生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年3月
イメージ

偽および紛らわしい

ビタミンEの媒体の根拠がない攻撃

2004年11月10日の著名なジョーンズ・ホプキンス大学の医科大学院の研究者に世界を驚かした調査を解放した。 このレポートに従って、ビタミンEはだけでなく、非効果的ですが、またそれを使用する人の生命を短くする。1

ビタミンEが普及したサプリメントであるので、媒体は日のトップ ニュースの物語の1つにこの否定報告を回した。

生命延長はビタミンEの価値を疑ったようであるこのレポートに反駁を追求する多数の呼出しを受け取った。 しかし知らされていなく反動的な応答を出すかわりに生命延長研究者は細かいところまでレポートのあらゆる細部を検査した。

私達が見つけたものはビタミンEのこの攻撃が根拠がないことを明らかにする。 媒体がこのシャラードのために下った主な理由は、確立の薬の要塞この否定報告の著者がJohns Hopkinsで働くことである。

生命延長基礎研究者はレポートの多数の欠陥を識別する唯一の物ではなかった。 他の栄養の科学者はこのビタミンEの調査の要求そして結論が根拠がなかったことを示す彼らの批評との私達を氾濫させた。

私達が偏りのないなぜか

ビタミンEの否定的な攻撃のための基礎は人口グループに対するアルファ トコフェロールのさまざまな線量の効果を評価する19の最終的な調査の分析だった。 調査の主題の多数は既に深刻な病気を開発してしまった。

過去7年間、生命延長の私達はアルファ トコフェロールがボディの極めて重要なガンマのトコフェロールを転置するのでアルファ トコフェロール(ビタミンEだけ)取る人が健康上の問題に出会うかもしれないことを提案した。2

実際、1998年1月1日以来、私達はガンマのトコフェロールの利点を促進し、強く私達のメンバーをビタミンEのこの形態を消費するようにせき立てた。3 バイアスの観点から、それは言う私達の興味にあろう「見るためにアルファのこの否定報告をトコフェロール私達はガンマのトコフェロールをずっと前に取るように言った」。

大量のデータがガンマのトコフェロールの重要性を立証する間、Johns Hopkinsから出るまだアルファ トコフェロールの否定報告に基礎が実際ない。

ガンマのトコフェロールはビタミンEの必要な形態であるかもしれないことJohns Hopkinsの科学者が同意するがどうにかこれはこの同じ施設で働いている研究者が解放する物凄く傷が付いたアルファ トコフェロールのレポートに信任を貸さない。

目にあまる省略

Johns HopkinsのビタミンEのレポートは結論に基礎が実際ないことそう多くの技術的な欠陥を含んでいる。1

これらの欠陥の1つは分子薬か統計分析の理解無しの誰かが容易にそれを確認できるほど明白である。 たくさんの薬の国立図書館でアーカイブされたビタミンEの人間の調査の否定報告の著者はちょうど36の調査を選んだ。

彼らがこの36の調査の17のビタミンEに十分な死を帰因させることができなかったときに更に19だけに彼らの分析に含まれているべき調査の数を減らした。 省略された調査は、研究者によってができなかろうJohns Hopkins含まれていてであるとしてビタミンEを「生命短縮攻撃」。

攻撃のビタミンEのための基礎は残りの19の指定調査の分析だった。 これらの精選された調査に基づいて、Johns Hopkinsの研究者は補足のビタミンEが延長寿命で有効でし、わずかに重病の人々のそれを短くするかもしれないことを宣言した。 omitted補足のビタミンEを取るそれらで病気の危険の減少を示すすべての肯定的な調査だった。4-23

ビタミンEの省略された陽性の調査についての質問を上げるかわりに、媒体は専門家が言うことの宣言によってビタミンEの補足が避けるべきであるとこの真剣に傷が付いたレポートをhyped。

どんな専門家か。

Johns Hopkinsのレポートは人間およびビタミンEの新しい調査ではなかった。 その代り、それは主にアルファ トコフェロールの線量を変える効果を評価する指定過去の調査の検討だった。 調査の主題の大半は既に療養所に制限されていくつかが慢性疾患を、開発してしまった。

レポートは内科の史料のオンライン版、尊重された医学ジャーナルで出版された。 しかし後で月よりより少しは世界で最もよい科学者の何人か調査の設計、方法、選択バイアス、調査結果および結論に挑戦する批評および反駁の火事場風を自由にした。 Johns Hopkinsのレポートを暴く反駁が内科のウェブサイトの史料で掲示されたが、1 マスコミによって完全に無視された。 多分媒体は世界にちょうど数週間のセンセーショナルに取り上げられたレポートが前に根拠がなかったことを調べてほしくなかった。 内科のウェブサイトの史料で見つけられる一番最初の反駁からの抄録はここにある:

「ミラー等によるメタ分析に世界中で新聞で扇情的な見出しのために公共の景色のなった部分が、ある: 「恐しくビタミンEの大量服用」、「ビタミンE致命的な欠陥」、の「ビタミンEの過量の致命的な結果」。 一面の出版物はそれを私達の時代の最も重要な健康の警告の1回のようにようである作るが多くの流行病学者が多くの信任をに与えないことこのメタ分析は何も統計的な調査から醸造されるティーポットの暴風雨より多くではない。

警急の見出しを過ぎて読むことない医者(か彼らの患者のために)ここに物語である: 著者は最後の12年にわたるビタミンEの19の前に出版された調査の調査結果を結合した。 事実上すべてはあらゆる統計的に重要死の害多くのより少ない増加を示さなかった。 但し、19の古い調査の結合によって、著者は信じる死亡率のすべての原因からの死の統計的に顕著な増加を見つけたことを。

私はほとんどコメントを死亡率間全原因の増加を示さない何百もの優秀な調査で提供していない間400のIUの上の線量で全原因の死亡率の明白な0.4%の増加をビタミンE引用するときバイアス著者が明確であることを信じまたビタミンEの補足の利点を示す。 確かに医者がビタミンEの危険を査定するので、文書化された利点は同等化に考慮されなければならない。 けれども著者は自身のメタ分析にその非常に同じ調査で含んでいた報告されたビタミンEの利点を認め完全に損う: 癌のアルツハイマー病の危険の減少、中心および血管の病気、年齢関連の黄斑の退化および複数の形態。

このメタ分析はいかに厳密に知らせられるか。 私は圧倒的な事実が死亡率の増加がビタミンEまたは多くの400のIUを取るそれらのための10,000からちょうど39だったことであることを信じる。 それは!」洪水、飢饉、地震、殺人、自殺および事故を含むかもしれない全原因の死亡率の増加1%の2分の1よりより少しである、1

上記の最後の文の重大さに注意しなさい: Johns Hopkinsの調査が考慮された「全原因死亡率を書くので、ビタミンEのユーザーが殺害されるか、または事故で死んだら」の、これは生命が短くされた人として彼がビタミンEを取ったので数えよう。 私達が言うときJohns Hopkinsのこの調査は根拠がない、私達過大視していない!

Hopkinsの何人かの研究者はビタミンEに裏書きする

Johns Hopkinsは科学者に補足の価値についてのさまざまな意見がある巨大な施設である。 例えばJohns HopkinsはこれがビタミンEの望ましい形態であるかもしれないことガンマのトコフェロールの利点の発見の早い開拓者で、研究の提示を出版し続ける。

2004年1月23日「Johns Hopkins年齢関連の黄斑の退化のためのビタミンEに」。が裏書きすることをの媒体に報告した このレポートはビタミンC、ベータ カロチンおよび他の栄養素と共にビタミンEの400 mgの毎日の線量が盲目になる眼疾患の進行の可能性を減らした調査の提示に基づいていた。 この調査が解放されたまで、年齢関連の黄斑の退化(AMD)の進行を遅らせる証明された処置がなかった。24,25

眼科学のアーカイブで、完了されたJohns Hopkinsの研究者は出版されたレポートでは中間AMDのあらゆるアメリカ人がこれらのビタミンおよび鉱物を取ったら「、300,000人以上次の5年にわたるAMD準の視野の損失を避けてもよい」。25

60の年齢にわたる1.6百万人の以上アメリカ人に米国の視覚減損そして盲目のコモン・コーズである年齢関連の黄斑の退化がある。

明らかに、ビタミンEの補足にJohns Hopkinsのすべての科学者が反対されない。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2