生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年6月
イメージ

CLA

活用されたリノール酸の減量そして他の利点Dale Kiefer著

抗癌性の効果の強力な証拠

過去の18年にわたって、多数の医学および栄養の科学者はウィスコンシンのチームの草分け的な功績で認可し、拡大する研究を出版した。 彼らの努力のおかげで、私達は今実験動物の食事療法に加えられたとき、CLAの異性体が実験的に引き起こされた乳癌、コロンの腫瘍および皮膚癌から動物を保護することがわかる。 これらの効果はCLAが腫瘍の開始の最中または後で与えられたかどうかにもかかわらず行われた。3,5,24,25

数々の証拠はCLAの反腫瘍の活動がc9t11異性体から主に来ることを提案する。 胸、前立腺、皮および結腸癌のモデルの転移の発生、進行、腫瘍の重荷および数を減らすCLAの能力のための証拠は宣言している国家科学院が1996年に声明を出版したこと育った90年代半ばまでにとても説得力をこめて「[CLA]である実験動物の発癌を禁じるために明白に示されている唯一の脂肪酸は」。26

CLAの研究で使用されるタイプのductal上皮内癌と呼ばれる人間の乳癌のモデルとして動物モデルの1つは定期的に役立つ。5,24は 齧歯動物の新しい腫瘍の形成がCLAが禁じることが分ることまた女性の乳癌の転移を減らすかもしれないことを提案する。 この予想を確認することは二次腫瘍(転移)の成長が癌患者間の一流の死因であるので、腫瘍学の研究者のための重要で新しい目的である。5

CLAはまた実験室齧歯動物の移植された胸および前立腺癌の細胞ラインの成長を禁じる。1つの 調査チームが書くように促されたほどこの効果が劇的な「マウスだった27,28は与えた常連によって食事療法与えられたグループよりCLA補われた食事療法表示されただけでなく、小さいローカル腫瘍に、肺転移のまた徹底的な減少によって」。28 かなりの証拠はCLAが癌の成長の後開始および昇進段階を禁じることをCLAが癌の開始の段階を禁じる、研究はまた示すことを示し。5つは 少なくとも1つの調査癌性乳房の細胞がマウスに播かれる後でさえもCLAがマウスの二次腫瘍の形成を禁じることが分った。29

実際、最近の証拠は癌が進行のあらゆるステップでCLAによってが戦うことを、提案する最初の開発にはじまって。 新しい細胞の作成を調整する細胞周期蛋白質の妨害によって逃亡の細胞増殖を停止するために異常で(しかし温和な)ティッシュがずっとから温和な癌に変形する前に、CLAは示されていた。5,30,31

1つの実験では、研究者は積極的な人間胸の腺癌の細胞とのそれらを再接種する前に2週間CLAに与えられたマウスに与えた。 調査で使用されたマウスが免疫の挑戦に抵抗する彼らの無力のために繁殖したがCLA扱われたマウスは9週までに食餌療法CLAと前処理をされなかった制御マウスがより73%を少数のローカル腫瘍後接種開発した。 なお、CLAは肺、周辺血および骨髄に劇的に乳癌の細胞の広がりを禁じた。 完了される研究者は「これらの結果示す食餌療法CLAの機能をホストの免疫組織のメカニズムの独立者によって人間の乳癌のローカル成長そして全身の広がりを両方妨げる」。27

他の研究は癌に対して相談する乳腺が成熟している間保護が人間の乳癌の齧歯動物モデルで、CLAへの食餌療法の露出ことを示した。 乳腺が成熟した後CLAが食事療法から撤回された時でさえ、ラットは乳房の腫瘍に対して重要な保護を楽しみ続けたCLAと前に養った。 CLAがこの場合保護するメカニズムは反開始の活動から明瞭ようである。24,32

もっと最近、西部のニューヨークの科学者は確認された乳癌を持つ1,100人以上の女性からの、また約2,000人の癌なしの制御患者からのデータを集めた。 CLAの食餌療法取入口を自己報告された主題の査定によって研究者はCLAの取入口と健康状態間の統計的な関係を捜せた。 明確な相関関係がCLAの食餌療法取入口と全面的な乳癌の危険の間になかったようであるが「[受容器否定的なエストロゲン]腫瘍」を持っている危険の限界近く重要な減少CLAの最も高い取入口を持つ女性間で報告された。 CLAに関して、注意される研究者は「そこにかもしれないpremenopausal女性間の腫瘍の生物学の連合少なくともいる」。33

最近のレポートはCLAがまた癌の胸そして他のタイプからangiogenesis、成長のために必要とされる栄養素を得るために腫瘍が新しい血液の供給ネットワークを作成するプロセスのことを禁止によって保護するかもしれないことを示す。 angiogenesisを停止させるか、または逆転させることはいろいろな訓練から研究者によって強い関心を近年引いてしまった抗癌性の作戦である。34,35

CLAはまた癌細胞のapoptosis (プログラムされた細胞死、か細胞自殺を)促進する。36-38 癌細胞は険悪な性質の多くを説明する避けるapoptosisで熟達している。 Apoptosisはボディが無駄を最小にし、周囲のティッシュへの損傷を改善する方法で損なわれるか、または有害性がある細胞を取除くことを可能にする。 CLAは明らかにapoptosisにかかわる免疫組織の部品の作用に影響を与える。38

最近、アルゼンチンの調査チームは食事療法のレポートおよび地元住民の中の結腸癌の発生を出版した。 Argentineansは飽和脂肪およびコレステロールで豊富である大量のビーフを消費する、比較的に少な魚か食餌療法繊維を食べている間。 繊維は一般にシーフードに主にあるオメガ3の中心健康な脂肪酸はまた癌を防ぐのを助けるかもしれないが結腸癌に対して保護ように確認される。 Argentineansの表面上は不健康な食習慣にもかかわらず、彼らは一般に当然予期された通りとして結腸癌に屈しない。39

疫学的なデータの分析は住民の中の結腸癌の発生の重要な減少と細い肉(より少なく15%の脂肪分)のその高い消費を実際に関連付けられる明らかにした。 対照によって、脂肪質肉の高い消費は、コールド カットおよびソーセージのような結腸癌を開発する高められた危険と、関連付けられた。 細いビーフがCLAの根本資料であるので、研究者はCLAの保護効果が細いビーフの飽和脂肪そしてコレステロールと関連付けられる推定されたマイナスの効果を上回ることを推論した。39

計画的にCLAを得るためにより多くのビーフを消費することは健康を保護する実用的な方法ではない。 ほとんどのビーフは従って商業的に与えられ、比較的に少なCLAがある牛から来る。 多数の科学的な調査はビーフを過剰消費する人によくある病気の高いリスクがあることを示す。46-49 CLAを得るように努めるそれらは標準化されたCLAの集中を提供する補足を考慮するべきである。

参照

1. Ha YL、Grimm NK、Pariza MW。 揚げられていた牛挽き肉からのAnticarcinogens: リノール酸の熱変えられた派生物。 発癌。 12月1987日; 8(12): 1881-7。

2. Pariza MWの公園Yは、私を調理する。 癌および肥満の活用されたリノール酸そして制御。 Toxicol Sci。 12月1999日; 52 (2つのSuppl): 107-10。

3. Liew C、Schut HA、Chin SF、Pariza MW、Dashwood RH。 F344ラットの2アミノ3のmethylimidazo [4,5-f]キノリン誘発のコロンの発癌に対する活用されたリノール酸の保護: 抑制的なメカニズムの調査。 発癌。 12月1995日; 16(12): 3037-43。

4. Belury MA。 健康の食餌療法の活用されたリノール酸: 行為の生理学的な効果そしてメカニズム。 Nutr AnnuのRev。 2002;22:505-31.

5. Belury MA。 活用されたリノール酸による発癌の阻止: 行為の潜在的なメカニズム。 J Nutr。 10月2002日; 132(10): 2995-8。

6. Belury MA、Vanden Heuvel JP。 癌に対する保護およびCLAによる心臓病: 行為の潜在的なメカニズム。 Nutrの病気の更新。 1997;1:58-63.

7. Scimeca JA。 動物の蟹座の阻止。 : Yurawecz MP、Mossobo MM、Kramer JKG、Pariza MW、ネルソンGJのED。 活用されたリノール酸の研究、Vol. 1.の平原、ILの前進: AOCSの出版物; 1999:420-43.

8. Pariza MWの公園Yは、私を調理する。 活用されたリノール酸の行為のメカニズム: 証拠および推測。 Proc Soc Exp. Biol Med。 1月2000日; 223(1): 8-13。

9. リーKN、Kritchevsky D、Pariza MW。 ウサギの活用されたリノール酸そしてアテローム性動脈硬化。 アテローム性動脈硬化。 7月1994日; 108(1): 19-25。

10. Belury MA、Mahon A、Banni S。 活用されたリノール酸(CLA)の異性体、t10c12 CLAは体重の変更およびタイプ2の糖尿病の主題の血清のレプチンと、逆に関連付けられる。 J Nutr。 1月2003日; 133(1): 257S-60S.

11. Flegal KM、Carroll MDのOgdenのCL、ジョンソンのCL。 米国の大人間の肥満、1999-2000年の流行そして傾向。 JAMA. 10月2002日9日; 288(14): 1723-7。

12. 超過重量のHedley AA、OgdenのCL、ジョンソンのCL、等流行および米国の子供、青年および大人1999-2002年間の肥満。 JAMA. 6月2004日16日; 291(23): 2847-50。

13. 超過重量に帰することができるFinkelstein EA、Fiebelkorn IC、Wang G. Nationalの医学出費および肥満: どの位およびだれが支払っているか。 健康Aff (Millwood。)。 1月2003日; Suppl網ExclusivesW3-26。

14. 人間のRiserus U、Smedman A、Basu S、Vessby B. CLAそして体重の規則。 脂質。 2月2003日; 38(2): 133-7。

15. McCarty MF。 タイプ2の糖尿病のための完全に栄養療法の方。 Medの仮説。 3月2000日; 54(3): 483-7。

16. Eyjolfson V、Spriet LL、Dyck DJ。 活用されたリノール酸は若い、坐った人間のインシュリンの感受性を改善する。 Med SciのスポーツExerc。 5月2004日; 36(5): 814-20。

17. Zambell KL、Keim NL、ヴァンLoan MDの等人間の活用されたリノール酸の補足: ボディ構成およびエネルギー支出に対する効果。 脂質。 7月2000日; 35(7): 777-82。

18. Thom E、Wadstein JのGudmundsen O. Conjugatedのリノール酸は健康な運動の人間の体脂肪を減らす。 J Int Med Res。 9月2001日; 29(5): 392-6。

19. Blankson H、Stakkestad JA、Fagertun Hは、等活用されたリノール酸太りすぎおよび肥満の人間の体脂肪の固まりを減らす。 J Nutr。 12月2000日; 130(12): 2943-8。

20. Smedman Aの人間新陳代謝の効果のVessby B. Conjugatedのリノール酸の補足。 脂質。 8月2001日; 36(8): 773-81。

21. Whigham LD、O'Shea M、Mohede IC、Walaski HP、Atkinson RL。 肥満の人間の12ヶ月の試験の活用されたリノール酸の安全プロフィール。 食糧Chem Toxicol。 10月2004日; 42(10): 1701-9。

22. Rohrmann S、Linseisen J、ベッカーN、等肉の調理および(叙事詩)蟹座および栄養物へのヨーロッパの将来の調査からのヨーロッパ結果の魚。 Eur J Clin Nutr。 12月2002日; 56(12): 1216-30。

23. Felton JS、Knize MGのサケCP、Malfatti MA、Kulp KS。 複素環式のアミン食糧突然変異原/発癌物質への人間の露出: 乳癌への関連性。 突然変異原Molの囲みなさい。 2002;39(2-3):112-8.

24. Ip C、Chin SF、Scimeca JA、Pariza MW。 リノール酸の活用されたdienoic派生物による乳房癌防止。 蟹座Res。 11月1991日15日; 51(22): 6118-24。

25. Belury MAのニッケルKPの鳥のセリウム、ウーY. Dietaryはphorbolのエステルの皮腫瘍の昇進のリノール酸調節を活用した。 Nutrの蟹座。 1996;26(2):149-57.

26. で利用できる: http://www.asas.org/JAS/symposia/proceedings/0938.pdf。 2005年2月16日アクセスされる。

27. Visonneau S、Cesano AのTepper SA、等活用されたリノール酸SCIDのマウスの人間胸の腺癌の細胞の成長を抑制する。 抗癌性Res。 3月1997日; 17 (2A): 969-73。

28. Cesano A、Visonneau S、Scimeca JA、Kritchevsky DのSCIDのマウスの人間のprostatic癌に対するリノール酸および活用されたリノール酸のSantoli D. Oppositeの効果。 抗癌性Res。 5月1998日; 18 (3A): 1429-34。

29. Hubbard NE、Lim D、夏L、Erickson KL。 活用されたリノール酸によるネズミ科の乳房の腫瘍の転移の減少。 蟹座Lett。 3月2000日13日; 150(1): 93-100。

30. Ip C、東Y、トムソンHJ、Bauman DE、Ip MM。 ラットの活用されたリノール酸による乳房の上皮拡散の制御。 Nutrの蟹座。 2001;39(2):233-8.

31. Futakuchi M、チェンJL、活用された脂肪酸のHirose Mの等阻止は2アミノ1メチル6 phenylimidazoの[4,5-b]ピリジンによって引き起こされたラットの乳房の腫瘍の誘導そして開発のベニバナまたはエゴマ オイルから得た(PhIP)。 蟹座Lett。 4月2002日25日; 178(2): 131-9。

32. Ip C、Scimeca JA、乳房癌防止に対する食餌療法の活用されたリノール酸のタイミングそして持続期間のトムソンH. Effect。 Nutrの蟹座。 1995;24(3):241-7.

33. premenopausalおよびpostmenopausal乳癌の活用されたリノール酸そして危険のMcCann SE、Ip C、Ip MM、等食餌療法取入口、ニューヨークの西部の露出および乳癌の調査(網の調査)。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 9月2004日; 13(9): 1480-4。

34. オーギュスタンHG。 医院へのangiogenesisの研究の翻訳: 前方の挑戦。 Br J Radiol。 2003年; 76 Spec 1S3-10無し。

35. MassoウェールズPA、Zangani D、癌のchemopreventive代理店によるangiogenesisのIp Cの等阻止はリノール酸を活用した。 蟹座Res。 8月2002日1日; 62(15): 4383-9。

36. 歌HJ、Sneddon AA、Barker PAは、等活用されたリノール酸拡散を禁じ、人間の前立腺癌の細胞のプロテイン キナーゼCのisoformsを調整する。 Nutrの蟹座。 2004;49(1):100-8.

37. 劉J、陳B、ヤンY、cis9によって引き起こされる人間の乳房癌(MCF-7)の細胞t11活用されたリノール酸のapoptosisのWang X. Effect。 魏Sheng沿Jiu。 1月2004日; 33(1): 58-62。

38. Maggiora MのボローニャM、Ceru MP、等。 複数の成長に対するリノールおよび活用リノール酸の効果の概観は人間の腫瘍の細胞並ぶ。 Int Jの蟹座。 12月2004日20日; 112(6): 909-19。

39. Eynard ARのローペッツのCB。 飽和脂肪/コレステロール対活用されたリノール酸(CLA): 脂肪質および細い肉の割合は結腸癌を開発する危険に影響を与えるかもしれない。 脂質の健康Dis。 8月2003日29日; 2(1): 6。

40. Yamashita K、Iizuka Y、IMAI T、Namiki M.のゴマおよびlignansはラットのビタミンEの活動のマーク付きの強化を与えた低いアルファ トコフェロールの食事療法に作り出す。 脂質。 12月1995日; 30(11): 1019-28。

41. Sankar D、Sambandam GのPugalendi KV、Raoの氏。 高血圧の患者の酸化圧力そして電解物の調整のnifedipineのゴマ油の影響。 アジアPac J Clin Nutr。 2004年; 13 (Suppl); S107.

42. Kang MH、Kawai Y、Naito M、Osawa T. Dietaryはhypercholesterolemicウサギの酸化圧力へのゴマの小麦粉の減少感受性を脱脂した。 J Nutr。 11月1999日; 129(10): 1885-90。

43. Ashakumary L、Rouyer I、Takahashi Y、等Sesaminのlignanゴマはラットの肝臓の脂肪酸の酸化の有効な誘因物である。 新陳代謝。 10月1999日; 48(10): 1303-13。

44. Sugano M、Akahoshi A、Koba Kの等ラットの活用されたリノール酸のボディ脂肪質減少の潜在性の食餌療法の処理。 Biosci Biotechnol Biochem。 11月2001日; 65(11): 2535-41。

45. Sakono M、Yuji K、Miyanaga F、等ラットのレバーの食餌療法の活用されたリノール酸およびsesaminのtriacylglycerolおよびケトン体の生産の複合効果。 J Nutr Sci Vitaminol。 10月2002日; 48(5): 405-9。

46. 大腸癌のChao A、Thun MJ、Connell CJ、等肉消費そして危険。 JAMA. 1月2005日12日; 293(2): 172-82。

47. 近位コロン、遠位コロンおよび直腸の癌のラーションSC、たる木J、Holmberg L、Bergkvist L、Wolk A.の赤身の消費そして危険: スウェーデンの乳房撮影のグループ。 Int Jの蟹座。 2月2005日20日; 113(5): 829-34。

48. Hu FB、Rimm EB、Stampfer MJ、Ascherio A、Spiegelman D、Willett WC。 人の冠状心臓病の主要な食餌療法パターンそして危険の前向き研究。 AM J Clin Nutr。 10月2000日; 72(4): 912-21。

49. Pattison DJ、Symmons DP、Lunt Mの等炎症性多発関節炎の開発のための食餌療法の危険率: 赤身の消費の高レベルの役割のための証拠。 関節炎のRheum。 12月2004日; 50(12): 3804-12。

  • ページ
  • 1
  • 2