生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年2月
イメージ

同じは抗鬱剤療法の効力を改善する

サプリメントS-のadenosyl Lメチオニンは(同じ)ハーバード医学School.*で科学者に従ってずっと抗鬱剤療法に無責任または部分的に敏感ただである人々の不況の徴候を、改善する

マサチューセッツ総合病院のパイロット・スタディでは、Prozac®の処置の月後に答え損った30人の主題Paxil®、Effexor®、または他の標準的な抗鬱剤は4週間同じの800 mgによって2週間同じの400 mgを、1日に2回続かれて1日に2回与えられた。 関係者は彼らの医者との相談の後で400 mgに線量を減らして自由だった。

調査の結論で、患者の半分は憂鬱な徴候の重要な改善を経験すると見つけられ、43%は徴候の完全な赦免を経験した。 深刻で不利なでき事は報告されなかった。

調査チームのリーダー ジョナサンAlpert、示されるMDずっとないことを「同じがある抗鬱剤と対等な効果をもたらすかもしれないが口頭に十分な研究が利用できる抗鬱剤との同じ準備か比較ある前の試験は提案した。 これは安全を見る最初の調査であり、抗鬱剤の後の抗鬱剤の処置と同じを結合することの効力は不十分自分自身で証明した。 患者および医者はよいなしでこれらの組合せを使用して、データを支える、これらの結果は必要な科学的な証拠の編集の方にである第一歩」。

国立衛生研究所は落ち込んだ患者の同じの現在および未来の試験を後援している。

— Daynaの染料

参照

* Alpert JE、Papakostas G、Mischoulon Dの等抵抗力がある主要で憂鬱な無秩序のための付加物としてS Adenosyl Lメチオニン(同じ): 選択的なセロトニンにまたは無回答は部分的な公開裁判の続くか、取得抑制剤かvenlafaxineをreup。 J Clin Psychopharmacol。 12月2004日; 24(6): 661-4。

DHEAの補足は腹部の脂肪を減らすかもしれない

dehydroepiandrosterone (DHEA)との補足は年齢の増加腹部の脂肪を減らすのを助けるかもしれ、インシュリン抵抗性と関連付けられ、実験動物の腹部の脂肪を縮めるとアメリカの医学Association.* DHEAのジャーナルで出版された最近の調査に従うアテローム性動脈硬化は、副腎によって作り出された前進年齢と低下させるホルモン、前に見つけられてしまったが人間に対する効果は確認されなかった。

デニスT. Villareal、MDおよびジョンO. Holloszy、セントルイスのワシントン州大学医科大学院のMDは、任意に28人を選び、28人の女性はDHEAの1日あたりの50 mgか6か月間偽薬を受け取る65から78を老化させた。 腹部の内に起こる、および皮の下にあるsubcutaneous脂肪は処置の期間の前後に磁気共鳴イメージ投射によって測定された内臓の腹部の脂肪。 ブドウ糖およびインシュリンの応答は口頭ブドウ糖負荷試験の管理によって定められた。

調査の結論で、受け取った関係者はDHEA内臓およびsubcutaneous脂肪の重要な損失を経験した。 DHEAを受け取った女性は人は7.4%の平均を失ったが、彼女達の内臓の脂肪の10.2%の平均を失った。 Subcutaneous脂肪質の損失は人および女性のための6%を平均した。 偽薬を受け取った人は両タイプの脂肪の少量を得た。

DHEAはまたインシュリンの行為を改善した。 重要で不利なでき事は報告されなかったし、DHEAにより男性の主題の前立腺特定の抗原(PSA)のレベルで高度を引き起こさなかった。

完了される調査の著者は「これらの調査結果DHEAの取り替えが部分的にDHEAS [DHEA硫酸塩]の低い血清のレベルを持つ高齢者の腹部の脂肪の老化関連の蓄積を逆転させるかもしれないという証拠を提供する。 それらはまた長期DHEAの取り替え療法が」。腹部の脂肪質の蓄積を減らし、新陳代謝/インシュリン抵抗性シンドロームの開発から保護するかもしれないという可能性を上げる

— Daynaの染料

参照

* Villareal DT、Holloszy JO。 より古いlyの女性および人の腹部の脂肪およびインシュリンの行為に対するDHEAの効果: ランダム化された詐欺師は試験を釣った。 JAMA. 11月2004日10日; 292(18): 2243-8。

ブロッコリーの混合物は乳癌の成長を停止させる

Sulforaphaneのブロッコリーおよび他のcruciferous野菜で見つけられる混合物は最近栄養物のジャーナルで報告される調査に従って遅段階の人間の乳癌の細胞の細胞の成長を、妨げられる。 乳癌を防ぎ、扱うのにsulforaphaneが使用できることをアーバナ平原のイリノイ大学の調査著者キースSingletaryおよびスティーブン ジャクソンは信じる。

1992年に、ジョーンズ・ホプキンス大学の研究者はsulforaphaneがボディが癌の初期の間に有効である癌もたらす物質に対してそれ自身を守るのを助ける酵素システムを引き起こすことを報告した。 現在の研究は混合物が遅段階癌でいかにのはたらくかライトを取除く。

Singletaryおよびジャクソンは培養された人間の乳癌の細胞にsulforaphaneを管理し、24時間以内に、混合物がかなり妨げたこと発見された細胞分裂は制御と比較した。 Sulforaphaneはまた細胞分裂の間に複写された染色体の分離に必要である細胞の微小管を破壊した。

先生に従ってSingletaryか破壊、「微小管と呼ばれる細胞の部品のこれは自然発生する植物の化学sulforaphaneがによって癌プロセスの後期をいかに妨げることができるか示す最初のレポートである。 私達はsulforaphaneが既に癌性だった胸の細胞の成長を妨げることができることが分るために驚き、喜んだ。

「調査結果は新しい乳癌の防止および処置の作戦の開発で有用かもしれない。 例えば[sulforaphane]ある特定の自然な混合物か薬剤を伴って摂取が抗癌性の有効性を高め、副作用を減らすことができることは、可能かもしれない。

— Daynaの染料

参照

*ジャクソンSJ、Singletary KW。 Sulforaphaneは人間MCF-7乳房の癌細胞のmitotic進行およびtubulinの多merizationを禁じる。 J Nutr。 9月2004日; 134(9): 2229-36。

MultivitaminsはHIVの進行を遅らせる

微量栄養は伝染に対する免疫反応、ボディの複雑にされた防衛およびHIVウイルス(HIV)のターゲットを増強するために知られている。 共同の調査では、HIV感染させた女性をVitamin B Complexを、ビタミンC含んでいると補ってmultivitaminおよびビタミンEが高度stage.*にかなりHIVの進行を遅らせたことを公衆衛生のハーバード学校の研究者およびタンザニアの健康科学のMuhimbiliの大学は示した

Multivitaminの補足は口頭つぐみ、悪心および下痢を含むHIV感染の知られていた複雑化の発生を、減少した。 消化器の保護によって、multivitaminの補足はHIVの新陳代謝の無駄になる効果、いわゆるlipodystrophyシンドロームの手始めを遅らせるかもしれない。 CD4+の両方細胞計数(HIV病気の状態の重大な測定)および炎症抑制のcytokineの活動は5年まで間multivitaminのユーザーで高められる。 研究者はまたmultivitaminのユーザーは非使用者より低いウイルスの負荷があったことを示した。

HIVが不治に残るが、反レトロウイルスの薬物は進行の管理でかなり有効で、事実上の死刑からの処理しやすい慢性疾患にHIVを変形させた。 残念ながら、薬物の費用のために、処置のために資格があるそれらの10%以下実際にそれを受け取る。

高度HIVのmultivitaminsを扱うのに使用される推薦された治療上の養生法の代理がはっきり免疫機能の改善によるHIVの管理の重要な役割を担うことができないが。 最適の微量栄養の使用法の利点は、および厳格、心循環器疾患のような他の慢性疾患の危険および癌をのための減らすために知られている。

—リンダM.スミス、RN

参照

* Fawzi WW、MsamangaのGI、Spiegelman D、等。 multivitaminの補足のランダム化された試験およびHIV病気の進行および死亡率。 NイギリスJ Med。 7月2004日1日; 351(1): 23-32。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2