生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年7月
イメージ

内陸の食事療法の病気予防力

Dale Kiefer著

概要

内陸の食事療法は健康を長寿促進の効果十分立証し。

科学的な調査で記述されている印象的な利点を説明するかもしれないこの食事療法の重大な部品はphytonutrients、オメガ3の重大な脂肪酸DHAおよびEPA、およびオリーブ色のフルーツから得られるポリフェノールを健康高めることからの有効な酸化防止剤を含んでいる。

酸化防止が豊富なphytonutrientsおよびオメガ3の脂肪酸DHAおよびEPAと関連付けられる驚くべき医療補助が確立している間、オリーブ色のポリフェノールの利点を支える出現の研究は均等に印象的である。 特に殴打はちょうど記述されているEPA/DHAおよびhydroxytyrosolが豊富なオリーブ色のポリフェノールの組合せが慢性関節リウマチの患者の互いに作用し合うbenefitsinの制御の発火を作り出した調査である。

Hydroxytyrosolの有効な酸化防止剤は、オリーブ色のエキスで現在の主要なポリフェノールである。 これおよび他のオリーブ色のポリフェノールは水溶性のオリーブ色のフルーツのエキスに、ないオイル自体に最も集中される。 オリーブ色のフルーツの集中された、標準化されたエキスは健康に敏感な人々が多量の食餌療法の脂肪およびカロリーを非推奨に含んでいる余分新しいオリーブ油のサービングを摂取しないでこれらの強力な栄養素の高い濃度を消費することを可能にする。

大規模な調査は内陸の食事療法の驚くべき反老化そして医療補助の多数のための本当らしい記述重大な栄養素として強くphytonutrients、オメガ3のpolyunsaturated脂肪酸およびオリーブ色のポリフェノールを支える。

参照

1. Eposito K、Marfella R、Ciotola M、等endothelial機能障害に対する内陸式の食事療法の効果および新陳代謝シンドロームの管の発火のマーカー: ランダム化された試験。 JAMA. 9月2004日22日; 292(12): 1440-6。

2. デンマークの人および女性のOsler M、Heitmann BL、Gerdes LU、Jorgensen LM、Schroll M. Dietaryパターンそして死亡率: 将来の観測の調査。 Br J Nutr。 2月2001日; 85(2): 219-25。

3. Osler M、Schroll M. Dietおよび北の欧州共同体の高齢者のグループの死亡率。 Int J Epidemiol。 2月1997日; 26(1): 155-9。

4. Trichopoulou A、Costacou T、Bamia C、ギリシャの人口の内陸の食事療法そして存続へのTrichopoulos D. Adherence。 NイギリスJ Med。 6月2003日26日; 348(26): 2599-608。

5. Trichopoulou A、Vasilopoulou E. Mediterraneanの食事療法および長寿。 Br J Nutr。 12月2000日; 84のSuppl 2: S205-9.

6. Trichopoulou A、Kouris-Blazos A、Wahlqvist ML、等高齢者の食事療法および全面的な存続。 BMJ. 12月1995日2日; 311(7018): 1457-60。

7. Knoops KT、de Groot LC、Kromhout D、等年配のヨーロッパの人および女性の内陸の食事療法、生活様式の要因および10年の死亡率: 丈夫なプロジェクト。 JAMA. 9月2004日22日; 292(12): 1433-9。

8. Lasheras C、フェルナンデスS、パターソンAM。 制度化された、禁煙高齢者の全面的な存続に関する内陸の食事療法そして年齢。 AM J Clin Nutr。 4月2000日; 71(4): 987-92。

9. Trichopoulou A、Orfanos P、Norat T、等変更された内陸の食事療法および存続: 叙事詩年配の将来のグループ調査。 BMJ. 4月2005日30日; 330(7498): 991。

10. ギリシャの冠状心臓病の患者間のTrichopoulou A、Bania C、Trichopoulos D. Mediterraneanの食事療法そして存続。 アーチのインターンMed。 4月2005日25日; 165(8): 929-35。

11. Trichopoulou A、Lagiou P、Kuper H、Trichopoulos D. Cancerおよび内陸の食餌療法の伝統。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 9月2000日; 9(9): 869-73。

12. 健康および病気のpolyunsaturated脂肪酸の状態そして新陳代謝のZamaria N. Alteration。 Reprod Nutr Dev。 2004日5月6月; 44(3): 273-82。

13. Kris-Etherton PM、テイラーDS、YuPoth Sの等米国の食物連鎖のPolyunsaturated脂肪酸。 AM J Clin Nutr。 1月2000日; 71 (1つのSuppl): 179S-88S.

14. Mori TA、Beilin LJ。 オメガ3の脂肪酸および発火。 Curr Atheroscler Rep。 11月2004日; 6(6): 461-7。

15. Hardman私達。 n-3脂肪酸および癌療法。 J Nutr。 12月2004日; 134 (12のSuppl): 3427S-430S.

16. Berbert AAのKondoのCR、AlmendraのCL、Matsuo T、慢性関節リウマチの患者の魚油そしてオリーブ油のDichi I. Supplementation。 栄養物。 2月2005日; 21(2): 131-6。

17. Guesnet P、Alessandri JM、Vancassel S、脂肪酸、老化および退化の病理学の第2シンポジウム「変則のZamaria N. Analysis」。 Reprod Nutr Dev。 2004日5月6月; 44(3): 263-71。

18. JA、Tierney MC、Zecevic J、Bettger WJ、フィッシャーRHを征服しなさい。 患者のアルツハイマー病、他のタイプの痴呆の血しょうの脂肪酸の分析、および認識減損。 脂質。 12月2000日; 35(12): 1305-12。

19. HorrocksのLA、Yeo YK。 docosahexaenoic酸の(DHA) Pharmacol Resの医療補助。 9月1999日; 40(3): 211-25。

20. Hjerkinn EM、Seljeflot I、Ellingsen I、等食餌療法の勧める、長い鎖n-3脂肪酸補足の長期介在の影響、または長年のhyperlipidemiaの人のendothelial活発化の循環のマーカーの両方。 AM J Clin Nutr。 3月2005日; 81(3): 583-9。

21. Nettleton JAのタイプ2の糖尿病のKatz R. n-3の長い鎖のpolyunsaturated脂肪酸: 検討。 J AMの食事療法Assoc。 3月2005日; 105(3): 428-40。

22. Jayasooriya AP、Weisinger RS、食餌療法のオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸(PUFA)の供給のWeisinger HSの等頭脳の遺伝子発現の影響。 アジアPac J Clin Nutr。 2004年; 13 (Suppl): S77.

23. Goyens PL、Spilker私、Zock PL、Katan MB、Mensink RP。 多数のトレーサーの膠灰粘土の長期取入口の後でアルファ リノレン酸の転換の量を示すコンパートメント・モデルの開発。 Jの脂質Res。 4月2005日16日。

24. Gerster H。 大人はeicosapentaenoic酸(20:5n-3)およびdocosahexaenoic酸(22:6n-3)に十分にアルファ リノレン酸(18:3n-3)を変えることができるか。 Int J Vitam Nutr Res。 1998;68(3):159-73.

25. イスマイールのHM。 心臓保護に於いてのオメガ3の脂肪酸の役割: 概観。 前部Biosci。 5月2005日1日; 10:1079-88。

26. Carrero JJ、マーティン バウティスタE、Baro L、

等取入口を高めるオメガ3脂肪質の酸および代わりの心血管の効果。 Nutr Hosp。 2005日1月2月; 20(1): 63-9。

27. Bourre JM。 精神医学のオメガ3の脂肪酸。 Med Sci (パリ)。 2月2005日; 21(2): 216-21。

28. Bourre JM。 食餌療法のオメガ3の脂肪酸および精神医学: 気分、行動、圧力、不況、痴呆および老化。 J Nutrの健康の老化。 2005;9(1):31-8.

29. Bourre JM。 頭脳の構造そして機能の栄養要因の役割: 食餌療法の条件の更新。 Neurol (パリ) Rev。 9月2004日; 160 (8-9): 767-92。

30. Singh M. Essentialのの脂肪酸、DHAおよび人間の脳。 インドJ Pediatr。 3月2005日; 72(3): 239-42。

31. Oh初期治療の魚油(オメガ3の脂肪酸)のR.の実用化。 J AM板Fam Pract。 2005日1月2月; 18(1): 28-36。

32. Seo T、Blaner WS、Deckelbaum RJ。 オメガ3の脂肪酸: 最適の生物的結果への分子アプローチ。 Curr Opin Lipidol。 2月2005日; 16(1): 11-8。

33. YoudimのKA、マーティンA、ヨセフJA。 必要な脂肪酸および頭脳: 可能な健康の含意。 Neurosci Int J Dev。 2000日7月8月; 18 (4-5): 383-99。

34. Favreliere S、Perault MC、Huguet Fは、等DHA富ませたリン脂質の食事療法ラットの海馬の年齢関連の変化を調整する。 Neurobiolの老化。 2003日3月4月; 24(2): 233-43。

35. Yehuda S、Rabinovitz S、Carasso RLのMostofskyのディディミアム。 老化の神経の膜の回復に於いてのpolyunsaturated脂肪酸の役割。 Neurobiolの老化。 2002日9月10月; 23(5): 843-53。

36. マーティンDSのLonerganのPE、Boland Bはp38のinterleukin 1beta誘発の活発化によって、等老化させた頭脳のApoptotic変更誘発され、eicosapentaenoic酸との処置によって逆転する。 J Biol Chem。 9月2002日13日; 277(37): 34239-46。

37. Marrugat J、Covas MI、Fito M、等脂質およびLDLの酸化に対する食餌療法のオリーブ油の相違のフェノールの内容の効果は管理された試験をランダム化した。 Eur J Nutr。 6月2004日; 43(3): 140-7。

38. Gimeno E、Fito Mの新しいオリーブ油の摂取のLamuela-RaventosのRM、等人間の低密度脂蛋白質の構成に対する効果。 Eur J Clin Nutr。 2月2002日; 56(2): 114-20。

39. Weinbrenner T、Fito M、de la Torre Rは、等フェノール混合物で高いオリーブ油人の酸化/antioxidative状態を調整する。 J Nutr。 9月2004日; 134(9): 2314-21。

40. オキシダント/酸化防止状態に対する食餌療法の新しいオリーブ油のFito M、Gimeno E、Covas MI、等Postprandialおよび短期効果。 脂質。 3月2002日; 37(3): 245-51。

41. Covas MI、Fito MのLamuela-RaventosのRM、Sebastia N、de la Torre-Boronat CのMarrugat J. Virginのオリーブ油のフェノール混合物: 人間の低密度の脂蛋白質(LDL)への不良部分およびLDLの酸化に対する効果。 Int J Clin Pharmacol Res。 2000;20(3-4):49-54.

42. O'Dowd Y、Driss F、Dang PMの等hydroxytyrosolの酸化防止効果、オリーブ油からのポリフェノール: 過酸化水素しかしないスーパーオキシドの陰イオンの掃気は人間の好中球によって作り出した。 Biochem Pharmacol。 11月2004日15日; 68(10): 2003-8年。

43. Visioli F、Bogani P、グランデS、Galli C. Mediterraneanの食糧および健康: 造る人間の証拠。 J Physiol Pharmacol。 3月2005日; 56 Supplの1:37 - 49。

44. Vissers MN、Zock PL、Leenen R、van Putte KP AJ、Roodenburg Katan MB。 健康な人間のLDLのoxidizabilityに対するオリーブおよび余分に新しいオリーブ油からのフェノールの消費の効果。 自由なRadic Res。 11月2001日; 35(5): 619-29。

45. Visioli F、Bellomo Gのオリーブ油のポリフェノールのGalli C. Freeのの根本的掃気特性。 Biochem Biophys Res Commun。 6月1998日9日; 247(1): 60-4。

46. Visioli F、Galli C. Oleuropeinは酸化から低密度の脂蛋白質を保護する。 生命Sci。 1994;55(24):1965-71.

47. Masella R、Vari R、D'Archivio Mはグルタチオン関連の酵素のmRNAのトランスクリプションを高めることによって、等余分に新しいオリーブ油のbiophenols LDLの細胞仲介された酸化を禁じる。 J Nutr。 4月2004日; 134(4): 785-91。

48. Kris-Etherton PM、Hecker KD、Bonanome Aの等食糧のBioactive混合物: 心循環器疾患および癌の防止に於いての役割。 AM J Med。 12月2002日30日; 113のSuppl 9B: 71S-88S.

49. Simopoulos AP。 内陸の食事療法: 何がギリシャの食事療法についてとても特別であるか。 科学的な証拠。 J Nutr。 11月2001日; 131 (11のSuppl): 3065S-73S.

50. オリーブ色のフルーツのRomero C、Brenes M、ガルシアP、Garrido A. Hydroxytyrosolの4ベータDグルコシド、重要なフェノール混合物および得られたプロダクト。 J Agricの食糧Chem。 6月2002日19日; 50(13): 3835-9。

51. Romero C、Brenes M、ガルシアP、ガルシアA、Garrido A. Polyphenolは自然に黒オリーブの発酵の間に変わる。 J Agricの食糧Chem。 4月2004日7日; 52(7): 1973-9年。

52. アテローム性動脈硬化の大食細胞が付いている酸化させた低密度の脂蛋白質のAviram M. Interaction、および酸化防止剤のantiatherogenicity。 Eur J Clin Chem Clin Biochem。 8月1996日; 34(8): 599-608。

53. フェノール混合物のMateos R、ドミンガスMM、Espartero JL、Cert A. Antioxidantの効果、新しいオリーブ油のアルファ トコフェロールおよび他のマイナーな部品。 J Agricの食糧Chem。 11月2003日19日; 51(24): 7170-5。

54. Masella R、Giovannini C、食餌療法の新しいオリーブ油のフェノールのVari Rの等hyperlipidemic患者の低密度の脂蛋白質の酸化に対する効果。 脂質。 11月2001日; 36(11): 1195-202。

55. Vissers MN、Zock PL、Katan MB。 人間のオリーブ油のフェノールの生物学的利用能そして酸化防止効果: 検討。 Eur J Clin Nutr。 6月2004日; 58(6): 955-65。

56. 余分新しいオリーブ油の酸化防止活動のLavelli V. Comparison。 J Agricの食糧Chem。 12月2002日18日; 50(26): 7704-8。

57. de la Puerta R、マルチネーゼ ドミンガスE、項目炎症抑制の試金に対する新しいオリーブ油のマイナーな部品のRuizグティエレスV. Effect。 Z Naturforsch [C]。 2000日9月10月; 55 (9-10): 814-9。

58. de la Puerta R、マルチネーゼ ドミンガス私、RuizグティエレスV、Flavill JA、Hoult JR。 反応窒素種のそしてnitrergic neurotransmissionに掃気に対する新しいオリーブ油のphenolicsの効果。 生命Sci。 7月2001日27日; 69(10): 1213-22。

59. Wiseman SA、Tijburg LB、van de Put FH。 オリーブ油のphenolicsはハムスターのLDLそして予備のビタミンEを保護する。 脂質。 11月2002日; 37(11): 1053-7。

60. オーウェンRW、Giacosa Aの外皮私達、Haubner R、Spiegelhalder B、Bartsch H。 オリーブ油から隔離されるフェノール混合物の酸化防止/抗癌性の潜在性。 Eur Jの蟹座。 6月2000日; 36(10): 1235-47。

61. タックKL、フリーマンMP、Hayball PJの伸張GL、Stupans I。 ラットへの分類された混合物の静脈内および口頭投薬の後のオリーブ油のhydroxytyrosolの生体内の運命およびtyrosol、酸化防止フェノールの要素。 J Nutr。 7月2001日; 131(7): 1993-6年。

62. マイルのEA、Zoubouli PのカルダーのPC。 人間の全血文化で識別される余分新しいオリーブ油からのフェノール混合物の差動炎症抑制の効果。 栄養物。 3月2005日; 21(3): 389-94。

63 Balaban RS、Nemoto S、Finkel T. Mitochondria、オキシダントおよび老化。 細胞。 2月2005日25日; 120(4): 483-95。

64. 、apoptosisの西川M E-F、Inoue M、佐藤Hiramoto K、Kashiwagi A、Utsumi K.の遊離基理論および変態。 酸化還元反応Rep。 2004年; 9(5): 237-47。

65. Harman D。 老化の遊離基理論。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 10月2003日; 5(5): 557-61。

66. Donaldson氏。 栄養物および癌: 抗癌性の食事療法のための証拠の検討。 Nutr J. 10月2004日20日; 3(1): 19。

67. ルーカスEAのLightfoot SA、Hammond LJの等亜麻仁ovariectomized金シリアのハムスターの血しょうコレステロールそしてatherosclerotic損害の形成を減らす。 アテローム性動脈硬化。 4月2004日; 173(2): 223-9。

68. Jenkins DJ、ケンドールCWのVidgen E、等血清の脂質、酸化手段および前のヴィヴォの男性ホルモンおよびプロゲスチンの活動に対する効果を含む部分的に脱脂された亜麻仁の健康面、: 管理されたクロスオーバーの試験。 AM J Clin Nutr。 3月1999日; 69(3): 395-402。

69. Prasad K. Flaxseed: hypocholesterolemicおよびantiatherogenic代理店の源。 薬剤のニュースPerspect。 3月2000日; 13(2): 99-104。

70. Prasad K、Mantha SVのMuirの広告、Westcott ND。 非常に低いアルファ リノレン酸が付いているCDC亜麻仁によるhypercholesterolemicアテローム性動脈硬化の減少。 アテローム性動脈硬化。 2月1998日; 136(2): 367-75。

71. Dabrosin C、陳J、Wang L、トムソンLU。 亜麻仁は転移を禁じ、人間の乳癌のxenograftsの細胞外の血管内皮細胞増殖因子を減らす。 蟹座Lett。 11月2002日8日; 185(1): 31-7。

72. 心循環器疾患のための最適栄養物のPlatt R. Currentの概念。 Prev Cardiol。 2000ばね; 3(2): 83-7。

73. Bierenbaum ML、Reichstein R、Watkins TR。 亜麻仁の補足のhyperlipemic人間のatherogenic危険の減少: 予備報告。 J AM Coll Nutr。 10月1993日; 12(5): 501-4。

74. Kamal-Eldin A、Pettersson DのAppelqvistのLA。 Sesamin (ゴマ油からの混合物)は広告のlibitumに与えられるラットのトコフェロールのレベルを増加する。 脂質。 6月1995日; 30(6): 499-505。

75. 松村Y、Kita S、Tanida Yの等sesaminの抗高血圧薬の効果。 III。 打撃傾向がある自発的に高血圧のラットの高血圧の開発そして維持に対する保護。 Biol Pharm Bull。 5月1998日; 21(5): 469-73。

76. Noguchi T、Ikeda K、Sasaki Y、等高血圧に対するビタミンEおよびsesaminの効果および打撃傾向がある自発的に高血圧のラットの大脳のthrombogenesis。 Hypertens Res。 11月2001日; 24(6): 735-42。

77. ラットの肝臓の虚血reperfusionの傷害に対するsesaminと補われる食事療法の宇都宮T、Shimada M、Rikimaru T、等酸化防止のおよび炎症抑制の効果。 Hepatogastroenterology。 2003日9月10月; 50(53): 1609-13。

78. McGeer PL、例えばMcGeer。 老化の発火そして退化的な病気。 アンN Y Acad Sci。 12月2004日; 1035:104-16。

79. Larbi A、Dupuis G、Douziech N、Khalil Aの老化のFulop T Jr.の低級な発火にTリンパ球シグナリングのための結果がある。 アンN Y Acad Sci。 12月2004日; 1030:125-33。

80. Napoli CのPalinski W. Neurodegenerativeの病気: アテローム性動脈硬化からの病原性のあるメカニズムへの洞察力。 Neurobiolの老化。 3月2005日; 26(3): 293-302。

81. フィンチのセリウム。 頭脳および血管の老化の進化の起源: 概観。 Neurobiolの老化。 3月2005日; 26(3): 281-91。

82. Schwartsburd PM。 発火による親癌の小生息区の年齢促進された作成: dyscoordinatedフィードバック制御の病因。 機械式の老化するDev。 9月2004日; 125(9): 581-90。

83. Weinreb O、Mandel S、Amit T、Youdim MB。 Alzheimerおよびパーキンソン病の緑茶のポリフェノールの神経学的なメカニズム。 J Nutr Biochem。 9月2004日; 15(9): 506-16。

84. Nagatsu Tのパーキンソン病のSawada M. Inflammatoryプロセス: cytokinesのための役割。 Curr Pharm Des。 2005;11(8):999-1016.

85. ロランドI、De Leval X、Evrard B