生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年2月
イメージ

Vioxxの®の後の関節炎

規定の鎮痛剤の媒体の焦点は無視する
関節炎を防ぎ、扱うための自然な治療
リチャードP. Huemer、MD著

去年の秋、医者および患者はメルクの市場、歴史の最も大きい処方薬の回収からの関節炎の薬剤Vioxx® (rofecoxib)の自発的で世界的な回収によって圧倒した。 Vioxx®および他のCOX-2 (cyclooxygenase-2)抑制剤は他の鎮痛薬と関連付けられた胃問題を起こさないで関節炎の苦痛を取り除く機能のために「特効薬」として促進された。

Vioxx®を断念するこの衝撃的な決定

薬剤の長期ユーザー間の心臓発作そして打撃の顕著な増加のレポートに続いた。1,2は 推定80百万人撤回された、薬剤の年間売上は$2.5十億を超過したまでにVioxx®を取り。 マスコミはで自然な関節炎への少し注意を不思議そうに捧げることは治療するかがどの薬剤がVioxx®によって残っているギャップをうめるかもしれないか推測した。3

メルクの発表が多数に意外な結果に終わったが、薬剤についての疑いは先の浮上した年を過した。 FDAの後の早い2001なしの2年でVioxx®と関連付けられた潜在的な心血管の危険を論議するために会った関節炎のVioxx®-theのFDAの諮問委員会を承認した。

評論家はFDA、メルクを発破を掛ける

、エリックJ. Topol 2001年のFDAの諮問委員会の会合についてコメントして、MDは2004年10月21日、「タイトルを付けられたニューイングランドの医療ジャーナルの問題に、刺すような社説を書き失敗する公共の健康Rofecoxib、メルクおよびFDAを」。 相関関係を提案しているTopol先生は心血管の危険か利点に関連してrofecoxib (Vioxx®)および同じような薬剤、celecoxib (Celebrex®)の試験の、統治を委任するためにFDAが決して率先に運動させなかったこと証拠にもかかわらず満たした。 メルクの容認は心血管の危険を査定するか、またはVioxx®との準に寄与するために試験を行なう考え。 その代り、メルクは直接に消費者広告の薬剤を促進するために$100以上,000,000を使っている間年教育シンポジウムを後援し、Vioxx®と関連付けられた心血管の心配を暴くために医学の記事を依託した。4

2004年11月では、デイヴィッド グラハム アソシアト ディレクター先生は、FDAの薬剤の安全および20年のFDAの科学者のオフィスの科学のための、代理店の薬剤の手落ちを「深遠な規定する失敗呼ぶ公衆衛生を保護するFDAの失敗についての議会」。前に証明した Vioxx®の安全についての心配がずっと数年の間造っていたが、FDAはとはいえ薬剤の最低の胃腸副作用を痛みの軽減に与えることの利点が市場のそれの保存を保証したことを、主張した中心の危険についての警告と。 Vioxx®は最終的に薬剤が長期ユーザーの心臓発作そして打撃の危険を倍増したこと調査の提示の解放に続く2004年9月30日に市場はずされた。

この時までに、何百万のアメリカ人は薬剤を使用し、グラハムVioxx®により心臓発作および打撃の88,000-139,000の超過分場合を引き起こしたことを先生は推定した。 「私は現在形成されてのでFDAを別のVioxx®に対してアメリカの保護のできない論争する。 私達は事実上無防備である」、先生を言ったグラハム。 彼の証明の間に、グラハム先生は彼がVioxx®が心臓発作の危険を高めたことを示す忍耐強い保険の記録の調査からの彼の調査結果を加減するためにスーパーバイザーによって圧力をかけられて感じたことに注意した。 チャールズGrassleyのアイオワの共和党員米国の上院の財務委員会の議長は、FDAが必要であるにはが独立した薬剤の安全オフィスがかもしれたことに注意している製薬会社と「ずっと余りにも居心地のよかった」こと彼が心配したことを言った。

COX-2だけ妨害の致命的な危険

生命延長の7月2000日問題を 読んだら、COX-2抑制剤の薬剤があなたの体をいかに損なうことができるか学ぼう。 私達の記事はCOX-2酵素がボディで禁じられるとき起こる特定の有害なメカニズムを記述した。

COX-2酵素だけ、新陳代謝の不均衡が起こることである禁止を用いる問題は幹線壁を傷つけ、動脈血の凝固を引き起こす副産物の生産過剰に終って。5 心臓発作および打撃、Vioxx®を取った人の不利な心血管のでき事の高い比率によって立証される6の高められた発生の有毒な副産物の結果のこの超過生産。

酵素はボディの化学反応のスピードをあげる蛋白質である。 COX-2酵素の場合には、その急がせた化学反応はプロスタグランジンE2と呼ばれる親炎症性代理店にアラキドン酸の転換である。 COX-2が禁じられるとき、より少ないプロスタグランジンE2はアラキドン酸から変えられ、ほとんどの人々は関節炎の苦痛および発火の対応する減少を経験する。 残念ながらアラキドン酸が転換からプロスタグランジンE2への妨げられるとき、他の酵素はまだleukotriene B4およびトロンボキサンA2のような危ない物質にアラキドン酸を変えることができる。7,8

Leukotriene B4は幹線ライニングおよび接合箇所に特に有害の親炎症性agent8である。9,10の 多数の調査はleukotriene B4.9のアテローム性動脈硬化引き起こす効果をleukotriene B4へのアラキドン酸の転換を呼ばれる5-lipooxygenase (5ロックス)と促進する酵素文書化する。 人がCOX-2だけ禁じる取ったり5ロックスによって干渉しなければ薬剤を、結果はより多くの基質(アラキドン酸)が有毒なleukotriene B4への転換のために利用できるので加速されたアテローム性動脈硬化である場合もある。9

トロンボキサンA2は血血小板の集合を引き起こし、多くのタイプの心臓発作および打撃を引き起こす動脈の内の異常な血液凝固を促進する。5,11は トロンボキサンA2にアラキドン酸を変えるために責任がある酵素cyclooxygenase-1 (COX-1)と呼ばれる。12 アスピリンはCOX-1酵素を禁じ、劇的に心臓発作およびischemic打撃の危険を減らすと知られている。不運にも 11、多くの患者によって規定されるCOX-2抑制剤は胃潰瘍に対して守るために低線量のアスピリンを避けるように言われる。 致命的な結果はCOX-2抑制剤の薬剤の結果として作り出される余分なアラキドン酸から製造されたである血塊引き起こすトロンボキサンA2の超過量である場合もある。

これらの有害なメカニズムは示す次サイド・バーでCOX-2酵素だけ妨げることがleukotriene B4およびthomboxane A2の危険なほどにハイ レベルを引き起こすことができる新陳代謝の不均衡でいかに起因できるか(「アラキドン酸有害な滝」の)説明される。 トロンボキサンA2は異常な動脈血の凝固の危険性を高めるが、Leukotriene B4は幹線壁を傷つける。5,9

アラキドン酸
そして心臓発作

アラキドン酸の新陳代謝の異常は冠状動脈の痙攣そして血栓症で関係した。 日本の科学者は激しい心筋梗塞を用いる患者のアラキドン酸の代謝物質のレベルを調査した。トロンボキサン B2および全身動脈の血のleukotriene B4の46の血しょうレベルは心臓発作の激しい段階の間にかなり高かった。 これらの調査結果はアラキドン酸の新陳代謝の異常が伴い、激しい心筋梗塞の病因の役割に担うかもしれないことを提案する。

COX-2の心血管の利点

1つが超過分COX-2をなぜ抑制したいと思うか多くの理由がある。 だけでなく、それは親炎症性プロスタグランジンE2にアラキドン酸の転換のスピードをあげるが、ある特定の癌の開発そして進行を促進するためにCOX-2酵素自体は示されていた。13

生命延長は最初に1996年にアジェバント癌療法としてCOX-2を禁じることを推薦し専攻学生癌の中心は癌患者のほとんどに Celebrex® 14,15のようなCOX-2抑制剤を規定している。 COX-2の禁止のアスピリンそしてイブプロフェンの(とはいえ限られる)効果は研究者が規則的にアスピリンかイブプロフェンを取る人のある特定の癌のより低い発生を担当するために推測すること1つのメカニズムである。16

COX-2の1つの利点はまた血小板の集合を禁じ、健康な幹線膨張を引き起こし、そして幹線壁で平滑筋細胞の拡散を防ぐことによって脈管系に対する好ましい効果をもたらすプロスタグランジンI2と呼ばれるprostacyclinの形成を、促進することである。 内皮への動脈の中間の層からの平滑筋細胞の5,11の超過分拡散はatheroscleroticプラクの形成の主メカニズムである。 ProstacyclinはCOX-2酵素によってアラキドン酸から主に形作られる。 強力なCOX-2抑制剤の薬剤が取られるとき11、より少ない有利なprostacyclinは心臓発作および打撃から保護して利用できる。11

抑制剤はいかに危ないCOX-2か。

私達はちょうどCOX-2抑制剤の薬剤が心臓発作および打撃のアテローム性動脈硬化、血栓症および続く高められた発生を引き起こすかもしれない3つのメカニズムを定義した。 これらの病理学のメカニズムを文書化する出版された調査の数に基づいてそれは不利な心血管のでき事の大きい数がないこと意外である。

何人かの研究者はこれらの薬剤の承認を得るのに使用された臨床調査が重要なデータを統計的に集める十分な持続期間ではなかったことを恐れている。 他の研究者は製薬会社およびFDAが薬剤のこのクラスの心血管の危険の早期警報を無視したことを信じる。

続くものがアラキドン酸の新陳代謝に対する他の酵素の効果を無視している間1つがCOX-2抑制剤だけ取ると何が起こるかの概要である:

  • COX-1酵素の抑制なによって、トロンボキサンA2のハイ レベルは異常な血小板の集合を引き起こすことによってことができ、激しい心臓発作を集まるかまたはもたらすかき立てる。11
  • 5-lipooxgenase酵素の抑制なによって、leukotriene B4のハイ レベルは集まることができ幹線壁を傷つけ、アテローム性動脈硬化を加速する。9
  • 過度にCOX-2を妨げることによって、動脈保護のprostacyclin (プロスタグランジンI2)の形成は抑制される。5

この3つのメカニズムはずっと昔に確立された、けれどもによりより少なく胃の潰瘍を引き起こしたのでFDAは販売されるべきそれらおよび許可された有効なCOX-2抑制剤を考慮しなかった。

読んだように、ほとんどの炎症性問題の前駆物質はプロスタグランジンE2、leukotriene B4、およびトロンボキサンA2の酵素の形成のための基質のアラキドン酸である。

ほとんどのアメリカ人はオメガ6の脂肪酸で高い余りにも多くの食糧を消費するのでたくさんのアラキドン酸を作り出す。 アラキドン酸を減らす最もよい方法は肉消費を減らし、より多くの魚を食べるか、または魚油の補足を取ることである。 オメガ3の脂肪酸で豊富な健康な食糧をオメガ6の危ない脂肪の代わりにして関節炎、心臓発作、打撃および他の慢性の炎症性関連の病気の重要な根本的な原因を軽減する。17

4の ページで 2続けられる