生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年10月
イメージ

茶の項目使用は皮の健康に寄与する

ギャリーGoldfaden著、MD

茶はずっと健康促進の効果のための人類の歴史中すばらしい。 進行中の研究では、科学者は茶の項目使用が皮に相談するかもしれない多数の利点ことを発見している。 酸化防止剤の金持ちは、原則的に応用茶エキス健康で、若々しい皮の促進を助ける。

皮は頻繁に人体の大きい封筒としてについて考えられる。 それの多数およびいろいろな機能は外的な保護が、温度規則、感覚的な検出および毒素の取り外し、また毛および釘を含む専門機能含まれている。 皮の1つのすばらしい特性は私達の体によって絶えずなされていることである。 皮は層のcorneumとして知られている皮の乾燥した表面に移住し、成熟するためにそれ自身を新生の皮膚細胞のために取る28日およそ毎に、時間、または表皮細胞、再生する。

皮の出現は食事療法および項目心配を伴って日光および大気汚染のような有害性がある環境の影響への露出によって、定められる。 最適の皮出現および機能を促進することは皮をできるだけ保護し、養うことを伴なう。 最もよくできるようにより古い細胞が見、作用するようにこれらの努力が開発の初期の間に皮膚細胞を目標とすることは重要である。 これらの努力はまた多くのdermatological診断を、また皮膚癌防ぐことの大きい部分、すべての癌の共通をする。

世界中から赤く、緑、白い、および紅茶はさまざまな薬効がある治療で何世紀にもわたって使用されてしまった。 現代研究は茶の健康促進の効果反老化を明瞭にし続け。1 最近の調査結果は茶に酸化防止剤、反老化、炎症抑制が、および抗癌性の利点あることを示した。 スキン ケア プロダクトの他の項目代理店と結合されたとき2-10、茶は効果、助けが皮の出現、質および機能を改善する共同作用を高めるのを助ける。 頻繁な剥脱は活動的な茶要素がよりよく皮を突き通すようにする。 アルファ ヒドロキシ酸は最も有利のの中にあり利用できる代理店を今日剥離する。

茶は皮の健康のための最も有効な、保護酸化防止ビタミンそしてphytochemicalsの複数を含んでいる。 これらの最も重要のビタミンCおよびE、カロチノイドおよびフラボノイドである。11-15

ビタミンCは皮の健康そして美の促進を含む多くの重要な方法で人間の健康に、貢献する。 ビタミンCは顔料のメラニンの生産を減らし、より軽く、より明るい皮を可能にする。16 それは少数のしわに貢献するかもしれないコラーゲンの統合に17-19要求され、 また助けは傷害の後で皮修理を促進する。20 ビタミンEは皮の遊離基を抑制強い酸化防止剤である。21は ビタミンCによって皮で再生する機能高められる。22

茶で見つけられるカロチノイドは紫外線によって発生する遊離基を癒やすのを助ける有効な脂肪質溶ける酸化防止剤である。23 ビタミンの酸化防止剤およびカロチノイドに加えて、茶はまたポリフェノールとして知られている水溶性の植物の顔料を含んでいる25-30%のフラボノイドを含んでいる。 茶の主要なポリフェノールはepigallocatechin-3没食子酸塩、またはEGCGである。 茶およびEGCGの助けの口頭および項目使用は発火および酸化圧力を禁じるおよび皮のphotoagingおよび癌防ぐのを助けるかもしれない。24は これらの自然な酸化防止剤の組合せそれにより滑らかで、より明るく、より健康な出現を与える皮の健康を改善する。

研究は茶がスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)の有効な誘因物、余分なスーパーオキシド基および他の反応酸素種を癒やす酵素であることを示す。大人が 60の年齢に向こう達するので25-27、正常な皮の芝地の量は十分に多量の反応酸素種を中和することのできなく減少し。28-31 日光のような環境および他の影響と、反応酸素種、の生成に貢献する煙ること、および食事療法茶および他のフラボノイドの使用によって芝地のレベルを最大限に活用することは重大である。

項目茶の美の利点に加えて、アルファ ヒドロキシ酸と呼ばれる自然なフルーツの酸は皮の表面の古い、太陽傷つけられた細胞の取除くことを励ますことによって皮を活性化させる。32-35の アルファ ヒドロキシ酸は皮の表面の細胞を互いに結合する接着剤そっくりの物質をゆるめ、下に皮をむくようにおよび皮が現れるように死んだ皮する。 この根本的な皮に色および質のより新しく、より健康な一見が、ある。 アルファ ヒドロキシ酸との剥脱はまた茶のような項目酸化防止代理人が最も大きい利点に最近露出された細胞に影響を与えることを可能にする。

最適の効果のために、剥離の代理店を伴って茶を含んでいる項目プロダクトの頻繁な使用は推薦される。 なお、ビタミンCおよびEとの口頭補足は、カロチノイドおよびオメガ3の脂肪酸皮を美化し、酸化防止状態の後押しを助けることができる。 最後に、明るく着色された果物と野菜で見つけられたそれらのようなフラボノイドの食事療法の金持ちを食べることはあなたの皮の健康および美の促進し、維持を助ける。

参照

1. リーD. Medicine、都市および中国。 Med Hist。 1月1974日; 18(1): 51-67。

2. Hernaez JF、Xu M、Dashwood RH。 2-hydroxyamino-3-methylimidazo [4,5-f]キノリンの方の茶のAntimutagenicの活動: 茶集中の効果およびelectrophile掃気の醸造物の時間。 Mutat Res。 6月1998日18日; 402 (1-2): 299-306。

3. Pillai SPのMitscherのLA、MenonのSR、Pillaiカリフォルニア、Shankel DM。 緑茶の部品および関連混合物のAntimutagenic/酸化防止活動。 JはPathol Toxicol Oncolを囲む。 1999;18(3):147-58.

4. 抗癌性の代理店としてIsemura M、Saeki K、Kimura T、等茶カテキンそして関連のポリフェノール。 Biofactors。 2000;13(1-4):81-5.

5. 茶、sulindacおよび2アミノ1メチル6 phenylimidazoの[4,5-b]ピリジンとの処置へのOrner GA、Dashwood WM、Blumカリフォルニア、等Apc (分)の応答およびA33 (デルタNベータ猫)突然変異体のマウス(PhIP)。 Mutat Res。 9月2002日30日; 506-507: 121-7。

6. Orner GA、Dashwood WM、Apc (分)のマウスのtumorigenesisのBlumカリフォルニアの等抑制: sulindacと茶を組み合わせてベータcateninシグナリングの規則。 発癌。 2月2003日; 24(2): 263-7。

7. 18茶のヘニングSM、FajardoリラC、リーHW、等カテキンの内容および緑茶のエキスの補足は酸化防止容量に関連する。 Nutrの蟹座。 2003;45(2):226-35.

8. Polovka M、Brezova VのEPRの分光学によって調査される茶のStasko A. Antioxidantの特性。 Biophys Chem。 10月2003日1日; 106(1): 39-56。

9. リーKW、金YJ、リーHJ、リーCY。 ココアに茶および赤ワインよりフェノールのphytochemicalsそして高い酸化防止容量がある。 J Agricの食糧Chem。 12月2003日3日; 51(25): 7292-5。

10. 公園AMの東Z. Signalのtransductionの細道: 緑および紅茶のポリフェノールのためのターゲット。 J Biochem Mol Biol。 1月2003日31日; 36(1): 66-77。

11. du TR、Volsteedt Y、ビタミンCの等量として測定されるフルーツ、野菜および茶の酸化防止内容のApostolides Z. Comparison。 毒物学。 9月2001日14日; 166 (1-2): 63-9。

12. Benzie、Szeto YT。 鉄の減少/酸化防止力の試金による茶の総酸化防止容量。 J Agricの食糧Chem。 2月1999日; 47(2): 633-6。

13. Suzuki Y、クロロフィルのShioi Y. Identificationおよびフォトダイオードとの高性能液体クロマトグラフィーによる主要な茶のカロチノイドは検出を配列する。 J Agricの食糧Chem。 8月2003日27日; 51(18): 5307-14。

14. クレイグWJ。 共通のハーブの特性の健康促進。 AM J Clin Nutr。 9月1999日; 70 (3つのSuppl): 491S-9S.

15. 円のGC、陳HY。 さまざまな茶のantimutagenic活動と主要コンポーネント間の関係。 突然変異誘発。 1月1996日; 11(1): 37-41。

16. ハァッCH、Seo KIの公園JY、等。 melasmaのビタミンCのiontophoresisのランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 皮膚科学。 2003;206(4):316-20.

17. Raschke T、Koop U、Dusing HJの等アスコルビン酸の項目活動: 生体外の最適化から生体内の効力への。 皮Pharmacol Physiol。 7月2004日; 17(4): 200-6。

18. Woessner JF、Gould BS。 コラーゲンの生合成; ティッシュ文化はコラーゲンの形成に於いてのアスコルビン酸の役割を確認するために実験する。 J Biophys Biochem Cytol。 9月1957日25日; 3(5): 685-95。

19. コラーゲンのヴァンRobertson WB、Schwartz B.のアスコルビン酸および形成。 J Biol Chem。 4月1953日; 201(2): 689-96。

20. カプランB、Gonul B、Dincer S、Dincer Kaya FN、ウサギの全厚さの切り傷の引張強さ、アスコルビン酸、ヒドロキシプロリンおよび亜鉛レベル間のBabul A. Relationshipsは治療を傷つける。 今日Surg。 2004;34(9):747-51.

21. Kuchide M、Tokuda H、Takayasu Jの等紫外線Bに対する蟹座の口頭供給のアルファ トコフェロールのchemopreventive効果は毛のないマウスのphotocarcinogenesisを引き起こした。 蟹座Lett。 7月2003日10日; 196(2): 169-77。

22. Buettner GR。 遊離基および酸化防止剤の序列: 脂質の過酸化反応、アルファ トコフェロールおよびアスコルビン酸塩。 アーチBiochem Biophys。 2月1993日1日; 300(2): 535-43。

23. Bando N、Hayashi H、若松S、等マウスの皮の紫外誘発の脂質の過酸化反応の一重項の酸素の参加および食餌療法のベータ カロチンによる阻止: ヴィヴォの前の調査。 自由なRadic Biol Med。 12月2004日1日; 37(11): 1854-63。

24. Katiyar SK。 緑茶による皮のphotoprotection: 酸化防止および免疫調節の効果。 Currの薬剤は免疫のEndocr Metabol Disordを目標とする。 9月2003日; 3(3): 234-42。

25. Chan P、チェンJT、Tsai JC、等培養されたラットの頭脳のアストロサイトのスーパーオキシドのディスムターゼの活動そして遺伝子発現に対するカテキンの効果。 Neurosci Lett。 8月2002日16日; 328(3): 281-4。

26. Bergman M、Ahnstrom M、Palmeback WP、若い女性の乳癌のマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼ(MnSOD)の遺伝子そして危険のWingren S. Polymorphism。 Jの蟹座Res Clin Oncol。 7月2005日; 131(7): 439-44。

27. Dolgachev V、Oberley LW、黄TT、等。 photosensitizationの後のapoptosisに於いてのマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼのための役割。 Biochem Biophys Res Commun。 7月2005日1日; 332(2): 411-7。

28. Mori Mの緑茶によって高められる長谷川N. Superoxideのディスムターゼの活動は3T3-L1細胞の脂質の蓄積を禁じる。 Phytother Res。 5月2003日; 17(5): 566-7。

29. Choung、Byun SJ、Suh JG、金TY。 マウスの皮のスーパーオキシドのディスムターゼmRNAの表現の続く紫外照射の細胞外のスーパーオキシドのディスムターゼのティッシュの配分そしてパターン。 Exp. Dermatol。 11月2004日; 13(11): 691-9。

30. Lu CY、リーHC、Fahn HJ、魏YH。 遊離基の掃気酵素の不均衡によって引き出される酸化損傷は人間の皮を老化させることの大規模なmtDNAの削除と関連付けられる。 Mutat Res。 1月1999日25日; 423 (1-2): 11-21。

31. 村松町S、Suga Y、Mizuno Y、等カタラーゼおよび過酸化水素の微分特定の局在化、およびラットの皮の変化は紫外B光線に露出した。 J Dermatol Sci。 3月2005日; 37(3): 151-8。

32. Briden私。 アルファhydroxyacidの化学皮の代理店: 安全で、有効な使用のためのケース スタディそして理論的根拠。 Cutis。 2月2004日; 73 (2つのSuppl): 18-24。

33. Kligman D、Kligman AM。 サリチル酸はphotoagingの処置のために皮をむく。 Dermatol Surg。 3月1998日; 24(3): 325-8。

34. Moy LS、Murad H、Moy RL。 グリコール酸はしわおよびphotoagingの処置のために皮をむく。 J Dermatol Surg Oncol。 3月1993日; 19(3): 243-6。

35. Tse Y、Ostad A、リーHS、等。 2つの媒体深さの皮の臨床および組織学的の評価。 グリコール酸対Jessnerのトリクロロ酢酸。 Dermatol Surg。 9月1996日; 22(9): 781-6。