生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年3月
イメージ

結腸癌を征服するための栄養の作戦

デブラFulghumブルース、PhD著

公有地けれども予防可能な病気の結腸癌はすべての癌の死の約10%を占める両方の性の癌の死の第2一流の原因である。 結腸癌は三番目両方の人および女性のほとんどの共通癌で、またすべての癌の遺伝性である: 結腸癌を持つ大人の約10%に病気の家系歴がある。 結腸癌が40の年齢の下の人々でまれに診断されないが1、発生は40および50の年齢の間でかなり増加し、年齢特定の傷病率は生命の毎十年にその後上がる。2

今日の診断および治療上の用具が非常に進む間、豊富な研究はある特定の栄養素が人々が結腸癌を全体で避けるのを助けるかもしれないことを提案する。

結腸癌が通常年齢40の後で打つが、病気プロセスは無言でそして大いに先に生命に警告しないで始まる。 複数の環境および遺伝要因は結腸癌への感受性に影響を及ぼす。 アメリカの癌協会に従って、ほとんどの結腸癌はポリプ(アデノーマ)または直腸およびコロンの内部の成長として始まる。 これらのアデノーマを取除くことは早く防ぐかもしれない癌性になることを。 結腸癌のための他の主危険率は炎症性腸疾患(クローン病か潰瘍性大腸炎)または糖尿病を持っていること、または結腸癌を持つ家族の持を含んでいる。 練習の欠乏のような不健康な生活様式の要因は、および肥満また、赤の普通西部の食事療法の金持ちがおよび処理された肉、菓子および精製された炭水化物ように、結腸癌のための危険を上げる。3

結腸癌の初期は腸の習慣の腹部の苦痛のような徴候によって、変更、または疲労および弱さ示されるかもしれない。 胃腸徴候がない時の貧血症そして減量は結腸癌に信号を送ることができる。4 けれども結腸癌を持つ多くの人々病気の印か徴候をまったく持ってはいけない。

多くの深刻な病気と同じように、結腸癌は早く検出されたら治療可能であり、今日の高度のスクリーニングの検査および映像技術は医者が情報に通じた処置の決定をすることを可能にする。 多くの専門家は病気のための平均危険の人そして女性が50歳でスクリーン テストを始めれば結腸癌からの死が防ぐことができることを信じる。 家系歴か炎症性腸疾患によるより大きい危険の人々のために選別は先に始まるべきである。5 (年齢40で早段階の結腸癌の始めを検出するために生命延長基礎は適用範囲が広管のcolonoscopyのスクリーニングを推薦する。 「Colonoscopyのジレンマ」、生命 延長、2004年12月を見なさい。)

新しい発見、新しいターゲット

彼がsulindacを与えたときに、受継がれた無秩序の患者にアスピリンと、同じような薬剤は何百ものコロンのポリプをそれもたらすことに1970年代後半、ウィリアムR. Waddellが、ほとんどすべてのポリプ気づいた先生は消えた。6つは 後で約十年、複数の実験室からの科学者この糸口を更に取り、cyclooxygenase (コックス)の酵素、COX-1およびCOX-2の2つの形態を識別した。 彼らはCOX-2が多くの生理学機能の役割を担うプロスタグランジンと呼ばれる有効な、ホルモンそっくりの物質を発生させることが分った。 これらの物質の1つはコロンのポリプの開発に、プロスタグランジンE2 (PGE-2)、つながった。COX-2は 腫瘍の‚に表現されるとき7新しい血管が腫瘍を養うようにし高める腫瘍の細胞が防ぎ、そして育ち、広がる腫瘍の機能を死ぬことを(転移する)。8

colonoscopyを使用して結腸癌の処置かsigmoidoscopyポリプ(差込み)を取除くため。

Waddellおよび他の科学者の仕事のおかげで、私達は今アスピリンおよび他のnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAIDs)がコロンのポリプおよび大腸癌自体の有効なサプレッサーであることがわかる。9

Chemopreventionの工廠

医学の介在が結腸癌の処理で時々巧妙な間、健康を高めるためのより強力な作戦は癌の防止を全体で目標とすることである。 Chemopreventionの結腸癌の開発を防ぎ、阻止し、そして逆転させるための癌、ショーの約束の危険を減らす自然発生するサプリメントまたは総合的な代理店の使用。

コロン ポリプおよび癌を抑制するので、先に注意されるように、アスピリンおよび他のNSAIDsはchemopreventiveである。 食餌療法パターンはまた結腸癌の開発のための制御可能な危険率である。 Folate、カルシウム、ビタミンDおよびセレニウムは結腸癌に対して保護を提供する食餌療法の栄養素間にある。 緑茶のカテキンのようなそして新鮮な果物からのphenolics、フラボノイドおよびカロチノイドphytochemicalsを含むポリフェノールで豊富な食事療法はまた穀物からの繊維で、特に、穀物高いchemopreventive.10 Aの食事療法であるためにおよび野菜示され、フルーツは結腸癌の減らされた危険と、関連付けられるかもしれない。11 さらに、resveratrolおよびクルクミンのような専門にされた植物の混合物は結腸癌に対して保護で約束を示す。12,13

葉酸。 広範囲の調査は結腸癌の減らされた危険と食餌療法か補足のfolateおよび高い血のfolateのレベルの高い取入口をつないだ。 累積データはことを最も高い食餌療法のfolateの取入口が最も低いfolateの取入口とそれらと比較される結腸癌のより危険度が低いおよそ40%があるのをある人々提案する。14

Folate、か葉酸は、DNA統合および修理のために重要で、ボディがブロックとして新しい蛋白質の製造で使用するメチオニンにアミノ酸のホモシステインのリサイクルの重要な役割を担う。 さらに、S adenosyl L塩酸メタンフェタミンionine (同じ)葉酸によって、正常なDNAのメチル化および遺伝子発現のために重大である、の生産は完全に決まる。 何人かの科学者は今folateの不足がこれらの細道のことを妨害によって敵意の危険性を高めることができることを信じる。15

多くの調査は結腸癌を防ぐことの葉酸の補足の使用を支える。 例えば、ハーバードの医療専門家のフォローアップ、51,529人のオスの専門家の栄養物と深刻な病気間のリンクを評価する葉酸を取らなかった人と比較された10年間以上葉酸が付いているmultivitaminsを使用した人で進行中の調査からのデータは結腸癌のかなり減らされた危険を示した。16

同様にmultivitaminsを使用した葉酸を含んでいる女性は大腸癌の開発のかなりより低いチャンスがあったことを、ハーバード看護婦の健康の調査で、1976年から1994年まで85,000人以上の看護婦に続いた観測の調査、科学者は確立した。 研究者は葉酸の補足を使用したアルコールが葉酸の吸収を妨げ、循環のfolateを不活性にするので葉酸の補足によってが結腸癌の危険性を高めるアルコールの適当な量を、飲む人のために特に重要である75%。17上のの葉酸の酸の危険の減少 と補わなかった人の10,000ごとの結腸癌の68の場合と対照をなして55から69年老化した10,000人の女性あたりの結腸癌の15の新たな問題だけ報告した。18

カルシウム。 豊富証拠は結腸癌の防止に於いてのカルシウムの役割を支える。 ハロルドNewmarkの癌防止のRutgersの大学基盤の権限先生は、すべての穀物プロダクトにカルシウムおよびビタミンDの付加を要求するためにFDAを頼んだ。 臨床栄養物のアメリカ ジャーナル の最近の記事では、Newmarkは書きこれら二つの栄養素の付加が20%結腸癌の死を減らすことができ、ことを約11,000アメリカ人の生活を救う米国のヘルスケアの$1十億に毎年要する。穀物 プロダクトへのビタミンDそしてカルシウムの付加が20%。19多分osteoporoticひびの発生を減らすことに19 Newmarkはまた注意した

胃腸病学のアメリカの大学はコロンのアデノーマの第一次か二次防止のためのカルシウム補足を推薦した。 公衆衛生の研究者の20ハーバードの学校はより高い総カルシウム取入口が遠位コロンの癌の27-42%減らされた率と関連付けられることに注意した。700 以上mgの量の21カルシウムは毎日ハーバード科学者に従ってそれ以上の危険の減少の最低の利点を、提供したようである。21 カルシウム補足は16,000報告するアメリカの癌協会を結腸癌の死の数を毎年減らすことができる。

証拠はまたカルシウムがほとんどの保護侵略的な大腸癌と最も強く準である高度のポリプに対して相談することを提案する。 カルシウム ポリプの防止の調査では、研究者は最近大腸のアデノーマを取除いてもらってしまった930人の患者からのデータを分析した(61の平均年齢と)。 主題は1200 mg毎日カルシウム補足をか偽薬に取ったり、そして補足を始めた後1のそして4年にフォローアップのcolonoscopiesがあった。22 カルシウム補足はhyperplasticポリプおよび管状のアデノーマのより危険度が低い11%のより危険度が低い18%をもたらした。 しかし最も重要組織学的に高度の新生物の35%の減少、大腸の損害の高度の形態はだった。22は カルシウム補足の保護効果繊維の高い食餌療法取入口を持つ人々間で最も顕著であり、コロンの細胞を保護するとfat.24カルシウムの低い取入口は大腸の上皮に可能性としては有毒である脂肪酸をおよび胆汁酸の沈殿によって考えられる。23

ビタミンD。 単独でカルシウムは結腸癌に対してchemopreventiveであることほとんどの専門家が認める間、細胞培養システムの生化学的な、生物的証拠はカルシウムおよびビタミンDへの露出が一緒に結腸癌の細胞の腫瘍形成特性を減らす相談するかもしれないさらに保護ことを提案する。23

遅い2003年に、 国立癌研究所のジャーナルは 結腸癌を防ぐことに於いてのビタミンDの役割の起工の研究を出版した。 この調査では、研究者は大腸癌の危険を減らすためにカルシウムおよびビタミンDが協力することを結論を出した。 4年の調査は外科的に取除かれたコロンのアデノーマのポリプの歴史と803人の患者に続いた。 元素カルシウムの1200のmgを取った主題は毎日偽薬のグループの38%発生と比較されたポリプの31%発生を経験した。24

最も啓蒙的に、ビタミンDのハイ レベルを持つ関係者間のだけポリプを防ぐために助けられるカルシウム補足はボディで水平になる。 さらに、ビタミンDのレベルはカルシウム補足を取ったそれらの主題間のだけ減らされたポリプの再発につながった。 これらの調査結果は強く組合せで使用されなかったときビタミンDおよびカルシウムが腸で互いに作用し合う抗癌性の効果をもたらし、ずっとより少なく有効かもしれないことを提案する。24

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2