生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年11月
イメージ

緑茶は前立腺癌から保護できるか。

クールソンK. Duerksen著

緑茶および蟹座防止

多数の動物およびヒト細胞の調査は緑茶のカテキンが癌の強力な抑制剤として機能するかもしれないこと17,18 肺、胃および腎臓の特にコロン 直腸、および前立腺癌、19,20、また癌提案する。21 緑茶のカテキンはいろいろな発癌物質に対して有効なchemopreventive代理店のようである。

実験室調査に加えて、茶を豊富に飲む大きい集団の健康を追跡する人口調査は緑茶の癌予防の利点を示す。 人口調査は緑茶が食餌療法のステープルであるアジアの国の減らされた癌率を見つけた。22,23 1つのアジア調査に付き、茶酒飲みは本当らしい半分について一般に毎日緑茶の4個から6個のコップを飲む24の日本の人癌の発生および死亡率のかなり低い率がより欧米人ある 、少し茶を飲んだたばこを吸うおよび他の健康および食餌療法の要因を調節の後でさえも人はまた胃か食道癌発達させること同様にあった。18,25

茶についての事実

• すべての茶(緑、黒い、およびoolong)は同じ植物、ツバキのsinensisから得られる。 それらは摘み取られた葉がいかにで準備されるか異なる。
• 黒およびoolongの茶とは違って、緑茶は発酵しない、従って活動的な要素はハーブに不変に残る。
• 緑茶は豊富な酸化防止剤を含み、あなたの毎日の栄養の取入口にとって果物と野菜重要かもしれない。30
• 茶ポリフェノールの十分な量を得るためには、カプセルの形態で毎日緑茶または緑茶のエキスの300-1200 mgの3-10個のコップを必要とする場合もある。

日本の肺癌率が世界の最も低いのの1つであることがその国家の煙る高い比率にもかかわらず長く、注意されてしまった。 沖縄、日本で行なわれた女性で場合制御の調査からのデータは1988年から1991からより大きい沖縄の茶(部分的に発酵させた茶)の取入口ことを示した、より小さいsquamous細胞の肺癌の危険、特に。26は これらの調査結果茶消費が人間で肺癌に対して保護効果をもたらすことを提案する。

緑茶の消費に関するもう一つの興味深い事実は中央日本である静岡県の癌の死亡率が日本平均より大いに低いことである。 結局、緑茶の取入口は日本の他の区域のより静岡県でさらにもっと習慣的である。27

結論

FDAの調整装置は証拠が緑茶が防ぐこと癌限られた健康の要求に値して不十分であるという、そして、利用できる「限られた」研究に基づいて緑茶が癌の前立腺または他のどのタイプの危険も減らしてほぼ不可能である信じる。

限られた入手可能な情報を与えられて前立腺癌の開発をもたらす生物学的過程にかかわって、すべての可能な防止の作戦を検査することは賢い。 より大きく、確証的な調査が必要な間、Bettuzziの調査は緑茶のカテキンが病気のための危険度が高いに人の前立腺癌に対して優秀な予防する代理店であるかもしれないことを示す。4

癌を扱うのに使用されるほとんどの現代薬が深刻な副作用、高い費用および他の準の危険がある。 緑茶は、一方では、飲料および栄養の補足として安全、広く利用可能である。 なお、成長する科学的な証拠は緑茶が前立腺および他の癌ことをを含む老化と、関連付けられる多くの病気を防ぐことで有効であることを提案する。

参照

1. Siddiqui IA、Afaq F、Adhami VM、Ahmad N、人間の健康の昇進の飲料の茶のMukhtar H. Antioxidants。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 6月2004日; 6(3): 571-82。

2. Beliveau RのGingras D.の緑茶: nutraceuticalsによる癌の防止そして処置。 尖頭アーチ。 9月2004日18日; 364(9439): 1021-2。

3. で利用できる: http://www.cfsan.fda.gov/~dms/qhc-gtea.html。 2005年8月12日アクセスされる。

4. 、パーマ、イタリアの大学Bettuzzi S.の医科大学院; ジェイの小川、MDの議長、血液学/腫瘍学、Ochsner医院の基礎病院、ニュー・オーリンズ; 2005年4月19日の提示、癌研究、年次総会、アナハイム、CA.のためのアメリカ連合。

5. Klein EA、トムソンIM。 前立腺癌のchemopreventionの更新。 Curr Opin Urol。 5月2004日; 14(3): 143-9。

6. ライトSC、Zhong J、Larrick JW。 腫瘍の昇進のメカニズムとしてapoptosisの阻止。 FASEB J. 6月1994日; 8(9): 654-60。

7. Liao SのHiipakkaのRA。 茶エピカテキン3没食子酸塩およびepigallocatechin 3没食子酸塩によるステロイド5のアルファ還元酵素のイソチームの選択的な阻止。 Biochem Biophys Res Commun。 9月1995日25日; 214(3): 833-8。

8. たる製造人R、Morre DJ、Morre DM。 緑茶の薬効がある利点: noncancer医療補助の部分I. Review。 J Alternの補足物Med。 6月2005日; 11(3): 521-8。

9. 洪J、スミスTJ、Ho CT、CS 8月DAのヤンの。 人間のコロンの粘膜およびコロンの腫瘍のティッシュのアラキドン酸のcyclooxygenase-およびlipoxygenase依存した新陳代謝に対する浄化された緑および紅茶のポリフェノールの効果。 Biochem Pharmacol。 11月2001日1日; 62(9): 1175-83。

10. Sazuka M、Imazawa H、障子Y、等緑茶のカテキンおよび紅茶のtheaflavinsによるマウスの肺癌腫の細胞からのコラゲナーゼの阻止。 Biosci Biotechnol Biochem。 9月1997日; 61(9): 1504-6。

11. 肇BL、李XJ、彼RG、チェンSJ、Xin WJ。 緑茶のエキスおよび活動的な酸素基に対する自然な酸化防止剤の掃気効果。 細胞Biophys。 4月1989日; 14(2): 175-85。

12. で利用できる: http://www.aicr.org/press/pubsearchdetail.lasso?index=2057。 2005年8月12日アクセスされる。

13. Oguri A、Suda M、Totsuka Y、Sugimura Tの複素環式のアミンの形成に対するWakabayashi K.の酸化防止剤の抑制的な効果。 Mutat Res。 6月1998日18日; 402 (1-2): 237-45。

14. 朱BT、Taneja N、Loder DP、Balentine DA、Conneyああ。 estradiolおよびestroneのレバーmicrosomal glucuronidationに対する茶ポリフェノールおよびフラボノイドの効果。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 2月1998日; 64 (3-4): 207-15。

15. 林YL、チェンCY、林YP、Lau YW、ファンIM、林JK。 ラットのスーパーオキシドのディスムターゼ、カタラーゼおよびグルタチオンのSトランスフェラーゼを含む酸化防止剤および段階IIの酵素の誘導による緑の茶葉のHypolipidemic効果。 J Agricの食糧Chem。 1998;46(5):1893-99.

16. Navarro-Peran E、CabezasエレーラJ、ガルシアCanovas F、等。 茶カテキンのantifolateの活動。 蟹座Res。 3月2005日15日; 65(6): 2059-64年。

17. 陳D、ダニエルKG、Kuhn DJ、等癌防止の緑茶および茶ポリフェノール。 前部Biosci。 9月2004日1日; 9:2618-31。

18. Kuroda Y、Hara Y. Antimutagenicおよび茶ポリフェノールのanticarcinogenic活動。 Mutat Res。 1月1999日; 436(1): 69-97。

19. Saleem M、Adhami VM、Siddiqui IAの前立腺癌のchemopreventionのMukhtar H. Teaの飲料: ミニ検討。 Nutrの蟹座。 2003;47(1):13-23.

20. Ji BT、Chow WH、Hsing AW、等膵臓および大腸癌の緑茶の消費および危険。 Int Jの蟹座。 1月1997日27日; 70(3): 255-8。

21. 、Goldblatt P、Kinlen LJ、ヤナギYudkin J. Teaの消費および癌。 Br Jの蟹座。 9月1988日; 58(3): 397-401。

22. Fujiki H、Suganuma M、Okabe Sの等緑茶による蟹座の阻止。 Mutat Res。 6月1998日18日; 402 (1-2): 307-10。

23. Suganuma M、Okabe S、Sueoka N、等緑茶および癌のchemoprevention。 Mutat Res。 7月1999日16日; 428 (1-2): 339-44。

24. Hu J、Nyren O、Wolk Aの等中国北東部のoesophageal癌のための危険率。 Int Jの蟹座。 4月1994日1日; 57(1): 38-46。

25. Nakachi K、Eguchi HのIMAI K。 ティータイムは寿命を増加できるか。 老化ResのRev. 1月2003日; 2(1): 1-10。

26. 大野Y、Wakai K、Genka K、等茶消費および肺癌の危険: 沖縄、日本の場合制御の調査。 Jpn Jの蟹座Res。 11月1995日; 86(11): 1027-34。

27. Oguni I、チェンSJ、林PZ、日本の緑茶(概要)による癌の危険性に対するHara Y. Protection。 Prev Med。 5月1992日; 21(3): 332。

28. Yu H、Oho T、Xu LX。 人間のエナメル質の酸抵抗に対する複数の茶部品の効果。 Jの凹み。 4月1995日; 23(2): 101-5。

29. Westerterp-Plantenga MS、Lejeune MP、Kovacs EM。 習慣的なカフェインの取入口および緑茶の補足に関連する体重の損失そして重量の維持。 Obes Res。 7月2005日; 13(7): 1195-204。

30. 茶の前RL、Cao G. Antioxidant容量およびpolyphenolic部品: 生体内の酸化防止状態を変えるための含意。 Proc Soc Exp. Biol Med。 4月1999日; 220(4): 255-61。

  • ページ
  • 1
  • 2