生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年11月
イメージ

前立腺癌を戦う新しい武器

Dale Kiefer著

科学者は最近前立腺癌を防ぎ、多分扱うための強力で新しい武器であるかもしれないマリア アザミの新しい部品の覆いを取った。

このphytochemical、isosilybin Bと呼ばれて、有効に人間の前立腺癌の細胞の成長および逃亡拡散を抑制する。 Isosilybin Bはまたほとんどの人間癌に表現される遺伝要因の活動を抑制する。 さらに、この有効なphytonutrient前立腺癌の進行および転移に貢献するかもしれない蛋白質の分泌を禁じる。

重要なのは、isosilybin Bはホルモン依存した、ホルモン独立した前立腺癌に対して活発である。 Isosilybin Bは前立腺の敵意に対してこうして最も強力な保護をphytonutrientのけれども発見される提供するかもしれない。

マリア アザミの植物 からの silymarin および silibininのエキスの有利な効果は長く知られてしまった。 科学者は最近複数のメカニズムによって戦いの前立腺癌で驚くべき効果を示す新しいマリア アザミのエキスによって呼ばれたisosilybin Bを識別した。

ノースカロライナの研究の三角形で、科学者は3つの人間の前立腺の癌腫の細胞ラインに対してマリア アザミのエキスと浄化されたマリア アザミの要素の抗癌性の活動を調査した: LNCaP、DU145およびPC3。 これらは人間の前立腺癌の最も一般的な実験室モデルである。1

癌性前立腺(薄茶、中道右派)。 腺は頻繁に癌で見られる不調な成長で増加した。 それはぼうこうの壁(上記)および直腸の壁に侵入した(権利で)。 また尿道(ぼうこうからそして左下に導く管)は見られる。 恥骨は左にある。 [拡大するべきかちりと言う音]

前立腺癌に対して反proliferative活動と関連していた複数の端ポイントを検査して科学者は調査された変数ほぼすべての最も有効な前立腺癌の戦闘機であるとisosilybin Bが見つけた。

最初に、研究者はDU145細胞に対して個々のマリア アザミの要素、ホルモン独立した人間の前立腺癌の細胞のラインをテストした。 癌細胞は3日間マリア アザミの混合物のさまざまな集中--にさらされた。 Isosilybin Bはほぼ69%の重要な成長の阻止を作り出し、テストされたすべてのマリア アザミの混合物の最も効果があった。 対照によって、2番目に新し有効な代理店は38%だけによってテストされたphytochemicalsのほとんどは活動をまったく示さなかったが、癌細胞の成長を禁じた。1

次に、調査官はホルモン依存したLNCaPの前立腺癌の細胞およびホルモン独立したPC3細胞に対してマリア アザミの部品の効果を検査した。 Isosilybin BはLNCaPの細胞の最も有効な成長のサプレッサーで、PC3癌細胞に対してまた有効だった。 注意された研究者は「isosilybin B silymarinベースのマリア アザミのエキスの最も有効な成長の抑制的な要素で、頻繁にだったsilibininまたはsilymarinのエキスより有能」。1

別の実験では、マリア アザミの要素がLNCaPの細胞によって前立腺特定の抗原(PSA)の分泌にいかに影響を与えるか検査される科学者。 前立腺、PSAで総合される蛋白質は前立腺拡大および癌のためのマーカーとして役立つ。 出現の証拠がPSA 「PSAが前立腺癌を促進することを自体を前立腺癌の進行およびmetastasis.2-4の役割を担うかもしれない提案するのでこのactivity.1 PSAに対するisosilybins AおよびBの効果特に顕著であることを他のマリア アザミの要素は示さなかったが、Isosilybin Bおよびミラー イメージの異性体のisosilybin Aは、PSAの分泌を減らした、(見なさいか。生命延長、2005年6月。) IsosilybinsはこうしてPSAのレベルを調整する新しい方法を提供するかもしれない。

調査を続けて、研究の三角形の科学者はマリア アザミのエキスがDNAのtopoisomeraseのIIalphaの促進者の活動を抑制すると、細胞拡散のために不可欠である遺伝要因はじめて見つけた。 最近のメタ分析はtopoisomerase IIalphaが人間癌の大多数を渡る最も一般に活動化させた遺伝子の1つであることが分った。1 DU145前立腺癌の細胞に、isosilybin Bは有効そして効果的にこの遺伝子の促進者抑制されるマリア アザミの要素だった。1

新しい調査結果、新しい優先順位

isosilybin Bに関するこれらの最近の研究の調査結果に前立腺癌の防止および処置に興味を起こさせる個人および科学者が重要な含意がある。

最近まで、科学者はそれから草の補足で広く利用可能になったsilymarinおよびsilibininのようなマリア アザミの部品に彼らの研究活動を焦点を合わせた。 但しので注意される研究の三角形のチームが「isosilybin B silymarinの5%以下構成しない、でありsilibininから不在」。すなわち、 現在マリア アザミのエキス、silymarin、またはsilibininとして販売される1準備はほとんどisosilybin B.を含むかもしれない。

科学者が他のマリア アザミの要素間の抗癌性の活動を報告する間、isosilybin B. 1の比較的小さい線量によって引き出された抗癌性の効果を達成するために大いに高い濃度でそれらの混合物を加えることは必要 要点だったか。 Isosilybin Bは前立腺癌に対して他のマリア アザミの異性体より有効ようである。 カロライナの科学者に従って、何れかのそれに続くpreclinicalまたは段階Iの試験が」。はこの部品のために富むエキスを含むべきであることを「最も有効な前立腺の癌腫の抑制剤としてisosilybin Bの同一証明示す1

他のマリア アザミの部品

マリア アザミのフルーツまたは種の粗野な抽出はsilymarinと呼ばれるpolyphenolicフラボノイドをもたらす。 Silymarinはsilibinin (またsilybinとして綴られる)、isosilybin、silychristinおよびsiliydianinはであるかどれの実際にphytochemicalsの混合物、最も顕著のである。5

ほとんどの研究はsilymarinおよびsilibininの有利な効果に焦点を合わせた。 調査はsilymarinの助けが人間の癌細胞6,7の成長を生体外で防ぐ提案し、 ある特定の腫瘍の成長から実験動物をことを保護する。6-8

Silibininは有効な酸化防止およびanticarcinogenic効果、6を示し、使用される化学療法の薬剤を前立腺癌を扱うのに共働作用して使用するかもしれない。9つの 多くの現在利用できるマリア アザミ プロダクトは主にsilymarinを含み、いくつかはsilibininがマリア アザミの最も活動的な要素であるという国立癌研究所の主張に照し合わせてsilibininの内容で、多分標準化される。10

2003年に、ハーバード衛生学校の研究者はマリア アザミの混合物のisosilybinが1つではないが学んだり、実際に2つの明瞭な化学薬品、isosilybin Aおよびisosilybin B.ことをである。 同様に、彼らはsilibininが2つの化学薬品、silybin Aおよびsilybin B.から成り立つことが分った。 これらの密接に関連が、明瞭な異性体はflavonolignansと呼ばれる植物の化学薬品のクラスに属する。11

前立腺癌の統計量

今日、前立腺癌はアメリカの人の癌の死の共通の侵略的な敵意そして第2一流の原因である。1,6,18,19

6つのアメリカの人に付き1つは彼の一生の間に前立腺癌と診断される。

前立腺癌の経済的な費用は均等に驚くほどである。 推定$5.3十億は米国の前立腺癌の処置に毎年使われる。20

SilymarinおよびSilibininの効果

Isosilybinは今癌戦いのマリア アザミの部品のsilymarinおよびsilibininの効果が研究の大きいボディによって既に支えられる2つのエキスのランクに入るために安定する。 実際に、silymarinの多数の調査およびsilibininはマリア アザミの要素のそれ以上の調査のための道を開いた。

Silymarinおよびsilibininは前立腺および他の癌に対して保護を提供するようである。 調査はsilymarinおよびsilibininが両方強い酸化防止剤で、人間の癌腫の細胞の成長およびDNAの統合を禁じることを示した。6つの 混合物は両方とも皮膚癌および乳癌から保護を助けるかもしれない。7,8,12,13

Silymarinおよびsilibininはまた前立腺癌を防ぐことで約束を示す。 2004年に行なわれる研究は1つ以上のsilymarinの要素が前立腺癌の細胞によってミトゲンおよび存続シグナリングを禁じることを示す。 このシグナリングは存続し、繁栄する癌細胞の能力に重大である。 「一般に、高度の段階の癌細胞は多くの本質的に活動的なミトゲン シグナリングを隠し、それらを外的な成長因子により少なく依存した、また化学療法の代理店に対して抵抗力があるようにする反apoptoticメカニズムは」コロラド大学の研究者に注意した。 しかしそれらはいくつかの角度からの癌に取り組むsilymarinの能力が大きい約束を保持すること付け加える: 「この点で、silibinin。 . . 示した異なった癌細胞で[マルチタスク]抗癌性の効果を」。14

もう一人の調査チームは前立腺癌に対してsilibininの効力を調査した。 silibininが臨床的に使用され、サプリメントとして販売されるという「silibinin、事実、および[考慮する]経口投与の後の前立腺のsilibininの生物学的利用能の強い酸化防止およびanticarcinogenic効果に基づく。 . . 私達はsilibininがまた人間[前立腺癌]の介在のための有用な代理店であることができることを」書いた研究者を推論した。 いろいろな複合体の細胞培養の試金を行なった後、彼らは「silibininホルモン処理し難い人間の前立腺癌の介在のためのantiproliferative区別の代理店として成長する強い潜在性が」。にあることを定めた6

もう2004レポートでは、コロラド大学の調査チームはsilymarinおよびsilibininが腫瘍の細胞が継続的だった成長に必要な血液の供給を募集することができるように必要である腫瘍の細胞から親angiogenic要因の分泌を禁じることに注意した。 なおプログラムされた細胞死、かapoptosisを引き起こしている間、silymarinおよびsilibininは文化の癌細胞の成長を禁じる。 Silibininはまた化学療法の薬剤のdoxorubicinをそれに組合せ療法のための強い候補者をする癌細胞を殺すのを助けるために共働作用して使用するかもしれない。9

Silibininは前立腺癌の高度の形態に対して癌戦いの効果を出した。 高度の人間の前立腺の腫瘍の細胞の外科接木を受け取ったマウスの食事療法へsilibininを加えることは減らされた拡散で起因し、癌細胞のプログラムされた細胞死を高めた。15

動物および人間の調査は無毒であるために同様にマリア アザミを示した。 「大量服用で。 . . 瀉下薬の効果は高められた胆汁の分泌が可能な原因であり、流れ」、代替医療の検討で出版された レポートに注意した。 「穏やかなアレルギー反応また注意されたが、ではなかった深刻」。はしかし 16、ベルギーの薬剤としてマリア アザミの使用に関して注意される1人の研究者として「薬剤ある偽薬と対等な一般的な安全パターンが」。に17

古代人の知恵を最先端の医学の技術と結合して、科学は前立腺癌に対する戦いのマリア アザミのための刺激の新規アプリケーションを発見している。 Isosilybin Bのマリア アザミのエキスの前にあまり知られていない要素は、この十分に恐れられた疾病を防ぐための大きい潜在性を保持するようである。

マリア アザミの付加的な利益

防ぎ、管理の前立腺癌、マリア アザミの可能性としては重要な治療上の用具であることに加えて他の医療補助の多くを提供する。 多数の科学的な調査および臨床経験は提案しマリア アザミはレバーのことをの大きな価値がかもしれないことを、肝臓病保護ある、管理の高いコレステロール、および皮膚癌を防ぐことを扱う。

レバーの保護。 マリア アザミのエキスはacetaminophen、エタノールおよび四塩化炭素を含むいろいろ毒素からレバーを、保護するために報告された。 なお、マリア アザミはischemic傷害、放射および鉄の毒性に対する監視レバー細胞に示されていた。 ヨーロッパではレバー有毒なテングタケ属のきのこによって毒される人々を扱うのに、マリア アザミのエキスが使用されている。21

行為の複数のメカニズムはマリア アザミのレバー保護効果を説明するかもしれない。 マリア アザミからのSilymarinは酸化防止効果を所有し、グルタチオン、レバーの最も重要な酸化防止剤の1の枯渇から保護するために報告された。 Silymarinはまた親炎症性酵素のlipooxygenaseを禁じるためにあった。 他の調査結果はことマリア アザミのエキスがある特定の肝臓病と起こることができる、そしてことをレバー ティッシュの再生の刺激を助けるかもしれないレバーのfibrotic傷のティッシュの形成を抑制する提案する。21

マリア アザミのエキスはレバー ティッシュに対する複数の強い炎症抑制の効果をもたらすようである。 具体的には、silymarinは肥満細胞を安定させ、炎症性プロスタグランジンおよびleukotrienesの好中球移動、Kupfferの細胞および形成を禁じるのを助けるかもしれない。21

肝臓病の処理。 マリア アザミのエキスは激しく、慢性の肝炎の処理で有効であるために確認されている。 処置の時間を短くし、ビリルビンおよびレバー酵素のアスパラギン酸塩のアミノ基移転酵素(AST)およびアラニン アミノ基移転酵素(ALT)を含むレバー健康の複数のマーカーを、改良するために助けられるsilymarinの激しいウイルス肝炎、処置の患者では。 慢性の肝炎とのそれらでは、毎日のsilymarinの補足の6か月はレバー酵素の同じような改善をもたらした。16

マリア アザミはまた肝硬変およびアルコール中毒患者の肝臓病の人々のレバー健康に寄与する。 アルコール性の肝臓病の個人に管理されたとき、silymarinは正常なレベルに高いビリルビンおよびレバー酵素を下げるのを助けた。 レバー バイオプシーの組織学によって定められるレバー ティッシュの細胞を、改良するためにまた助けられるマリア アザミのエキス。 肝硬変の患者の残存率を改善するために助けられる3年にわたるマリア アザミとの長期補足。16

管理のコレステロール。 動物実験は健康なコレステロール値を促進するために助けるマリア アザミがかもしれない陰謀的な証拠を提供する。 食事療法誘発の高いコレステロール値を持つラットがマリア アザミからのsilymarinを消費したときに、有利な高密度脂蛋白質(HDL)のレベルは総および胆汁の(レバー)コレステロールのレベルは減少したが、上がった。 人間の調査は更に管理のコレステロールに於いてのマリア アザミの役割を調査するために示される。16

皮膚癌の防止。 最近の年の最も刺激的な調査結果の1つはマリア アザミのエキスの潜在的な皮保護効果にかかわる。 研究者は原則的に応用マリア アザミのエキスが皮腫瘍の形成から化学発癌物質--にさらされるマウスの皮を保護することが分った。マウス の7つのそれ以上の調査は原則的に応用マリア アザミのエキスが紫外光誘導皮膚癌からマウスの皮を保護することを示した。22の それ以上の調査は人間のマリア アザミの項目適用そして内部消費の潜在的な皮の癌保護効果を探検するために示される。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2