生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年11月
イメージ

あまり知られていない事実: アルコールは発癌物質である!

Dale Kiefer著
参照

1. で利用できる: http://www.ias.org.uk/factsheets/health.pdf。 2005年8月29日アクセスされる。

2. で利用できる: http://www.who.int/whr/ 2002/en/。 2005年8月29日アクセスされる。

3. で利用できる: http://www.wrongdiagnosis.com/ a/alcohol_abuse/prevalence-types.htm。 2005年8月29日アクセスされる。

4. で利用できる: http://www.intelihealth.com/ IH/ihtIH/WSIHW000/9339/9422.html.Accessed 2005年8月29日。

5. で利用できる: http://www.niehs.nih.gov/oc/ news/9thROC.htm。 2005年8月29日アクセスされる。

6. ディアズV、Cumsille MA、Bevilacqua JA。 サンティアゴ、チリのアルコールそして出血性の打撃。 場合制御の調査。 Neuroepidemiology。 2003日11月12月; 22(6): 339-44。

7. で利用できる: http://www.emedicine.com/ NEURO/topic278.htm。 2005年8月29日アクセスされる。

8. で利用できる: http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000714.htm.Accessed 2005年8月29日。

9. で利用できる: http://alcoholism.about.com/ gi/dynamic/offsite.htmか。site= http://www.niaaa.nih.gov/。 2005年8月29日アクセスされる。

10. LieberのCS。 アルコールおよび健康: 日飲み物は医者を離れた保たない。 Cleve Clin J Med。 11月2003日; 70(11): 945-3。

11. Rimm E. Alcoholおよび心循環器疾患。 Curr Atheroscler Rep。 11月2000日; 2(6): 529-35。

12. Altieri A、Garavello W、Bosetti CのGallus SのVecchiaのCL。 laryngeal癌のアルコール消費そして危険。 口頭Oncol。 5月2005日28日。

13. Randi G、Altieri A、Gallus S、等肝硬変の歴史および消化管の新生物の危険。 アンOncol。 5月2005日26日。

14. Morita M、Oyama T、香川N、等食道癌を持つ患者の正常な食道の上皮およびアルコール消費のアルデヒド デヒドロゲナーゼ2の表現。 前部Biosci。 9月2005日1日; 10:2319-24。

15. チャンと、Hedelin M、Adami HO、Gronberg HのBalterのKA。 スウェーデンの家族性の前立腺癌対高度そして散発的対集中させるのアルコール飲むことおよび危険。 蟹座により制御を引き起こす。 4月2005日; 16(3): 275-84。

16. Voigt MD。 hepatocellular癌のアルコール。 ClinのレバーDis。 2月2005日; 9(1): 151-69。

17. Dumitrescu RGの盾のページ。 アルコール誘発の乳癌の病因学。 アルコール。 4月2005日; 35(3): 213-35。

18. マルチネーゼ私。 大腸癌の第一次防止: 生活様式、栄養物、練習。 最近の結果の蟹座Res。 2005;166:177-211.

19. 金DJ、Yoon SJ、リーHP、Choi BMは、HJ行く。 健常者の認識機能に対するアルコール残存物の効果。 Int J Neurosci。 4月2003日; 113(4): 581-94。

20. 記憶に対する飲む正常な夜のMcKinney A、翌日Coyle K.の効果およびpsychomotor性能。 アルコール アルコール。 11月2004日; 39(6): 509-13。

21. 金DJ、金W、アルコール残存物のYoon SJの等健常者のcytokineの生産に対する効果。 アルコール。 11月2003日; 31(3): 167-70。

22. Nicolaou C、Chatzipanagiotou S、Tzivos Dの等肝臓病のないアルコール依存した個人の血清のcytokineの集中。 アルコール。 4月2004日; 32(3): 243-7。

23. LieberのCS。 アルコールおよびレバー: 肝臓およびextrahepatic病気に於いてのアルコールそして役割の新陳代謝。 MtシナイJ Med。 1月2000日; 67(1): 84-94。

24. Umulis DM、Gurmen NM、Singh P、Fogler HS。 人間のエタノールおよびアセトアルデヒド新陳代謝のための生理学的にベース モデル。 アルコール。 1月2005日; 35(1): 3-12。

25. LieberのCS。 アルコール: 栄養素とのその新陳代謝そして相互作用。 Nutr AnnuのRev。 2000;20:395-430.

26. Quintans LN、Castro GD、Castro JA。 アセトアルデヒドへのエタノールおよびラットの精巣の微粒体による遊離基の酸化。 アーチToxicol。 1月2005日; 79(1): 25-30。

27. Castro GD、Delgado de Layno AM、Costantini MH、Castro JA。 アセトアルデヒドおよび1 hydroxyethyl基へのエタノールのラットの腹部の前立腺のmicrosomal biotransformation: 前立腺の腫瘍の昇進へのその潜在的な貢献。 Teratog Carcinogの突然変異原。 2002;22(5):335-41.

28. Sakurai K、Stoyanovsky DA、Fujimoto Y、Cederbaum AI。 1 hydroxyethyl基によって引き起こされるミトコンドリアの透磁率の転移。 自由なRadic Biol Med。 1月2000日15日; 28(2): 273-80。

29. Worrall S、de Jersey J、Wilce PA。 ラットのレバーそして血の直接および間接エタノールの代謝物質によって変更された蛋白質の形成の比較はLieber-DeCarliの流動食に与えた。 アルコール アルコール。 3月2000日; 35(2): 164-70。

30. LieberのCS。 栄養物、アルコール使用および肝臓病間の関係。 アルコールRes健康。 2003;27(3):220-31.

31. LieberのCS。 microsomalエタノール酸化システムおよび生理学的な、病理学の役割の発見。 薬剤のMetabのRev. 10月2004日; 36 (3-4): 511-29。

32. LieberのCS。 CYP2E1: 灰からNASHへの。 Hepatol Res。 1月2004日; 28(1): 1-11。

33. Kovacic PのCooksyのAL 電子移動および酸化圧力によるアルコール毒性そして常習に於いてのジアセチルの代謝物質の役割。 アーチToxicol。 3月2005日; 79(3): 123-8。

34. Frezza Mのディディミアム パドバC、Pozzato Gの等女性の高い血中アルコール濃度。 減らされた胃アルコール デヒドロゲナーゼの活動およびファースト・パス新陳代謝の役割。 NイギリスJ Med。 1990年の1月11日; 322(2): 95-9。

35. マンに関して、スマートなRG、Govoni R。 アルコール性の肝臓病の疫学。 アルコールRes健康。 2003;27(3):209-19.

36. AJ Tuynsアルコール消費に関連する女性の腹水の肝硬変のPequignot G. Greaterのの危険。 Int J Epidemiol。 3月1984日; 13(1): 53-7。

37. 性のレバー病気重大さのベッカーPU、Deis A、Sorensenのチタニウム、等アルコール取入口および危険。 人口調査。 Ugeskr Laeger。 6月1997日9日; 159(24): 3782-6。

38. ルオHR、チャンYP。 アルデヒド デヒドロゲナーゼ(ALDH2)の多形および飲む行動。 イChuan。 3月2004日; 26(2): 263-6。

39. 山内町M、Maezawa Y、Mizuhara Y、等日本の患者の酵素の遺伝子そしてアルコール性の肝硬変を新陳代謝させるアルコールの多形: 多変量解析。 Hepatology。 10月1995日; 22 (4つのPt 1): 1136-42。

40. Stranges S、Freudenheim JL、Muti Pは白人と、等アフリカ系アメリカ人のアルコール取入口の後のより大きい肝臓の脆弱性比較した: 人口ベースの調査。 J国民Med Assoc。 9月2004日; 96(9): 1185-92。

41. LieberのCS。 アルコール性の肝臓病の生化学的な要因。 SeminのレバーDis。 5月1993日; 13(2): 136-53。

42. Masalkar PDのAbhang SA。 アルコール性の肝臓病の患者の酸化圧力そして酸化防止状態。 Clin Chimのアクタ。 5月2005日; 355 (1-2): 61-5。

43. Ryle PRのトムソンの広告。 アルコール中毒の栄養物そしてビタミン。 ContempはClin Biochemを出す。 1984;1:188-224.

44. Minino AMの詠唱E、Kochanek KD、マーフィーSL、スミスBL。 死: 2000年の最終的なデータ。 国民の重大なStat Rep。 9月2002日16日; 50(15): 1-119。

45. Theruvathu JA、Jaruga P、Nath RG、Dizdaroglu Mの小川PJ。 Polyaminesはmutagenic 1のアセトアルデヒドからのN2propanodeoxyguanosineのアダクトの形成を刺激する。 核酸Res。 2005;33(11):3513-20.

46. ラオス語Y、Hecht SS。 アセトアルデヒド得られたオリゴヌクレオチドのinterstrandの架橋結合の統合そして特性。 Chem Res Toxicol。 4月2005日; 18(4): 711-21。

47. Poschl G、ザイツHK。 アルコールおよび癌。 アルコール アルコール。 5月2004日; 39(3): 155-65。

48. LieberのCS。 アルコール性の脂肪肝: 発火および線維症への進行のその病因そしてメカニズム。 アルコール。 8月2004日; 34(1): 9-19。

49. Marzullo L。 子供の激しいacetaminophenの毒性のためのN acetylcysteineの処置の更新。 Curr Opin Pediatr。 4月2005日; 17(2): 239-45。

50. Vina J、ペレーズC、Furukawa T、Palacin M、Vina JR。 肝臓のグルタチオンに対する口頭グルタチオンの効果はラットおよびマウスで水平になる。 Br J Nutr。 11月1989日; 62(3): 683-91。

51. Aw TY、Wierzbicka G、ジョーンズDP。 口頭グルタチオンはティッシュのグルタチオンを生体内で増加する。 Chem Biolは相互に作用している。 1991;80(1):89-97.

52. ハンコックRDのビオラR. Improving Lアスコルビン酸の(ビタミンCの)内容の強化による穀物の栄養価: 理論的根拠およびbiotechnological機会。 J Agricの食糧Chem。 6月2005日29日; 53(13): 5248-57。

53. Zhou JF、中国のアルコール乱用者の酸化圧力の陳P. Studies。 BiomedはSciを囲む。 9月2001日; 14(3): 180-8。

54. Devasagayam TP、Tilak JC、Boloor KK、等人間の健康の遊離基および酸化防止剤: 現状および将来の見通し。 インドJ Assocの医者。 10月2004日; 52:794-804。

55. サンチェス モレノC、Paniagua M、マドリードAのエタノールに対するビタミンCのマーティンA. Protectiveの効果は人間の脳のグリア細胞に対する毒作用を仲介した。 J Nutr Biochem。 10月2003日; 14(10): 606-13。

56. チャンF、Yin W、大脳の虚血の陳J. Apoptosis: executionalおよび規定するシグナリング メカニズム。 Neurol Res。 12月2004日; 26(8): 835-45。

57. WangはX、Qu WD、アルコールのYa Sの等熱の表現に対する効果蛋白質70およびラットの萌芽期の頭脳のアストロサイトの極度の微細構造に衝撃を与える。 魏Sheng沿Jiu。 3月2005日; 34(2): 158-60。

58. ビタミンEのシュナイダーC. Chemistryおよび生物学。 食糧MolのNutrのRes。 1月2005日; 49(1): 7-30。

59. 黄J、5月JM。 アスコルビン酸はアルファ トコフェロールを倹約し、培養されたH4IIEのレバー細胞の脂質の過酸化反応を防ぐ。 Biochem Molの細胞。 5月2003日; 247 (1-2): 171-6。

60. Halpnerの広告、Handelman GJ、ハリスJM、Belmontカリフォルニア、Blumberg JB。 培養されたラットのhepatocytesのビタミンEの損失のビタミンCによる保護。 アーチBiochem Biophys。 11月1998日15日; 359(2): 305-9。

61. 細胞内のアスコルビン酸による人間の赤血球のアルファ トコフェロールの5月JM、Qu ZC、Mendiratta S. Protectionおよびリサイクル。 アーチBiochem Biophys。 1月1998日15日; 349(2): 281-9。

62. Prakash S、Joshi YK。 微量栄養の酸化防止剤、総酸化防止容量および脂質の過酸化反応の査定は肝硬変で水平になる。 アジアPac J Clin Nutr。 2004年; 13 (Suppl): S110.

63. McDonough KH。 酸化防止栄養素およびアルコール。 毒物学。 7月2003日15日; 189 (1-2): 89-97。

64. Gutteridge JM。 peroxidative感受性に対するビタミンE、コレステロールおよびアセテートの膜の効果。 Res Commun Chem Pathol Pharmacol。 12月1978日; 22(3): 563-72。

65. Waluga MのHartleb M. Alcoholicの肝臓病。 WiadのLek。 2003;56(1-2):61-70.

66. Mansouri A、Demeilliers C、Amsellen S、Pessayre DのFromenty B. Acuteののエタノールの管理はoxidativelyマウスのレバー、頭脳、中心および骨格筋のミトコンドリアDNAを傷つけ、減らす: 酸化防止剤の保護効果。 J Pharmacol Exp. Ther。 8月2001日; 298(2): 737-43。

67. マーティンPRの独身者CK、Hiller-Sturmhofel S。 アルコール性の脳疾患に於いてのチアミンの不足の役割。 アルコールRes健康。 2003;27(2):134-42.

68. Betrosian AP、Thireos E、Toutouzas K、等西洋風の脚気および急死。 AM J Med Sci。 5月2004日; 327(5): 250-2。

69. Maschke M、Weber JのボンネットUの等アルコール中毒患者のVermalの萎縮はMRIによって推定されるように血清のチアミンのレベルにない歯状の鉄の集中に関連する。 J Neurol。 6月2005日; 252(6): 704-11。

70. Stracke H、Hammes HP、Werkmann D、等benfotiamineの効力対糖尿病性のラットの周辺神経の機能およびglycationプロダクトのチアミン。 Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 2001;109(6):330-6.

71. Netzel M、Ziems M、Jung KH、等高投薬されたチアミンの塩酸塩の効果および慢性のエタノールの管理の後のチアミン状態のSベンゾイル チアミンO一リン酸塩。 Biofactors。 2000;11(1-2):111-3.

72. Ayazpoor U. Chronicのアルコール中毒。 アルコール損傷のBenfotiamineは絶対必要である。 MMW Fortschr Med。 4月2001日19日; 143(16): 53。

73. Egner PA、Munoz A、Kensler TW。 個人のchlorophyllinのChemopreventionは食餌療法のアフラトキシンに露出した。 Mutat Res。 2月2003日; 523-524: 209-16。

74. Kensler TW、Egner PA、Wang JBの等肝臓癌のchemopreventionのための作戦。 Eur Jの蟹座Prev。 8月2002日; 11のSuppl 2S58-S64。

75. Kamat JP、Boloor KK、Devasagayam TP。 膜の損傷の生体外および前のヴィヴォに対する有効な酸化防止剤としてChlorophyllin。 Biochim Biophysのアクタ。 9月2000日27日; 1487 (2-3): 113-27。

76. Egner PA、Wang JB、朱YRの等Chlorophyllinの介在は肝臓癌のための危険度が高いで個人のアフラトキシンDNAアダクトを減らす。 Proc国民のAcad Sci米国。 12月2001日4日; 98(25): 14601-6。

77. monooxygenaseのシステムおよびchlorophyllinの2つの商業殺虫剤のDella CC、Morichetti E、Intorre L、等生化学的のおよび遺伝の相互作用。 JはPathol Toxicol Oncolを囲む。 1996;15(1):21-8.

78. クロムのclastogenic効果に対するchlorophyllinのSarkar D、Sharma A、Talukder G. Differentialの保護およびマウスの骨髄のクロルデン生体内で。 Mutat Res。 1月1993日; 301(1): 33-8。

79. 異邦人JM、Rahimi S、Zwiesler Jの異邦人GJ、ファーガソンLR。 antitumor代理店のgenotoxicityに対する指定antimutagensの効果。 Mutat Res。 6月1998日18日; 402 (1-2): 289-98。

80. Cho YS、金、リーST、Surh YJ、チョンように。 突然変異誘発性に対するchlorophyllinのChemopreventiveの効果および6-sulfooxymethylbenzo [a]ピレンの細胞毒性。 蟹座Lett。 10月1996日22日; 107(2): 223-8。

81. Bagchi D、Bagchi M、Stohs Sはブドウの種から、等proanthocyanidinsとの細胞保護得た。 アンNY Acad Sci。 5月2002日; 957:260-70。

82. Natella F、Belelli F、Gentili V、Ursini FのScaccini C. Grapeの種のproanthocyanidinsは人間の血しょうpostprandial酸化圧力を防ぐ。 J Agricの食糧Chem。 12月2002日18日; 50(26): 7720-5。

83. 光線SDの逃亡のTS、Rotollo JAは、等酸化圧力薬剤および化学誘発のプログラムされ、unprogrammed細胞死のマスター オペレータである: 生体内で自然な酸化防止剤の含意。 Biofactors。 2004;21(1-4):223-32.

84. Ariga T。 proanthocyanidinsの病気のantioxidative機能、予防処置および利用。 Biofactors。 2004;21(1-4):197-201.

85. Katiyar SK。 Silymarinおよび皮膚癌の防止: 炎症抑制の、酸化防止および免疫調節の効果(検討)。 Int J Oncol。 1月2005日; 26(1): 169-76。

86. Lahiri-Chatterjee M、Katiyar SK、Mohan RR、Agarwal R。 フラボノイドの酸化防止剤、silymarinはSENCARのマウスの皮のtumorigenesisモデルの腫瘍の昇進に対して、特別に高い保護をできる。 蟹座Res。 2月1999日1日; 59(3): 622-32。

87. Katiyar SK、ローイAMのBaliga氏。 SilymarinはBcl-2/Bax、チトクロームc解放およびcaspaseの活発化を含むp53依存した細道によってapoptosisを主に引き起こす。 蟹座MolのTher。 2月2005日; 4(2): 207-16。

88. Singh RP、Dhanalakshmi S、Agarwal C、Agarwal R. Silibininは細胞周期の阻止によって強く人間のendothelial細胞の成長および存続およびsurvivin、AktおよびNFkappaBのdownregulationを禁じる: angiopreventionおよびantiangiogenic療法のための含意。 がん遺伝子。 2月2005日10日; 24(7): 1188-202。

89. Mallikarjuna G、Dhanalakshmi S、Singh RP、Agarwal C、Agarwal R. Silibininは細胞周期の調整装置、mitogen活動化させたプロテイン キナーゼおよびAktシグナリングの調節によってphotocarcinogenesisから保護する。 蟹座Res。 9月2004日1日; 64(17): 6349-56。

90. Singh RP、Agarwal R. Flavonoidの酸化防止silymarinおよび皮膚癌。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 8月2002日; 4(4): 655-63。

91. Singh RP、Agarwal R。 癌のchemopreventive代理店のミトゲンsilibinin、ターゲットおよび前立腺癌の存続シグナリング。 Mutat Res。 11月2004日2日; 555 (1-2): 21-32。

92. 儲SCのChiouのHL、陳PN、ヤンSF、Hsieh YS。 Silibininはurokinase plasminogen活性剤およびマトリックスのmetalloproteinase2の減らされた生産によって人間の肺癌の細胞の侵入を禁じる。 Carcinog Molの。 7月2004日; 40(3): 143-9。

93. 人間のぼうこうのCDKI-CDK-cyclinの調整による過渡的な細胞の癌腫の細胞のTyagi A、Agarwal C、ハリスンG、Glode LM、Agarwal R. Silibininの原因の細胞周期の阻止そしてapoptosisは、およびcaspase 3およびPARPの開裂滝のように落ちる。 発癌。 9月2004日; 25(9): 1711-20。

94. Ferenci P、Dragosics B、Dittrich Hの等ランダム化された肝硬変の患者のsilymarinの処置の管理された試験。 J Hepatol。 7月1989日; 9(1): 105-13。

95. Tasduq SA、Peerzada K、Koul S、Bhat R、Johri RK。 反結核の生化学的な明示はsilymarinの引き起こされたhepatotoxicityそして効果に薬剤を入れる。 Hepatol Res。 3月2005日; 31(3): 132-5。

96. LieberのCS、レオMA、Cao Q、Ren C、DeCarli LM。 Silymarinはヒヒのアルコール誘発の肝臓の線維症の進行を遅らせる。 J Clin Gastroenterol。 10月2003日; 37(4): 336-9。

97. 肝臓病の処置で使用される植物のLuper S.A検討: 部1.のAltern MedのRev. 12月1998日; 3(6): 410-21。

98. Singh V、Kapoor NKのDhawanのBN。 蛋白質および核酸の統合に対するpicrolivの効果。 インドJ Exp. Biol。 1月1992日; 30(1): 68-9。

99. Saraswat B、Visen PK、Patnaik GKのDhawanのBN。 アルコール中毒のPicrorhizaのkurroaからのpicrolivの前のヴィヴォそして生体内の調査はラットで模倣する。 J Ethnopharmacol。 9月1999日; 66(3): 263-9。

100. Rajeshkumar NV、発癌性の応答のKuttan R. ModulationおよびPicroliv著1,2-dimethylhydrazineと管理されるラットの酸化防止酵素。 蟹座Lett。 3月2003日10日; 191(2): 137-43。

101. Vaidya AB、Antarkar DSのDoshi JC、等Picrorhizaのkurroa (hepatoprotective代理店実験及び臨床調査としてKutaki) Royle前のBenth。 J Postgrad Med。 10月1996日; 42(4): 105-8。

102. Rastogi R、Saksena S、Garg NK、等Picrolivはラットのアルコール誘発の慢性のhepatotoxicityから保護する。 Planta Med。 6月1996日; 62(3): 283-5。

103. Visen PK、Saraswat BのDhawanのBN。 異なった肝臓毒素に対する第一次培養されたラットのhepatocytesに対するpicrolivの治療効果がある効果: 生体外の調査。 J Pharmacol Toxicol方法。 10月1998日; 40(3): 173-9。

104. Seth P、Sundar SV、Seth RK、等Picrolivは酸化防止状態を調整し、出血および蘇生の後でAP1トランスクリプション要因を調整する。 衝撃。 2月2003日; 19(2): 169-75。

105. Bradamante S、Barenghi Lの別荘のA. Cardiovascularのresveratrolの保護効果。 Cardiovascの薬剤のRev. 2004年; 22(3): 169-88。

106. de la Lastra CA、炎症抑制および反老化の代理店としてVillegas I. Resveratrol: メカニズムおよび臨床含意。 食糧MolのNutrのRes。 5月2005日; 49(5): 405-30。

107. Jang M、CAI L、Udeaniは、等resveratrol、ブドウから得られる天然産物の蟹座のchemopreventive活動行く。 科学。 1月1997日10日; 275(5297): 218-20。

108. Markham KRのMitchellのKA。 若いオオムギ(Hordeumのvulgare)の主要な酸化防止フラボノイドのmis同一証明は去る。 Z Naturforsch [C]。 1月2003日; 58 (1-2): 53-6。

109. Arimoto T、Ichinose T、吉川町T、自然な酸化防止剤2"のShibamoto T. Effect -スーパーオキシドおよび水酸ラジカルの生成のO-glycosylisovitexin。 食糧Chem Toxicol。 9月2000日; 38(9): 849-52。

110. Yu YM、ウーCH、Tseng YHのTsaiのセリウム、チャンWC。 アテローム性動脈硬化のウサギ モデルのオオムギ葉の本質のAntioxidativeおよびhypolipidemic効果。 Jpn J Pharmacol。 6月2002日; 89(2): 142-8。

111. Yu YM、チャンWC、チャンCTのHsiehのCL、Tsaiのセリウム。 タイプ2の糖尿病のLDLの酸化および遊離基の掃気活動に対する若いオオムギ葉のエキスおよびantioxidativeビタミンの効果。 糖尿病Metab。 4月2002日; 28(2): 107-14。