生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年10月
イメージ

頭脳機能を維持し、元通りにする

Dale Kiefer著

保護の頭脳の健康は長い生命の追求が意味を持つことなら重大である。 現在の知恵に従って、私達が老化するので程度の認識減損はほとんど避けられない。それを 防ぐためにステップが踏まれなければ1-6すなわち。7-12

平均余命が世界的に増加すると同時に最近注意されるテキサスの科学者「、認識減損の流行病および痴呆は主要な公衆衛生問題として現れている」。もう一人の 調査チームがこの落ち着くトピックにユーモアを注入することを試みた2:

「老化の認識面集合的な「は年長の時の方に私達の社会的な状況のための重要な挑戦をように赤ん坊ブームの世代別螺線形のメンバー表す。」」5

明るいニュースは神経学的な構造および機能を維持し、元通りにするために科学者が方法を発見したことである。 これらの強力な武器は老化の大人に認識健康の前例のない制御を与える。

最近のデータは65の年齢にわたるヨーロッパ人の9.4%まで痴呆の形態に苦しむことを示す。13は イギリスからのレポート認識減損の発生が年齢と劇的に増加するかもしれないことに注意する。14

認識減損はおよそ半分が75-79歳だったイギリスの15,000人以上の年配者の調査の主題の18.3%で検出された。ほとんどの 国で、「最近注意される14人のフランスの研究者は老化する個人65年のための6と8%の間で痴呆の流行またはもっと変わる。 それは85に老化する人口のおよそ30%を達する毎それに続く十年とそれから劇的に増加する」。15

残念ながら、これらの統計量は穏やかな認識減損(MCI)の発生を推定しない。 痴呆、MCIより微妙また確実により流行する。 正常な老化と痴呆間の中間状態と定義されるMCIは「毎日の生活の機能活動の重要な低下のない得られた認識欠損によって特徴付けられる」。16 オーストラリアで、小さい調査は老化したコミュニティ住居の年配者70-79間の痴呆なしでMCIの流行を識別するように試みた。 主題の3分の1は条件の証拠を示した。17

ドイツの研究者は75歳以上1,000人以上の年配の大人を調査した。 「穏やかな認識減損高齢者達で非常に頻繁」、はそれら完了したである。 流行率は適用された診断規準によって3%から36%まで、及んだ。 約30か月の間に、MCIと識別されたそれらの47%まで痴呆に進歩した。18

頭脳を保護するための作戦

認識低下は前進年齢と避けられなくない。 より長く、より健康な住んでいることは可能生命であるが、頭脳の健康を維持することはこの目的の達成に重大である。 さまざまな要因は私達が老化すると同時に精神鋭利さの私達を奪うことを共謀する。 (かC反応蛋白質interleukin6の上昇値によって定められる)最近の調査は発火、高血圧、高い血のインシュリン、余分な体重または肥満、幹線剛さおよび新陳代謝シンドロームとして(インシュリン抵抗性、肥満、コレストロールが高いのような異常な状態の集りによって知られている増加した状態がおよび高血圧特徴付けられる)すべて痴呆のための独立した危険率であることを提案する。19-24 心理的な健康は、心配および不況を含んで危険率として、最近同様に関係した。25

頭脳機能を維持するための理想的な作戦は認識低下および痴呆に貢献するかもしれない病気を防ぐことから始まる。 食餌療法補足および健康な生活様式栄養物を含んでよいこれらの難儀の多数を追い詰められた保つことができる。 手始めとして頭脳の健康の保障の方に、あなたの血圧および重量を点検で保ちなさい、新陳代謝シンドロームおよび糖尿病を避け、不況または不安障害のための処置を得なさい。 但し、老化の頭脳を保護するためにされることが可能でありまたそうあるべきである大いに多くがある。

科学者は前進年齢と関連付けられる認識低下の原因に関する複数の理論を進めた。 1つのよく知られた仮説は遊離基として知られている細胞新陳代謝の有毒な副産物が累積および結局致命的な損害を与える細胞の内でゆっくり集まることを提案する。 頭脳の26の神経細胞(ニューロン)はmitochondria内のブドウ糖の酸化的リン酸化にかなりのエネルギー需要を供給するために頼る。 したがって、ブドウ糖のための頭脳の食欲および酸素は大きい。27 その結果、頭脳は酸化圧力に特に敏感である。 遊離基はmitochondriaによって加速的に作り出される。 従って補足の酸化防止剤は健康な認識機能の維持にとって特に重要である。10

危険な状態のコリン作動性システム

発火はまたアルツハイマー病および管の痴呆を含むさまざまな神経疾患の開発で、関係する。 発火がそれが神経学的なティッシュの破壊に導くでき事の滝を誘発すると考えられている。28 アルツハイマー病で、蛋白質、ベータ アミロイド(Abeta)の存在は、発火を誘発するようである。29は またアルツハイマー病の個人でアセチルコリン、重要なメッセンジャーの化学薬品または神経伝達物質の低下、観察された。30 前もって、この発火およびコリン作動性の機能障害は穏やかな記憶減損か混乱として経験されるかもしれない。 しかし左の抑えられないそれは認識低下および痴呆の前進を必ずもたらす。 炎症抑制の作戦はこうして認識機能の保護の意味を成している。

大脳の血の流れの中断はまた認識低下、31,32で関係した 従って最大限に活用する血の流れは保護の頭脳機能のための論理的な作戦である。 管の痴呆は一度Alzheimer'sタイプの痴呆と区別される考慮されたが、科学者は今その管の痴呆およびAlzheimerの分け前を共通の病理学即ち、コリン作動性機能の中断信じる。33 減少した心理圧力は有用かもしれない。 新しい研究はアドレナリン(ストレス・ホルモン)のハイ レベルを分泌したそれに続く認識低下に苦しむために老人が本当らしかったことを示す。 損なわれるか、または破壊されれば体細胞が容易に取り替えられる間、34、頭脳および脊髄の神経そして支持のティッシュまだ取り替えることができない。 頭脳および神経系の細胞は成熟に達すればそれ以上の分割および更新のできない。35,36

さまざまな生活様式の要因は規則的な練習を含む健康な頭脳の老化に、および十分な睡眠、定期的な精神刺激、肯定的な展望および健康な社会的なネットワーク貢献する。しかし 7,37,38、老化の頭脳のための栄養サポートは優先する重要性を同様にもつ。 発火を戦い、大脳の血の流れを改善し、そしてアセチルコリンおよび受容器の損失を直接逆転させる補足は年齢関連の頭脳の低下の原因を目標とする。

GPCは頭脳の健康に寄与する

Glycerophosphocholine、かGPCは(以前Lアルファのglycerylphosphorylcholine、かコリンのalfocerateと呼ばれる)すべての体細胞に自然にある。 生命にとってのその重要性および補足として安全は人間の母乳の相当な存在によって立証される。39,40 最初に1990年代後半発見されて、GPCは急速に成長の頭脳によってコリンのための大きな需要による新生児の健康な開発に必要と今特にみなされる。40

老化の大人の間で、GPC療法のための理論的根拠は低下のレベル アセチルコリンおよび意図されているであるニューロンの数の並行減少が認識欠損の範囲に責任があるターゲット前に開発される仮説に30年以上戻る。29 アセチルコリンは筋肉制御、睡眠および認知にかかわる必要な神経伝達物質である。 その低下は前進年齢と一致し、認識低下、管の痴呆およびアルツハイマー病で見られるneurodegenerationの認刻極印である。 後押しによってアセチルコリンは頭脳で、仮説は提案する、それ頭脳の構造のこれらの認識欠損そして変更を逆転させて実行可能なべきである水平になる。1

科学者まで失敗されたアセチルコリンのための適した前駆物質を識別する早い試みはGPCで実験した。41-44 規定だけによってヨーロッパで販売されて、GPCはサプリメントとして米国で利用できる。 GPCは頭脳の新しいアセチルコリンの生産に重大なブロックを提供する。 多数の臨床試験は人間と人間の神経疾患の動物モデルのGPCの効力そして安全を吟味した。45-48 これらの調査は、大きく、小さく、管理された非公式、一般にGPCの有効性、安全および許容範囲を示した。1,49,50は 調査、人間のラットの学習、記憶および打撃誘発の認識欠損への頭脳の構造の変更からのすべてを、実験動物の引き起こされたおよび元通りにされた記憶欠損検査した。1,45-51

早い2001年に、4,054人の患者を含む出版された臨床データの回顧の分析は、オーバーオール、GPCが患者の臨床状態を改善したことを結論した。 痴呆の無秩序に捧げられた10の調査の大半は偽薬か参照の薬剤とGPCの効力を比較した管理された試験だった。 Lucilla Parnetti、分析の共著者先生は、「[GPC]かなり改善された忍耐強い臨床状態の管理書いた。 . . 結果は活動的な処置の下で制御グループ観察されたそれらと優秀または同等および偽薬のグループで観察された結果と目上の人でだった。」1

GPCの早い臨床試験は1200のmgの毎日の適量を使用した。 この線量の最初の2から4週後で、何人かの人々600 mgの日刊新聞に彼らの線量を減らす。 300 mgの毎日の線量は健康な若者達のために適切かもしれない。

GPCはAlzheimerおよび管の痴呆の患者のアセチルコリンの欠損を戦うのに使用されているdonepezil (Aricept®)およびrivastigmine (Exelon®)のような規定のコリンエステラーゼの抑制剤の薬剤にある意味では大体類似した働かせる。しかし 52、GPCは別の角度からのほんのわずかのアセチルコリンの問題に取り組む。 新しいアセチルコリンを製造するアセチルコリンを破壊する酵素と干渉してよりもむしろ、GPCはボディに手段を提供する。

Ashwagandha (Withaniaのsomnifera)

Ashwagandhaおよび頭脳

Ashwagandhaは年齢関連の無秩序の広い範囲を扱うのにインドで使用される薬草である。53-63 驚くべき効果は老化の頭脳の健康を維持する機能を含むかもしれない。

Ashwagandhaは無数のneuroprotective利点を提供する。 例えば、1つの調査は記憶喪失症が実験的に引き起こされた時でさえマウスに与えられたとき、ashwagandhaのエキスが記憶保持を促進することを示した。60は 別の調査ashwagandhaのエキスが実験的に引き起こされた打撃に対して実験室のラットの頭脳を保護することができることが分った。Ashwagandhaの 61の要素はまたacetylcholinesterase (痛み)、アセチルコリン、アルツハイマー病の被害者の頭脳の危険なほどに補給不足にある神経伝達物質を破壊するために責任がある酵素を禁じるために示されていた。62は この痛み妨害の行為Alzheimerの徴候を扱うのに現在使用されているAricept®のような処方薬のそれに類似している。

刺激的で新しい研究はashwagandhaのエキスがアルツハイマー病の実験的に引き起こされたモデルの脳細胞への損傷を停止させ、修理することができることを示す。日本 の63人の科学者は人間のアルツハイマー病の起源で関係した有毒な蛋白質-- Abetaにそれらをさらすことによってマウスのシナプス機能のAlzheimer'sタイプの脳細胞の萎縮そして損失を引き起こした。 「[ashwagandhaの要素]科学者に従うニューロンの前そしてpostsynapsesの復元に加える軸索そして樹枝状結晶両方の引き起こされた重要な再生を用いる次の処理」。63

Phosphatidylserineは脳細胞の膜を維持する

あらゆる細胞膜のPhosphatidylserine、自然で、必要な部品は、頭脳の老化に対する戦いの強力な武器である。 Phosphatidylserineはヨーロッパおよび日本でと同時にメモリ損失を戦うことを頻繁におよび学習の欠損規定する調整された薬剤販売される。 米国のphosphatidylserineで栄養の補足として利用できる多くの頭脳の機能高める方式の主要部分として役立つ。

ボディはこの自然なリン脂質の重要性に下線を引く絶え間ない供給を保障するためにphosphatidylserineを製造する。 残念ながらしかし老化することは頭脳の健康へのこの重大な貢献者の生産を遅らせる。

Phosphatidylserineは燃料を効率的に使用するために頭脳を助ける。 アセチルコリンのブドウ糖の新陳代謝そして刺激的な生産の後押しによって年齢準の記憶減損か認識低下を経験している患者の状態を改善するために、補足のphosphatidylserineは示されていた。8,64-67 認識低下の患者の小さいグループを使用して臨床試験は初期の患者間のphosphatidylserineの補足の重要な改善を、特に示した。 ポジトロン断層法(ペット)頭脳イメージ投射スキャンはphosphatidylserineを取っている患者が社会的なサポートか認識訓練ないphosphatidylserineを受け取った主題と比較されたブドウ糖の通風管の顕著な増加を経験したことを確認した。68

大きい多中心の試験はphosphatidylserineの使用を厳しい年齢関連の認識低下に穏健派の効果を戦う検査した。 患者は23一般薬か老人の単位から引かれた。 模造の偽薬の丸薬を受け取った患者と比較されて、phosphatidylserine補われた患者は高められた社会化、刺激および率先を含む重要な行動の改善を、示した。69

Phosphatidylserineは一般に報告される重要な薬剤相互作用無しで安全、よく容認されて。70

3の ページで 2続けられる