生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年10月
イメージ

私達が老化すると同時に私達の動脈が詰まるようになぜなるか

ジョンColman著

結論

アテローム性動脈硬化は米国におよび不能数1死因に残る。 血管を並べるendothelial細胞は管の完全性の維持に重大である。 Endothelial機能障害は心循環器疾患の開始そして進行の重大な要因である。

2自然な混合物propionyl lカルニチン(PLC)および健康なendothelial機能を元通りにし、維持することのピークATP™提供の約束細胞エネルギー新陳代謝を支えている間。 PLCは中心および管の細胞にmitochondriaの最適エネルギー新陳代謝の促進によってエネルギーを提供する。 ピークATP™は赤血球、ティッシュおよび器官のATPの若々しいレベルの回復によってエネルギー準位および管の健康を後押しする。

ともに、これら二つの強力な混合物は最適の細胞エネルギーおよび管の健康を支える。

参照

1. Selnes OA、Grega MA、Borowicz LM、Jr.は、等冠動脈疾患の記憶徴候を自己報告した: CABGの患者およびnonsurgical制御の前向き研究。 Cogn Behav Neurol。 9月2004日; 17(3): 148-56。

2. トナーI、Peden CJ、Hamid SK、等冠状動脈バイパスの後の磁気共鳴イメージ投射およびneuropsychological変更は外科を接木する: 予備の調査結果。 J Neurosurg Anesthesiol。 7月1994日; 6(3): 163-9。

3. Rasouli ML、Nasir K、Blumenthal RSの等血しょうホモシステインはアテローム性動脈硬化の進行を予測する。 アテローム性動脈硬化。 7月2005日; 181(1): 159-65。

4. Xie LQ、Wang X.のC反応蛋白質およびアテローム性動脈硬化。 Sheng李Ke XueジンZhan。 4月2004日; 35(2): 113-8。

5. Verma S.のC反応蛋白質はアテローム性動脈硬化を駆り立てる。 J Cardiolはできる。 8月2004日; 20のSuppl B29B-31B。

6. Stochmal E、Szurkowska M、損なわれたブドウ糖の許容の患者のインシュリン抵抗性の冠状アテローム性動脈硬化のCzarnecka Dの等連合。 アクタCardiol。 6月2005日; 60(3): 325-31。

7. 脂蛋白質のコレステロールのSharrett AR、Patsch W、Sorlie PD、等連合、apolipoproteins A-IおよびB、およびcarotidアテローム性動脈硬化および冠状心臓病のトリグリセリド。 コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険は調査する。 Arterioscler Thromb。 7月1994日; 14(7): 1098-104。

8. Muis MJの馬蝿の幼虫ML、Bilo HJの等高い累積インシュリンの露出: タイプ1の糖尿病のアテローム性動脈硬化の危険率か。 アテローム性動脈硬化。 7月2005日; 181(1): 185-92。

9. Malkin CJ、Pugh PJ、ジョーンズRDのジョーンズのTH、Channer KS。 アテローム性動脈硬化immunomodulationに対する保護要因およびプラクの開発および安定性に影響としてテストステロン。 J Endocrinol。 9月2003日; 178(3): 373-80。

10. Howes PS、Zacharski LR、サリバンJ、アテローム性動脈硬化に於いての貯えられた鉄のChow B. Role。 J Vasc Nurs。 12月2000日; 18(4): 109-14。

11. ジョーンズRD、Nettleship JE、Kapoor D、ジョーンズHT、Channer KS。 老化の人のテストステロンそしてアテローム性動脈硬化: 意味された連合および臨床含意。 AM J Cardiovascは薬剤を入れる。 2005;5(3):141-54.

12. de Valk B、マルクスJJ。 鉄、アテローム性動脈硬化および虚血性心疾患。 アーチのインターンMed。 7月1999日26日; 159(14): 1542-8。

13. Drexel H、Amann FW、Beran J、等血しょうトリグリセリドおよび3つの脂蛋白質のコレステロールの一部分は冠状アテローム性動脈硬化の範囲の独立した予言者である。 循環。 11月1994日; 90(5): 2230-5。

14. Chau LY。 鉄およびアテローム性動脈硬化。 Proc国民のSci Counc Repub中国B. 10月2000日; 24(4): 151-5。

15. Bolad IのDelafontaine P. Endothelialの機能障害: 高血圧の冠状病気に於いてのその役割。 Curr Opin Cardiol。 7月2005日; 20(4): 270-4。

16. Chakraphan D、Sridulyakul P、STZ誘発の糖尿病性のラットの練習の訓練によるendothelial機能障害のThipakorn Bの等減少。 Clin Hemorheol Microcirc。 2005;32(3):217-26.

17. Harvey PJのPictonのPE、Su WSの等postmenopausal女性のendothelial機能障害の改善のための口頭エストロゲンへの代わりとして練習。 AMの中心J. 2月2005日; 149(2): 291-7。

18. Hink U、Tsilimingas N、Wendt Mの糖尿病のMunzel T. Mechanismsの根本的なendothelial機能障害: 治療上の含意。 御馳走Endocrinol。 2003;2(5):293-304.

19. Lteif AA、ハンK、Mather KJ。 肥満、インシュリン抵抗性および新陳代謝シンドローム: 白および黒のendothelial機能障害の決定要因。 循環。 7月2005日5日; 112(1): 32-8。

20. Newby DEのMcLeodのAL、Uren NGは冠状アテローム性動脈硬化および喫煙と、等損なわれた冠状ティッシュplasminogen活性剤解放関連付けられる: endothelial機能障害とatherothrombosis間の直接接続。 循環。 4月2001日17日; 103(15): 1936-41年。

21. Panus C、Mota M、Vladu D、Vanghelie LのRaducanuのCL。 糖尿病のendothelial機能障害。 Rom JのインターンMed。 2003;41(1):27-33.

22. Papamichael CM、AznaouridisのKA、Stamatelopoulos KS、等タバコはのEndothelial機能障害およびタイプ煙った: 規則的な喫煙対「ライト」の影響。 Vasc Med。 5月2004日; 9(2): 103-5。

23. SuvoravaによりT、Lauer NのKojda G. Physicalのの不活動健康で若いマウスでendothelial機能障害を引き起こす。 J AM Coll Cardiol。 9月2004日15日; 44(6): 1320-7。

24. Toikka JO、Ahotupa M、Viikari JSは健康な若者のendothelial機能障害そして高められた生体内のLDL酸化に、等絶えず低いHDLコレステロールの集中関連している。 アテローム性動脈硬化。 11月1999日1日; 147(1): 133-8。

25. Vakkilainen J、Makimattila S、Seppala-Lindroos Aの等小さいLDLの粒子を持つ人のEndothelial機能障害。 循環。 8月2000日15日; 102(7): 716-21。

26. STの高度のない激しい冠状シンドロームのApetrei E、Ciobanu-Jurcut R、Rugina M、Gavrila A、Uscatescu V.のC反応蛋白質、prothrombotic不均衡およびendothelial機能障害。 Rom JのインターンMed。 2004;42(1):95-102.

27. アテローム性動脈硬化の病因のKunes P.のC反応蛋白質: 「マインツ仮説の利点そして落とし穴」。の CasのLek Cesk。 2005;144(1):25-31.

28. 発火のTargher G、Bertolini L、Zoppini G、Zenari L、Falezza G. Increased血しょうマーカーおよび臨床的に明らかなmacroangiopathyなしのタイプ1の糖尿病性の患者のmicrovascular複雑化のendothelial機能障害および連合。 Diabet Med。 8月2005日; 22(8): 999-1004。

29. Sainani GS、Sainani R. Homocysteineおよびatherosclerotic血管疾患の病因に於いての役割。 インドJ Assocの医者。 5月2002日; 50 Suppl16-23。

30. Drouet L、Balのdit SC. フィブリノゲンは心血管のでき事の危険の予言者またはマーカーであるか。 Therapie。 3月2005日; 60(2): 125-36。

31. キャバレロAE、Arora S、Saouaf R、等Microvascularおよびmacrovascular反応はタイプ2の糖尿病の危険がある状態に主題で減る。 糖尿病。 9月1999日; 48(9): 1856-62。

32. Ceriello A. Hyperglycaemia: 糖尿病性の複雑化の病因の非酵素のglycationと酸化圧力間の橋。 糖尿病Nutr Metab。 2月1999日; 12(1): 42-6。

33. Cubeddu LX、Hoffmannはある。 高血圧のインシュリン抵抗性そして上部正常なブドウ糖のレベル: 検討。 JによってはHypertensがぶんぶんいう。 3月2002日; 16のSuppl 1S52-5。

34. Nowak A、Stankiewicz W、Szczesniak L、糖尿病のタイプ1の若者達の血血清のKorman E. Glucosamine。 Endokrynol Diabetol Chor Przemiany Materii Wieku Rozw。 1999;5(2):97-101.

35. SteinbaumのSR。 新陳代謝シンドローム: 女性の出現の健康の伝染病。 Prog Cardiovasc Dis。 1月2004日; 46(4): 321-36。

36. 木こりRJの咀嚼GT、GFワットの。 タイプ2の糖尿病の管の機能障害のメカニズム、重大さおよび処置: 脂質調整療法の焦点。 薬剤。 2005;65(1):31-74.

37. Brandes RP、Fleming IのBusse R. Endothelialの老化。 Cardiovasc Res。 5月2005日1日; 66(2): 286-94。

38. Kravchenko J、Goldschmidt-Clermont PJ、パウエルTの等アテローム性動脈硬化のためのEndothelial祖先の細胞療法: 老齢人口のための哲学者の石か。 Sciの老化の知識は囲む。 6月2005日22日; 2005(25): e18.

39. Rubanyi GM。 心血管ホメオスタティスおよび病気に於いての内皮の役割。 J Cardiovasc Pharmacol。 1993年; 22のSuppl 4: S114.

40. で利用できる: http://www.medreviews.com/のpdfs/articles/RIU_5Suppl7_S21.pdf。 2005年4月20日アクセスされる。

41. で利用できる: http://www.escardio.org/knowledge/cardiology_practice/ejournal_vol1/Vol1_no16.htm。 2005年4月20日アクセスされる。

42. Cavallini G、Caracciolo S、Vitali G、Modenini F、Biagiotti G. Carnitineは対性機能障害、落ち込んだ気分および疲労の処置の男性ホルモンの管理男性の老化と関連付けた。 泌尿器科学。 4月2004日; 63(4): 641-6。

43. Vermeulen RC、Scholte時間。 アセチルの探険の開いたラベル、ランダム化された調査および慢性の疲労シンドロームのpropionylcarnitine。 Psychosom Med。 3月2004日; 66(2): 276-82。

44. Bertelli A、Conte A、Ronca G、Segnini Dの幹線内皮の膜へのperoxidative損傷に対するpropionylのカルニチンのYu G. Protectiveの効果。 Int Jのティッシュは反応する。 1991;13(1):41-3.

45. Amico-Roxas M、Caruso A、Cutuli VM、de Bernardis Eの齧歯動物の刺激剤によって引き起こされる血しょうextravasationに対するLeonardi G.のpropionyl Lカルニチンの抑制的な効果。 薬剤Exp. Clin Res。 1993;19(5):213-7.

46. Bertelli A、Conte A、Palmieri L、等エネルギー充足に対するpropionylのカルニチンの効果および低酸素症の間の心臓endothelial細胞のアデニン ヌクレオチドの内容。 Int Jのティッシュは反応する。 1991;13(1):37-40.

47. Wiseman LR、Brogden RN。 Propionyl Lカルニチン。 薬剤の老化すること。 3月1998日; 12(3): 243-8。

48. フェラーリR、Merli E、Cicchitelli G、等Lカルニチンの治療上の効果および心循環器疾患のpropionyl Lカルニチン: 検討。 アンNY Acad Sci。 11月2004日; 1033:79-91。

49. Hiatt WR。 カルニチンおよび周辺幹線病気。 アンNY Acad Sci。 11月2004日; 1033:92-8。

50. Anand I、Chandrashekhan Y、De鬱血性心不全を用いる患者の血行力学、練習容量およびホルモンに対するpropionyl LカルニチンのGiuliのF、等激しいおよび慢性の効果。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 7月1998日; 12(3): 291-9。

51. SayedアーメドMM、Salman TM、Gaballah彼の等adriamycin誘発の心筋症に対する保護装置としてPropionyl Lカルニチン。 Pharmacol Res。 6月2001日; 43(6): 513-20。

52. Bartels GL、Remme WJ、Pillay M、Schonfeld DH、Kruijssen DA。 狭心症の人の虚血誘発の心筋の機能障害に対するL-propionylcarnitineの効果。 AM J Cardiol。 7月1994日15日; 74(2): 125-30。

53. Spagnoli LG、Orlandi A、Marino Bの等Propionyl Lカルニチンは老化させたhyperlipemicウサギのatherosclerotic損害の進行を防ぐ。 アテローム性動脈硬化。 4月1995日7日; 114(1): 29-44。

54. Barker GA、緑Sの斜めにCD、緑AAの歩行者PJ。 周辺幹線病気の練習の性能に対するpropionyl Lカルニチンの効果。 Med SciのスポーツExerc。 9月2001日; 33(9): 1415-22。

55. Brevetti G、Perna S、L-propionylcarnitineのSabba Cの等優越性対周辺血管疾患の患者の歩く容量の改善のLカルニチン: 激しいの、二重盲目静脈内、クロスオーバー調査。 Eurの中心J. 2月1992日; 13(2): 251-5。

56. Kaiser KP、Feinendegen LE。 平面のシンチグラフィー対中心の脂肪酸の新陳代謝の測定のペット。 Herz。 2月1987日; 12(1): 41-50。

57. Torielli L、Conti F、Cinato Eの等hypertrophiedラットのcardiomyocytesのエネルギー新陳代謝の変化: propionyl Lカルニチンの影響。 J Cardiovasc Pharmacol。 9月1995日; 26(3): 372-80。

58. Bueno R、Alvarez de Sotomayor M、ペレーズ ゲレーロ州C、等Lカルニチンおよびpropionyl Lカルニチンは自発的に高血圧のラットのendothelial機能障害を改善する: およびコックス プロダクトの別の参加。 生命Sci。 6月2005日13日。

59. Broderick TL、Haloftis G、ポールソンDJ。 糖尿病性のラットの中心の基質の酸化そしてミトコンドリアの呼吸のL-propionylcarnitineの強化。 Jの細胞MolのCardiol。 2月1996日; 28(2): 331-40。

60. Brevetti G、Perna S、Sabba C、Martone VDの断続的なclaudicationのCondorelli M.のPropionyl Lカルニチン: 、二重盲目、線量の滴定偽薬制御、多中心の調査。 J AM Coll Cardiol。 11月1995日15日; 26(6): 1411-16。

61. RabiniのRA、Petruzzi E、Staffolani R、等糖尿病および主題の老化: 人間の赤血球のATPの内容そしてATP関連の酵素活性の調査。 Eur J Clinは投資する。 4月1997日; 27(4): 327-32。

62. Kichenin K、Decollogne S、Angignard J、Seman M. CardiovascularおよびウサギのATPの経口投与への肺の応答。 J Appl Physiol。 6月2000日; 88(6): 1962-8年。

63. Kichenin KのSeman M. ChronicのATPの経口投与はラットのヌクレオシドの輸送そしてプリンの新陳代謝を調整する。 J Pharmacol Exp. Ther。 7月2000日; 294(1): 126-33。

64. 米国のパテント5,049,372。 米国のパテント5,227,371。

65. ヴァンAken H、Puchstein C、Fitch Wのグラハムのディディミアム。 ATP誘発の低血圧の血行力学および大脳の効果。 Br J Anaesth。 12月1984日; 56(12): 1409-16。

66. Rosenmeier JB、Hansen JのGonzalezアロンソJ. CirculatingのATP誘発のvasodilatationは人間の骨格筋の共鳴したvasoconstrictor活動を打ち消す。 J Physiol。 7月2004日1日; 558 (Pt 1): 351-65。

67. GonzalezアロンソJ、オルセンDB、Saltin B. Erythrocyteおよび人間の骨格筋の血の流れおよび酸素配達の規則: ATPの循環の役割。 Circ Res。 11月2002日29日; 91(11): 1046-55。

68. Ellsworth ML、Forrester T、Ellis CG、Dietrich HH。 管の調子の調整装置として赤血球。 AM J Physiol。 12月1995日; 269 (6つのPt 2): H2155-161.

69. Sprague RS、Stephensonああ、Ellsworth ML、Keller C、AJ Lonigro。 第一次肺の高血圧の人間の赤血球からのATPの損なわれた解放。 Exp. Biol Med (Maywood。)。 5月2001日; 226(5): 434-9。

70. Sprague RS、Ellsworth ML、Stephensonああ、Kleinhenz私、AJ Lonigro。 赤血球からの変形誘発ATP解放はCFTRの活動を要求する。 AM J Physiol。 11月1998日; 275 (5つのPt 2): H1726-32.

71. Kitakaze M、Minamino T、ノードK、等病気にかかった中心のアデノシンおよびcardioprotection。 Jpn Circ J. 4月1999日; 63(4): 231-43。