果は生体内でbenzo [a]ピレンによって作り出した。 Mutat Res。 1月1997日15日; 388(1): 79-83。

21. カーターO、ベイリーGS、Dashwood RH。 食餌療法のphytochemical chlorophyllinは人間の結腸癌の細胞のE-cadherinそしてベータcatenin表現を変える。 J Nutr。 12月2004日; 134 (12のSuppl): 3441S-4S.

22. Kinae N、Masuda H、Shinは、wasabiのFurugori M、Shimoi K. Functionalの特性および西洋わさびある。 Biofactors。 2000;13(1-4):265-9.

23. Morimitsu Y、Hayashi K、那賀川町Y、Horio F、Uchida K、Osawa T. Antiplateletおよび日本の国内西洋わさび、wasabiの抗癌性のisothiocyanates。 Biofactors。 2000;13(1-4):271-6.

24. 渡辺M、Ohata M、wasabiのapoptosis引き起こす部品として6-methylsulfinyhexylイソチオシアネートの早川町Sの等同一証明。 Phytochemistry。 3月2003日; 62(5): 733-9。

25. Xu K、Thornalley PJ。 食餌療法のisothiocyanatesおよびシステインによる人間の白血病の細胞の成長の阻止のメカニズムの調査は生体外で内転する。 Biochem Pharmacol。 7月2000日15日; 60(2): 221-31。

26. Nomura T、Shinoda S、Yamori Tは、等選択的な感受性人間の乳癌の6 (methylsulfiny) hexylイソチオシアネートをwasabi得、メラノーマの細胞は調査を生体外で並べる。 蟹座はPrevを検出する。 2005;29(2):155-60.

27. Morimitsu Y、那賀川町Y、Hayashi K、等。 有効にNrf2依存した解毒の細道を活動化させるsulforaphaneのアナログ。 J Biol Chem。 2月2002日1日; 277(5): 3456-63。

28. モールスMA、Zu H、シュミツトCJ AJのGalati石を投げる人GD。 ラットのN-nitrosomethylbenzylamine著引き起こされる食道のtumorigenesisおよびDNAのメチル化の食餌療法のフェネチルのイソチオシアネートによる線量関連の阻止。 蟹座Lett。 8月1993日16日; 72 (1-2): 103-10。

29. Doerr O'Rourke K、Trushin N、Hecht SSの石を投げる人GD。 タバコ特定のニトロサミン4 (methylnitrosamino)の新陳代謝に対するフェネチルのイソチオシアネートの効果- 1 (3-pyridyl) -培養されたラットの肺組織による1メチルエチルケトン。 発癌。 6月1991日; 12(6): 1029-34。

30. Hecht SS。 isothiocyanatesによるChemoprevention。 Jの細胞Biochem Suppl。 1995;22:195-209.

31. ブロッコリーの芽のShapiro TA、Fahey JW、ウェードKL、Stephenson KK、Talalay P. Chemoprotectiveのglucosinolatesそしてisothiocyanates: 人間の新陳代謝そして排泄物。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 5月2001日; 10(5): 501-8。

32. チャンY、Talalay P、Cho CG、Posner GH。 ブロッコリーからの反発癌性の保護酵素の主要な誘因物: 構造の分離そして説明。 Proc国民のAcad Sci米国。 3月1992日15日; 89(6): 2399-403。

33. sulforaphaneのチャンY、Kensler TW、Cho CG、Posner GH、Talalay P. Anticarcinogenicの活動および構造的に関連総合的なnorbornylのisothiocyanates。 Proc国民のAcad Sci米国。 4月1994日12日; 91(8): 3147-50。

34. 小川JD、Paton VGのsulforaphaneによる人間の前立腺の細胞の段階2の酵素のVidanes G. Potentのの誘導。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 9月2001日; 10(9): 949-54。

35. ブロッコリーのマルチネーゼA、Camero II、Ikken Y、マリンML、ハザAI、モラレスP. Protectiveの効果、3 (4,5-dimethylthiazol-2-yl) - 2,5-diphenyltetrazolium臭化物の試金によって評価されるNニトロサミンの細胞毒性に対するタマネギ、にんじんおよびlicoriceのエキス。 J Agricの食糧Chem。 2月1998日16日; 46(2): 585-9。

36. Fahey JW、Haristoy X、Dolan PM、等SulforaphaneはHelicobacterの幽門の細胞外、細胞内、および抗生物質抵抗力がある緊張を禁じ、benzo [a]ピレン誘発の胃腫瘍を防ぐ。 Proc国民のAcad Sci米国。 5月2002日28日; 99(11): 7610-5。

  • ページ
  • 1
  • 2