生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年1月
イメージ

尖頭アーチは緑茶の非常に肯定的なデータを報告する

現代科学はこの古代飲み物の無数の病気予防の効果を確認する スティーブンLaifer著

医学の研究者が緑茶の医療補助の覆いを取り続けるので1つはこれらの発見が最近の起源であると考えるかもしれない。 実際、緑茶の病気予防の効果の西洋文明の成長する興味はアジア文化がたくさんの年のために知っていたものを曇らせがちである: 従ってその緑茶はより長い、無病の住むように努めている病気の多くに対してボディの保護の性質の最も有効な代理店の1つであり、それらに実質の希望を生命提供する。

規則的に緑茶を消費するアジア人口は癌のより低く全面的な率がある。1,2 1994年に、上海の蟹座の協会緑茶の酒飲みをからの中国の大きい人口調査の非酒飲みと研究者は比較した。 彼らは緑茶を飲んでいる禁煙家で食道の少数の癌と関連付けられたことが分った。3

その時以来、ずっと科学者は緑茶の酒飲みが癌を開発してまずないなぜ、そしていかに緑茶が人体ではたらくか丁度確認することを試みている。 知られているものが緑茶がぼうこう、コロン、食道、膵臓、直腸および胃ことをの癌を含む人間のいろいろ癌を、防ぐのを助力で有効かもしれないことをここ数年間に行なわれるその研究提案するである。4

chemopreventionに主に責任がある考えられる緑茶の有効成分はポリフェノール、植物で見つけられる自然な酸化防止剤の混合物である。 茶はまたでフラボノイドより小群を構成する水溶性の混合物であるカテキンと呼ばれる4つの主要なポリフェノールを、一般に見つけた果物と野菜、コーヒー、チョコレートおよびワイン含んでいる。 カテキンはボディで容易に酸化させることができる強力な酸化防止剤である; 酸化防止潜在性はグレープ ジュースおよび赤ワインのそれよりかなり高いあった。

緑茶で現在のカテキンはepigallocatechin-3没食子酸塩(EGCG)、epigallocatechin (EGC)、およびエピカテキン3の没食子酸塩(ECG)を含んでいる。5 これらの、EGCGは最も有効な抗癌性の活動を示す。 臨床テストは酸化防止活動がDNA、細胞膜および他の細胞の部品を損なうことができる破壊しこうしてボディを癌および他の退化的な病気により敏感にさせる反応酸素種および遊離基をことを示した。

科学者は今信じるEGCGのanticarcinogenic利点に責任があるメカニズムを識別するかもしれないことを。 緑茶は長く癌細胞の形成そして拡散で関係した蛋白質を目標とすると信じられた。 2003調査は茶ポリフェノールの抗癌性の活動と多くの共通の人間の敵意の開発に必要な重大な細道の阻止間の強いリンクを提案する。6

確認される抗癌性の効果

2004サポートで解放される調査癌に対する戦いの緑茶の価値のより大きい証拠のこれらの調査結果。 1つの調査はメスのマウスの引き起こされた肺腫瘍に対する緑茶の異なった集中の処置の効果を調査した。7つは 0.6%の緑茶の準備との処置かなり肺腫瘍の多様性を減らし、またangiogenesis、育つために腫瘍によって必要な新しい血管の開発を禁じた。

第2調査、前立腺癌の防止の試験、だけ2004の230,000以上の最近診断された箱を持つ米国の人の最も一般に診断された内臓癌に対する調査された緑茶の肯定的な効果。 試験は前立腺癌の防止の「有望な代理店」として緑茶および他の物質の使用を支えるかなりデータを引用した。8 緑茶は新しいで、大規模テストされる、代理店間に段階IIIのchemopreventive臨床試験ある。

3月2004日に出版された調査は正常な細胞の成長特定に影響を与えないで人間の癌細胞の成長を禁じることができる食餌療法の部品、乳癌の細胞に対するEGCGの効果の使用を探検した。 EGCGはtelomerase、腫瘍の細胞の染色体の端部分の維持によって癌細胞の寿命を延長する酵素の行為を禁じると見つけられた。 EGCGの処置はまたapoptotic細胞のパーセントを増加した。 これは調査の著者をEGCGが「[癌の]細胞の実行可能性の抑制およびapoptosisの誘導をもたらすことを結論するために促し、従って乳癌に対して新しいchemopreventiveおよびpharmacologically安全な代理店としてEGCGの開発に提供する分子的機序を」。12

それ以上の調査は緑茶を飲むことが白血病の被害者へのより大きい興味の大人のT細胞leukemia.13の原因と関連付けられる人間のT細胞のlymphotropicウイルスのタイプ1の拡散を抑制することが、メイヨー・クリニックの研究者分った

ツバキのsinensisは緑および紅茶両方の源のアジア低木である。 そのような物は茶の毎年約2.5百万トンが植物の乾燥された葉そして葉芽から製造されたの両方の飲料の人気である。9 予想通り、茶は水だけの後ろの世界2番目に新しい2番目に新しのの消費された飲料、である。 茶の2色間の主な違いは生産のそれぞれ方法から得る: 緑茶は茶葉を蒸気を発し、乾燥することによってなされるが、ヨーロッパの紅茶、好まれた飲み物およびアメリカは、乾燥し、発酵する。10

蒸気を発することは緑茶により暗いいとこより別の化学特性を与える茶の自然な酵素の非活動化によって酸化を新しく、自然な茶葉のそれに近い方の多くである1人防ぐ。11は 共通の疾患の戦いに関してはより大きい有効性をアジアの緑茶の評判を一部にはこの相違少なくとも説明する。

緑茶の助けのEGCGが米国の共通の慢性白血病の細胞を殺すことを発見した。 研究は、実験室の細胞培養を使用して、EGCGが白血病が細胞存続させる必要があることをコミュニケーション シグナルを中断することを示した。14は 最も頻繁に六十年代の患者で診断されたB細胞の慢性リンパ球性白血病の患者から調査された白血病の細胞、取られた。 化学療法が最も厳しい場合で管理されるけれども、白血病のこの形態に治療がない。 メイヨー・クリニックの調査は緑茶の10の忍耐強いサンプルの8で実験室で死ぬ促された白血病の細胞からのEGCGがテストしたことを示した。14

緑茶は皮の癌患者のためのそれ以上のよいニュースを提供する。 EGCGは肺にメラノーマ(皮膚癌)の細胞の転移、か自由な広がりを、制御するために示されていた。15は この発見結局死をもたらす自体ことそれが腫瘍ないの転移第一次腫瘍であるので、特に重要である。

癌防止に於いての緑茶の役割を支える証拠は国立癌研究所のChemo防止の枝がそれ以上の人間の試験のchemopreventive代理店として成長の茶混合物のための計画を始めたほど圧倒的である。16

証明されたCardioprotectiveは寄与する

中国および日本の人々は彼らの西部の同等より心臓病の低い発生が常にあったあることが。 ほとんどの科学者は今緑茶がこの矛盾に責任がある一部には少なくともあることを受け入れる。 従って人間の調査からの結果は過去数十年にわたって緑茶の消費がコレステロールの低レベルに関連すること、心循環器疾患のための1つの危険率の調整を示す。17は 人の心臓病の危険の調査茶からのフラボノイドのより高い食餌療法取入口が、主に冠状心臓病からの減らされた死亡率と、関連付けられたことを示した。 より高いフラボノイドの取入口はまた心筋梗塞の減らされた発生、か心臓発作に関連した。18

最近の調査はこれらの結果にステップを更に踏んだ。 動物実験は血の脂質レベルのことを低下緑茶のカテキンがによってアテローム性動脈硬化を酸化防止効果によってそして減らすことを示した。 緑茶のさまざまな線量がアテローム性動脈硬化にいかに影響を与えたか検査されるこの調査。 より低い線量は26-46%大量服用はさらにもっと有効だったがアテローム性動脈硬化を、減らし、それを48-63%減らす。 危ない低密度脂蛋白質(LDL)のレベル、またLDLへのHDL (高密度脂蛋白質)の比率を改善するためにまた助けられる緑茶。 緑茶との補足は人間同等の線量で均等に有効であると見つけられた。19

千葉、日本の調査は冠状血管記録法を経た203人の患者に続くことによって冠動脈疾患に対する緑茶の消費の効果を検査した。 緑茶の消費は病気があった人により冠動脈疾患なしで患者でかなり高い見つけられた。 研究者は緑茶の消費が彼らの調査の人口の心臓病のより低い発生と実際関連付けられたことを結論を出した。20は 消費された緑茶の患者研究者、まずないの冠動脈疾患を持つことだった完了した。

ヒマラヤスギ シナイの医療センターのアテローム性動脈硬化の研究所のチームは高い血のコレステロール値を持つマウスを使用して最近アテローム性動脈硬化に対する緑茶の効果を、検査した。 研究者はマウスの新しく、確立されたプラクに対するEGCGの浄化された形態の効果を検査した。 新しいプラクの形成がかなり減る間、EGCGは大動脈で既存のプラクに対する効果をもたらさなかった。早く プラクの形成の重大な窓の間に始まられたら酸化防止療法は治療上の利点があることができることを21調査著者Kuang-Yuh Chyuに従って、MDの結果提案しなさい。

酸化圧力は心循環器疾患で、また高血圧にだけでなく、かかわるために報告された。 疫学の研究はそれ消費が緑茶血圧を減らすことができることを示す。 2つの調査では、日本の科学者は緑茶が打撃傾向がある高血圧のラットの低血圧できたかどうか定めるように努めた。22は 調査昼間の間に、シストリックおよびdiastolic血圧が水と混合された緑茶のカテキンの補足に与えられた動物でかなりより低かったことが分った。 データは緑茶のポリフェノールが酸化防止特性を通して血圧の増加を緩和したことを示した。 さらに、実験で使用される量が茶のおよそ1リットルのそれらに対応するので、緑茶の規則的な消費はまた人間の高血圧に対して保護を提供するかもしれない。22

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2