生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年9月
イメージ

致命的な突然変異からあなたのDNAを保護すること

デーブTuttle著

「蟹座細胞拡散を」。は調整する遺伝子の突然変異の蓄積に起因する
源: 乳癌に導いているHaber D. Roads。 NイギリスJ Med。 11月2000日23日; 343(21): 1566-8。

医者にほとんどの癌が細胞分裂を調整する遺伝子で突然変異によって引き起こされるというつらい時理解がある。

突然変異原はタバコ煙および環境の汚染物質を含むいろいろな源から、来る。 しかし数1癌もたらす突然変異原は私達の食事療法である。

幸いにも、科学者は私達の遺伝子のこれらの突然変異原の影響を解毒し、最小にするために新しい方法を識別した。

毎日、私達は自動車排気から私達の食糧を覆うラップの衣服そしてエストロゲンそっくりの化学薬品のドライ クリーニングの間に解放される毒まで及ぶ環境の毒素によって囲まれる。 これらの化学薬品は私達のDNAのまさに構造に対する危ない効果をもたらすことができる。

Barbequingの食糧はmutagenic複素環式のアミンを作り出す。 ポテトのような炭水化物が豊富な食糧の揚がり、焼け、そして焼けることは動物の知られていた癌もたらす代理店であるアクリルアミドを作成する。 ちょうど空気を呼吸することは工業プロセスからの化学副産物の一定した弾幕--に私達をさらす。

これらの影響のために、私達を囲む突然変異原の連続的な攻撃に対するあなたの体の防衛を後押しする予防策を取ることは重大である。

解毒の酵素システム

私達の環境にある混合物こと人体に殺虫剤としてxenobioticsそのようなとして知られている多数の総合的な化学薬品を解毒するための複数のシステムがおよび他の外国はある。1つは これらの解毒システム自然発生する代謝過程の有毒な最終製品、またボディの内で作り出される細菌の内毒素を除去またできる。 ボディによって使用される2つの主システムは段階Iおよび段階II.として知られている。 この二相システムは多くのxenobioticsが脂肪質のsolubleであるで、尿か胆汁で排泄することができる水溶性の分子に変えられなければならないので必要。

これらの解毒システムがかなり複雑な間、一般特性は理解してが比較的簡単である。

分子は私が元の分子より有毒かもしれない段階の間に作り出した。 これは元の分子に加えられる反応グループはこれらの中間分子がレバーの遊離基のように作用することを可能にするのである潜在的な損傷すべてと。 段階IIシステムがよく作用すれば、変換プロセスはすぐにそしてボディへの過度な損傷なしに起こる。 但し、多くの身体プロセスと同じように、これらの解毒システムの効率は私達が老化すると同時に減少するかもしれない。 さらに、遺伝学は「急速な」metabolizersで何人かの人々が解毒に、影響を与え、他はmetabolizersを「遅らせる」。 これは栄養の補足によって段階の有効性をIおよびII最大にする必要性を強調しボディの酸化防止剤そして他のレバー保護栄養素の十分な供給の維持の必要を補強する。

農業の化学薬品が人間にとても有害であるという理由の1つはボディの解毒システムの破壊をもたらしてもいいことである。 例えば、普及した除草剤Roundup®はgly-phosateを、チトクロームP450の機能を弱めるおよび解毒のために重大である2つの他の酵素を含んでいる混合物を。食糧を 上げるのに使用される2つの他の化学薬品が同じような影響があり、これらの共通の突然変異原への露出を避けることは困難である。

いろいろな栄養素が解毒の必要な補足因子として機能する間、直接段階Iか段階IIを高めるために、4つはあった: クルクミン、chlorophyllin、wasabiおよびブロッコリーのエキス。

クルクミンは突然変異の損傷を防ぐ

最も有効な反突然変異原の1つはクルクミン、インドのスパイスのウコン、カレーの主要な原料から得られるphytonutrientである。 一般用語のクルクミンは実際にウコンの独特のcanary-yellow色に責任があり、有利な特性事実上すべてであるpolyphenolic植物の顔料のグループを示す。

ウコンは全体薬のAyurvedicシステムの重要な役割を何世紀にもわたって担ってしまった。 ショウガ家族、それにのメンバー鎮める発火のための評判が潰瘍から関節炎まで及ぶ治療のさまざまな疾病あり。 ウコンは総コレステロール値を減らし、LDL (低密度脂蛋白質)の酸化を禁じるのでアジア中の胃のむかつきのための普及した治療で、一部には多数の心血管の利点が、あるために示されていた。

最後の十年では、科学者はクルクミンがまた多数の私達の環境の突然変異原から保護を助けることができることを発見した。 これらの環境の毒素は頻繁に人間の癌の開発へ直接接続であることを調査が示した後調査。 例えば、複素環式のアミンは肉および魚の調理の間に発生する有効な突然変異原である。 これらの混合物の複数は人間が食事療法から得ることができる適量で実験動物に与えられたとき腫瘍を作り出した。3つ インドのPanjab大学の調査クルクミンの利点をおよびアナログ、demethoxycurcuminそしてこれらの複素環式のアミンの7の効果の妨害のbisdemethoxycurcuminの2つは、探検した。 研究者はクルクミンが調理された食糧のテストされた突然変異原すべてに対して80%大いに突然変異誘発性を禁じたことが分った。4

複数の調査はクルクミンの補足が結腸癌の可能性を減らすことができることが分った。 アメリカの健康の基礎のラットの一年間の調査では、科学者はmutagenic薬剤のazoxymethaneが付いているコロンの発癌を引き起こした。5 生後5週に、ラットはクルクミンの有無にかかわらず食事療法に与えられたグループに分けられた。 後で2週、薬剤の管理は始めた。 評価された52週後で、ラットは彼らのcolonicの腫瘍犠牲になり。 結果はクルクミンの食餌療法の管理がかなりすべてのコロンの癌腫の発生を禁じたことを示した(侵略的および非侵襲的)。 クルクミンの養生法はまた制御食事療法と比較された57%によって平均コロンの腫瘍の容積を抑制した。 またクルクミンが部分的に普通発火を作り出すアラキドン酸の新陳代謝を妨げたことを示すある特定のプロスタグランジンの減らされたレベルは見つけられた。

ウコン(Curcumeのlonga

この同じ研究グループによる付加的な調査は病気の昇進/進行段階の間にだけ与えられて時でさえクルクミンがコロンの発癌の減少でまた有効であることを明らかにした。6つは これ癌が既に成長した後補足が始まるとき有効証明すればクルクミンがから始まるボディにあるおよびかなり別のものであるとき実験的に引き起こされた癌を減らす1つの事ので、重要な見つけることである。 この実験の設計はより早いものに類似していた、但し例外としてはクルクミンは制御食事療法に14週高度癌を作り出すazoxymethaneの時期を与えるために後で加えられた。 薬剤の14週のさい先のよいスタートにもかかわらず、腫瘍を持つ動物のパーセントおよびクルクミン補われたグループでかなり減った動物ごとの腫瘍の数は両方制御グループと比較した。

さらに、科学者は異常な細胞のプログラムされた死である高められたapoptosisの証拠を見つけた。 癌細胞は頻繁にそれらが悪性の性質にもかかわらず生きているとどまるようにすることにボディの免疫組織をトリックできる。 クルクミンは食事療法のちょうど0.2%の適量でapoptosisを促進できた。 実際、制御グループと比較されたとき、apoptosisを表わす細胞のパーセントはクルクミンを取り始めた動物でほぼ薬剤の管理が始めた前に(5.3%対9.2%)倍増した。 薬剤にまだ追いつく必要があったそれらにapoptosis (7.6%、または制御より高い43%)の立派な率があった。 著者はアラキドン酸の新陳代謝を禁じ、細胞増殖を減らすハーブの機能がまた重要な要因であるけれども、apoptosisがクルクミンが仕事をするメカニズムの1つであることを結論を出した。 まだ、apoptosisの率の観察された相違は突然変異原にボディの癌を促進するチャンスがある前にクルクミンの使用の開始によって予防処置を取る重要性に下線を引く。

クルクミンは他の癌に対して有効性を同様に証明した。 タイのチエンマイ大学の2つの調査は食餌療法のクルクミンがmutagenic化学薬品の適用の後でマウスの皮腫瘍の形成を減らしたことが分った。7,8 もっとマウスのクルクミンを摂取することは制御グループにマウスより腫瘍の自由に残り、腫瘍を開発した摂取制御より少数そして小さい物があった。 クルクミンの取入口はまたかなり癌性がん遺伝子の表現を減らした。 生体外の実験はハーブがmultidrug抵抗力がある人間の子宮頸癌・の細胞ラインに対して抗癌性の薬剤のvinblastineの有効性を後押しすること、9つを示し、 ホルモン依存した、ホルモン独立した、そして複数の薬剤抵抗力がある乳癌の細胞の成長を禁じる。10 これらのようなプラスの結果と、長期人間の調査ははっきり癌治療のクルクミンの利点を確認するために保証される。

クルクミン

クルクミンの行為のメカニズム

クルクミンに行為の多くの異なったメカニズムがある。 それはグルタチオンのSトランスフェラーゼの活動、重要な段階IIの酵素を後押しする。11は マウスの日本の調査口頭補足(食事療法の2%)がレバーの170%および腎臓の110%までにこの酵素の活動を高めたことが分った。12 クルクミンはまた一酸化窒素のシンターゼの生産を禁じ、遊離基の有効な清掃動物である。13の 調査はスーパーオキシドの基および一重項の酸素に対してとりわけ行為を確認した。14,15に 両方の反応酸素種かなりのmutagenic特性がある。 実際、一重項の酸素に対するクルクミンの保護効果はlipoic酸、アルファ トコフェロールおよびベータ カロチンのような有名な酸化防止剤のそれより大きかった。 クルクミンはまた炎症抑制の特性を持っていることに加えてさまざまな成長因子の受容器およびトランスクリプション要因を、調整する。16 行為のこれらの多数のメカニズムを与えられて、それはクルクミンが非常に有効な反突然変異原であるという驚きではない。

Chlorophyllinは突然変異誘発性を禁じる

クロロフィルは光合性の受容器、二酸化炭素が炭水化物および水に変えられるライト主導のプロセスとして機能する植物の緑の顔料であり、住んでいることを植物が可能にする。 Chlorophyllinのナトリウム/クロロフィルの銅の派生物に、水溶性であることの利点があり、血で容易に運ばれるようにそれがする。 それにまた反発癌性の特性がある。

複数の調査はchlorophyllinの有効性を示した。 細菌との実験では、栄養素は最低75%によって普通揚げられていたビーフ、揚げられていたポーク、タバコの煙、炭塵およびディーゼル放出particles.17 Chlorophyllinによって禁じられる突然変異誘発性のような突然変異を、および100%大いに作り出す物質を含んでいるペトリ皿に加えられた。 実験はまたchlorophyllinが熱安定していることを明らかにした。 栄養素の行為の精密なメカニズムが未知の間、著者はそれが酸化防止剤である注意し、mutagenic混合物の活動的なグループとの遊離基または相互作用の掃気が反mutagenic活動に責任があることを提案することに。

齧歯動物の複数の調査はこれらの結果を確認する。 ラットとの1つのヨーロッパの実験は1%の集中で飲料水に加えられたときchlorophyllinがかなりmutagenic化学薬品によって作り出されたコロンの腫瘍の数を減らしたことが分った。18 よりよい、chlorophyllinはレバー腫瘍の線量関連の減少に終ってこの同じ集中のラットに始められたとき癌もたらす化学薬品の後の5週有効与えられた、証明した。19は ネズミ科の骨髄の細胞の調査突然変異原と同時に与えられたとき栄養素が24時間以内の細胞増殖の動力学の80%の低下を作り出したことを明らかにした。20

オレゴンの州立大学の調査はchlorophyllinが人間の結腸癌の細胞のapoptosisを促進することが分った。21は 栄養素への露出のちょうど24時間後にこれらの細胞成長停止およびapoptosisを経た。 科学者は細胞の破壊をもたらすそれに続く下流のでき事のmitochondriaそして活発化からapoptosis引き起こす要因の解放をもたらすミトコンドリアの膜の潜在性の減少に注意した。 研究者に従って、chlorophyllinはまた強力な反mutagenic特性に貢献するかもしれない分子複合体を形作れる。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2